ボビー・ヴァンツァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボビー・ヴァンツァー
Bobby Wanzer
名前
本名 Robert Francis Wanzer
愛称 "Hooks"
ラテン文字 Bobby Wanzer
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1921年6月4日
出身地 ニューヨーク州ブルックリン
身長 183cm
体重 77kg
選手情報
ポジション ガード
背番号 9
ドラフト 1948年
経歴
1948-1957 ロチェスター・ロイヤルズ

ボビー・ヴァンツァーBobby Wanzer, 1921年6月4日 - )はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。出身地はニューヨーク州ブルックリン、出身大学はシートン・ホール大学1948年の入団以来ロチェスター・ロイヤルズ一筋でプレイし、1951年の優勝に貢献した。

ボビー・ヴァンツァーことロバート・フランシス・ヴァンツァーは正確なシュート精度を誇り、1951-52シーズンにはフリースロー成功率90.4%を記録しリーグトップとなると共に、同成功率90%を超えた初の選手となった。しかし彼の最大の持ち味はそのオールラウンドな働きにあり、パス、ドリブル、シュート、ディフェンスと彼に出来ないことは無く、特に粘り強いディフェンスやチームに対する献身的なプレイは高く評価された。1950年代に入ると全盛期を迎え、1951-52シーズンにはキャリアハイとなる15.7得点5.0リバウンド4.0アシストを記録し、初のオールスターとオールNBA2ndチームに選出されている。ヴァンツァーと彼の大学の先輩にあたるボブ・デイヴィス、控えのレッド・ホルツマンのバックコート陣はロイヤルズにとって大きな戦力となり、1951年の優勝に繋がった。

BAA/NBA通算成績は9シーズン568試合の出場で6,924得点1,979リバウンド1,830アシスト、平均12.2得点4.5リバウンド3.2アシストだった(リバウンドは1950-51シーズンからの計測)。

ヴァンツァーは選手時代だった1955-56から2年間、選手兼ヘッドコーチとしてロイヤルズを指揮した。引退後はコーチに専念したが、エースのモーリス・ストークスを中心に当時成績が落ち込んでいたチームの再建に努めたが、ストークスが不慮の事故で引退を余儀なくされ、1958-59シーズンは開幕から大きく負け越してしまい、ヴァンツァーはシーズン中にコーチから解任された。コーチキャリアの通算成績は234試合98勝136敗、勝率.419だった。

受賞歴

外部リンク[編集]

先代:
レス・ハリソン
ロチェスター/シンシナティ・ロイヤルズ
ヘッドコーチ

1955–1958
次代:
トム・マーシャル