1955-1956シーズンのNBA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1955-1956シーズンのNBA
フィラデルフィア・ウォリアーズ 
期間 1955年11月5日-1956年4月7日
TV 放送 NBC
観客動員数 1,101,897人
ドラフト
レギュラーシーズン
トップシード フィラデルフィア・ウォリアーズ
MVP ボブ・ペティット
スタッツリーダー  
  得点 ボブ・ペティット
プレーオフ
 イースタン  優勝 フィラデルフィア・ウォリアーズ
   シラキュース・ナショナルズ
 ウェスタン  優勝 フォートウェイン・ピストンズ
   セントルイス・ホークス
ファイナル
 チャンピオン NBA FINAL CHAMP.png フィラデルフィア・ウォリアーズ

Arrow Blue Left 001.svg<1954-55

1956-57>Arrow Blue Right 001.svg

1955-1956シーズンのNBAは、NBAの10回目のシーズンである。シーズンは1955年11月5日に始まり、1956年4月7日に全日程が終了した。

シーズン前[編集]

ドラフト[編集]

ドラフトではディック・リケットミルウォーキー・ホークスから全体1位指名を受けた。またモーリス・ストークスケン・シアーズが指名を受けている。地域ドラフトではディック・ガーメイカートム・ゴーラが指名を受けた。

その他[編集]

シーズン[編集]

オールスター[編集]

イースタン・デビジョン[編集]

チーム 勝率 ゲーム差
フィラデルフィア・ウォリアーズ 45 27 .625 -
ボストン・セルティックス 39 33 .542 6
ニューヨーク・ニックス 35 37 .486 10
シラキュース・ナショナルズ 35 37 .486 10

ウエスタン・デビジョン[編集]

チーム 勝率 ゲーム差
フォートウェイン・ピストンズ 37 35 .514 -
ミネアポリス・レイカーズ 33 39 .458 4
セントルイス・ホークス 33 39 .458 4
ロチェスター・ロイヤルズ 31 41 .431 6

スタッツリーダー[編集]

部門 選手 チーム 記録
Points ボブ・ペティット セントルイス・ホークス 1,849
Rebounds ボブ・ペティット セントルイス・ホークス 1,164
Assists ボブ・クージー ボストン・セルティックス 642
FG% ニール・ジョンストン フィラデルフィア・ウォリアーズ 45.7
FT% ビル・シャーマン ボストン・セルティックス 86.7

1969-70シーズン以前はアベレージよりも通算でスタッツリーダーが決められていた。

各賞[編集]

シーズン概要[編集]

プレーオフファイナル[編集]

  Division Semifinals Division Finals NBA Finals
                           
   
  1  ピストンズ 3  
Western Division
    3  ホークス 2  
3  ホークス 2
  2  レイカーズ 1  
    W1  ピストンズ 1
  E1  ウォリアーズ 4
     
   
1  ウォリアーズ 3
Eastern Division
    3  ナショナルズ 2  
3  ナショナルズ 2
  2  セルティックス 1  

初代NBA(BAA)チャンピオンのフィラデルフィア・ウォリアーズが、8年ぶりに王座に返り咲いた。当時のウォリアーズには3年連続得点王のニール・ジョンストンを始め、豊富なシュートオプションを持つポール・アリジンジョー・グラボウスキーにルーキーのトム・ゴーラと豪華な面々が揃っていた。

2年連続でファイナル敗退となったフォートウェイン・ピストンズは、次にファイナルに進出できるのは32年後の1988年である。

ラストシーズン[編集]

外部リンク[編集]