デビン・ブッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デビン・ブッカー
Devin Booker
Devin Booker (2022 All-Star Weekend).jpg
NBAオールスターゲームでのブッカー
(2022年)
フェニックス・サンズ  No.1
ポジション SG
所属リーグ NBA
基本情報
愛称 D-Book
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1996-10-30) 1996年10月30日(25歳)
出身地 ミシガン州の旗 ミシガン州グランドラピッズ
身長 196cm (6 ft 5 in)
体重 93kg (205 lb)
ウィングスパン 204cm  (6 ft 9 in)[1]
シューズ ナイキ[2]
キャリア情報
高校 グランドビル高等学校英語版
大学 ケンタッキー大学
NBAドラフト 2015年 / 1巡目 / 全体13位[1]
プロ選手期間 2015年–現在
経歴
2015-フェニックス・サンズ
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
金メダル - 1位 2021 東京 代表チーム

デビン・アルマニ・ブッカーDevin Armani Booker, 1996年10月30日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州グランドラピッズ出身のプロバスケットボール選手。NBAフェニックス・サンズに所属している。ポジションは主にシューティングガード

経歴[編集]

幼少期[編集]

ブッカーはヴェロニカ・グティエレスとメルヴィン・ブッカーの子である。父メルヴィンは、ミズーリ大学男子バスケットボールチームのポイントガードであったとき、1994年のビッグエイトカンファレンスの最優秀選手に選出されたことで知られている。メルヴィンがCBAのグランドラピッズ・フープスの選手としてプレイしており、そのミシガン州グランドラピッズはヴェロニカのホームタウンであったので、ヴェロニカとメルヴィンは出会ったのである。ブッカーはグランドラピッズで生まれ育った。メキシコ系およびプエルトリコ系アメリカ人である母親と生活する一方、父親はプロ・バスケットボール選手としてのキャリアを国際的に追求していた。ブッカーは夏休みを利用して父を定期的に訪ねた。ブッカーは、バスケットボールIQの高い父親からバスケットボールを教えられた。ミドルスクール時代、ブッカーは将来NBA選手となったディアンジェロ・ラッセルおよびタイラー・ユリスと友達になった。

ハイスクール・カレッジ[編集]

2014年のブッカー

ミシシッピ州のモスポイント高校時代の2014年にマクドナルド・オール・アメリカンゲームのメンバーに選出されるなど、有望株として注目されていたブッカーは、大学は名門ケンタッキー大学に進学、1年生ながらシックスマンの役割を担い、NCAAの2014-15シーズンの公式戦の全38試合全てベンチ出場ながら平均10得点を記録。SECのシックスマン賞などを受賞し、2015年4月に2015年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明した。

NBA[編集]

ドラフトでは1巡目13位という高評価を受けてフェニックス・サンズから指名された[3][4]

2015-16シーズン[編集]

2015年10月28日、19歳の誕生日を迎える直前の2015-16シーズン開幕戦のダラス・マーベリックス戦で早速公式戦初出場を果たし、14得点3アシストを記録[5]。2016年1月2日のサクラメント・キングス戦で21得点を記録し、コービー・ブライアントトレイシー・マグレディレブロン・ジェームズケビン・ガーネットケビン・デュラントドワイト・ハワードらに次ぐ10代の選手が1試合19得点以上を記録した選手となった[6]。その後もブッカーは先発に定着し、平均13.8得点を記録するなど活躍し、2015-16シーズンのNBAオールルーキーチームの1stチームに選出された。

2016-17シーズン[編集]

2016年11月4日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦で38得点[7]。更に6日のロサンゼルス・レイカーズ戦で39得点と、2試合連続で自己最多得点を更新[8]。2017年1月14日のメキシコシティアレナ・シウダ・デ・メヒコで開催されたサンアントニオ・スパーズ戦でも39得点を記録し、108-105の勝利に導いた[9][10]。2017年3月24日のボストン・セルティックス戦では70得点を記録し、リーグ史上6人目となる "1試合70得点" を達成した[11][12]

2017-18シーズン[編集]

2017年11月6日のブルックリン・ネッツ戦でレブロン・ジェームズケビン・デュラントカーメロ・アンソニーに次ぐ、リーグ史上4番目の若さで、通算3000得点に到達した[13]。2018年2月17日に行われたオールスターゲーム前夜祭のスリーポイント・コンテストに出場した。コンテストを勝ち進んだブッカーはファイナルラウンドで20/25のシュートを決め新記録となる28点を記録、初優勝した[14]。2月26日に行われたニューオーリンズ・ペリカンズ戦で40得点、10リバウンドを記録、試合はペリカンズに125-116で敗れた[15]。2月28日に行われたメンフィス・グリズリーズ戦で34得点を記録、試合はサンズが110-102で勝利した[16]。3月2日に行われたオクラホマシティ・サンダー戦で39得点を記録、レブロン・ジェームズケビン・デュラントに次ぐ史上3番目の若さ(21歳123日)で通算4000得点に到達した。試合はサンダーに124-116で敗れた[17]。また、この試合でブッカーは4試合連続で30得点以上を記録したことになり、サンズの選手が4試合連続で30得点以上を記録したのは2004年12月のアマーレ・スタウダマイアー以来となった[18]。オフに2019年からの5年1億5800万ドルのマックス契約でサンズと契約延長した[19][20]

