ミネソタ・ティンバーウルブズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミネソタ・ティンバーウルブズ
Minnesota Timberwolves
2020-21シーズンのミネソタ・ティンバーウルブズ
呼称/略称 ウルブズ MIN
チームロゴ 青を基調とした円形で外側に白文字MINNESOTA TIMBERWOLVESでと書かれ、その中にバスケットボールを背景にした星とシンリンオオカミの頭部。
所属リーグ  NBA アメリカ合衆国の旗カナダの旗
カンファレンス  ウェスタン・カンファレンス 
ディビジョン  ノースウェスト
創設 1989年
チーム史 ミネソタ・ティンバーウルブズ
(1989 - )
本拠
ミネソタ・ティンバーウルブズの位置(アメリカ合衆国内)
ミネソタ・ティンバーウルブズ

ミネソタ州の旗 ミネソタ州ミネアポリス
アリーナ ターゲット・センター
収容人数 19,356人 開設1990年
チームカラー 黒、青、白、緑、灰色
オーナー アレックス・ロドリゲス
マーク・ロア
GM スコット・レイデン
ヘッドコーチ クリス・フィンチ
優勝歴 0回
ファイナル進出 0回
ディビジョン優勝 2004年
永久欠番  2 
NBADL提携チーム アイオワ・ウルブズ
公式サイト www.nba.com/timberwolves
ユニフォーム
Kit body wolves association.png
Homeのジャージ
Kit shorts wolves association.png
チームカラー
Home
Kit body wolves icon.png
Awayのジャージ
Kit shorts wolves icon.png
チームカラー
Away
Kit body wolves statement.png
Alternateのジャージ
Kit shorts wolves statement.png
チームカラー
Alternate
テンプレートを表示

ミネソタ・ティンバーウルブズMinnesota Timberwolves)は、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス市に本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。ウェスタン・カンファレンス、ノースウェスト・ディビジョン所属。チーム名の「ティンバーウルフ(シンリンオオカミ)」はミネソタ州などに生息するオオカミの一種。「ティンバーウルブズ」を略して「ウルブズ」と呼ぶこともある。

歴史[編集]

初期[編集]

1989年にミネソタ・ティンバーウルブズ(ウルブズ)がNBAに加わる以前、ミネソタ州ミネアポリスを拠点としたチームがいくつかあった。ミネアポリス・レイカーズはNBA初期の1950年代を代表する強豪であり、ジョージ・マイカンを中心に5度の優勝を果たしたが、1960年ロサンゼルスへ移転した。1960年代末にはABAのミネソタ・マスキーズとミネソタ・パイパーズがそれぞれ1年間存在したが、以降ミネソタ州にプロバスケットボールチームはなかった。

1980年代に入って以降NBAは好調に業績を伸ばし、リーグ拡張の気運が生まれていた。その結果80年代末には4チームがNBAに加入し、ウルブズもその一つだった。

この時期、かつてミネアポリス・レイカーズで活躍したジョージ・マイカンを中心とした団体が、当時売却される可能性があったNBAのいくつかのチームにミネアポリス移転を働きかけたが実現しなかった。一方で地元の実業家らがミネアポリス地区にプロバスケットボールチームを設立する動きを見せ始めた。両者の協力により1988年にはミネソタ・ティンバーウルブズ結成の運びとなり、翌年よりNBAのチームとして活動を開始した。「ティンバーウルブズ」の名は投票により選ばれた。

初期のウルブズではトニー・キャンベルタイロン・コービンアイザイア・ライダークリスチャン・レイトナーなどが活躍したが、1990年代末まで勝率が5割に達せずほとんどのシーズンで30勝以下であり、20勝に満たないシーズンも二度あった。

ガーネットの時代[編集]

ケビン・ガーネット#21

1994年に地元ミネソタ出身のケビン・マクヘイルがフロント入りし、翌年実質的なジェネラルマネージャーの職に就いた。マクヘイルは1995年のNBAドラフトケビン・ガーネットを指名し、フリップ・ソーンダーズをHCに据えた。高卒選手だったガーネットは徐々に成長し、リーグを代表する選手になった。1995年にドニエル・マーシャルと交換でトム・ググリオッタを獲得し、1996年にはステフォン・マーブリーが入団、ガーネットとともにチームを牽引したが、1998年にググリオッタがフリーエージェントとなりチームを離れると、ガーネットがチームと結んだ高額年俸の影響もあり、1999年にはマーブリーもトレードでチームを去った。

