NBAファイナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NBAファイナル
The NBA Finals logo.svg
前身BAAファイナル
競技バスケットボール
開始年1950年
参加チーム2
参加者カンファレンス優勝チーム
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
前回優勝ゴールデンステート・ウォリアーズ(7回)
最多優勝ボストン・セルティックスロサンゼルス・レイカーズ(17回)

NBAファイナル (NBA Finals)とは北米プロバスケットボールリーグNBAで、そのシーズンのイースタン・カンファレンスウェスタン・カンファレンスの王者が対決してチャンピオンを決定するシリーズの事。プレーオフの締めくくりであり、シーズン最後のイベントでもある。通常は毎年6月に行われている。1986年まではNBAワールドチャンピオンシップ・シリーズと呼ばれていた。

概要[編集]

プレーオフの各シリーズと同様7試合制で、どちらかのチームが先に4勝した時点で終了する。レギュラーシーズンを通して勝ち数の多いチームがホームコートアドバンテージを持ち、相手チームよりも1試合多い最大4試合をホームでプレイすることができる。2013-14シーズンから2-2-1-1-1フォーマットで行う。かつては2-3-2フォーマットで行われていた。これは、1985年ファイナルのボストン・セルティックス対ロサンゼルス・レイカーズ戦で、移動による負担軽減のために採用されたものだった。

優勝チームが決定すると、記者たちはシリーズで最も活躍したと考える選手に投票し、最多の票を獲得した選手はファイナルMVPに選出される(最多選出はマイケル・ジョーダンの6回)。ファイナルMVPが選ばれるようになったのは1969年からである。

優勝チームが決まると、試合優勝チームの選手や関係者にその場で葉巻が配られる習慣がある。また優勝チームの選手・関係者には指輪(チャンピオンリング)が配られる。この指輪は優勝チームに合わせて設計・製作されるので、優勝が決まった後に製作が行われ、関係者に渡されるのは通常次のシーズンの始め頃になる。なお優勝後に移籍した選手は、その選手が前に所属した優勝チームとシーズン中に対戦する際にチャンピオンリングが授与される。

歴史[編集]

1980年代[編集]

この年代はロサンゼルス・レイカーズボストン・セルティックスの対戦が人気を集めた。その中でも、両チームのエース、マジック・ジョンソンラリー・バードの対戦が白熱していた。

1990年代 [編集]

"バッドボーイズ"ことデトロイト・ピストンズの2連覇に始まり、マイケル・ジョーダン擁するシカゴ・ブルズの王朝が続き、2回の3連覇を記録した。ジョーダンが一時期引退した2年間はアキーム・オラジュワン擁するヒューストン・ロケッツが2連覇を達成。1999年には、ニューヨーク・ニックスが史上唯一の第8シードからのNBAファイナル出場を果たす。

2000年代[編集]

2000年代前半はシャキール・オニールコービー・ブライアント擁するロサンゼルス・レイカーズが王朝を築き3連覇を達成し、オニールが3年連続でファイナルMVPを受賞した。その後はデトロイト・ピストンズが明確なエースがいない中、チームバスケットで優勝を果たす。2000年代後半になるとポール・ピアースケビン・ガーネットレイ・アレンのビッグ3を擁するボストン・セルティックス、絶対的なエースコービー・ブライアント擁するロサンゼルス・レイカーズティム・ダンカントニー・パーカーマヌ・ジノビリのビッグ3擁するサンアントニオ・スパーズなどの数々の強豪チームがぶつかり合う展開となった。

2010年代[編集]

2010年代前半はダーク・ノヴィツキー擁するダラス・マーベリックスレブロン・ジェームズドウェイン・ウェイドクリス・ボッシュのビッグ3擁するマイアミ・ヒート相手に優勝する波乱の展開に始まりその後ヒートのビッグ3が連覇を達成。2010年代後半は、ステフィン・カリー擁するゴールデンステート・ウォリアーズレブロン・ジェームズ擁するクリーブランド・キャバリアーズの対戦が4年連続で繰り広げられた。2015年はウォリアーズがスリーポイントの多用やスモールラインナップなどの今までにない画期的なスタイルで優勝し、NBAに革新をもたらした。翌2016年はさらに力をつけ、シーズン73勝を達成したウォリアーズだったが、レブロン・ジェームズ擁するキャバリアーズがNBAファイナル史上初の1勝3敗からの逆転優勝という形でウォリアーズを破り、優勝を果たした。その後ウォリアーズはリーグ屈指のスコアラーケビン・デュラントを獲得し、史上最強クラスの王朝チームを作り、連覇を果たした。ウォリアーズは3連覇を狙うも、度重なる主力選手の怪我が原因で本来の力を発揮できずに、カワイ・レナード擁するトロント・ラプターズに敗れた。

