ラマー・オドム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラマー・オドム
Lamar Odom
Lamar Odom 2012 Shankbone.JPG
2012年のオドム
引退
ポジション(現役時) SF/PF
背番号(現役時) 7
身長(現役時) 208cm (6 ft 10 in)
体重(現役時) 104kg (229 lb)
シュート
基本情報
本名 Lamar Joseph Odom
愛称 The Goods, Stardom
ラテン文字 Lamar Odom
誕生日 (1979-11-06) 1979年11月6日(42歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市
クイーンズ区
出身 ロードアイランド大学
ドラフト 1999年 7位
選手経歴
1999-2003
2003-2004
2004-2011
2011-2012
2012-2013
2014
ロサンゼルス・クリッパーズ
マイアミ・ヒート
ロサンゼルス・レイカーズ
ダラス・マーベリックス
ロサンゼルス・クリッパーズ
ニューヨーク・ニックス
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 NBA.com
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2004-2010
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
2004 アテネ バスケットボール
世界選手権
2010 トルコ バスケットボール

ラマー・ジョセフ・オドムLamar Joseph Odom)1979年11月6日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ区出身の元バスケットボール選手。ポジションは主にフォワードであるが、あらゆるポジションをこなせるNBA屈指のユーティリティプレーヤーだった。身長208cm、体重104kg。左利き。

経歴[編集]

学生時代[編集]

高校時代は、パレード誌選出のプレーヤー・オブ・ザ・イヤーや、USAトゥデイ紙選出の全米ファーストチームに選出された。 その後ネバダ大学ラスベガス校に進学するもオドムは5600ドルの裏金を受け取っていた事が発覚し、オドムはロードアイランド大学に転校する。2年生時には同大学をアトランティック・10カンファレンスのトーナメントで優勝に導いた。

NBA[編集]

ロサンゼルス・クリッパーズ

ロードアイランド大学の2年生終了後、1999年のNBAドラフトにアーリーエントリーし、ロサンゼルス・クリッパーズに1巡目4位で指名され入団。一年目の1999-2000シーズン、オドムは16.6得点、7.8リバウンド、4.2アシストと上々の活躍でオールルーキー1stチームに選出された。その後もまずまずの成績でクリッパーズに4年間所属した。

マイアミ・ヒート

2003年マイアミ・ヒートに移籍。2003年-04シーズンは、1試合あたり17.1点、9.7リバウンドと活躍し、ルーキーのドウェイン・ウェイドと共にプレイオフ進出の原動力となる。シーズン終了後、オドムはカロン・バトラーらと共に、シャキール・オニールとのトレードでロサンゼルス・レイカーズに移籍する。

ロサンゼルス・レイカーズ

レイカーズでの1年目は、コービー・ブライアントとの共演で期待されたがチームは振るわず、名門レイカーズはプレイオフ進出を逃してしまう。

2005-06シーズン、レイカーズはフィル・ジャクソン監督と再び契約し再建を行う。オドムはトライアングル・オフェンスの一角として、元ブルズの名フォワードスコッティ・ピペンの様なポイントフォワードとしての役割を任されるようになった。シーズンが進むにつれオドムはチームと適合し、2試合連続のトリプル・ダブルも記録した。07-08シーズン途中にパウ・ガソルが加入すると、以降6thマンとして重要な役割を担い、08-09、09-10シーズンのNBAファイナル2連覇に大きく貢献した。

ダラス・マーベリックス

2011年12月12日、トレードでダラス・マーベリックスに移籍した。期待されたものの平均6.6得点、4.2リバウンドにとどまり、2012年4月契約を解除されることとなった[1]

ロサンゼルス・クリッパーズ

2012年6月29日、古巣のロサンゼルス・クリッパーズに加入した。

オリンピック[編集]

2004年アテネオリンピックアメリカ代表として参加し平均5.8得点を記録。銅メダルを獲得した。これまでの国際試合のキャップ数は14試合である。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

NBA[編集]

