トロント・ラプターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トロント・ラプターズ
Toronto Raptors
チームロゴ ラプター(恐竜)の爪痕の付いたバスケットボール。
所属リーグ アメリカ合衆国の旗  NBA 
カンファレンス  イースタン・カンファレンス 
ディビジョン  アトランティック 
創設 1995年
チーム史 トロント・ラプターズ
(1995年 - )
本拠
トロント・ラプターズの位置(アメリカ合衆国内)
トロント・ラプターズ

カナダの旗 カナダ
オンタリオ州の旗 オンタリオ州トロント
アリーナ エア・カナダ・センター
チームカラー Red, silver, black, gold, white
                        
オーナー メイプルリーフスポーツ&エンターテイメント
社長 マサイ・ウジリ
GM ボビー・ウェブスター
ヘッドコーチ ドウェイン・ケイシー
優勝歴 0回
ファイナル進出 0回
ディビジョン優勝 4回 2007年, 2014年, 2015年, 2016年
NBADL提携チーム ラプターズ・905
公式サイト http://www.nba.com/raptors/
ユニフォーム
Kit body torontoraptorsh.png
Homeのジャージ
Kit shorts torontoraptorsh.png
チームカラー
Home
Kit body torontoraptorsa.png
Awayのジャージ
Kit shorts torontoraptorsa.png
チームカラー
Away
Kit body torontoraptors3.png
Alternateのジャージ
Kit shorts torontoraptors3.png
チームカラー
Alternate
テンプレートを表示

トロント・ラプターズToronto Raptors)は、カナダオンタリオ州トロントに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。イースタン・カンファレンス、アトランティック・ディビジョン所属。チーム名の"Raptor"とは恐竜の一種ラプトルを表す。チーム設立当時は映画「ジュラシックパーク」が大ヒットしていたためこの名前が付けられた。NBA30チーム中、現在アメリカ合衆国以外の国に拠点のあるただ一つのチーム。

歴史[編集]

1990年代にNBAが成長を続ける中、カナダでの市場開拓を意識して1995年に2チームが新設され、その1つがトロント・ラプターズである。ラプターズの所有はNHLトロント・メープルリーフスも所有するメープルリーフ&エンターテインメント社。また、同時期にもう1つバンクーバーに本拠を置くバンクーバー・グリズリーズが作られた。カナダに出来たNBAチームとしては、1946-47年のトロント・ハスキーズ以来であった。

1995-96[編集]

1995年ゼネラルマネージャーに任命されたアイザイア・トーマスのもと、拡張ドラフトで得た選手によってトロント・ラプターズは結成された。 コイントスの結果、先に指名権を得たラプターズは、まずシカゴ・ブルズポイントガードで3ポイントシュートの名手、B.J.アームストロングを指名。しかしアームストロングはチームに加わることを拒否、そのためにトーマスはゴールデンステート・ウォリアーズのパワーフォワード、カルロス・ロジャーズヴィクター・アレクサンダー、ドラフト2巡目指名権と引き換えにアームストロングをトレードした。他に拡張ドラフトではベテランのジェローム・カーシーウィリー・アンダーソン、トーマスのピストンズ時代のチームメートのジョン・サリーを指名した。 ラプターズが拡張ドラフトで先に選手を指名する権利を得たため、その年のNBAドラフトではバンクーバー・グリズリーズに次ぐ指名権を与えられることとなった。そのドラフトの1巡目ではデーモン・スタウダマイアーを指名。この年のドラフトは地元トロントのスカイドームで開催されたがスタウダマイアーが指名されたとき、ブーイングが沸き起こった。AAのその年最優秀選手、NCAAのファイナルフォーMVPのUCLAエド・オバノンが指名されることを期待していた。(ちなみにオバノンはニュージャージー・ネッツに指名されたが、その後NBAで活躍することなく引退した。) 1995-96シーズン、スタウダマイアーは1試合あたり19得点、9.3アシストで新人王を受賞した。ラプターズの1年目は21勝61敗で終わったが、シーズン72勝10敗だったシカゴ・ブルズを破ったことが知られている。

1996-97[編集]

前季より9つ勝ち星を増やし、30勝52敗でシーズンを終えた。順調に観戦客数も伸ばし、専門家がチームが何年かのうちに、プレーオフに進出、ひょっとしたらチャンピオンシップまで行くのではないかと予想するほどであった。 しかし、花の世代と言われるこの年の1996年のNBAドラフト1巡目2位で指名されたマーカス・キャンビーは期待外れに終わった。

1997-98[編集]

