ジャック・マリン (バスケットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・マリン
Jack Marin
ポジション スモールフォワード
背番号 15, 24, 42
身長 201cm  (6 ft 7 in)
体重 91kg (201 lb)
基本情報
本名 John Warren Marin
ラテン文字 Jack Marin
誕生日 1944年10月12日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州シャロン
ドラフト 1966年 5位
選手経歴
1963-1966
1966-1972
1973-1974
1974-1975
1975-1977
デューク大学
ボルティモア・ブレッツ
ヒューストン・ロケッツ
バッファロー・ブレーブス
シカゴ・ブルズ

ジャック・マリンJack Marin, 1944年10月12日 - )はアメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAで活躍した元バスケットボール選手。ペンシルベニア州、シャロン出身。1970年代に黄金期を迎えたボルチモア・ブレッツ(現ワシントン・ウィザーズ)隆盛の礎を築いた選手の一人。

デューク大学卒業後、1966年のNBAドラフトで1巡目全体5位で指名を受けてボルチモア・ブレッツに入団。アール・モンローウェス・アンセルドらと共にブレッツを支え、1968-69シーズンには57勝をあげる躍進を見せる。この時代ブレッツはプレーオフで毎年のようにニューヨーク・ニックスと対決し、ブレッツ対ニックスは当時を代表するライバル関係の一つだった。マリン個人としても同じデューク大出身のビル・ブラッドリーとの同門対決が注目を集めた。1970-71シーズンにはそのニックスを破ってNBAファイナルに進出するも、ミルウォーキー・バックスの前に敗れ、優勝は叶わなかった。

マリンは1971-72シーズンに自己最高となる22.3得点6.8リバウンドを記録し、フリースロー成功率はリーグ1位となる89.4%を記録、オールスターにも初出場したが、このシーズンを最後に6シーズン過ごしたブレッツを去ることになった。ブレッツはトレードでヒューストン・ロケッツからエルヴィン・ヘイズを獲得。ヘイズの獲得は後の1978年の優勝の布石となり、ブレッツ(ウィザーズ)史上最も重要なトレードとなったが、マリンはトレード要員としてロケッツに移籍した。

マリンはその後バッファロー・ブレーブスシカゴ・ブルズを渡り歩き、1976-77シーズンを最後に現役から引退した。NBA通算成績は11シーズン849試合の出場で、12,541得点4,405リバウンド、平均14.8得点5.2リバウンド、フリースロー成功率は84.3%だった。

引退後はデューク法律学校に入学し、法学の博士号を取得して卒業。主にスポーツ関係を取り扱う法律事務所の共同経営者となり、全米バスケットボール退職者協会の顧問弁護士も務めた。

主な業績
  • NBAオールスターゲーム出場:1972年, 1973年
  • フリースロー成功率1位:1972年
  • ノースカロライナ・スポーツ殿堂
  • ペンシルベニア・スポーツ殿堂
  • デューク大学スポーツ殿堂

外部リンク[編集]