グラント・ヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グラント・ヒル
Grant Hill
Ghill.jpg
現役時代 (フェニックス・サンズ) のヒル
アトランタ・ホークス
役職 オーナー
兼務 TNT解説者
殿堂 バスケットボール殿堂
ポジション(現役時) SF
背番号(現役時) 33
身長(現役時) 203cm (6 ft 8 in)
体重(現役時) 102kg (225 lb)
基本情報
本名 Grant Henry Hill
ラテン文字 Grant Hill
誕生日 (1972-10-05) 1972年10月5日(45歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ダラス
出身 デューク大学
ドラフト 1994年 3位 
選手経歴
1994-2000
2000-2007
2007-2012
2012-2013
デトロイト・ピストンズ
オーランド・マジック
フェニックス・サンズ
ロサンゼルス・クリッパーズ
受賞歴

NBAオールスターゲーム出場:1995–1998, 2000–2001, 2005

代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1996

グラント・ヘンリー・ヒルGrant Henry Hill, 1972年10月5日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身の元バスケットボール選手。ポジションはスモールフォワード。身長203cm、体重102kg。現役時代は、NBAの新人賞を受賞し、7回のNBAオールスターゲームに選出された。2015年よりアトランタ・ホークスの共同オーナーを務めている[2]。また2018年にはバスケットボール殿堂入りも果たした[3]


経歴[編集]

学生時代[編集]

父親のカルビン・ヒルは、NFLダラス・カウボーイズなどでプレイしたランニングバック、母親はウェルズリー女子大学の出身で、入学した最初の年、後にファーストレディとなったヒラリー・クリントンルームメートだった。父親がNFLを引退した後、バージニア州レストンに移り住み、ヒルは高校でバスケットボールのスター選手として知られるようになった。デューク大学に進学し1991年1992年の2年連続NCAAトーナメントでチームは優勝。1994年も準優勝を果たした。

NBA[編集]

デトロイト・ピストンズ時代[編集]

名将マイク・シャシェフスキー率いるデューク大学を卒業後、1994年のNBAドラフトデトロイト・ピストンズに1巡目3位で指名されて入団した。ルーキーイヤーである1994-95シーズン、ヒルは鮮烈なデビューを果たす。1試合あたり19.9点、5.0アシスト、6.4リバウンド、1.77スティールを記録し[4]ジェイソン・キッドと共にルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)に選ばれた。さらに1995年のNBAオールスターゲームではシャキール・オニールを抑えてファン投票トップで選出された。北米4大プロスポーツリーグにおいて、新人がファン投票で1位を獲得したのは初のことである。翌1996年のオールスターゲームでは、引退を撤回して復帰したマイケル・ジョーダンを破り、再びファン投票トップで出場した。

1996-97シーズンは、1試合あたり21.4得点、9.0リバウンド、7.3アシスト、1.80スティールを記録して[4]シーズンMVP投票でカール・マローンマイケル・ジョーダンに次いで3番目の得票を得た。また、オールNBAファーストチームに選ばれた。このシーズンNBAで記録されたトリプルダブル35回中13回がヒルによるものだった。驚くべきことに、1995-96シーズンから4年間、ガード以外の選手中で、4年連続アシスト1位となっている。またピストンズ時代、ヒルは3度チームの得点、リバウンド、アシストで同時に1位となった。これはNBA史上ウィルト・チェンバレンだけしか記録していなかったことである(2回以上記録したのもエルジン・ベイラーを入れた3人だけ)。

1999年2月8日ウイザース戦ではキャリアハイの46ポイントを記録した。ピストンズは、プレイオフ進出こそするものの優勝を争うにはいたらず、ヒルはトレードを希望するようになり、2000年8月3日チャッキー・アトキンスベン・ウォーレスとのサイン・アンド・トレードオーランド・マジックに移籍した。

オーランド・マジック時代[編集]

新天地マジックでは、トロント・ラプターズから加入したトレイシー・マグレディと共に優勝を狙う。しかし移籍後すぐ4ゲーム目で、足首を骨折する。以降、ヒルは足首の故障に悩まされ続けることになる。手術の繰り返しにより3シーズンでわずか47試合しか出場できなかった[4]

2004-05シーズン、イースト11月のプレーヤーオブザウイークに選出されたり、2月15日のクリッパーズ戦では39ポイント、2月27日のヒート戦では34ポイントを挙げるなど[5]、ようやく復調の兆しが戻り、67試合に出場19.7ポイントのアベレージを残し[4]、ファンも復活を喜びファン投票でスターターとしてオールスターに出場したが、チームはプレーオフ進出を逃した。