  • 2011年 - ダーク・ノビツキー率いるダラス・マーベリックスがレブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド率いるマイアミ・ヒートに前評判を覆す形で優勝。
  • 2013年 - レブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド率いるマイアミ・ヒートが連覇。第6戦ではレイ・アレンが残り5秒で同点スリーポイントを沈める。
  • 2016年 - シリーズ最多の73勝を達成したゴールデンステート・ウォリアーズがクリーブランド・キャバリアーズを3勝1敗に追い込むもキャバリアーズはレブロン・ジェームズ、カイリー・アービングを中心に躍進し、史上初めて1勝3敗から逆転優勝を果たす。
  • 2018年 - ゴールデンステート・ウォリアーズが連覇。ケビン・デュラントが2年連続でファイナルMVPを獲得する。
  • 2019年 - NBAファイナル史上初、カナダでファイナルが行われる。ゴールデンステート・ウォリアーズが5年連続ファイナル出場。カワイ・レナード率いるトロント・ラプターズがフランチャイズ史上初優勝。ウォリアーズは3連覇を狙うも、第5戦でケビン・デュラントが怪我を押して出場した結果、アキレス腱を断裂、第6戦でクレイ・トンプソン前十字靭帯断裂と主力選手の怪我が相次ぎ無念の敗北となった。

2020年代[編集]

2020年はコロナウイルスの世界的な流行によりNBAは一時中断。再開後はフロリダのディズニーリゾートのバスケットコートの施設を利用。これをNBAバブルと称された。選手をリゾートに隔離状態にした上、無観客での開催という波乱のスタートとなった。

NBAファイナル成績[編集]

 太字 は優勝チーム、 (数字) は回数。

BAAファイナル[編集]

ウェスタン・カンファレンス 結果 イースタン・カンファレンス
1947 シカゴ・スタッグズ 1-4 フィラデルフィア・ウォリアーズ
1948 ボルティモア・ブレッツ 4-2 フィラデルフィア・ウォリアーズ
1949 ミネアポリス・レイカーズ 4-2 ワシントン・キャピトルズ

NBAファイナル[編集]

