ヒド・ターコルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒド・ターコルー
Hidayet Türkoğlu
Hedo Turkoglu point guard 11-27-08.jpg
オーランド・マジック時代のターコルー (2008年)
引退
役職 トルコバスケットボール連盟会長[1]
ポジション(現役時) SF/PF
背番号(現役時) 5, 15
身長(現役時) 208cm (6 ft 10 in)
体重(現役時) 100kg (220 lb)
ウィングスパン(現役時) 215cm  (7 ft 1 in)
シューズ アディダス
基本情報
本名 ヒディエット・ターコルー
愛称 "Hedo"
ラテン文字 Hidayet Türkoğlu
トルコ語 Hidayet Türkoğlu
誕生日 (1979-03-19) 1979年3月19日(38歳)
トルコの旗 トルコ
出身地 マルマラ地方
イスタンブール県イスタンブール
出身 トルコの旗 エフェス・ピルゼン S.K.
ドラフト 2000年 16位 
選手経歴
1996-2000
2000-2003
2003-2004
2004-2009
2009 -2010
2010
2010-2014
2014-2015
エフェス・ピルゼン エフェス・ピルゼン S.K.
サクラメント・キングス サクラメント・キングス
サンアントニオ・スパーズ サンアントニオ・スパーズ
オーランド・マジック オーランド・マジック
トロント・ラプターズ トロント・ラプターズ
フェニックス・サンズ フェニックス・サンズ
オーランド・マジック オーランド・マジック
ロサンゼルス・クリッパーズ
受賞歴
代表歴
キャップ トルコの旗 トルコ 1999年-2010年
 
獲得メダル
男子バスケットボール
トルコの旗 トルコ
ユーロバスケット
2001 トルコ 男子
世界選手権
2010 トルコ 男子

ヒド・ターコルー (ヒディエット・ターコルー Hidayet "Hedo" Türkoğlu、[hid̪aːˈjet̪ ˈt̪yɾkoːɫu] 1979年3月19日 - )は、トルコの元プロバスケットボール選手マルマラ地方イスタンブール県イスタンブール出身。ポジションはスモールフォワードパワーフォワード。身長208cm、体重100kg。NBAオーランド・マジックなど7チームで15シーズンに亘って活躍した。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

ユーゴスラビアからの移民の子として生まれたターコルーは、10歳の頃にバスケットを始めるとすぐに頭角を現し、中学校高校でチームを全国大会優勝に導いた。1997年にはプロリーグエフェス・ピルセンと契約し、18歳でプロデビューを果たした。同チームでは4シーズンプレイし、8.3得点3.9リバウンド、スリーポイントシュート成功率は40.9%を記録した。2000年のユーロリーグではチームをベスト4に導く働きをし、トーナメントベスト5にトルコ人としては歴代最年少で選ばれた。

NBA[編集]

2008年、vsウィザーズ戦にて

NBA入りを決意したターコルーは、2000年のNBAドラフトにエントリーし、トルコ人歴代最高位である1巡目16位指名を受けてでサクラメント・キングスに入団した。ルーキーイヤーとなった2000-01シーズンは74試合に出場、平均5.3得点の成績でオールルーキーセカンドチームに選ばれた。01-02シーズンには大きく成績を伸ばし、10.1得点4.5リバウンドの成績を残す。このシーズンリーグ1位の勝率を収めたキングスをベンチから支えたことが評価され、NBAシックスマン賞の候補にも選ばれた。しかし翌シーズンには怪我と体調不良に苦しんで成績を落とし、このオフに3チームが絡んだトレードに組み込まれ、サンアントニオ・スパーズに移籍した。

スパーズでもシックスマンとしてプレイし、スリーポイントシュート成功率は41.9%を記録した。またシーズン後半にはマヌ・ジノビリに代わって先発に昇格し、44試合で先発出場を果たした。

オーランド・マジック

03-04シーズン終了後、フリーエージェントとなったターコルーはオーランド・マジックと契約する。マジックではグラント・ヒルの控えとしてプレイし、これまでのキャリア平均を大きく上回る平均14.0得点を記録。翌シーズンにはヒルの故障に伴い先発に昇格し、14.9得点4.3リバウンド、スリーポイント成功率は40.3%を記録した。当時低迷期に入っていたマジックだが、2004年のNBAドラフトで獲得したドワイト・ハワードを中心に再建を計り、06-07シーズンには見事にプレイオフ進出を果たした。ターコルーはこのオフにチームを去ったヒルの代わりに不動の先発SFに定着し、新たに獲得したラシャード・ルイスと共にツインシューターとしてオフェンスの中心を担うことになった。

そして07-08シーズンは、ターコルーにとってもチームにとっても大きな飛躍の年となった。マジックは12シーズンぶりに地区優勝を果たしたが、ターコルーは大黒柱のハワードに勝るとも劣らない活躍を見せた。勝負を決する第4クォーターで、チームはハワードにでもルイスでもなく、ターコルーにボールを預け、ターコルーはチームの期待に応えた。第4クォーターでの平均得点はチームハイ、リーグ全体でも5位だった。個人成績も大きく上昇、19.5得点5.7リバウンド5.0アシスト、スリーポイントシュート成功率40.0%の成績を残し、MIPを受賞した。

08-09シーズンにはジャミーア・ネルソンの成長もあってマジックはさらに勝率を伸ばし、59勝23敗を記録。絶好調のチームの一方、前年のMIPターコルーは前季よりも成績を落とし、16.8得点4.8アシストだった。ターコルー自身はやや調子の崩したシーズンだったが、マジックはプレーオフも勝ち抜き、カンファレンス決勝ではクリーブランド・キャバリアーズを破ってついにNBAファイナルに進出する。ファイナルではロサンゼルス・レイカーズと対決したが、1勝4敗の完敗に終わった。

