リチャード・ロビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リチャード・ロビー
Richard Roby
Richard Roby - Colorado.jpg
FA
ポジション シューティングガードスモールフォワード
背番号 20
身長 198cm  (6 ft 6 in)[1]
体重 96kg (212 lb)[1]
基本情報
本名 Richard Dominique Roby[2]
ラテン文字 Richard Roby
英語 Richard Roby
誕生日 1985年9月28日(31歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ネバダ州
ドラフト 2008年 指名無し 
選手経歴
2008-2009
2009-2010
2010-2011
2011
2011
2012
2012
2012-2013
2013
2013
2013-2016
2016
イスラエルの旗Bnei Hasharon
イスラエルの旗Maccabi Haifa
アメリカ合衆国の旗リオグランデバレー・バイパーズ
メキシコの旗Ostioneros de Guaymas
ギリシャの旗Peristeri
フランスの旗Fos Ouest Provence
アルゼンチンの旗Estudiantes de Bahía Blanca
韓国の旗原州東部プロミ
ベネズエラの旗Gaiteros del Zulia
プエルトリコの旗Caciques de Humacao
日本の旗秋田ノーザンハピネッツ
日本の旗三遠ネオフェニックス
受賞歴
  • bjリーグ最優秀シックスマン (2013-14)
  • bjリーグベストファイブ (2014-15)

リチャード・ロビー(Richard Roby、1985年9月28日 - )は、アメリカ合衆国のバスケットボール選手である。B.LEAGUE三遠ネオフェニックスに所属する。bjリーグ 2013-14シーズンでは、得点ランキング5位になる等の活躍が評価され、最優秀シックスマンに選出された。

プロバスケットボール選手のケニオン・マーティンとは異母兄弟の間柄である[2]

経歴[ソースを編集]

マサチューセッツ州グロトンのローレンスアカデミー高校からコロラド大学ボルダー校に進み、2004年から2008年まで在籍した。その間、1試合平均17得点、5.5リバウンドを記録した。また4年間で通算得点2,001点を挙げ、大学史上最多得点記録を塗り替えた[3]

2008年の夏、ロビーはイスラエルのビネイ・ハシャロン(ビネイ・ヘルツリーヤ英語版)と契約し、翌2009年-2010年のシーズンには同じくイスラエルのマッカビ・ハイファBC英語版でプレーした。

2010年のNBAサマーリーグではデンバー・ナゲッツでプレイした後、ドラフト指名を受けNBADLリオグランデバレー・バイパーズと契約し58試合に出場、1試合平均15.3得点を挙げた[4]。しかし2011年にNBAがロックアウトを実施したことも影響し、NBAのチームからのオファーがあったにも関わらず契約は叶わなかった[5]

その後はメキシコ、フランス、アルゼンチン、韓国KBL原州東部プロミ、ベネズエラ、プエルトリコのチームでプレイ。2013年9月に秋田ノーザンハピネッツとの契約に合意した。

2013-14シーズンは主にシックスマンとして出場し、10月26日の信州ブレイブウォリアーズ戦で34得点を挙げる[6]などチームの得点源として活躍し、レギュラーシーズン1試合平均で、リーグ5位の20.1得点、同3位の1.9スティールを記録。リーグの最優秀シックスマン賞を受賞した[7]。プレーオフでは、カンファレンスファイナルで富山グラウジーズを相手に27得点、10リバウンド、5スティールを記録し東地区優勝に貢献。琉球ゴールデンキングスとのファイナルでは敗れたものの17得点を挙げた。

bjリーグ 2015-16までの3シーズンを秋田で過ごした後、2016-17シーズンには三遠ネオフェニックスに移籍し[1]14試合に出場、1試合平均10.9得点を挙げたが、11月15日に解雇された[8]

個人成績[ソースを編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2013-14 秋田 50 5 27.4 46.1 27.5 70.2 5.2 2.5 1.9 0.9 2.3 20.1
2014-15 秋田 51 47 30.3 53.9 32.9 56.0 7.2 4.3 2.3 1.1 2.6 20.0
2015-16 秋田 47 47 31.6 47.2 33.9 62.5 8.0 3.7 1.9 0.9 2.0 19.9
2016-17 三遠 14 9 18.9 34.6 24.4 65.2 5.6 1.4 1.2 1.0 1.6 10.9
略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c “リチャード・ロビー選手 契約(新規)基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 三遠ネオフェニックス, (2016年8月10日), https://www.neophoenix.jp/news/20160810-1.html 2016年8月10日閲覧。 
  2. ^ a b Richard Roby Biofraphy”. コロラド大学ボルダ―校. 2013年12月17日閲覧。
  3. ^ Colorado Buffaloes vs. Oklahoma Sooners - Recap - March 14, 2008 - ESPN
  4. ^ Richard Roby Player Profile”. Eurobasket. 2013年9月30日閲覧。
  5. ^ 秋田ノーザンハピネッツウィークエンドプログラム(試合パンフレット)2014年4月12日、13日
  6. ^ Ed Odeven (2013年10月26日). “Akita hammers Shinshu, raises record to 7-0”. ジャパンタイムズ. 2014年7月10日閲覧。
  7. ^ “2013-2014シーズン アワード受賞者発表” (プレスリリース), bjリーグ, (2014年4月30日), http://bjleague.livedoor.biz/archives/51946180.html 2014年7月10日閲覧。 
  8. ^ “選手契約解除のお知らせ” (プレスリリース), 三遠ネオフェニックス, (2016年11月15日), https://www.neophoenix.jp/news/20161115-1.html 2016年11月15日閲覧。 

外部リンク[ソースを編集]