クリス・ポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリス・ポール
Chris Paul
Chris Paul dribbling 20131118 Clippers v Grizzles.jpg
フェニックス・サンズ  No.3
ポジション PG
背番号 3
身長 183cm (6 ft 0 in)
体重 79kg (174 lb)
ウィングスパン 194cm  (6 ft 5 in)[1]
足のサイズ 29.0cm
シューズ エア・ジョーダン[2]
基本情報
本名 Christopher Emanuel Paul
愛称 CP3
Point God
ラテン文字 Chris Paul
誕生日 (1985-05-06) 1985年5月6日(36歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースカロライナ州ウィンストン・セーラム
出身 ウェイク・フォレスト大学
ドラフト 2005年 4位 
選手経歴
2005-2011
2011-2017
2017-2019
2019-2020
2020-
ニューオーリンズ・ホーネッツ
ロサンゼルス・クリッパーズ
ヒューストン・ロケッツ
オクラホマシティ・サンダー
フェニックス・サンズ
受賞歴
Stats at Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.comプロフィール NBA.jp
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2008-
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
2008 北京 バスケットボール
2012 ロンドン バスケットボール
世界選手権
2006 日本 バスケットボール

クリス・ポール[3](Chris Paul)ことクリストファー・エマニュエル・ポールChristopher Emanuel Paul1985年5月6日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州ウィンストン・セーラム出身のバスケットボール選手。身長183cm・体重79kg[4]NBAフェニックス・サンズに所属するポイントガード。現NBA選手会会長。

来歴[編集]

学生時代[編集]

ウェスト・ホーサイス高校出身。高校最後のシーズンには30.8得点8.0アシスト5.0リバウンド6.0スティールの成績を残し、マクドナルド選出のオールアメリカンチームとノースカロライナ州のミスター・バスケットボールに選ばれた。このシーズンの11月15日、ポールの祖父が強盗に遭い殺害されるという惨劇が起こる。ポールは祖父の葬儀に出席した翌日の試合で、祖父の年齢と同じ61得点をあげた。州の高校記録である69得点に手が届く範囲であったが、ポールは故意にフリースローを外すなどし、この日の記録を祖父に奉げた。

高校卒業後、ウェイクフォレスト大学に進学。1年目から先発に抜擢され、同校のアシスト数、スティール数、フリースロー成功率、スリーポイントシュート成功率のルーキー記録を破る14.8得点5.9アシスト2.7スティールの成績を残し、カンファレンスの新人王を獲得。翌シーズンには15.3得点6.6アシスト2.4スティールの成績を残し、AP通信、米国バスケットボールコーチ協会、全米バスケットボール記者協会のオールアメリカンファーストチームに選出され、ウッデン賞、ネイスミス賞、アドルフ・ラップ賞の賞レースでは最終候補にまで残った。3年生には進学せず、NBAドラフトにアーリーエントリーした。

ニューオーリンズ・ホーネッツ[編集]

キャリア初期[編集]

フローターショットを試みるポール(2008年)

2005年のNBAドラフトニューオーリンズ・ホーネッツから1巡目4位指名を受けて入団する。ドラフト前はカレッジ界最高のポイントガードの呼び声が高かったが、ドラフトでは同じポイントガードのデロン・ウィリアムスに次ぐ全体4位指名だった。ルーキーシーズンとなった2005-06シーズン、ポールはスピーディ・クラクストンと共にNBA屈指のスピードを誇るバックコートを形成し、全てのルーキー・オブ・ザ・マンスを独占。チームは前シーズンの勝ち星から20勝を上乗せし、ポール自身は16.7得点7.8アシスト5.1リバウンド2.2スティールの成績を残して、新人王投票では125票中124票を獲得(残りの1票はデロン・ウィリアムス)という圧倒的支持で新人王を獲得する。