以降のウルブズはテレル・ブランドンウォーリー・ザービアックなどの好選手を迎えたが、ガーネットの年俸が高額なためにスター選手を集められないという批判が続いた。また2000年には、1999年夏にジョー・スミスと結んだ契約がサラリーキャップ規定に反していたことが発覚し、5年間ドラフト1巡目指名権を剥奪と350万ドルの罰金処分を受けた(2003年2005年は獲得が認められた)、マリック・シーリーが交通事故で他界するという不幸があった。

1997年にウルブズは初めてプレーオフに出場したが、以降7シーズンに渡りプレーオフ1回戦で敗退を続けた。2004年、ブランドン、ジョー・スミスらを放出し、サム・キャセールラトレル・スプリーウェルらをトレードで獲得。地区首位の58勝24敗と躍進しガーネットはMVPを受賞、初めてプレーオフ1回戦を突破、地区決勝まで進出したが、そこでロサンゼルス・レイカーズに敗れた。翌シーズン以降のウルブズはレギュラーシーズン成績も低下し、プレーオフ出場を逃している。

ガーネット退団以後[編集]

低迷が続いたウルブズは2007年についにガーネットをトレードに出し、ヘッドコーチに長らくアシスタントを務めてきたランディ・ウィットマンを就け、チーム再編の時期に入った。しかし、ガーネットの後継者としてアル・ジェファーソンに期待が掛かっていたが、2009-10シーズン後にユタ・ジャズへとトレードで去ったため、新たなチーム再編を強いられていた。2006年にドラフト1巡目7位で獲得したランディ・フォイ、2007年1巡目7位のコーリー・ブリューワー、2008年に1巡目5位で獲得したケビン・ラブ、2009年1巡目6位のジョニー・フリンと低迷期の財産である連続するドラフト上位指名権を活用した補強の効果を出すにも時間を要し、ヘッドコーチをカート・ランビスへと変えたところで急速には上向かず、2009-2010シーズンは1991-1992シーズン以来ついに67敗と言う惨憺たる成績へと落ち込んでいった。2010-2011シーズンも60敗以上のシーズンとなり出口は見えなかった。

ラブとルビオ[編集]

2011-12シーズン、ベテランコーチのリック・アデルマンを迎え、2009年のNBAドラフト1順目5位のリッキー・ルビオ加入の効果が出て26勝40敗まで持ち直し、2012-13シーズンは、アンドレイ・キリレンコらを補強し、31勝51敗と僅かずつではあるが勝率を上げていった。2013-14シーズンは、ニコラ・ペコビッチの成長もあり40勝42敗と勝ち越しまであと僅かに迫ったが、強豪犇めくウェストではプレーオフへの道は遠かった。 2014年、アデルマンの引退に伴い、5月3日、かつてヘッドコーチを務めていたフリップ・ソーンダーズがウルブズの球団社長に就任し、6月5日ヘッドコーチに就任した[1]

ラブ退団以後[編集]

ウルブズは、チームの戦略に不満を訴えていたエースのケビン・ラブに別れを告げる決断を下した。2014年8月23日、ウルブズはクリーブランド・キャバリアーズフィラデルフィア・セブンティシクサーズを交えた三角トレードを行い、ラブをキャブスに、ルック・ンバ・ア・モウテらをシクサーズに放出し、サデウス・ヤングをシクサーズから、更にキャブスから2013年のNBAドラフト1位のアンソニー・ベネットと、2014年のNBAドラフトで、キャブスが1位指名したばかりのアンドリュー・ウィギンスを獲得。チームの命運をウィギンスに託すことになった。しかしウィギンスの奮闘も実らず、2014-15シーズンはリーグワーストの16勝66敗で終了した。

タウンズの時代[編集]

2015年のNBAドラフトで全体1位指名権を得たウルブズは、ケンタッキー大学カール=アンソニー・タウンズを指名。これにウィギンス、ザック・ラヴィーンなどを加えた有望株が揃い踏みし、大きな期待が寄せられていた。ところがシーズン開幕直前、ウルブズの発展に尽力してきたフリップ・ソーンダーズ球団社長兼HCが他界するという事態に遭遇してしまう。悲しみを乗り越え再出発を図ったウルブズだったが、急遽暫定HCに昇格したサム・ミッチェルは、若きタレント陣を纏めることが出来ず、29勝53敗に終わり、ミッチェルはシーズン終了後に解任。一方でタウンズは新人王を受賞するなど、光明も見出だした。

