1957-1958シーズンのNBA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1957-1958シーズン
期間 1957年10月22日-1958年4月12日
TV 放送 NBC
観客動員数 1,167,462人
レギュラーシーズン
勝率首位 ボストン・セルティックス
最優秀選手 ビル・ラッセル
得点王 ジョージ・ヤードリー
プレーオフ
イースタン決勝 ボストン・セルティックス
  フィラデルフィア・ウォリアーズ
ウエスタン決勝 セントルイス・ホークス
  デトロイト・ピストンズ
ファイナル
優勝 セントルイス・ホークス

<1956-57

1958-59>

1957-1958シーズンのNBAは、NBAの12回目のシーズンである。シーズンは1957年10月22日に始まり、1958年4月12日に全日程が終了した。

シーズン前[編集]

ドラフト[編集]

ドラフトではホット・ロッド・ハンドリ-ロチェスター・ロイヤルズから全体1位指名を受けている。またサム・ジョーンズボストン・セルティックス入りした。

その他[編集]

シーズン[編集]

オールスター[編集]

イースタン・デビジョン[編集]

チーム 勝率 ゲーム差
ボストン・セルティックス 49 23 .681 -
シラキュース・ナショナルズ 41 31 .569 8
フィラデルフィア・ウォリアーズ 37 35 .514 12
ニューヨーク・ニックス 35 37 .486 14

ウエスタン・デビジョン[編集]

チーム 勝率 ゲーム差
セントルイス・ホークス 41 31 .569 -
シンシナティ・ロイヤルズ 33 39 .458 8
デトロイト・ピストンズ 33 39 .458 8
ミネアポリス・レイカーズ 19 53 .264 22

スタッツリーダー[編集]

部門 選手 チーム 記録
得点 ジョージ・ヤードリー デトロイト・ピストンズ 2,001
リバウンド ビル・ラッセル ボストン・セルティックス 1,564
アシスト ボブ・クージー ボストン・セルティックス 463
FG% ジャック・トゥィマン シンシナティ・ロイヤルズ 45.2
FT% ドルフ・シェイズ シラキュース・ナショナルズ 90.4

1969-70シーズン以前はアベレージよりも通算でスタッツリーダーが決められていた。

各賞[編集]

シーズン概要[編集]

  • ジョージ・ヤードリーは史上初めてシーズン通産2000得点を突破し、得点王に輝いた。
  • ビル・ラッセルは初のリバウンド王、ボブ・クージーは5年連続でアシスト王に輝いたが、ビル・シャーマンが4年間守ってきたフリースロー成功率1位の座から陥落したため、ボストン・セルティックスの三冠達成はならなかった。
  • ビル・ラッセルは黒人選手として初めてMVPを獲得した。しかしオールNBAチームでは2ndチームに甘んじ、MVPに選ばれながら1stチームには選ばれなかった史上唯一の選手となった。
  • ショットクロック導入以来右肩上がりで上昇続けるリーグ全体の平均得点が、このシーズンにはついに100得点を突破し、平均106.6得点を記録した。

プレーオフファイナル[編集]

  Division Semifinals Division Finals NBA Finals
                           
   
  1  ホークス 4  
Western Division
    2  ピストンズ 1  
3  ロイヤルズ 0
  2  ピストンズ 2  
    W1  ホークス 4
  E1  セルティックス 2
     
   
1  セルティックス 4
Eastern Division
    3  ウォリアーズ 1  
3  ウォリアーズ 2
  2  ナショナルズ 1  

前季ファイナルで死闘を繰り広げたセントルイス・ホークスボストン・セルティックスのカードが二年連続でファイナルで実現した。セルティックスにとっての悲劇は1勝1敗で迎えた第3戦で発生した。ビル・ラッセルボブ・ペティットのシュートをブロックした際、そのままペティットの足の上に着地してしまい、足首を捻挫してしまったのである。ラッセルの不在が響きこのゲームを落としたセルティックスは、続く第4戦をラッセル抜きで勝利した。しかし第5戦はホークスがものにし、3勝2敗でいよいよ優勝に王手を掛けた。

ペティット猛襲[編集]

後がなくなったセルティックスは第7戦、ラッセルが足を引きずりながらもコートに戻ったが、この日ホークスのエース、ボブ・ペティットがプレーオフ史上に残る圧倒的なパフォーマンスを披露する。前半だけで19得点をあげたペティットの活躍で、第3Qまではホークスがリードを保っていた。しかし第4Qに入るとセルティックスが反撃に打って出、86-84と逆転を果たされると、ここからペティットの類稀な得点能力が爆発。セルティックスのダブルチーム、トリプルチームをものともせず、ホークスの最後の21得点のうち18得点をあげる活躍をし、再びホークスのリードを奪い返した。108-107とその差は僅か1点で迎えた試合時間残り16秒。逆転に一縷の望みを託すセルティックスはペティットにディフェンスを集中させた。シュートはフリーとなったスレーター・マーティンが打ったが、これはリムに弾かれた。このリバウンドを抑えればセルティックスの逆転の可能性が出てくるが、このボールをペティットがティップショットで見事にゴールに押し込み、セルティックスの希望を断ち切った。最終的には110-109でホークスが勝利し、前季のリベンジを果たすとともにホークスの初優勝を決めた。ペティットがこの日積み上げた50得点の記録は、当時のプレーオフ記録となった。

この年の優勝が、2008年現在までホークスにとっての唯一の優勝となっている。ホークスとセルティックスは、1年を置いて1961年のファイナルにて三度相見える。

ラストシーズン[編集]

外部リンク[編集]