マクムード・アブドゥル=ラウーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マクムード・アブドゥル=ラウーフ
Mahmoud Abdul-Rauf
Mahmoud abdul-rauf cropped.jpg
京都ハンナリーズ時代 (2011年)
引退
ポジション
(現役時)
PG/SG
背番号(現役時) 3, 1
身長(現役時) 183cm  (6 ft 0 in)
体重(現役時) 73kg (161 lb)
基本情報
本名 Chris Wayne Jackson
(改宗後名=Mahmoud Abdul-Rauf)
ラテン文字 Mahmoud Abdul-Rauf
アラビア語 محمود عبد الرؤوف
誕生日 (1969-03-09) 1969年3月9日(47歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシシッピ州 ガルフポート
出身 ルイジアナ州立大学
ドラフト 1990年 3位 
選手経歴
1990-1996
1996-1998
1998-1999
2000-2001
2003-2004
2004-2005
2006-2007
2008-2009
2009-2011
デンバー・ナゲッツ
サクラメント・キングス
トルコの旗 フェネルバフチェ・ユルケル
バンクーバー・グリズリーズ
ロシアの旗 PBCウラル・グレート
イタリアの旗 サディマ・ロサート
ギリシャの旗 アリス・テッサロニキ
サウジアラビアの旗 アル・イテハド
日本の旗 京都ハンナリーズ

マクムード・アブドゥル=ラウーフMahmoud Abdul-Rauf, 1969年3月9日 - )は、アメリカ合衆国の元プロバスケットボール選手。ミシシッピ州ガルフポート出身。改名前の名前はクリス・ジャクソン(Chris Wayne Jackson)。身長185cm、体重74kg。ポジションはガード。

経歴[編集]

1991年にイスラム教へ改宗したため名前を「アブドゥル=ラウーフ」に変えた。1990年のNBAドラフトでデンバー・ナゲッツに指名された後[1]1996年までナゲッツでプレイ、チームの主力として活躍した。1993-94シーズンには平均19.2得点、2.8リバウンド、4.2アシストと成績を伸ばし、MIP賞(最も改善されたプレイヤーに与えられる賞)を獲得した。1993年にはオールスターのイベント、スラムダンクコンテストに出場した。1994年と1996年にはフリースロー成功率がNBAトップとなった。

その後、サクラメント・キングスバンクーバー・グリズリーズでプレイした。NBAを離れた後、ヨーロッパでもプレイした[2]

NBAを引退してから、生まれ故郷のミシシッピガルフポートモスクを建設してイマーム(指導者)となった。彼の目的はモスクをドラッグや犯罪から逃れるためのシンボルとすることにあった。

サウジアラビアに渡り現役復帰し、2009年、日本のbjリーグ京都ハンナリーズに入団[3]。ヘッドコーチは同時期にともにNBAでプレーしたデービッド・ベンワーである(ナゲッツ時代の1993-94カンファレンスセミファイナルではベンワーが所属するユタ・ジャズと対戦した)。2009-10シーズンはベスト5に選出。

アメリカ国歌の問題[編集]

試合開始前のアメリカ国歌斉唱のときに立ち上がらなかったことでも知られている(星条旗は抑圧や、専制政治の象徴とイスラム教徒に見られていた)。

1996年3月12日、NBAは彼を1試合出場停止にしたが、2日後にリーグと彼は妥協して国歌が演奏されている最中、イスラム教の選手がイスラムの祈りを立ったまますることができるようになった。

雑学[編集]

  • ゲイリー・ペイトントラッシュトークの標的とされて、元の名前の「クリス・ジャクソン」を繰り返し囁かれたことがある。
  • 非常に神経質な選手でフリースロー練習でボードやリングに当たらない真っ直ぐな弾道に拘ると言う練習方法でフリースロー成功率は高かった。

所属チーム[編集]

トレード[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1990 NBA Draft”. Basketball-reference.com. 2015年5月3日閲覧。
  2. ^ Shapiro, Mark (1998年6月19日). “Abdul-Rauf Leaves NBA For Turkey”. Chicago Tribune. http://articles.chicagotribune.com/1998-06-19/sports/9806190031_1_shareef-nasir-mahmoud-abdul-rauf-turkey 2015年4月22日閲覧。 
  3. ^ “Abdul-Rauf to return to Hannaryz”. The Japan Times. (2010年7月31日). http://www.japantimes.co.jp/sports/2010/07/31/basketball/bj-league/abdul-rauf-to-return-to-hannaryz/#.VTd_t_Dkf6g 2015年4月22日閲覧。 

外部リンク[編集]