2年目の2006-07シーズンはチームに故障者が多く、ポール自身も17.3得点8.9アシスト4.4リバウンド1.8スティールと、活躍したが18試合を欠場してしまったため、期待されたプレイオフ進出はならなかった。

リーグ最高峰のPGへ[編集]

2007-08シーズンはホーネッツにとっては大躍進のシーズンとなった。前シーズンは怪我に泣いたが、主力全員が大きな怪我なく過ごし、本来の実力を発揮したホーネッツは快進撃を続け、56勝26敗の成績で地区優勝を遂げた。特にポールの活躍は目覚しく、彼がこのシーズンに記録した21.1得点11.6アシスト4リバウンド2.7スティールは、1992-93シーズンにティム・ハーダウェイが記録して以来の20得点10アシスト以上となる快挙であった。11.6アシスト、2.7スティールは共にリーグ1位の成績であり、ポールはアシスト王とスティール王の二冠を達成した。オールNBA1stチーム、オールディフェンシブ2ndチームにも初選出され、ポールはNBA3年目にして早くもリーグトップPGの地位に上り詰めたことになる。MVP獲得の有力候補でもあったが、MVP投票では2位で終わった。オールスターゲームにも初選出され、16得点14アシスト5スティールと敢闘賞的な活躍を見せ、地元ニューオーリンズで開催されたゲームを盛り上げた。初のプレーオフではチームの経験不足が心配されたが、ポールはそんなプレッシャーとは無縁だった。プレーオフ期間中はレギュラーシーズンを上回る24.3得点11.3アシストの成績を記録し、ホーネッツは1回戦でダラス・マーベリックスを破り、カンファレンス準決勝でサンアントニオ・スパーズと対決。前シーズンチャンピオンチーム相手にも堂々と渡り合ったが、最終第7戦でついに経験の差が表れ、ホーネッツは準決勝敗退となった。

バイロン・スコットヘッドコーチと会話するポール

2008-09シーズンのポールは、22年前にアルヴィン・ロバートソンが達成した106試合連続スティールを破る108試合連続スティール、開幕15試合連続20得点10アシスト以上達成という2つのNBA新記録樹立という派手な出だしとなったが、絶好調なポールとは対照的にチームはペジャ・ストヤコヴィッチタイソン・チャンドラーらの不振で前年ほどの勢いは見られず、49勝33敗の成績に終わった。ポールは22.8得点11.0アシスト5.5リバウンド2.8スティール、FG成功率50.3%の成績で2年連続でアシスト王とスティール王の二冠を達成し、オールディフェンシブチームでは初めて1stチームに選出されている。プレイオフ1回戦ではデンバー・ナゲッツと対戦したが、ベテランPGのチャンシー・ビラップスに経験の差を見せ付けられ、1勝4敗の完敗を喫した。

ロサンゼルス・クリッパーズ[編集]

ロサンゼルス・クリッパーズでのポール(2012年)

2011年12月14日、エリック・ゴードンアル・ファルーク・アミヌクリス・ケイマンとのトレードでロサンゼルス・クリッパーズに移籍した。 ロックアウトが明けた直後にトレードでクリッパーズに加入したポールはそれまで低迷していたクリッパーズをコート外内で率先しながら関係を深め、ブレイク・グリフィンディアンドレ・ジョーダンらと共にクリッパーズを強豪チームへと仕立て上げた。

2011-12シーズンはポールが加入してからクリッパーズは勝利を重ね、またポールのパスからチームメイトのブレイク・グリフィンデアンドレ・ジョーダンの豪快なアリウープダンクを量産することから「ロブシティ」の異名を取った[5]。ポールは1試合あたり19.8得点・9.1アシスト・2.5スティールを記録し、クリッパーズが1980年代にロサンゼルスに移転して以来初となるオールNBAファーストチームに選出された選手となった[6]。プレーオフでは1回戦は突破したものの、カンファレンス準決勝でサンアントニオ・スパーズスウィープで敗北した。