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
1999–00 LAC 76 70 36.4 .438 .360 .719 7.8 4.2 1.2 1.3 16.6
2000–01 LAC 76 74 37.3 .460 .316 .679 7.8 5.2 1.0 1.6 17.2
2001–02 LAC 29 25 34.4 .419 .190 .656 6.1 5.9 .8 1.2 13.1
2002–03 LAC 49 47 34.3 .439 .326 .777 6.7 3.6 .9 .8 14.6
2003–04 MIA 80 80 37.5 .430 .298 .742 9.7 4.1 1.1 .9 17.1
2004–05 LAL 64 64 36.3 .473 .308 .695 10.2 3.7 .7 1.0 15.2
2005–06 LAL 80 80 40.3 .481 .372 .690 9.2 5.5 .9 .8 14.8
2006–07 LAL 56 56 39.3 .468 .297 .700 9.8 4.8 .9 .6 15.9
2007–08 LAL 77 77 37.9 .525 .274 .698 10.6 3.5 1.0 .9 14.2
2008–09 LAL 78 32 29.7 .492 .320 .623 8.2 2.6 1.0 1.3 11.3
2009–10 LAL 82 38 31.5 .463 .319 .693 9.8 3.3 .9 .7 10.8
2010–11 LAL 82 35 32.2 .530 .382 .675 8.7 3.0 .6 .7 14.4
2011–12 DAL 50 4 20.5 .352 .252 .592 4.2 1.7 .4 .4 6.6
2012–13 LAC 82 2 19.7 .399 .200 .476 5.9 1.7 .8 .7 4.0
Career 961 684 33.4 .463 .312 .693 8.4 3.7 .9 .9 13.3

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2004 MIA 13 13 39.4 .445 .308 .681 8.3 2.8 1.2 .8 16.8
2006 LAL 7 7 44.9 .495 .200 .667 11.0 4.9 .4 1.1 19.1
2007 LAL 5 5 38.4 .482 .273 .500 13.0 2.2 .4 1.2 19.4
2008 LAL 21 21 37.4 .491 .273 .661 10.0 3.0 .7 1.3 14.3
2009 LAL 23 5 32.0 .524 .514 .613 9.1 1.8 .7 1.3 12.3
2010 LAL 23 0 29.0 .469 .244 .600 8.6 2.0 .7 .9 9.7
2011 LAL 10 1 28.6 .459 .200 .711 6.5 2.1 .2 .4 12.1
2013 LAC 6 1 17.8 .367 .357 .500 3.8 1.8 .8 .8 5.0
Career 108 53 33.3 .479 .303 .643 8.8 2.4 .7 1.0 13.0

プレイスタイル[編集]

バスケットボールにおける五つのポジションをすべてこなすことができる、NBA有数のユーティリティプレーヤー[2]

208cmと長身ながらボールハンドリングに優れている[2]。またセンターのような長身に加えて、広いウイングスパンを持ち合わせており、スモールフォワードのようなクイックネスも身につけている[3]

デリック・ローズによると試合前に肉体管理のため、腹筋運動をルーティーンとしている[4]

その他[編集]

  • かつての交際相手との間に2男1女がいる。2006年6月29日、次男が乳幼児突然死症候群により生後6ヶ月で死去。オドムは現在、左胸に息子の名前"Jayden"のタトゥーを入れている[5]
  • ドラッグ依存症に苦しみ2012年にリハビリ施設に入所するも3週間で退所。妻のクロエに自宅を追い出され行方不明になっていると芸能情報サイトTMZに報じられ[6]、その後2016年に離婚が成立した。
  • 2015年10月13日に意識不明の重体でネバダ州の売春宿にて発見され、緊急入院した。10月16日に意識を取り戻している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ マブスとL・オドムが決別”. nba.co.jp (2012年4月10日). 2012年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年4月10日閲覧。
  2. ^ a b Knicks Rumors: Could Lamar Odom Help New York Compete?”. bleacherreport.com (2012年6月4日). 2015年1月31日閲覧。
  3. ^ Jonathan Tjarks (2013年11月11日). “Lamar Odom's Complicated Legacy”. basketball.realgm.com. 2015年1月31日閲覧。
  4. ^ デリック・ローズ、若いころに肉体のケアをしなかったことを悔やむ「当時の僕は子どもだった」”. バスケットボールキング (2020年6月24日). 2020年6月24日閲覧。
  5. ^ Lamar Odom's Son Dies While Sleeping
  6. ^ ケイ小原 (2013年8月26日). “【イタすぎるセレブ達】クロエ・カーダシアン、ドラッグ依存の夫を家から追い出す。以来、連絡がつかず…。”. ネタりか. Techinsight (MEDIAPRODUCTSJAPAN CO,LTD.). オリジナルの2013年8月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130829103852/http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130826-00000000-techin 

外部リンク[編集]