ウェスタン・カンファレンス 結果 イースタン・カンファレンス ファイナルMVP
1950 ミネアポリス・レイカーズ (2) 4-2 シラキューズ・ナショナルズ N/A
1951 ロチェスター・ロイヤルズ 4-3 ニューヨーク・ニックス
1952 ミネアポリス・レイカーズ (3) 4-3 ニューヨーク・ニックス
1953 ミネアポリス・レイカーズ (4) 4-1 ニューヨーク・ニックス
1954 ミネアポリス・レイカーズ (5) 4-3 シラキューズ・ナショナルズ
1955 フォートウェイン・ピストンズ 3-4 シラキューズ・ナショナルズ
1956 フォートウェイン・ピストンズ 1-4 フィラデルフィア・ウォリアーズ (2)
1957 セントルイス・ホークス 3-4 ボストン・セルティックス
1958 セントルイス・ホークス 4-2 ボストン・セルティックス
1959 ミネアポリス・レイカーズ 0-4 ボストン・セルティックス (2)
1960 セントルイス・ホークス 3-4 ボストン・セルティックス (3)
1961 セントルイス・ホークス 1-4 ボストン・セルティックス (4)
1962 ロサンゼルス・レイカーズ 3-4 ボストン・セルティックス (5)
1963 ロサンゼルス・レイカーズ 2-4 ボストン・セルティックス (6)
1964 サンフランシスコ・ウォリアーズ 1-4 ボストン・セルティックス (7)
1965 ロサンゼルス・レイカーズ 1-4 ボストン・セルティックス (8)
1966 ロサンゼルス・レイカーズ 3-4 ボストン・セルティックス (9)
1967 サンフランシスコ・ウォリアーズ 2-4 フィラデルフィア・76ers (2)
1968 ロサンゼルス・レイカーズ 2-4 ボストン・セルティックス (10)
1969 ロサンゼルス・レイカーズ 3-4 ボストン・セルティックス (11) ジェリー・ウェスト
1970 ロサンゼルス・レイカーズ 3-4 ニューヨーク・ニックス ウィリス・リード
1971 ミルウォーキー・バックス 4-0 ボルティモア・ブレッツ カリーム・アブドゥル=ジャバー
1972 ロサンゼルス・レイカーズ (6) 4-1 ニューヨーク・ニックス ウィルト・チェンバレン
1973 ロサンゼルス・レイカーズ 1-4 ニューヨーク・ニックス (2) ウィリス・リード (2)
1974 ミルウォーキー・バックス 3-4 ボストン・セルティックス (12) ジョン・ハブリチェック
1975 ゴールデンステート・ウォリアーズ (3) 4-0 ワシントン・ブレッツ リック・バリー
1976 フェニックス・サンズ 2-4 ボストン・セルティックス (13) ジョ・ジョ・ホワイト
1977 ポートランド・トレイルブレイザーズ 4-2 フィラデルフィア・76ers ビル・ウォルトン
1978 シアトル・スーパーソニックス 3-4 ワシントン・ブレッツ ウェス・アンセルド
1979 シアトル・スーパーソニックス 4-1 ワシントン・ブレッツ デニス・ジョンソン
1980 ロサンゼルス・レイカーズ (7) 4-2 フィラデルフィア・76ers マジック・ジョンソン
1981 ヒューストン・ロケッツ 2-4 ボストン・セルティックス (14) セドリック・マクスウェル
1982 ロサンゼルス・レイカーズ (8) 4-2 フィラデルフィア・76ers マジック・ジョンソン (2)
1983 ロサンゼルス・レイカーズ 0-4 フィラデルフィア・76ers (3) モーゼス・マローン
1984 ロサンゼルス・レイカーズ 3-4 ボストン・セルティックス (15) ラリー・バード
1985 ロサンゼルス・レイカーズ (9) 4-2 ボストン・セルティックス カリーム・アブドゥル=ジャバー (2)
1986 ヒューストン・ロケッツ 2-4 ボストン・セルティックス (16) ラリー・バード (2)
1987 ロサンゼルス・レイカーズ (10) 4-2 ボストン・セルティックス マジック・ジョンソン (3)
1988 ロサンゼルス・レイカーズ (11) 4-3 デトロイト・ピストンズ ジェームス・ウォージー
1989 ロサンゼルス・レイカーズ 0-4 デトロイト・ピストンズ ジョー・デュマース
1990 ポートランド・トレイルブレイザーズ 1-4 デトロイト・ピストンズ (2) アイザイア・トーマス
1991 ロサンゼルス・レイカーズ 1-4 シカゴ・ブルズ マイケル・ジョーダン
1992 ポートランド・トレイルブレイザーズ 2-4 シカゴ・ブルズ (2) マイケル・ジョーダン (2)
1993 フェニックス・サンズ 2-4 シカゴ・ブルズ (3) マイケル・ジョーダン (3)
1994 ヒューストン・ロケッツ 4-3 ニューヨーク・ニックス アキーム・オラジュワン
1995 ヒューストン・ロケッツ (2) 4-0 オーランド・マジック アキーム・オラジュワン (2)
1996 シアトル・スーパーソニックス 2-4 シカゴ・ブルズ (4) マイケル・ジョーダン (4)
1997 ユタ・ジャズ 2-4 シカゴ・ブルズ (5) マイケル・ジョーダン (5)
1998 ユタ・ジャズ 2-4 シカゴ・ブルズ (6) マイケル・ジョーダン (6)
1999 サンアントニオ・スパーズ 4-1 ニューヨーク・ニックス ティム・ダンカン
2000 ロサンゼルス・レイカーズ (12) 4-2 インディアナ・ペイサーズ シャキール・オニール
2001 ロサンゼルス・レイカーズ (13) 4-1 フィラデルフィア・76ers シャキール・オニール (2)
2002 ロサンゼルス・レイカーズ (14) 4-0 ニュージャージー・ネッツ シャキール・オニール (3)
2003 サンアントニオ・スパーズ (2) 4-2 ニュージャージー・ネッツ ティム・ダンカン (2)
2004 ロサンゼルス・レイカーズ 1-4 デトロイト・ピストンズ (3) チャンシー・ビラップス
2005 サンアントニオ・スパーズ (3) 4-3 デトロイト・ピストンズ ティム・ダンカン (3)
2006 ダラス・マーベリックス 2-4 マイアミ・ヒート ドウェイン・ウェイド
2007 サンアントニオ・スパーズ (4) 4-0 クリーブランド・キャバリアーズ トニー・パーカー
2008 ロサンゼルス・レイカーズ 2-4 ボストン・セルティックス (17) ポール・ピアース
2009 ロサンゼルス・レイカーズ (15) 4-1 オーランド・マジック コービー・ブライアント
2010 ロサンゼルス・レイカーズ (16) 4-3 ボストン・セルティックス コービー・ブライアント (2)
2011 ダラス・マーベリックス 4-2 マイアミ・ヒート ダーク・ノヴィツキー
2012 オクラホマシティ・サンダー 1-4 マイアミ・ヒート (2) レブロン・ジェームズ
2013 サンアントニオ・スパーズ 3-4 マイアミ・ヒート (3) レブロン・ジェームズ (2)
2014 サンアントニオ・スパーズ (5) 4-1 マイアミ・ヒート カワイ・レナード
2015 ゴールデンステート・ウォリアーズ (4) 4-2 クリーブランド・キャバリアーズ アンドレ・イグダーラ
2016 ゴールデンステート・ウォリアーズ 3-4 クリーブランド・キャバリアーズ レブロン・ジェームズ (3)
2017 ゴールデンステート・ウォリアーズ (5) 4-1 クリーブランド・キャバリアーズ ケビン・デュラント
2018 ゴールデンステート・ウォリアーズ (6) 4-0 クリーブランド・キャバリアーズ ケビン・デュラント (2)
2019 ゴールデンステート・ウォリアーズ 2-4 トロント・ラプターズ カワイ・レナード (2)
2020 ロサンゼルス・レイカーズ (17) 4-2 マイアミ・ヒート レブロン・ジェームズ (4)
2021 フェニックス・サンズ 2-4 ミルウォーキー・バックス (2) ヤニス・アデトクンボ
2022 ゴールデンステート・ウォリアーズ (7) 4-2 ボストン・セルティックス ステフィン・カリー

