1950-1951シーズンのNBA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1950-1951シーズン
期間 1950年10月31日-1951年4月21日
観客動員数 1,247,949人
レギュラーシーズン
勝率首位 ミネアポリス・レイカーズ
得点王 ジョージ・マイカン
プレーオフ
イースタン決勝 ニューヨーク・ニックス
  シラキュース・ナショナルズ
ウエスタン決勝 ロチェスター・ロイヤルズ
  ミネアポリス・レイカーズ
ファイナル
優勝 ロチェスター・ロイヤルズ

<1949-50

1951-52>

1950-1951シーズンのNBAは、NBAの5回目のシーズンである。シーズンは1950年10月31日に始まり、1951年4月21日に全日程が終了した。

シーズン前[編集]

黒人選手の参戦[編集]

当時のバスケットボールは白人のスポーツだった。NBAにも白人選手しか存在せず、そしてファンの大半も白人だった。そんな白人しか居ない世界に、初めてアフリカ系アメリカ人が登場する。ドラフトではチャック・クーパーが、黒人選手として初めてボストン・セルティックスから2巡目全体13位指名を受ける。またナサニエル・クリフトンニューヨーク・ニックスと、黒人選手として初めて契約を交わした。そしてアール・ロイドは黒人選手として初めてNBAの試合に出場した。

当時リーグ全体に比べ黒人選手の比率はまだまだ低いものだったが、後に急激にその割合を増していき、ついには白人選手を陵駕していく。1950年代後半にはビル・ラッセルウィルト・チェンバレンのような支配的な選手も登場し、リーグにとって黒人選手はなくてはならない存在となっていくが、一方で白人ファンのNBA離れも進んでいくことになる。

ドラフト[編集]

ドラフトではチャック・シェアーボストン・セルティックスから全体1位指名を受けた。またボブ・クージーラリー・ファウストジョージ・ヤードリービル・シャーマンらも指名を受けている。地域ドラフトではポール・アリジンフィラデルフィア・ウォリアーズに指名を受けている。

二年目の受難[編集]

NBLを吸収し、BAAから改称して2年目を迎えたNBAだが、一気に17チームまで膨れ上がったリーグを支えるほどの人気はまだなく、このシーズン前に6チームもの離脱者を出した。NBAの前身であるBAA創設時からのチームであるシカゴ・スタッグズセントルイス・ボンバーズを始め、アンダーソン・パッカーズデンバー・ナゲッツシボイガン・レッドスキンズウォータールー・ホークスが解散の憂き目に遭った。このシーズンにはリーグの人気低迷に拍車を掛けるような、19-18という衝撃的なスコアが記録される。

またこのシーズンからファウルアウトが5ファウルから6ファウルに変更された。

シーズン[編集]

オールスター[編集]

NBA初のオールスターゲームが開催される。

イースタン・デビジョン[編集]

チーム 勝率 ゲーム差
フィラデルフィア・ウォリアーズ 40 26 .606 -
ボストン・セルティックス 39 30 .565 2.5
ニューヨーク・ニックス 36 30 .545 4
シラキュース・ナショナルズ 32 34 .485 8
ボルティモア・ブレッツ 24 42 .364 16
ワシントン・キャピトルズ 10 25 .286 14.5

ウエスタン・デビジョン[編集]

Team W L PCT. GB
ミネアポリス・レイカーズ 44 24 .606 -
ロチェスター・ロイヤルズ 41 27 .565 3
フォートウェイン・ピストンズ 32 36 .545 12
インディアナポリス・オリンピアンズ 31 37 .485 13
トライシティーズ・ブラックホークス 25 43 .364 19

スタッツリーダー[編集]

部門 選手 チーム 記録
得点 ジョージ・マイカン ミネアポリス・レイカーズ 1,932
リバウンド ドルフ・シェイズ ロチェスター・ロイヤルズ 1,080
アシスト アンディ・フィリップ フィラデルフィア・ウォリアーズ 414
FG% アレックス・グローザ インディアナポリス・オリンピアンズ 47.0
FT% ジョー・ファルクス インディアナポリス・オリンピアンズ 85.5

※このシーズンからリバウンド数が集計されるようになった。1969-70シーズン以前はアベレージよりも通算でスタッツリーダーが決められていた。

各賞[編集]

シーズン概要[編集]

19対18[編集]

11月22日のレイカーズ対ピストンズの試合で、19対18という現在も破られていないリーグ最低得点が記録される。

この試合は極端な例ではあるが、当時のNBAは発足以来平均得点を順調に伸ばしてはいるものの、ロースコアゲームが頻繁に展開されるような事態が続いた。最大の原因は当時のバスケットボールにショットクロックという概念がなかったことにある。すなわち、ボールを保持したチームはシュートするまでどれだけ時間を費やしても構わなかったのである。

NBAが人気獲得に苦戦する最大の理由がこれであった。一旦リードを奪ってしまえば、後はひたすらボールを突くことだけに時間を費やす試合内容に、観客が熱狂するはずがなかった。ただでさえ低いNBAの人気はこの「つまらない試合」のためにさらに低下していくこととなった。

プレーオフファイナル[編集]

6チームが解散したため、プレーオフの方式がまたもや変更された。各デビジョンから上位4チームにプレーオフ出場権が与えられ、各デビジョンごとにトーナメントを組み、勝ち残った2チームでファイナルを争う。1回戦は3戦2勝制、デビジョン決勝は5戦3勝制、ファイナルは7戦4勝制である。

  デビジョン準決勝 デビジョン決勝 ファイナル
                           
  1  レイカーズ 2  
4  オリンピアンズ 1  
  1  レイカーズ 1  
Western Division
    2  ロイヤルズ 3  
3  ピストンズ 1
  2  ロイヤルズ 2  
    W2  ロイヤルズ 4
  E3  ニックス 3
  1  ウォリアーズ 0  
4  ナショナルズ 2  
4  ナショナルズ 2
Eastern Division
    3  ニックス 3  
3  ニックス 2
  2  セルティックス 0  

アーニー・ライゼンボブ・デイヴィス擁するロチェスター・ロイヤルズミネアポリス・レイカーズの三連覇を阻止し、初優勝を飾る。後のサクラメント・キングスであるロイヤルズの、2008年現在まで唯一の優勝であり、長期に渡ってリーグを支配したレイカーズ時代に風穴を開けた価値ある優勝だった。ファイナルはロイヤルズが先に3連勝し、その後ニューヨーク・ニックスが3連勝してシリーズをタイに戻したため、NBA史上初となる第7戦に突入した。第7戦は前半に17点のリード奪ったロイヤルズの一方的な展開になるかと思われたが、その後ニューヨーク・ニックスが猛反撃を見せ、試合終盤には2点差にまで詰め寄った。しかし最後はボブ・デイヴィスが得たフリースローを着実に沈め、79-75でロイヤルズが勝利した。

外部リンク[編集]