2018-19シーズン[編集]

2018年3月14日の練習で右手第5中手指節関節を骨折し、9月10日に手術を受け、6週間の離脱を余儀なくされた[21][22]。10月17日のダラス・マーベリックスとの開幕戦には間に合い、35得点を挙げるなど、121-100で勝利した[23]。シーズンを通して、ブッカーはハムストリングの緊張で6試合を欠場するなど怪我に苦しむ中、複数の試合で30得点以上をマークした[24][25]。1月24日にブッカーはレブロン・ジェームズケビン・デュラントカーメロ・アンソニードワイト・ハワードに続くNBA史上5番目に若い、通算5000得点に到達した[26]

2019-20シーズン[編集]

2019年11月23日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦にて、35得点、キャリアハイの12リバウンド、9アシストを記録し、100-98で勝利した[27]。1月5日のメンフィス・グリズリーズ戦で40点を記録するなど、2019年12月27日から2020年1月7日までの期間でブッカーは7試合連続で30点以上を記録した。この連続記録はそれまでチャーリー・スコットが2回、チャールズ・バークレーが1回記録していた連続30得点以上のフランチャイズ記録を塗り替えた[28]。また、12月28日から1月7日までの連戦で、1983-84シーズン以来となる、6試合連続で30得点以上、6アシスト以上、シュート成功率47%のパフォーマンスを記録した唯一の選手となった[29]。2020年2月13日、ダミアン・リラードがオールスター前日に鼠径部の負傷をしたため、代役としてオールスターゲームに選出された。

2020年のNBAバブルでは、シーズン残り8試合を全試合勝利し、2009-10シーズン以来の8連勝達成に貢献した。バブルでブッカーは1試合平均31点をマークし、シーディングゲームMVP (NBAのレギュラーシーズン再開試合において、総合的に最も優れた成績を収めた選手に与えられた賞) の候補に挙げられた他、オールシーディングゲームチームのファーストチームにも選出された[30]

2020-21シーズン[編集]

2021年1月22日のデンバー・ナゲッツ戦にて、130-126の延長戦の末敗れてしまったが、通算8000得点を達成した[31][32]。2月1日のダラス・マーベリックス戦で復帰し、試合終了まで残り1.5秒のところでウィニングショットの3ポイントを沈め、またキャリア通算700本の3ポイントを達成し、109-108で勝利した[33]。その2日後のニューオーリンズ・ペリカンズ戦でダン・マーリーが保持するサンズの歴代得点ランキングを抜き、10位に浮上した。2月8日のクリーブランド・キャバリアーズ戦でシーズンハイの36得点を記録し、119-113で勝利した[34]。その後、2月13日にフィラデルフィア・76ers戦でもシーズンハイに並ぶ得点を記録し、120-111で勝利するなど、2月15日には2021年2月8日から14日の期間において、キャリア初のウェスタン・カンファレンス週間MVPに選出された[35]

2月24日、アンソニー・デイビスの代役として、2年連続オールスターゲームに選出された。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ

NBA[編集]

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2015–16 PHX 76 51 27.7 .423 .343 .840 2.5 2.6 .6 .3 13.8
2016–17 78 78 35.0 .423 .363 .832 3.2 3.4 .9 .3 22.1
2017–18 54 54 34.5 .432 .383 .878 4.5 4.7 .9 .3 24.9
2018–19 64 64 35.0 .467 .326 .866 4.1 6.8 .9 .2 26.6
2019–20 70 70 35.9 .489 .354 .919 4.2 6.5 .7 .3 26.6
2020–21 67 67 33.9 .484 .340 .867 4.2 4.3 .8 .2 25.6
2021–22 68 68 34.5 .466 .383 .868 5.0 4.8 1.1 .4 26.8
通算 477 452 33.7 .457 .357 .870 3.9 4.7 .8 .3 23.5
オールスター 1 0 19.0 .375 .000 4.0 .0 .0 1.0 6.0

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2021 PHX 22 22 40.4 .447 .321 .905 5.6 4.5 .8 .2 27.3
2022 10 10 36.6 .451 .431 .887 4.8 4.4 .5 .4 23.3
通算 32 32 39.2 .448 .356 .900 5.4 4.5 .7 .3 26.1

カレッジ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2014-15 ケンタッキー 38 0 21.5 .470 .411 .828 2.0 1.1 .4 .1 10.0