チームは多くの負傷者を出し、チームに対する楽観主義は消滅。デーモン・スタウダマイアーマーカス・キャンビーに続いてトレイシー・マグレディを指名するなど、優秀な若手選手の獲得に力を発揮したがアイザイア・トーマスであったが、チームは彼を解雇しグレン・グランウォルドを同職に就けた。また、1998年2月13日には、スタウダマイアーを大型トレード(※)でポートランド・トレイルブレイザーズに放出するなど改革を進めていったが、この年は16勝66敗で終わった。

※トレードで加入するはずのケニー・アンダーソンが移籍を拒否したことで、最終的にボストン・セルティックスチャンシー・ビラップスなどを含めた3チーム間の大型トレードが2月18日に行われた。

1998-99[編集]

1998年のNBAドラフトで1巡目全体5位でゴールデンステート・ウォリアーズに指名されたヴィンス・カータートレイシー・マグレディのいとこでもある)を、全体4番目に指名していたアントワン・ジェイミソンとのトレードで獲得。さらにこのオフに、タフでプレーオフの経験豊富で若い選手の助けとなるチャールズ・オークリーをキャンビーとの交換で、またケビン・ウィリスをトレードでそれぞれ獲得した。このトレードは将来の成長が見込まれる若手と先の短いベテランをトレードとしたと理解され、周囲からは大きな損失であると考えられたが、オークリーの優れたリーダーシップはまもなく証明されることとなった。 一方でダグ・クリスティが守備を重視するためのポイントガードへと成長し、アルヴィン・ウィリアムスによる攻撃力もアップした。もう一人のベテラン、ケビン・ウィリスセンターをがっちりと埋めた。ポイントガードとセンターに穴のあったチームはそれまで以上に勝てるようになり、新任のヘッドコーチ、ブッチ・カーターはマグレディたち若手の成長も大いに助けた。 チームはプレーオフには進出できなかったが、新人王になったヴィンス・カーター、大きく成長したマグレディによって将来に期待をもたせた。ロックアウトで短くなったこのシーズンは23勝27敗と5割目前だった。

1999-2000[編集]

ドラフト全体5位の指名権と交換でアントニオ・デイビスを獲得し、さらにインサイドを補強した。カーターを中心にチームは躍進し、45勝37敗と初めて勝率5割を超え、チーム初のプレーオフ進出を果したが、ニューヨーク・ニックスに3戦全敗。そしてカーターとマグレディの主導権争いが泥沼化するなど、実りの多いシーズンとは言いがたかった。

2000-01[編集]

マグレディがフリーエージェントオーランド・マジックへ、クリスティはトレードによりサクラメント・キングスへとそれぞれチームを離れるが、監督にレニー・ウィルケンズ、ガードにベテランのマーク・ジャクソンを加える(シーズン途中にクリス・チャイルズとトレードした)という変化があり、47勝35敗と好成績を残した。 プレーオフでは2回戦まで進み、NBAファイナルまで進出したフィラデルフィア・セブンティシクサーズと好勝負を演じたが3勝4敗で敗れた。第7戦はわずか1点差での敗戦だった。

2001-02[編集]

“ドリーム”の異名を持つ名センターアキーム・オラジュワンを獲得するも、そのオラジュワンは衰えと腰痛で戦力にならず、カーターは膝の負傷でシーズンアウト。それでもチームは42勝40敗でプレイオフ進出するも、1回戦で敗退した。

2002-03[編集]

リーグトップクラスのスコアラーに成長し、チームの顔でもあるヴィンス・カーターが怪我で長期離脱し24勝58敗と大きく負け越した。

2003-04[編集]

2004年ヴィンス・カータートレード後は, 2010年までクリス・ボッシュがチームの顔となった。

2003年のNBAドラフトクリス・ボッシュを4位で指名するも、このシーズンもチーム成績は5割以下と低迷し、ゼネラルマネージャーのグランウォルドは解雇された。

2004-05[編集]

数年にわたりチームの中心だったカーターは、やる気のないチームにトレードを要求し、その年12月にニュージャージー・ネッツに放出された。ラプターズはアロンゾ・モーニングらを獲得したものの、そのモーニングはラブターズでのプレーを拒否したために、直ぐ様契約を解消するなどメリットは無きに等しく、結果的にカーターを失っただけの失敗トレードであり、NBA史上最悪のトレードと酷評されてしまった。

2005-06[編集]

クリス・ボッシュモリス・ピーターソンらが主力としてチームを引っ張った。ボッシュは体格・スキル共に着々と成長を続け、ラプターズ不動のエースとしてNBAオールスターゲームにも出場。アメリカ代表にも選ばれている。 シーズン途中の2月、前フェニックス・サンズゼネラルマネージャーのブライアン・コランジェロがGMに就任。チームの大改革が始まる。以降、コランジェロはサンズを強豪チームへと仕立て上げた手腕を発揮させ、チーム再生のキーマンと評価されるまでになっている。

