ミルウォーキー・バックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミルウォーキー・バックス
原語表記 Milwaukee Bucks
チームカラー 深紅、緑、銀
チームロゴ 逆三角形の背景に上に牡鹿の肩と頭部、下にMilwaukee Bucksの文字。
所属リーグ アメリカ合衆国の旗 NBA
地区 イースタン・カンファレンス
ディビジョン セントラル・ディビジョン
創設 1968年
チーム史 ミルウォーキー・バックス
(1968年 - )
本拠 ウィスコンシン州の旗 ウィスコンシン州
ミルウォーキー
アリーナ BMOハリス・ブラッドリー・センター
オーナー ウェズリー・エデンスマーク・ラスリー
ヘッドコーチ ジェイソン・キッド
優勝歴 1回(1971年)
ファイナル進出 2回(1971年, 1974年)
地区優勝 13回(1971年, 1972年, 1973年, 1974年, 1976年, 1980年, 1981年, 1982年, 1983年, 1984年, 1985年, 1986年, 2001年)
ユニフォーム
Kit body thinsidesonwhite.png
Homeジャージ
Kit shorts blanksides2.png
チームカラー
Home
Kit body thinredsides.png
Awayジャージ
Kit shorts redsides.png
チームカラー
Away
テンプレートを表示

ミルウォーキー・バックスMilwaukee Bucks)は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。イースタン・カンファレンス、セントラル・ディビジョン所属。チーム名のbuckとは一帯に棲息する牡鹿のこと。牡鹿の躍動感から命名された。現在のオーナーは、ウェズリー・エデンスとマーク・ラスリー。

歴史[編集]

ミルウォーキーには1950年代にNBAのチーム、ミルウォーキー・ホークス(のちのアトランタ・ホークス)が存在したが、4年間ミルウォーキーでプレーしたのちに移転した。その10年あまりにのちに、NBAはウェズリー・パバロンとマービン・フィッシュマンの立ち上げた企業にチーム創立を承認し、1968年にミルウォーキー・バックスがリーグ入りし、チーム名には公募で寄せられた中から雄鹿を意味する「バックス」が選ばれた。同じ年にフェニックス・サンズも設立されている。

アブドゥル=ジャバーの時代[編集]

1年目にはジョン・マグロクリンなどが活躍したが、新設チームだったバックスは27勝55敗と負け越しを余儀なくされた。

シーズン終了後、バックスはフェニックス・サンズとともに1位指名権獲得を巡るコイントスを行った。この賭けに勝ったバックスはその年のドラフトの目玉だったルー・アルシンダーを獲得した。2年後にカリーム・アブドゥル=ジャバーと改名するアルシンダーは1年目からチームにインパクトを与え、1969-70シーズンのバックスは56勝26敗と勝ち数を倍以上に増やした。

オスカー・ロバートソンを加えた翌シーズンはさらに躍進し、66勝16敗とリーグ最高の成績。アブドゥル=ジャバーはMVPを受賞し、バックスはプレーオフをNBAファイナルまで勝ち進んでワシントン・ブレッツを破り優勝した。新設チームが3年目で優勝するのは今もリーグ史上最短の記録である。

その後もバックスは60勝前後の高い勝率を上げ続け、アブドゥル=ジャバーは2度MVPを受賞した。1973-74シーズンには再びNBAファイナルに進出し、ボストン・セルティックスと対戦した。シリーズは最終の7戦目までもつれ込み、その内第6戦は延長2回まで続く激戦だったが、バックスは3勝4敗で優勝を逃した。

ロバートソンが引退した影響で翌1974-75シーズンは38勝44敗と失速し、シーズン終了後にアブドゥル=ジャバーもトレードでチームを去った。

アブドゥル=ジャバー退団後[編集]

以降数年間のバックスは勝率5割を前後する中堅どころのチームとして過ごした。この1970年代後半に、チームはクイン・バックナーブライアン・ウィンターズシドニー・モンクリーフボブ・レイニアテリー・カミングスなどを獲得し、1976年からはドン・ネルソンが監督として指揮を執った。1979-1980シーズンにミッドウェストディビジョンで地区優勝を果たした翌シーズンからイースタン・カンファレンスのセントラル・ディビジョンに移り、さらに6年連続地区優勝を果たした。この間の1981年にはリーグ3位の60勝22敗にまで勝ち星を増やし、以後数シーズンに渡り地区有数のチームだったが当時の強豪チームであるボストン・セルティックスフィラデルフィア・セブンティシクサーズの陰に隠れがちだった。