2013年のポール

2012-13シーズン2013年のNBAオールスターゲームに選出され、20得点・15アシストを記録し、自身初のNBAオールスターゲーム最優秀選手賞を獲得した[7][8]。レギュラーシーズンの個人スタッツは1試合平均16.9得点・9.7アシスト・2.4スティールを記録し、チームは56勝26敗でシーズンを終えた。プレーオフでは第4シードだったが、主力の怪我が相次ぎ、1回戦のメンフィス・グリズリーズに4-3で敗れた。

2013-14シーズンが始まる前にクリッパーズと5年約1億700万ドルのマックス契約を結んだ。[9]

ヒューストン・ロケッツ[編集]

2017年6月28日、再び大型トレードでヒューストン・ロケッツに移籍した[10]。2018年2月3日のクリーブランド・キャバリアーズ戦で22得点、11アシストを記録、試合は120-88で勝利した。試合中、アンドレ・ミラーのアシスト数(8,624)の抜いて歴代9位のアシスト数となった[11]。2月23日の120-102で勝利したミネソタ・ティンバーウルブズ戦でアレン・アイバーソンを抜いてキャリア通算スティール数を歴代12位となる1,984とした[12]。2018年3月17日に行われたニューオーリンズ・ペリカンズ戦でNBA史上12人目となるキャリア通算2000スティールを達成した。2000スティールを達成したことで、ジェイソン・キッドゲイリー・ペイトンジョン・ストックトン以来となる通算8000アシスト、2000スティールを達成した選手となった[13]

オクラホマシティ・サンダー[編集]

2019年7月16日にラッセル・ウェストブルックとのトレードで、2024年と2026年のドラフト1巡目指名権、2021年と2025年のドラフト2巡目指名権と共にオクラホマシティ・サンダーに移籍した[14]

サンダーでのデビュー戦となった2019年10月23日のユタ・ジャズ戦では30分の出場のうち22点・8リバウンドを記録したが100-95で敗北した[15]。2020年1月30日、オールスターゲーム以来となる自身10回目のオールスターゲームのリザーブに選出した[16]。同年2月11日のサンアントニオ・スパーズ戦にてシーズンハイの31得点を記録したが114-106で敗北した[17]

フェニックス・サンズ[編集]

2020年11月16日、ケリー・ウーブレ・ジュニアリッキー・ルビオタイ・ジェローム英語版ジェイレン・レック英語版、2022年のプロテクト付き第1巡目指名権とのトレードで、アブデル・ネイダーと共にフェニックス・サンズへ移籍した[18]。2021年2月19日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦にて15得点とシーズンハイの19アシストを達成し、チームは132-114で勝利した。翌日のグリズリーズ戦では6アシストを記録し、ポールの欽慕でもあるオスカー・ロバートソンの通算アシスト数を抜き歴代6位に浮上した[19]

アメリカ代表[編集]

ロンドンオリンピックでのポール(2012年)

2006年に日本で開催された世界選手権アメリカ代表として出場し、ポールは9試合中6試合に先発出場し、通算44アシスト17スティール9ターンオーバーを記録する。代表は順調に勝ち進み、準決勝でギリシャと対戦。ポールはギリシャの201cmの長身ポイントガード、セオドロス・パパルーカスとのミスマッチに苦しみ、チームも敗戦。銅メダルに終わった。

2008年の北京オリンピックではベテランPGのジェイソン・キッドの参加が話題となったが、ポールは先発の座こそキッドに譲ったものの出場時間ではポール、キッド、デロン・ウィリアムスの3人の中では最も多く与えられ、金メダル獲得に大きく貢献した。

2012年のロンドンオリンピックでも金メダルを獲得した。

選手としての特徴[編集]

