ストレッチ・フォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バスケットボールにおける、ストレッチ・フォーは主にパワーフォワードポジションのプレーヤーで、"ストレッチ"は、相手チームのディフェンスを広げ攻撃スペースを作る役割を表す。パワーフォワードポジションのプレーヤーは4番と呼ばれることもあることから、ストレッチ・フォーの呼び名が生まれた。ストレッチ・フォーは、1999–2000 シーズン頃に、NBAの戦術として生み出されたものであるが、[1][2]現在でも、普通に使われる戦術となっている。多くのNBAヘッドコーチが "スモール・ボール"・ラインアップで用いている[3]。類似の役割を果たすコーナーマンとも呼ばれる、主にスモール・フォワードが務めるポジションもある。

プレースタイル[編集]

パワーフォワードは通常、バスケット近傍での、身長と体躯の強さを活かしたプレーを担う場合が多いが、ストレッチ・フォーは、サイズはパワーフォワードでもシューティング技術、特にロングレンジの3ポイントなどに長けたプレーヤーが務める。この場合、マッチアップしている相手チームのパワーフォワードが、バスケット近傍を離れる必要が生じ、ディフェンス、リバウンドなどの本来になうべきプレーが難しくなる利点が生じる。

コーナーマン[編集]

コーナーマン[4][5]は、通常もう少し低身長(6'6"から 6'10)のプレーヤが務め、アスレチックで、ハイスコアーを担うスモール・フォワードの選手や、ディフェンス時に大きな役割を担い、多くの運動量を必要とする場合、オフェンス時には、ボールムーブメントには関わらず、ストレッチとして、コーナーの3ポイントエリアでワイドオープンとなるパスを待って、所謂キャッチ・アンド・シュートを担当するがストレッチ・フォー同様の役割を務める場合でありストレッチ・フォーと並行して使われることが多く、例えば、サンアントニオ・スパーズで強固なディフェンダーとして活躍したブルース・ボーエンは、コーナーマンとして適役であり、コーナーのポジションは、ボーエンのフェイバリットスポットと呼ばれていた。

主なストレッチ・フォー/コーナーマン[編集]

NBAに於いてはクリーブランド・キャバリアーズケビン・ラブダラス・マーベリックスダーク・ノヴィツキーニューオーリンズ・ペリカンズライアン・アンダーソンサンアントニオ・スパーズマット・ボナーらが代表的なストレッチ・フォーである[6][7]。NBAでは通常、ストレッチ・フォー選手は、206cm(6ft9in)から213cm(7フッター)の身長で、より広義にはラマーカス・オルドリッジケビン・ガーネットらも含まれる場合もある。

コーナーマンはスモールフォワードの選手がストレッチ・フォー同様の役割を務める場合であり、ブルース・ボーエンラシャード・ルイスらがその例である。エルジン・ベイラーは、コーナーマンとしてはNBA史上で最も著名である[8]。 ストレッチ・フォー、コーナーマンは、NBAのみならず国際バスケットボールにおいても、3ポイントフィールドゴールの成功、ディフェンスのスペース拡大の要因から近年ますます重要なポジションとなっており、主力選手を充てがう場合も増えている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pattrick, Hayes (2013年3月13日). “The 'Stretch 4s' of the '90s speak on today's perimeter-oriented big men”. VOX Media. 2014年11月5日閲覧。
  2. ^ Player Season Finder”. Sports Reference LLC. 2014年11月5日閲覧。
  3. ^ Harper, Zach (2013年10月15日). “Stretch-4s in the NBA: The balance between stretching and defense”. CBS. 2014年11月5日閲覧。
  4. ^ CORNERMAN (BASKETBALL)”. worldlibrary.org. 2015年9月22日閲覧。
  5. ^ Definition: Cornerman”. Futures Knowledge. 2014年11月5日閲覧。
  6. ^ The stretch four: 6 NBA big men whose shooting really makes a differnce”. sportingnews.com (2015年). 2015年9月22日閲覧。
  7. ^ 7 Best Stretch Fowards in the NBA”. bleacherreport.com (2015年). 20150-9-22閲覧。
  8. ^ NBA.com: Elgin Baylor Bio

外部リンク[編集]