1990-2003[編集]

1980年代末頃から主力選手の引退などで勝率が下がり始め、1993年には勝ち数30を切った。バックスは1993年にビン・ベイカー1994年NBAドラフトいの一番指名のグレン・ロビンソン1996年にはレイ・アレンを獲得したがチームは低迷したまま7年間プレイオフに出場できなかった。

1998年ジョージ・カール監督を迎えるとティム・トーマスサム・キャセールを加えたバックスの成績は浮上し始めた。

2001年には52勝30敗にまで復調し、プレーオフではイースタン・カンファレンス決勝まで進み、第7戦までもつれたが、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに敗れた。2001-02シーズン開始前にディフェンスを強化するためにアンソニー・メイスンを加入させたが、彼の加入によってチームケミストリーは逆に崩壊してしまい、一時はカンファレンス首位を走っていたが、主要メンバーの怪我やロビンソンとアレンの確執が表面化するなどあり勝率5割に落ちてプレイオフ出場を逃した。

シーズン終了後、ロビンソンはアトランタ・ホークスに、アレンは2002-03シーズン途中にシアトル・スーパーソニックスに、キャセールは同シーズン終了後にミネソタ・ティンバーウルブズにトレードに出されてカールヘッドコーチは解任された。

2003-2008[編集]

2003-04シーズン以後は2000年にチーム入りしていたマイケル・レッドがチームの中心となった。2005年のNBAドラフトで全体1番目に指名する権利を得てアンドリュー・ボーガットを指名した。その後もトレード等でチーム改革に乗り出したがチームは低迷。プレーオフに出場できた年は1回戦で敗退というシーズンが続いていた。

2009-2014[編集]

2009年のNBAドラフトにおいて、ブランドン・ジェニングスを指名。ジェニングスやボーガットを中心にチームはシーズン序盤から好調を維持。シーズン中にジョン・サーモンズをトレードで獲得。サーモンズは、怪我で欠場中のレッドの穴を埋める活躍を見せ、46勝36敗という好成績を収めた。 2013-14シーズンはオフにジェニングス、モンタ・エリスを放出しO.J.メイヨを獲得したが、補強面での裏目もあり、チーム創設から最低の15勝67敗で終えた。

2014-現在[編集]

2014年4月16日、長らくオーナーであったハーブ・コールがバックスをニューヨークに基盤を置く資産家ウェズリー・エデンスと、マーク・ラスリーに5億5千万ドルで売却することに合意した。新オーナーはチームをミルウォーキーに残し、1億ドルで新アリーナを建設すると見られている[1]。NBAによる認可は1か月後の5月16日に下りた。[2]

新オーナー陣は、リーグ最低の成績に終わったチームの立て直しに、積極的に動いた。まずは、ブルックリン・ネッツのヘッドコーチだったジェイソン・キッドを、2015年と2019年のドラフト2巡目指名権と引き換えにヘッドコーチ招聘に成功。更に2014年のNBAドラフトで、デューク大学ジャバリ・パーカーを指名するなど、体制を整えた。新生バックスは、前シーズンに15勝しか挙げられなかったチームが、11月中に10勝を記録。その後12月16日のフェニックス・サンズ戦で、バックス再建の一角を担ってきたジャバリ・パーカーが、左膝の前十字靱帯断裂の重傷を負いシーズン全休となるアクシデントに見舞われ[3]、更にラリー・サンダースがトラブルを連発し、怪我人が続出するという戦力が整わない中、ヤニス・アデトクンボクリス・ミドルトンら若手選手が奮起し、2015年2月11日のサクラメント・キングス戦に勝利し、前シーズンの倍の勝ち星(30勝目)を記録するなど、奮闘を続けている。

シーズンごとの成績[編集]

