ポイントフォワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポイントフォワードPoint forward)は、バスケットボールのポジションの呼称。フォワードの位置(インサイド)でポイントガードの仕事をするポジションのこと[1][2][3]。また、フォワードの選手でありながらポイントガードの仕事ができる選手の総称[4] 。特にNBAにおいて用いられる言葉である。

概要[編集]

NBA初期にはオスカー・ロバートソンが、このようなポジションでプレイしていた。多く見受けられるようになったのは1980年代に入ってからで、ラリー・バードもその一人である[5][6][7]ミルウォーキー・バックスのヘッドコーチだったドン・ネルソンが本来フォワードの選手をポイントガードの選手にマッチアップさせ、相手選手とのミスマッチ(身長差による不釣合い)を生じさせることを提案した[8]

現役(2009年)では、NBAで活躍するレブロン・ジェームズ(LeBron James)らが該当する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Halley, Jim (2012年7月20日). “Analysts say point forwards are few and far between”. USA Today. オリジナル2014年3月22日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6OH3lupi1 
  2. ^ Guile, Aaron (2013年10月17日). “Aaron Guile: Gordon Hayward — the emerging point forward”. Deseret News. オリジナル2014年3月22日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6OH3u0I6A 
  3. ^ The benefits of a point-forward”. blogspot.de (2009年3月11日). 2015年9月22日閲覧。
  4. ^ Frazier, Walt; Sachare, Alex (2004). The Complete Idiot's Guide to Basketball. Penguin. pp. 97–8. ISBN 9780786549894. http://books.google.com/books?id=KcIF8rb7g9MC&lpg=PA97&dq=%22point%20forward%22basketball&pg=PA97#v=onepage&q&f=false 2014年3月22日閲覧。. 
  5. ^ Bjarkman, Peter C.. “Boston Celtics Encyclopedia”. Sports Publishing. pp. 40–1. ISBN 9781582615646. http://books.google.com/books?id=cbtwpjrpEUsC&lpg=PA122&ots=rcvqwZuuKh&dq=bird%20%22point%20forward%22%20johnson&pg=PA122#v=onepage&q&f=false 2014年3月22日閲覧。 
  6. ^ Winderman, Ira (1989年11月26日). “Impact Players? Ask Teams They Control”. Sun-Sentinel. オリジナル2014年3月22日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6OH924b9A 
  7. ^ Smith, Sam (1989年12月3日). “Pro Basketball”. Chicago Tribune. オリジナル2014年3月22日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6OH9DC3F8 
  8. ^ Winn, Luke (2009年3月16日). “From This Point Forward”. Sports Illustrated. オリジナル2014年3月22日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6OHKtivkV