MIP受賞にファイナル進出とマジックでキャリアの絶頂期を迎えつつあったターコルーだが、より高額の契約を望み、シーズン終了後にFAになったのを機会にマジックを去ることになった。一時はポートランド・トレイルブレイザーズへの移籍が決まりかけたが、その後4チーム間のトレードによるトロント・ラプターズへの移籍が決まった。

2010年、12月18日に、3球団(フェニックス・サンズのほか、オーランド・マジックワシントン・ウィザーズ)が絡むトレードにより、ジェイソン・リチャードソンアール・クラークとともに、ビンス・カーターミカエル・ピートラスマルチン・ゴルタット+2011年ドラフト1順目指名権、現金との3対3+のトレードにより、オーランド・マジックへ移籍。

ターコルー自身は、このトレードにより、約2年ぶりに、古巣のマジックに復帰となった。 2013年2月に禁止薬物であるステロイド剤メテノロンに陽性となり20試合の出場停止処分を受けた[2]

引退[編集]

2015年11月13日、引退を表明した[3]

トルコ代表[編集]

2001年バスケットボール男子欧州選手権 では、トルコ男子代表として、平均15.5得点を記録し、銀メダルを獲得した。2009年には、ポーランドで開催された2009年バスケットボール男子欧州選手権 で8位[4]、翌年、自国で開催された [2010年バスケットボール世界選手権]] では、米国に敗れたものの、平均 12.3 得点、4.2 リバウンド、3.4 アシストを記録し、銀メダルを獲得した。 2011年、2013年も欧州選手権に出場し[5]、2014年3月に、代表を引退した[6][7]


プレイスタイル[編集]

笑顔でクラッチシュートを決める、勝負強さを兼ね備えた長身シューター。大変に器用な選手でボールハンドリングも優れ、ゲームメイクにも長けており、ポイントフォワードとしてチームの指揮を取りながらも、持ち前の勝負強さで積極的にゴールを狙う。決して運動能力のある選手ではないが、独特のリズムによるペネトレイトも得意とし、長身を活かしてパワーフォワードとしてもプレイできる。自分がボールを持つことで才能を発揮する選手のため、自身がゲームメークをしないと調子が出ないという指摘もある。

NBA個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2000–01 サクラメント・キングス 74 7 16.8 .412 .326 .777 2.8 .9 .7 .3 5.3
2001–02 サクラメント・キングス 80 10 24.6 .422 .368 .726 4.5 2.0 .7 .4 10.1
2002–03 サクラメント・キングス 67 11 17.5 .422 .372 .800 2.8 1.3 .4 .2 6.7
2003–04 サンアントニオ・スパーズ 80 44 25.9 .406 .419 .708 4.5 1.9 1.0 .4 9.2
2004–05 オーランド・マジック 67 11 26.2 .419 .380 .836 3.5 2.3 .6 .3 14.0
2005–06 オーランド・マジック 78 59 33.5 .454 .403 .861 4.3 2.8 .9 .3 14.9
2006–07 オーランド・マジック 73 73 31.1 .419 .388 .781 4.0 3.2 1.0 .2 13.3
2007–08 オーランド・マジック 82 82 36.9 .456 .400 .829 5.7 5.0 .9 .3 19.5
2008–09 オーランド・マジック 77 77 36.6 .413 .356 .807 5.3 4.9 .8 .2 16.8
2009–10 トロント・ラプターズ 74 69 30.7 .409 .374 .774 4.6 4.1 .7 .4 11.3
2010–11 フェニックス・サンズ 25 16 25.2 .440 .423 .722 4.0 2.3 .7 .6 9.5
2010–11 オーランド・マジック 56 56 33.9 .448 .404 .667 4.6 5.1 1.0 .4 11.4
2011–12 オーランド・マジック 53 53 31.2 .415 .353 .705 3.8 4.4 .8 .3 10.9
2012–13 オーランド・マジック 11 1 17.2 .264 .042 .500 2.4 2.1 .6 .1 2.9
2013–14 ロサンゼルス・クリッパーズ 38 0 10.3 .385 .440 .500 2.3 .9 .5 .3 3.0
2014–15 ロサンゼルス・クリッパーズ 62 2 11.4 .441 .432 .545 1.6 .6 .3 .1 3.7
Career 997 571 26.8 .426 .384 .784 4.0 2.8 .8 .3 11.1

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2001 サクラメント・キングス 8 0 17.6 .435 .571 1.000 3.5 1.4 .4 .1 7.5
2002 サクラメント・キングス 16 8 27.7 .401 .353 .516 5.2 1.4 .4 .6 8.6
2003 サクラメント・キングス 10 5 17.4 .360 .286 .722 2.9 1.4 1.2 .5 5.3
2004 サンアントニオ・スパーズ 10 10 27.1 .321 .333 .611 4.5 1.5 .9 .1 7.7
2007 オーランド・マジック 4 4 39.0 .500 .333 .500 3.3 3.5 1.3 1.0 13.8
2008 オーランド・マジック 10 10 39.9 .447 .286 .848 6.4 5.5 .8 .2 17.5
2009 オーランド・マジック 24 24 38.9 .427 .386 .817 4.5 4.8 .8 .2 15.8
2011 オーランド・マジック 6 6 34.8 .294 .233 .571 3.2 3.7 1.3 .2 9.2
2012 オーランド・マジック 5 5 32.4 .366 .417 .636 2.8 2.4 1.0 .8 8.4
2014 ロサンゼルス・クリッパーズ 5 0 8.2 .462 .400 .000 1.0 .2 .6 .0 3.2
Career 98 72 29.9 .406 .350 .751 4.2 2.9 .8 .3 10.7

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]