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン  % プレーオフ 結果
ミルウォーキー・バックス
1968-69 27 55 .329
1969-70 56 26 .683 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
バックス 4, シクサーズ 1
ニックス 4, バックス 1
1970-71 66 16 .805 ディビジョン準決勝勝利
カンファレンスファイナル勝利
NBAファイナル優勝
バックス 4, サンフランシスコ 1
バックス 4, レイカーズ 1
バックス 4, ボルチモア 0
1971-72 63 19 .768 ディビジョン準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
バックス 4, ウォリアーズ 2
レイカーズ 4, バックス 2
1972-73 60 22 .732 カンファレンス準決勝敗退 ウォリアーズ 4, バックス 2
1973-74 59 23 .720 ディビジョン準決勝勝利
カンファレンスファイナル勝利
NBAファイナル敗退
バックス 4, レイカーズ 1
バックス 4, ブルズ 0
セルティックス 4, バックス 3
1974-75 38 44 .463
1975-76 38 44 .463 1回戦敗退 ピストンズ 2, バックス 1
1976-77 30 52 .366
1977-78 44 38 .537 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
バックス 2, サンズ 0
ナゲッツ 4, バックス 3
1978-79 38 44 .463
1979-80 49 33 .598 カンファレンス準決勝敗退 ソニックス 4, バックス 3
1980-81 60 22 .732 カンファレンス準決勝敗退 シクサーズ 4, バックス 3
1981-82 55 27 .671 カンファレンス準決勝敗退 シクサーズ 4, バックス 2
1982-83 51 31 .622 ディビジョン準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
バックス 4, セルティックス 0
シクサーズ 4, バックス 1
1983-84 50 32 .610 1回戦勝利
ディビジョン準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
バックス 3, ホークス 2
バックス 4, ネッツ 2
セルティックス 4, バックス 1
1984-85 59 23 .720 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
バックス 3, ブルズ 1
シクサーズ 4, バックス 0
1985-86 57 25 .695 1回戦勝利
ディビジョン準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
バックス 3, ネッツ 0
バックス 4, シクサーズ, 3
セルティックス 4, バックス 0
1986-87 50 32 .610 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
バックス 3, シクサーズ 2
セルティックス 4, バックス 3
1987-88 42 40 .512 1回戦敗退 ホークス 3, バックス 2
1988-89 49 33 .598 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
バックス 3, ホークス 2
ピストンズ 4, バックス 0
1989-90 44 38 .537 1回戦敗退 ブルズ 3, バックス 1
1990-91 48 34 .585 1回戦敗退 シクサーズ 3, バックス 0
1991-92 31 51 .378
1992-93 28 54 .341
1993-94 20 62 .244
1994-95 34 48 .415
1995-96 25 57 .305
1996-97 33 49 .402
1997-98 36 46 .439
1998-99 28 22 .560 1回戦敗退 ペイサーズ 3, バックス 0
1999-2000 42 40 .512 1回戦敗退 ペイサーズ 3, バックス 2
2000-01 52 30 .634 1回戦勝利
ディビジョン準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
バックス 3, マジック 1
バックス 4, シャーロット 3
シクサーズ 4, バックス 3
2001-02 41 41 .500
2002-03 42 40 .512 1回戦敗退 ネッツ 4, バックス 2
2003-04 41 41 .500 1回戦敗退 ピストンズ 4, バックス 1
2004-05 30 52 .366
2005-06 40 42 .488 1回戦敗退 ピストンズ 4, バックス 1
2006-07 28 54 .341
2007-08 26 56 .317
2008-09 34 48 .415
2009-10 46 36 .561 1回戦敗退 ホークス 4, バックス 3
2010-11 35 47 .427
2011-12 31 35 .470
2012-13 38 44 .463 1回戦敗退 ヒート 4, バックス 0
2013-14 15 67 .183
通算勝敗 1909 1815 .513
プレイオフ 104 118 .468 優勝1回

主な選手[編集]

現役選手[編集]