チーム別成績[編集]

進出 チーム 勝率 ファイナル優勝 カンファレンス優勝
32 ミネアポリス/ロサンゼルス・レイカーズ 17 15 .531 1949, 1950, 1952, 1953, 1954, 1972, 1980, 1982, 1985, 1987, 1988, 2000, 2001, 2002, 2009, 2010, 2020 1959, 1962, 1963, 1965, 1966, 1968, 1969, 1970, 1973, 1983, 1984, 1989, 1991, 2004, 2008
22 ボストン・セルティックス 17 5 .772 1957, 1959, 1960, 1961, 1962, 1963, 1964, 1965, 1966, 1968, 1969, 1974, 1976, 1981, 1984, 1986, 2008 1958, 1985, 1987, 2010, 2022
12 フィラデルフィア/サンフランシスコ/ゴールデンステート・ウォリアーズ 7 5 .583 1947, 1956, 1975, 2015, 2017, 2018, 2022 1948, 1964, 1967, 2016, 2019
9 シラキューズ・ナショナルズ/フィラデルフィア・セブンティシクサーズ 3 6 .333 1955, 1967, 1983 1950, 1954, 1977, 1980, 1982, 2001
8 ニューヨーク・ニックス 2 6 .250 1970, 1973 1951, 1952, 1953, 1972, 1994, 1999
7 フォートウェイン/デトロイト・ピストンズ 3 4 .429 1989, 1990, 2004 1955, 1956, 1988, 2005
6 シカゴ・ブルズ 6 0 1.000 1991, 1992, 1993, 1996, 1997, 1998 N/A
6 サンアントニオ・スパーズ 5 1 .833 1999, 2003, 2005, 2007, 2014 2013
6 マイアミ・ヒート 3 3 .500 2006, 2012, 2013 2011, 2014, 2020
5 クリーブランド・キャバリアーズ 1 4 .200 2016 2007, 2015, 2017, 2018
4 ヒューストン・ロケッツ 2 2 .500 1994, 1995 1981, 1986
4 シアトル・スーパーソニックスオクラホマシティ・サンダー 1 3 .250 1979 1978, 1996, 2012
4 ボルチモア/ワシントン・ブレッツ/ワシントン・ウィザーズ 1 3 .250 1978 1971, 1975, 1979
4 セントルイス/アトランタ・ホークス 1 3 .250 1958 1957, 1960, 1961
3 ミルウォーキー・バックス 2 1 .666 1971, 2021 1974
3 ポートランド・トレイルブレイザーズ 1 2 .333 1977 1990, 1992
3 フェニックス・サンズ 0 3 .000 N/A 1976, 1993, 2021
2 ダラス・マーベリックス 1 1 .500 2011 2006
2 オーランド・マジック 0 2 .000 N/A 1995, 2009
2 ニュージャージー/ブルックリン・ネッツ 0 2 .000 N/A 2002, 2003
2 ニューオーリンズ/ユタ・ジャズ 0 2 .000 N/A 1997, 1998
1 トロント・ラプターズ 1 0 1.000 2019 N/A
1 ロチェスター・ロイヤルズ/サクラメント・キングス 1 0 1.000 1951 N/A
1 ボルティモア・ブレッツ 1 0 1.000 1948 N/A
1 インディアナ・ペイサーズ 0 1 .000 N/A 2000
1 ワシントン・キャピトルズ 0 1 .000 N/A 1949
1 シカゴ・スタッグズ 0 1 .000 N/A 1947
0 シャーロット・ボブキャッツ/シャーロット・ホーネッツ N/A
0 デンバー・ナゲッツ N/A
0 バッファロー・ブレーブス/サンディエゴ/ロサンゼルス・クリッパーズ N/A
0 バンクーバー/メンフィス・グリズリーズ N/A
0 ミネソタ・ティンバーウルブズ N/A
0 ニューオーリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツ/ニューオーリンズ・ペリカンズ N/A

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]