ところが2005-06シーズン、開幕から欠場、復帰第2戦目の12月16日マブス戦では28ポイント、12月26バックス戦、12月28日ニューヨーク戦などで、20ポイント越えを記録するなどしたが[6]、今度はヘルニアに苛まれるようになりわずか21試合の出場しかできなかった[4]。ヘルニアは足にも影響し再び手術をしなければならなかった。一時は引退とまで囁かれるようになる。

2006-07シーズン、ヒルはオフにリハビリに成功し、マジックのスターターとして戻ってきた。ハワード中心のチームへと変貌する中、ポイントガードでの出場も多く、ロールプレーヤーとして、65試合に出場しまずまずの成績を収めた。プレーオフでは古巣ピストンズと対戦し、ヒルは奮闘し、そこそこのアベレージを残したが、チームは格の違いを見せられて4戦全敗でスイープされた[7]

フェニックス・サンズ時代[編集]

2007年オフにヒルはフリーエージェントとなり、フェニックス・サンズに移籍。2007-08シーズン、アムウェイ・アリーナにサンズの一員として凱旋した時は、古巣マジックのファンから大ブーイングを浴びせられた。ヒルはサンズのアップテンポなバスケットに適応し、スターターとして5年連続2桁アベレージを残すなど活躍[4]、また相手チームのエースを抑えるディフェンス面でも活躍した[8][9]

2009シーズン開幕前にはボストン・セルティックスニックスなど数チームが獲得へ興味を示したが、サンズに残留、2009-10シーズンにはカンファレンスファイナルに進出したが、レイカーズに2勝4敗で敗れ、初のNBAファイナル進出はならなかった。2010-11シーズン、12月19日オークランド戦で30ポイント、2011年2月27日ペーサーズ戦ではシーズンハイの34ポイントの活躍を見せた[10]。2011年12月9日、1年650万ドルで契約を延長した[11]。3月23日ペーサーズ戦ではシーズンハイの22ポイントの活躍を見せたが、3月25日キャブス戦以降は怪我で欠場した[12]2011–12 シーズン終了時で通算 17,000 得点に達した。

ロサンゼルス・クリッパーズ時代[編集]

2012年7月18日、シーズン前にはナッシュと共にレイカーズ入りが報じられていたが、クリス・ポールからの誘いもあり、ロサンゼルス・クリッパーズと2年契約を結んだ。開幕から怪我で長期離脱、僅か29試合の出場となった[4]。5月3日プレーオフ、メンフィス戦ゲーム6に20分出場したのが現役最後のゲームとなった[13]。2013年6月1日、現役引退を発表した[14]

引退後

引退後はTNTNBA TVの解説者として活動。2015年4月にはアトランタ・ホークスの株を購入し、共同オーナーに就任した[15]

2018年3月31日、バスケットボール殿堂入りが発表された[3]

プレースタイル[編集]

キャリア初期には得点、アシスト、リバウンドにおいて非凡な成績を収め、トリプルダブルを量産するなど、人気、実力を兼ね揃えたオールラウンダーとして名を馳せ、FILA社のグラント・ヒルモデルのシューズが爆発的な売れ行きを見せるなど、リーグを担うポストマイケル・ジョーダンとして期待された。しかし度重なる負傷によって全盛期の大半を棒に振ってしまったが、次第にロールプレーヤーとなり、息の長い活躍を見せた。ピストンズ時代のプレースタイルとは異り、ぺネトレーションや派手なダンクを見せる事は極端に減り、ポイントアベレージは落ちたが、シューティングアベレージは已然高く、またスリーポイントの成功数やアベレージも上昇した<[4]。時折全盛期を彷彿とさせるぺネトレーションやダンクなども披露した。また経験値の高いベテランとしてチームに貢献。特に、長年の経験と技術をもちいたディフェンスは最盛期にもひけをとらず、相手のSG/SFを大いに苦しめ、時にはサイズで不利極まりないPFを封じ込めることすらあり[8][9]、サンズ時代にはディフェンシブプレーヤーオブザイヤーの投票で多数の票を集めた。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

NBAレギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
1994–95 DET 70 69 38.3 .477 .148 .732 6.4 5.0 1.8 .9 2.89 19.9
1995–96 DET 80 80 40.8 .462 .192 .751 9.8 6.9 1.2 .6 3.29 20.2
1996–97 DET 80 80 39.3 .496 .303 .711 9.0 7.3 1.8 .6 3.24 21.4
1997–98 DET 81 81 40.7 .452 .143 .740 7.7 6.8 1.8 .6 3.52 21.1
1998–99 DET 50 50 37.0 .479 .000 .752 7.1 6.0 1.6 .5 3.68 21.1
1999–00 DET 74 74 37.5 .489 .347 .795 6.6 5.2 1.4 .6 3.24 25.8
2000–01 ORL 4 4 33.3 .442 1.000 .615 6.3 6.3 1.2 .5 2.75 13.8
2001–02 ORL 14 14 36.6 .426 .000 .863 8.9 4.6 .6 .3 2.64 16.8
2002–03 ORL 29 29 29.1 .492 .250 .819 7.1 4.2 1.0 .4 2.90 14.5
2004–05 ORL 67 67 34.9 .509 .231 .821 4.7 3.3 1.5 .4 2.40 19.7
2005–06 ORL 21 17 29.2 .490 .250 .765 3.8 2.3 1.1 .3 1.67 15.1
2006–07 ORL 65 64 30.9 .518 .167 .765 3.6 2.1 .9 .4 2.22 14.4
2007–08 PHX 70 68 31.7 .503 .317 .867 5.0 2.9 .9 .8 1.37 13.1
2008–09 PHX 82 68 29.8 .523 .316 .808 4.9 2.3 1.1 .7 1.54 12.0
2009–10 PHX 81 81 30.0 .478 .438 .817 5.5 2.4 .7 .4 1.33 11.3
2010–11 PHX 80 80 30.1 .484 .395 .829 4.2 2.5 .8 .4 1.68 13.2
Career 948 926 34.8 .485 .319 .770 6.3 4.3 1.3 .6 2.50 17.5
All-Star 6 6 19.2 .571 .500 .545 2.7 3.2 1.2 .2 1.67 10.5

NBAプレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
1995–96 DET 3 3 38.3 .564 .500 .857 7.3 3.7 1.0 .0 2.67 19.0
1996–97 DET 5 5 40.6 .437 .000 .718 6.8 5.4 .8 1.0 3.80 23.6
1998–99 DET 5 5 35.2 .457 .000 .813 7.2 7.4 2.0 .4 2.40 19.4
1999–00 DET 2 2 27.5 .375 .500 .900 5.5 4.5 .5 .0 5.00 11.0
2006–07 ORL 4 4 35.8 .500 .000 .667 5.5 3.8 .5 .2 2.50 15.0
2007–08 PHX 3 2 22.7 .455 .000 1.000 5.3 1.0 .7 .3 0.00 3.7
2009–10 PHX 16 16 28.3 .480 .188 .868 5.8 2.3 .8 .6 1.19 9.6
Career 38 37 31.9 .469 .238 .781 6.2 3.6 0.9 .5 2.05 13.7

その他[編集]

  • 妻はR&B歌手のタミア(TAMIA)。グラントがキーボードを演奏できるということもあって彼女のアルバムに参加したこともある。タミアとの間に一児(マイラ・グレイス)をもうけている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジェイソン・キッドと同時受賞
  2. ^ Atlanta Hawks sold to Ares’ Ressler for $850 million, group includes Sara Blakely and Grant Hill
  3. ^ a b Steve Nash, Jason Kidd, Grant Hill, Maurice Cheeks lead 2018 Naismith Hall of Fame class” (英語). NBA.com (2018年3月31日). 2018年4月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h espn Grant Hill stats-Espn.com 2018年5月12日閲覧
  5. ^ espn Grant Hill 2005-Espn.com 2012 2018年5月12日閲覧
  6. ^ espn Grant Hill 2006-Espn.com 2012 2018年5月12日閲覧
  7. ^ espn Grant Hill 2007-Espn.com 2012 2018年5月12日閲覧
  8. ^ a b Grant Hill deserved All-Defensive honors-fanside valley ofsuns
  9. ^ a b Grant Hill, Elite Defender Of NBA's Best Players-SB Nation Arizona 2011.2.18
  10. ^ espn Grant Hill 2011-Espn.com 2012 2018年5月12日閲覧
  11. ^ Grant Hill staying with Phoenix Suns
  12. ^ espn Grant Hill 2012-Espn.com 2012 2018年5月12日閲覧
  13. ^ espn Grant Hill-Espn.com 2018年5月12日閲覧
  14. ^ Grant Hill retires from NBA basketball
  15. ^ Atlanta Hawks Selling for $850 million

外部リンク[編集]