ミルウォーキー・バックスロースター
選手 その他
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
F 34 ヤニス・アデトクンボ (Giannis Antetokounmpo) ギリシャの旗 20歳 (1994/12/06) 6 ft 11 in (2.11 m) 217 lb (98 kg) ギリシャ
G 19 ジェリッド・ベイレス (Jerryd Bayless) アメリカ合衆国の旗 26歳 (1988/08/20) 6 ft 3 in (1.91 m) 200 lb (91 kg) アリゾナ大学
G 5 マイケル・カーター=ウィリアムス (Michael Carter-Williams) アメリカ合衆国の旗 23歳 (1991/10/10) 6 ft 6 in (1.98 m) 185 lb (84 kg) シラキュース大学
P/F 9 ジャレッド・ダドリー (Jared Dudley) Cruz Roja.svg アメリカ合衆国の旗 29歳 (1985/07/10) 6 ft 7 in (2.01 m) 225 lb (102 kg) ボストン・カレッジ
G 11 タイラー・エニス (Tyler Ennis) カナダの旗 20歳 (1994/08/24) 6 ft 2 in (1.88 m) 180 lb (82 kg) シラキュース大学
F 31 ジョン・ヘンソン (John Henson) アメリカ合衆国の旗 24歳 (1990/12/28) 6 ft 11 in (2.11 m) 220 lb (100 kg) ノースカロライナ大学
F 7 エルサン・イルヤソバ (Ersan Ilyasova) トルコの旗 27歳 (1987/05/15) 6 ft 10 in (2.08 m) 240 lb (109 kg) トルコ
F/C 17 ダミエン・イングリス (Damien Inglis) (-) Cruz Roja.svg フランスの旗 19歳 (1995/05/20) 6 ft 9 in (2.06 m) 240 lb (109 kg) フランス
G 00 O.J.メイヨ (O. J. Mayo)NYCS-bull-trans-C.svg アメリカ合衆国の旗 27歳 (1987/11/05) 6 ft 4 in (1.93 m) 210 lb (95 kg) 南カリフォルニア大学
P/F 22 クリス・ミドルトン (Khris Middleton) アメリカ合衆国の旗 23歳 (1991/12/08) 6 ft 8 in (2.03 m) 216 lb (98 kg) テキサスA&M大学
F 3 ジョニー・オブライアント (Johnny O'Bryant) アメリカ合衆国の旗 21歳 (1993/06/01) 6 ft 9 in (2.06 m) 256 lb (116 kg) LSU
C 27 ザザ・パチュリア (Zaza Pachulia) グルジアの旗 30歳 (1984/10/02) 6 ft 11 in (2.11 m) 275 lb (125 kg) グルジア
F 12 ジャバリ・パーカー (Jabari Parker) (-) Cruz Roja.svg アメリカ合衆国の旗 20歳 (1995/03/15) 6 ft 8 in (2.03 m) 235 lb (107 kg) デューク大学
F/C 21 マイルス・プラムリー (Miles Plumlee) アメリカ合衆国の旗 26歳 (1988/09/01) 6 ft 11 in (2.11 m) 255 lb (116 kg) デューク大学
ヘッドコーチ

アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・キッド (Jason Kidd)

アシスタントコーチ
  アメリカ合衆国の旗 ジョー・プランティ (Joe Prunty)

記号説明
NYCS-bull-trans-C.svg キャプテン
(S) 出場停止(Suspended)
(-) ベンチ外(Inactive)
Cruz Roja.svg 故障者(Injured)
(DL) Dリーグ・アサイン
(+) シーズン途中契約
(FA) フリーエージェント
(DP) ドラフト未契約

外部リンク

更新日:2015年02月20日


年代別主要選手[編集]

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人

1960年代

1970年代

1980年代

1990年代

2000年代

2010年代

栄誉[編集]

永久欠番[編集]

殿堂入り[編集]

コーチ、その他[編集]

歴代ヘッドコーチ[編集]

チーム記録[編集]

ミルウォーキー・バックスのチーム記録

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bucks owner Kohl reaches deal to sell team”. Associated Press. (2014年4月16日). 2014年4月16日閲覧。
  2. ^ Charles F. Gardner, Don Walker (2014年5月16日). “NBA approves sale of Milwaukee Bucks”. Milwaukee Journal Sentinel. http://www.jsonline.com/sports/bucks/nba-approves-sale-of-milwaukee-bucks-b99271028z1-259483361.html 2014年5月17日閲覧。 
  3. ^ [http://www.nba.com/2014/news/12/16/bucks-jabari-parker-out-for-season.ap/index.html?ls=iref:nbahpt6b Bucks' Parker out for season Milwaukee's rookie is sidelined by a torn ACL in his left knee---NBA.com]

外部リンク[編集]