新ヘッドコーチにトム・シボドーを招聘して挑んだ2016-17シーズンだったが、シボドーの戦術が浸透せず、更にシーズン中盤にザック・ラヴィーンを負傷で失うというアクシデントもあり、31勝51敗で終了。そこでシーズンオフには大改革を敢行。2017年のNBAドラフト開催日にラヴィーンをシカゴ・ブルズに放出しジミー・バトラーを獲得。更にリッキー・ルビオも放出しタージ・ギブソンジェフ・ティーグジャマール・クロフォードといったベテランを獲得。またアンドリュー・ウィギンスとも大型契約で契約を延長するなど、メンバーを一新してプレーオフ出場を目指すことになった。

2017-18シーズンは途中、ジミー・バトラーが膝の怪我により離脱するという不運に見舞われるも[2]、シーズン終盤の4月には復帰[3]、レギュラーシーズン最終戦には、デンバー・ナゲッツとプレーオフ進出の最後の座を懸けた直接対決に勝利し47勝35敗で2004年以来14シーズンぶりのプレーオフ進出を決めた[4]。プレーオフでは、リーグ勝率1位のヒューストン・ロケッツ相手に1勝4敗で1回戦敗退となった[5]

2018-19シーズン序盤、オフにトレードを要求していたバトラーをフィラデルフィア・セブンティシクサーズに放出。チームも調子を落とし、36勝46敗でプレーオフ出場を逃した。

2019-20シーズンは開幕から低迷し、大型契約を結びながら伸び悩んでいたウィギンスをトレード期限直前にゴールデンステート・ウォリアーズへ放出し、大学時代からタウンズの親友であったデアンジェロ・ラッセルを獲得。タウンズとラッセルの新たなデュオを中心に再建を進めていくこととなった。

シーズンごとの成績[編集]

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン % プレーオフ 結果
ミネソタ・ティンバーウルブズ
1989-90 22 60 .268
1990-91 29 53 .354
1991-92 15 67 .183
1992-93 19 63 .232
1993-94 20 62 .244
1994-95 21 61 .256
1995-96 26 56 .317
1996-97 40 42 .488 1回戦敗退 ロケッツ 3, ウルブズ 0
1997-98 45 37 .549 1回戦敗退 スーパーソニックス 3, ウルブズ 2
1998-99 25 25 .500 1回戦敗退 スパーズ 3, ウルブズ 1
1999-2000 50 32 .610 1回戦敗退 ブレイザーズ 3, ウルブズ 1
2000-01 47 35 .573 1回戦敗退 スパーズ 3, ウルブズ 1
2001-02 50 32 .610 1回戦敗退 マーベリックス 3, ウルブズ 0
2002-03 51 31 .622 1回戦敗退 レイカーズ 4, ウルブズ 2
2003-04 58 24 .707 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ウルブズ 4, ナゲッツ 1
ウルブズ 4, キングス 3
レイカーズ 4, ウルブズ 2
2004-05 44 38 .537
2005-06 33 49 .402
2006-07 32 50 .390
2007-08 22 60 .268
2008-09 24 58 .293
2009-10 15 67 .183
2010-11 17 65 .207
2011-12 26 40 .394
2012-13 31 51 .378
2013-14 40 42 .488
2014-15 16 66 .195
2015-16 29 53 .354
2016–17 31 51 .378
2017–18 47 35 .573 1回戦敗退 ロケッツ 4, ウルブズ 1
2018–19 36 46 .439
2019–20 19 45 .297
通算勝敗 980 1,496 .396
プレイオフ 18 34 .346

主な選手[編集]

現役選手[編集]