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Devin-Booker”. draftexpress.com (2015年). 2019年2月4日閲覧。
  2. ^ Look: NBA Twitter is in love with the Kobe Bryant shoes Devin Booker is wearing in NBA PlayoffsLook: NBA Twitter is in love with the Kobe Bryant shoes Devin Booker is wearing in NBA Playoffs”. fansided.com (2021年6月28日). 2022年1月28日閲覧。
  3. ^ Suns Select Devin Booker In The First Round Of The 2015 NBA Draft
  4. ^ Suns Sign First-Round Draft Pick Devin Booker
  5. ^ 8 Dallas players reach double figures, Mavs rout Suns 111-95
  6. ^ Phoenix Suns Devin Booker gets another career high - 21 points vs. Kings
  7. ^ Devin Booker with Career High 38 in New Orleans
  8. ^ Suns' Devin Booker notched a new career high of 39 points
  9. ^ Devin Booker and Kawhi Leonard wow sellout crowd in Mexico City
  10. ^ デビン・ブッカーがメキシコ開催のグローバルゲームズで2試合連続自己最多に並ぶ39得点、サンズがスパーズに勝利 NBA JAPAN
  11. ^ Suns guard Devin Booker makes history, scores 70 points in loss to Celtics
  12. ^ サンズのデビン・ブッカーがセルティックス戦で史上6人目の1試合70得点を記録 NBA JAPAN
  13. ^ Devin Booker becomes 4th youngest player in NBA to reach 3.000 points
  14. ^ Jeff Zillgitt (2018年2月17日). “Devin Booker wins Three-Point Contest with record-breaking performance” (英語). usatoday.com. USA TODAY. 2018年2月18日閲覧。
  15. ^ Davis scores 53, Pelicans beat Suns for 6th straight win” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年2月26日). 2018年2月27日閲覧。
  16. ^ Booker, Jackson help Suns end skid with win over Grizzlies” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年2月28日). 2018年4月2日閲覧。
  17. ^ Westbrook's 43 points lead Thunder past Suns, 124-116” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年3月2日). 2018年3月3日閲覧。
  18. ^ This is Devin Booker's fourth straight 30…” (英語). Phoenix Suns Stats. Phoenix Suns (2018年3月2日). 2018年4月2日閲覧。
  19. ^ Suns Sign Devin Booker to Max Contract Extension”. NBA.com (2018年7月7日). 2018年7月7日閲覧。
  20. ^ Devin Booker signs 5-year, $158M max extension with Suns”. ESPN.com (2018年7月7日). 2018年7月7日閲覧。
  21. ^ Devin Booker Injury Update”. NBA.com (2018年9月10日). 2018年9月10日閲覧。
  22. ^ Olson, Kellan (2018年9月9日). “Phoenix Suns guard Devin Booker having hand surgery, out indefinitely”. arizonasports.com. 2018年9月9日閲覧。
  23. ^ Booker's late onslaught lifts Suns past Mavs 121–100”. ESPN.com (2018年10月17日). 2018年10月17日閲覧。
  24. ^ Irving, Celtics rally from 22 down to top Suns 116–109 in OT”. ESPN.com (2018年11月8日). 2018年11月8日閲覧。
  25. ^ Embiid scores 42 points, 76ers hold off Suns 132–127”. ESPN.com (2019年1月2日). 2019年1月3日閲覧。
  26. ^ Cunningham, Cody (2019年1月24日). “Booker Becomes Fifth Youngest Player to Score 5,000 Career Points”. NBA.com. 2019年3月7日閲覧。
  27. ^ Booker scores 35 as short-handed Suns beat Wolves 100–98”. NBA.com (2019年11月23日). 2019年11月26日閲覧。
  28. ^ Newman, Logan (2020年1月5日). “Devin Booker breaks Suns record for most 30-point games in a row”. ArizonaSports.com. 2020年1月7日閲覧。
  29. ^ Cunningham, Cody (2020年1月8日). “The Numbers Behind Devin Booker's Historic Streak”. NBA.com. 2020年1月14日閲覧。
  30. ^ NBA Announces Bubble Awards”. FOX Sports (2020年8月11日). 2021年6月6日閲覧。
  31. ^ Jokic scores 31, Nuggets rally to beat Suns 130-126 in OT”. ESPN.com (2021年1月22日). 2021年6月6日閲覧。
  32. ^ Center of the Sun: Suns struggle in Week 5, Booker out indefinitely”. Bright Side Of The Sun (2021年1月24日). 2021年6月6日閲覧。
  33. ^ Booker hits winning 3 in return as Suns edge Mav 109-108”. ESPN.com (2021年2月1日). 2021年6月6日閲覧。
  34. ^ Brandt, David (2021年2月8日). “Booker Gets Hot Late As Suns Outlast Cavaliers (Booker scores season-high 36, Suns beat Cavs 119-113)”. NBA.com. 2021年2月9日閲覧。
  35. ^ Devin Booker, Saddiq Bey named NBA Players of the Week”. NBA.com (2021年2月14日). 2021年6月6日閲覧。
  36. ^ “NBA最強ゲーマーはブッカー 八村ら16選手参加のバスケ大会優勝”. デイリースポーツ online. (2020年4月13日). https://www.daily.co.jp/general/2020/04/13/0013267005.shtml 2020年4月13日閲覧。 

外部リンク[編集]