ウラジミール・ラドマノビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウラジミール・ラドマノビッチ
Vladimir Radmanovic
Vladimir Radmanovic.jpg
現役時代 (ゴールデンステート・ウォリアーズ) のラドマノヴィッチ (2011年)
引退
ポジション(現役時) SF/PF
背番号(現役時) 10 ,77
身長(現役時) 208cm (6 ft 10 in)
体重(現役時) 106kg (234 lb)
基本情報
本名 ウラジミール・ラドマノビッチ
愛称 Radman
ラテン文字 Vladimir Radmanovic
セルビア語 Владимир Радмановић
誕生日 (1980-11-19) 1980年11月19日(37歳)
セルビアの旗 セルビア
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
ボスニア・ヘルツェゴビナ トレビニェ
出身 ユーゴスラビアの旗 レッドスター・ベオグラード
ドラフト 2001年 12位 
選手経歴
1997-2001
2001
2001-2006
2006
2006-2009
2009
2009-2011
2011-2012
2012-2013
レッドスター・ベオグラード レッドスター・ベオグラード
ジェレズニク・ベオグラード ジェレズニク・ベオグラード
シアトル・スーパーソニックス シアトル・スーパーソニックス
ロサンゼルス・クリッパーズ ロサンゼルス・クリッパーズ
ロサンゼルス・レイカーズ ロサンゼルス・レイカーズ
シャーロット・ボブキャッツ シャーロット・ボブキャッツ
ゴールデンステート・ウォリアーズ ゴールデンステート・ウォリアーズ
アトランタ・ホークス アトランタ・ホークス
シカゴ・ブルズ
代表歴
キャップ ユーゴスラビアの旗 2002年
セルビア・モンテネグロの旗 2004年-2005年
 
獲得メダル
男子バスケットボール
ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア
世界選手権
2002 インディアナポリス 男子

ヴラディミル・ラドマノヴィッチセルビア語: Владимир Радмановић,英語: Vladimir Radmanović1980年11月19日 - )は、セルビアのプロバスケットボール選手。元NBA選手。ユーゴスラビア連邦ボスニア・ヘルツェゴビナ社会主義共和国トレビニェ出身。ポジションは主にスモールフォワード

略歴[編集]

セルビア人の血統である彼はユーゴスラビアボスニア・ヘルツェゴビナトレビニェ地方の街トレビニェで生まれ、その後地方を転々としながら育った。NBA入り前は、現セルビアのベオグラード等のクラブチームで力をつけて行った。

シアトル・スーパーソニックス[編集]

2001年のNBAドラフトにおいてシアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)より全体12位指名でNBA入りを果たした。3年目の2003-04シーズンには12得点と5.3リバウンドと飛躍し、NBAシックスマン賞の候補にも名前が挙がった。ソニックスには5シーズン在籍し、ベンチスタートから3ポイントシューターとして好成績を残した。チームは6年4200万ドルの長期契約を求めたが、ラドマノビッチがこれを拒否し1年契約の後にFAになることを選択した。理由は控えメンバーであったため。

ロサンゼルス・クリッパーズ[編集]

2006年2月クリス・ウィルコックスとのトレードでロサンゼルス・クリッパーズへ移籍。3ポイント成功率41.8%に加え5.7リバウンドと及第点の成績を残した。しかし、その後クリッパーズとは契約延長せず半シーズンのみの在籍であった。

ロサンゼルス・レイカーズ[編集]

2006年オフシーズン、FAとなりロサンゼルス・レイカーズとミッドレベルの上限額で契約。トライアングルオフェンスにおけるシューターの役割を果たす彼はフィル・ジャクソンのお気に入りの選手でもあり、近年は先発出場も多くなっている。

2007年2月18日、レイカーズからラドマノビッチがオールスターブレイク中にユタ州パークシティで氷の上で転倒したことにより右肩を脱臼し、全治2か月の怪我を負ったことが発表された[1]。しかし2月23日に実際には契約で禁止されていたスノーボードによって負傷したことが発覚[2]3月1日にレイカーズはラドマノビッチに対し、年俸の10分の1にあたる50万ドルの罰金処分を科した[3]

2008年にはNBAファイナルに進出。ボストン・セルティックスポール・ピアースとのマッチアップではディフェンスでファウルトラブルに陥り、満足な仕事ができないまま敗退した。2008-09シーズン、レイカーズにはスモールフォワードの同ポジションにラマー・オドムトレヴァー・アリーザルーク・ウォルトンなどとポジションを争った。

シャーロット・ボブキャッツ[編集]

2009年2月7日にアダム・モリソンシャノン・ブラウンとの交換トレードでシャーロット・ボブキャッツへ移籍した[4]

ゴールデンステート・ウォリアーズ[編集]

2009年11月16日、ラジャ・ベルと共にスティーブン・ジャクソンエイシー・ローとのトレードでゴールデンステート・ウォリアーズへ移籍した[5]

アトランタ・ホークス[編集]

2011年12月9日、アトランタ・ホークスと1年契約を結んだ[6]。 12月26日の試合では27分間の出場で17得点、4スティール、5アシストの活躍を見せた[7]

シカゴ・ブルズ[編集]

2012年7月14日、シカゴ・ブルズに移籍。シーズン終了後に引退を表明した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ LAKERS FORWARD VLADIMIR RADMANOVIC SUFFERS SEPARATED SHOULDER”. Lakers.com (2007年2月18日). 2008年11月9日閲覧。
  2. ^ Radmanovic says he lied about shoulder injury”. AP通信 (2007年2月23日). 2008年11月9日閲覧。
  3. ^ Radmanovic fined by Lakers for lying about injury”. ESPN (2007年3月2日). 2008年11月9日閲覧。
  4. ^ Lakers swap Radmanovic for Morrison”. ESPN (2009年2月7日). 2009年2月8日閲覧。
  5. ^ Warriors trade Jackson to Bobcats”. ESPN (2009年11月17日). 2012年6月24日閲覧。
  6. ^ HAWKS SIGN VLADIMIR RADMANOVIC”. nba.com (2011年12月9日). 2012年6月24日閲覧。
  7. ^ Philip De Guzman (2012年1月9日). “Fantasy Basketball: 5 Must-Adds for Week 3”. bleacherreport.com. 2012年6月24日閲覧。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]