ジャック・コールマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・コールマン
Jack Coleman
名前
本名 Jack L. Coleman
ラテン文字 Jack Coleman
基本情報
誕生日 1924年5月23日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ケンタッキー州バーギン
身長 201cm  (6 ft 7 in)
体重 89kg (196 lb)
選手情報
ポジション パワーフォワード
背番号 10, 15, 12, 11
ドラフト 1949年
選手経歴
1949-1956
1956-1958
ロチェスター・ロイヤルズ
セントルイス・ホークス

ジャック・コールマンJack Colmen, 1924年5月23日 - 1998年12月11日)は1950年代のNBAで活躍したアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。出身地はケンタッキー州バーギン、出身大学はルイビル大学

NBAではキャリアの前半をロチェスター・ロイヤルズ、後半をセントルイス・ホークスで過ごし、それぞれのチームで1951年1958年に優勝を経験している。毎年平均10得点10リバウンド前後を記録する選手として活躍し、計9シーズン633試合の出場で通算6,721得点5,189リバウンド(平均10.6得点9.2リバウンド)の成績を残した。全盛期はロイヤルズ時代末期の1954-55シーズンに迎え、このシーズンは12.8得点10.2リバウンドを記録し、オールスターにも初選出されている。

1957年のファイナルでは当時最高峰のディフェンダー、ビル・ラッセルの餌食となった。ホークスとボストン・セルティックスのシリーズは第7戦までもつれる激戦となり、第7戦も試合時間残り1分で101-100とホークスが僅か1点をリードする接戦となった。この場面でチームはコールマンにボールを託し、コールマンはレイアップを打とうとしたが、ラッセルによってブロックされ、逆にカウンターを食らって土壇場で逆転を喫した。結局試合はオーバータイムまでもつれた末に、ホークスの敗北となり、優勝も逃した。コールマンがブロックを決められた瞬間、実況は「Blocked by Russell! Blocked by Russell! He came from nowhere!(ラッセルがブロック!ラッセルがブロック!彼は何処からともなく現れた!)」と叫んだ。このシリーズでコールマンは第1戦でチームを勝利に導くシュートを決めるなど活躍していたが、皮肉にもこのラッセルによるブロックが"コールマン・プレイ"としてコールマンの最も有名なプレイとなってしまった。翌1958年のファイナルではセルティックスにリベンジし、2度目の優勝を遂げて引退を迎えた。

外部リンク[編集]