プレーヤー スタッフ
Pos. # 名前 国籍 年齢 身長 体重 出身
G 5 マリック・ビーズリー (Malik Beasley) アメリカ合衆国 24 (1996/11/26) 6ft4in(1.93m) 187lb(85kg) フロリダ州立大学 
G/F 23 ジャレット・カルバー (Jarrett Culver) アメリカ合衆国 22 (1999/02/20) 6ft6in(1.98m) 195lb(88kg) テキサス工科大学 
F/C 17 エド・デイビス (Ed Davis) アメリカ合衆国 32 (1989/6/6) 6ft9in(2.06m) 218lb(99kg) ノースカロライナ大学 
G 1 アンソニー・エドワーズ (Anthony Edwards) アメリカ合衆国 19 (2001/8/5) 6ft5in(1.96m) 195lb(88kg) ジョージア大学 
G 22 アッシュトン・ハガンズ (Ashton Hagans) TW.png アメリカ合衆国 22 (1999/7/8) 6ft3in(1.91m) 198lb(90kg) ケンタッキー大学 
F 41 フアン・エルナンゴメス (Juan Hernangómez) スペイン 25 (1995/9/28) 6ft9in(2.06m) 214lb(97kg) スペイン 
F 10 ジェイク・レイマン (Jake Layman) アメリカ合衆国 27 (1994/3/07) 6ft8in(2.03m) 209lb(95kg) メリーランド大学 
F 3 ジェイデン・マクダニエルズ (Jaden McDaniels) アメリカ合衆国 20 (2000/9/29) 6ft10in(2.08m) 185lb(84kg) ワシントン大学 
G 6 ジョーダン・マクラフリン (Jordan McLaughlin) TW.png アメリカ合衆国 25 (1996/04/09) 5ft11in(1.8m) 185lb(84kg) 南カリフォルニア大学 
G 4 ジェイレン・ノーウェル (Jaylen Nowell) アメリカ合衆国 32 (1988/10/04) 6ft4in(1.93m) 201lb(91kg) メンフィス大学 
G 20 ジョシュ・オコーギー (Josh Okogie) ナイジェリア 21 (1999/08/26) 6ft9in(2.06m) 264lb(120kg) ジョージア工科大学 
F/C 11 ナズ・リード (Naz Reid) アメリカ合衆国 21 (1999/08/26) 6ft9in(2.06m) 264lb(120kg) ルイジアナ州立大学 
G 9 リッキー・ルビオ (Ricky Rubio) スペイン 30 (1990/10/21) 6ft3in(1.91m) 190lb(86kg) スペイン 
G 0 デアンジェロ・ラッセル (D'Angelo Russell) アメリカ合衆国 25 (1996/02/23) 6ft5in(1.96m) 194lb(88kg) オハイオ州立大学 
C 32 カール=アンソニー・タウンズ (Karl-Anthony Towns) アメリカ合衆国 25 (1995/11/15) 6ft11in(2.11m) 248lb(112kg) ケンタッキー大学 
F 8 ジャレッド・バンダービルト (Jarred Vanderbilt) アメリカ合衆国 22 (1999/4/3) 6ft9in(2.06m) 214lb(97kg) ケンタッキー大学 

記号説明

外部リンク

更新日:2021年06月14日


年代別主要選手[編集]

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人

栄誉[編集]

コーチ、その他[編集]

歴代ヘッドコーチ[編集]

 日本での公式戦 

1999年11月に、サクラメント・キングスと共に来日し東京ドームで開幕2試合を行なった。この時ジェイソン・ウィリアムスを擁するキングスの方が人気があり、1試合ずつのホームゲーム扱いだったが2試合ともキングスを応援するファンの方が多かった。しかし、試合ではエースのガーネットが、第1戦で31得点17リバウンド、第2戦、43得点12リバウンドと活躍し(ともに試合最多)、1勝1敗のタイにした。

チーム記録[編集]

ミネソタ・ティンバーウルブズのチーム記録

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Wolves Name Flip Saunders As President Of Basketball Operations
  2. ^ Chris Chavez (2018年2月24日). “Minnesota Timberwolves' Jimmy Butler out vs. Chicago Bulls with meniscal injury to right knee” (英語). NBA.com. 2018年2月25日閲覧。
  3. ^ Butler returns as Wolves beat Lakers 113-96” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年4月6日). 2018年4月8日閲覧。
  4. ^ Butler, Towns lead T-wolves past Nuggets in OT, to playoffs” (英語). ESPN.com (2018年4月11日). 2018年4月19日閲覧。
  5. ^ Capela scores 26; Rockets eliminate Wolves with 122-104 win” (英語). ESPN.com (2018年4月25日). 2018年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]