身長6フィート0インチ(183cm)、体重175ポンド(79 kg)とNBAにおいては小柄だが歴代屈指の正統派ポイントガードして名を轟かせている[20]。ポールの平均成績は1試合あたり18.5得点・4.5リバウンド・9.5アシスト・2.2スティールであり、これまでにオールNBAチームに9回選出、NBAオールディフェンシブチームにも9回選出されており、6回のスティール王を獲得している。また4回のアシスト王も獲得しているなど攻守にわたり長けている。2013年にはESPNスポーツ・イラストレイテッドにリーグで3番目に最高の選手とランク付けされた[21][22][23]

大きな欠点がなく安定した選手であるが、重要な場面での怪我が非常に多く、クリッパーズ時代は毎年のように優勝候補に挙げられながらも、自身やブレイク・グリフィンがプレーオフで度々怪我をして離脱し、結果的にカンファレンス準決勝進出が最高成績となってしまった[24]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

NBAレギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2005–06 NOH 78 78 36.0 .430 .282 .847 5.1 7.8 2.2 .1 16.1
2006–07 64 64 36.8 .437 .350 .818 4.4 8.9 1.8 .0 17.3
2007–08 80 80 37.6 .488 .369 .851 4.0 11.6 2.7 .1 21.1
2008–09 78 78 38.5 .503 .364 .868 5.5 11.0 2.8 .1 22.8
2009–10 45 45 38.0 .493 .409 .847 4.2 10.7 2.1 .2 18.7
2010–11 80 80 36.0 .463 .388 .878 4.1 9.8 2.4 .1 15.8
2011–12 LAC 60 60 36.4 .478 .371 .861 3.6 9.1 2.5 .1 19.8
2012–13 70 70 33.4 .481 .328 .885 3.7 9.7 2.4 .1 16.9
2013–14 62 62 35.0 .467 .368 .855 4.3 10.7 2.5 .1 19.1
2014–15 82 82 34.8 .485 .398 .900 4.6 10.2 1.9 .2 19.1
2015–16 74 74 32.7 .462 .371 .896 4.2 10.0 2.1 .2 19.5
2016–17 61 61 31.5 .476 .411 .892 5.0 9.2 1.9 .1 18.1
2017–18 HOU 58 58 31.8 .460 .380 .919 5.4 7.9 1.7 .2 18.6
2018–19 58 58 32.0 .419 .362 .862 4.6 8.2 2.0 .3 15.6
2019–20 OKC 70 70 31.5 .489 .365 .907 5.0 6.7 1.6 .2 17.6
2020–21 PHX 70 70 31.4 .499 .395 .934 4.5 8.9 1.4 .3 16.4
キャリア 1090 1090 34.6 .472 .371 .873 4.5 9.4 2.1 .1 18.3
オールスター 10 4 27.0 .530 .468 .857 4.3 12.8 2.6 .0 13.4

プレイオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2008 NOH 12 12 40.5 .502 .238 .785 4.9 11.3 2.3 .2 24.1
2009 5 5 40.2 .411 .313 .857 4.4 10.4 1.6 .0 16.6
2011 6 6 41.5 .545 .474 .796 6.7 11.5 1.8 .0 22.0
2012 LAC 11 11 38.5 .427 .333 .872 5.1 7.9 2.7 .1 17.6
2013 6 6 37.3 .533 .316 .892 4.0 6.3 1.8 .0 22.8
2014 13 13 36.3 .467 .457 .774 4.2 10.4 2.8 .0 19.8
2015 12 12 37.1 .503 .415 .941 4.4 8.8 1.8 .3 22.1
2016 4 4 31.3 .487 .300 1.000 4.0 7.3 2.3 .0 23.8
2017 7 7 37.2 .496 .368 .879 5.0 9.9 1.7 .1 25.3
2018 HOU 15 15 34.5 .459 .374 .830 5.9 5.8 2.0 .3 21.1
2019 11 11 36.1 .446 .270 .844 6.4 5.5 2.2 .6 17.0
2020 OKC 7 7 37.3 .491 .372 .885 7.4 5.3 1.6 .4 21.3
キャリア 109 109 37.3 .478 .365 .847 5.2 8.3 2.1 .2 20.9

