マーカス・モリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マーカス・モリス
Marcus Morris
Marcus Morris.jpg
カンザス大学時代のモリス
ボストン・セルティックス  No.13
ポジション SF/PF
背番号 13
身長 206cm (6 ft 9 in)
体重 107kg (236 lb)
ウィングスパン 208cm  (6 ft 10 in)[1]
シューズ エア・ジョーダン
基本情報
本名 Marcus David Morris
愛称 Mook[2]
ラテン文字 Marcus Morris
誕生日 (1989-09-02) 1989年9月2日(28歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルバニア州フィラデルフィア
出身 カンザス大学
ドラフト 2011年 14位 
選手経歴
2011-2013
2013-2015
2015-2017
2017-
ヒューストン・ロケッツ
フェニックス・サンズ
デトロイト・ピストンズ
ボストン・セルティックス

マーカス・モリス (Marcus David Morris1989年9月2日は、アメリカ合衆国ペンシルバニア州フィラデルフィア出身のプロバスケットボール選手。NBAボストン・セルティックスに所属している。マーキーフ・モリスは、双子の兄にあたる。

来歴[編集]

1989年9月2日、フィラデルフィアマーキーフ・モリスが誕生した7分後、続いてマーカスが産まれた。幼い頃からマーキーフと共に過ごしてきたマーカスは、大学もカンザス大学に一緒に入学。3年生時に平均17.3ポイントを記録し、マーキーフと共に2011年のNBAドラフトにアーリーエントリーを表明[3]。マーキーフが13位でフェニックス・サンズに指名されたのに続いて、マーカスは14位でヒューストン・ロケッツから指名された。

2013年2月、三角トレードでフェニックス・サンズに移籍し、マーキーフとの兄弟共演が実現することになり、サンズに合流後、抱き合って喜んだ[4]。2012-13シーズンのサンズは、ウェスタンカンファレンス最下位の25勝52敗に終わり、アルヴィン・ジェントリーHCの途中解任など暗い話題が多かっただけに、数少ない明るい話題となった。

2014-15シーズン開幕前に、マーキーフと共にサンズと翌シーズンから4年契約を結んだ。

2015年7月2日、デトロイト・ピストンズに移籍。2017年1月21日のワシントン・ウィザーズ戦では、111-112で迎えた第4クォーター残り数秒の場面で、逆転のブザービーターティップインショットを決めた[5]

2017年7月7日、エイブリー・ブラッドリーとのトレードでボストン・セルティックスに移籍した[6]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2011–12 ロケッツ 17 0 7.4 .296 .118 .750 .9 .2 .1 .1 2.4
2012–13 54 17 21.4 .428 .381 .653 4.1 .9 .5 .3 8.6
サンズ 23 6 16.1 .405 .308 .405 2.5 .7 .8 .2 5.7
2013–14 82 1 22.0 .442 .381 .761 3.9 1.1 .9 .2 9.7
2014–15 81 35 25.2 .434 .358 .628 4.8 1.6 .8 .2 10.4
2015–16 ピストンズ 80 80 35.7 .434 .362 .749 5.1 2.5 .8 .3 14.1
2016–17 79 79 32.5 .418 .331 .784 4.6 2.0 .7 .3 14.0
Career 416 218 26.2 .428 .355 .717 4.2 1.6 .7 .3 10.8

プレイオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2016 ピストンズ 4 4 36.0 .468 .389 .870 3.3 2.5 .5 .0 17.8
Career 4 4 36.0 .468 .389 .870 3.3 2.5 .5 .0 17.8

プレースタイル[編集]

大学時代までパワーフォワードでプレーし、サンズ移籍後はマーキーフと一緒にプレーするためにスモールフォワードに挑戦しているが、ディフェンス面で苦戦を強いられている感があり、それがオフェンスの調子を崩している要因になっている感がある。それだけに早急なイメージチェンジが望まれている。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]