タイトル・受賞[編集]

私生活・その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Chris-Paul”. draftexpress.com (2005年). 2021年2月28日閲覧。
  2. ^ a b Chris Paul | Air.Jordan.com
  3. ^ 女性審判に対するC・ポールの発言、リーグを巻き込んだ問題に - AFPBB News(2015年)
  4. ^ 【特別インタビュー】クリス・ポール「童顔のファイター」 - WOWOW(2012年)
  5. ^ Clippers embracing 'Lob City' nickname”. ESPN Los Angeles. 2014年2月12日閲覧。
  6. ^ Chris Paul Selected to 2011-12 All-NBA First Team; Griffin Headlines All-NBA Second Team”. NBA. 2012年6月18日閲覧。
  7. ^ “Clippers' Chris Paul named MVP as West topples East in ASG”. Associated Press. ESPN. (2013年2月17日). http://scores.espn.go.com/nba/recap?gameId=400436572 
  8. ^ Paul becomes first Clippers ever to win All-Star MVP”. NBA (2013年2月18日). 2013年2月18日閲覧。
  9. ^ Golliver, Ben (2013年7月10日). “Clippers officially re-sign Chris Paul to five-year contract”. Sports Illustrated. http://nba.si.com/2013/07/10/chris-paul-clippers-contract-re-sign-official 2013年7月10日閲覧。 
  10. ^ ロケッツが7選手と交換でクリッパーズからクリス・ポールを獲得
  11. ^ Rockets blast LeBron, disconnected Cavs 120-88” (英語). ESPN.com (2018年2月3日). 2018年4月18日閲覧。
  12. ^ Butler hurt as Rockets beat Wolves for 11th straight win” (英語). ESPN.com (2018年2月23日). 2018年4月18日閲覧。
  13. ^ Houston Rockets' Chris Paul becomes 12th player in NBA history with 2,000 steals” (英語). NBA.com (2018年3月17日). 2018年3月19日閲覧。
  14. ^ Oklahoma City Acquires Chris Paul, Two First-Round Draft Picks and the Right to Two Swap Picks”. NBA.com (2019年7月16日). 2021年2月28日閲覧。
  15. ^ Mitchell has 32 and 12, leads Jazz over Thunder 100-95”. ESPN.com. 2019年10月24日閲覧。
  16. ^ Oklahoma City's Paul and Houston's Westbrook headline reserves for 2020 NBA All-Star Game”. NBA.com (2020年1月30日). 2020年2月24日閲覧。
  17. ^ Spurs stop 5-game slide with 114-106 victory over Thunder” (英語). ESPN.com (2020年2月11日). 2020年2月24日閲覧。
  18. ^ Suns complete trade for Chris Paul, Abdel Nader” (英語). NBA.com (2020年11月16日). 2021年2月28日閲覧。
  19. ^ クリス・ポール、通算アシストでオスカー・ロバートソン超えの歴代6位浮上”. スポーティングニュース (2021年2月21日). 2021年2月28日閲覧。
  20. ^ Chris Paul stats | Basketball-Reference.com
  21. ^ Top 100 players of 2014: Nos. 10-1”. The Point Forward (2013年9月20日). 2014年2月13日閲覧。
  22. ^ #NBArank 3: Chris Paul”. ESPN. 2014年2月13日閲覧。
  23. ^ L.A. Clippers: 2013-14 roster (Subscription Required)”. ESPN Insider. 2014年2月13日閲覧。
  24. ^ クリッパーズに激震、グリフィンとポールが揃って負傷離脱” (日本語). バスケット・カウント | Basket Count. 2021年3月17日閲覧。
  25. ^ クリス・ポール、ヒューストンに本拠地を置くMLBチームの始球式に登場”. バスケットボールキング (2017年7月16日). 2017年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]

  1. ^ basketball-reference.com