2006-07[編集]

2006年オフには、2006年のNBAドラフト全体1位でアンドレア・バルニャーニを指名するなどの補強を行い、リーグ有数の多国籍軍となった。そしてミルウォーキー・バックスからトレードで獲得したPGのT・J・フォードがチームに完全にフィットし、チーム史上初のディビジョン優勝に輝いた。ヘッドコーチのサム・ミッチェルNBA最優秀コーチ賞、GMのブライアン・コランジェロがNBA最優秀役員賞を獲得している。

2007-08[編集]

2007年オフに、前年度の3ポイントコンテスト・チャンピオン、ジェイソン・カポノマイアミ・ヒートから獲得。非常に若いチームで前年度躍進したこともあり、それ以外に目立った補強はなくシーズンを迎えた。 しかし、シーズン途中にクリス・ボッシュT・J・フォードを怪我で欠いたり、課題のディフェンス面に向上が見られなかったりと、結局昨年度を下回る5割ちょうどの勝率でシーズンを終了する。 プレイオフもオーランド・マジックに1勝4敗。昨年同様、初戦敗退という結果となった。

2008-09[編集]

2008年オフに、T・J・フォードラドスラフ・ネステロヴィッチらをインディアナ・ペイサーズに放出し、見返りにジャーメイン・オニールを獲得した。オニールが加入したことで、ボッシュとの強力なフロントコートが形成され前年度よりも躍進するかに見えた。しかし、シーズンインすると期待されたほど成績が上がらず、ヘッドコーチのサム・ミッチェルはシーズン途中で解任された。さらに、オフで獲得したオニールも、ショーン・マリオンマーカス・バンクスとのトレードでジャマリオ・ムーンとともにマイアミ・ヒートに放出された。その後、移籍してきたマリオンがチームに溶け込み、シーズン終盤に巻き返しをみせたが、2シーズンぶりにプレーオフを逃す結果となった。

2009-10[編集]

40勝42敗、イースタンカンファレンス9位で2年連続プレーオフを逃し、FAとなるクリス・ボッシュをチームに残留させることが困難な状況となった。

2010-11[編集]

大方の予想通り、FAとなったクリス・ボッシュマイアミ・ヒートに移籍し、2年目のデマー・デローザンの躍進は見られたものの、残されたベテラン勢と中堅の活躍は月次で、22勝60敗と大敗を喫し、同じく主力、レブロン・ジェームズを失ったクリーブランド・キャバリアーズと最低成績を競った。

2011-12[編集]

ロックアウトにより短縮されたシーズンを若干のディフェンス力向上によって、23勝43敗の成績で、勝率を昨年の2割台から3割台まで戻したが、イースタン11位で、プレーオフへの道のりは依然厳しい状況が続いた。

2012-13[編集]

主要メンバーの転出などは殆どなく、オフェンス強化に向けカイル・ロウリーを獲得し、シーズン中にメンフィス・グリズリーズからルディ・ゲイを獲得、34勝48敗と勝率は4割台にはなったものの、またしてもプレイオフの進出はならなかった。

2013-14[編集]

これまでの主要メンバーを、若手成長株のデマー・デローザンテレンス・ロスヨナス・ヴァランチューナスを残しながら、ルディ・ゲイサクラメント・キングスに放出するという大胆なトレードを敢行するなど、戦力を大きく大きく入れ替え、また前年の補強のカイル・ロウリーもチームに溶け込んだことが功を奏し、48勝34敗と大きく戦績を伸ばし、カンファレンス3位でプレーオフ進出。地区優勝も果たした。1stラウンドはブルックリン・ネッツとの対戦になったが、7戦の末、敗退した。

2014-15[編集]

イースタンカンファレンスで全盛を誇っていたマイアミ・ヒートが、レブロン・ジェームスクリーブランド・キャバリアーズ復帰に伴うチーム再編や、カンファレンス全体の低調に上手く乗じて、開幕ダッシュに大成功し、チーム史上最高の開幕スタートを切った。途中デマー・デローザンカイル・ロウリーを怪我で失うハプニングもありながら、アトランティックディビジョンの低調にも助けられ、2年連続でディビジョン優勝を決めたが、プレーオフ1stラウンドでワシントン・ウィザーズに4戦全敗のスイープ負けを喫し、2年連続でセミファイナル進出はならなかった。

2015-16[編集]

2014-15シーズンプレーオフで惨敗したことを反省した上で、2015年夏はデマール・キャロルルイス・スコラビスマック・ビヨンボコーリー・ジョセフなどを獲得し、脇役陣を強化した2015-16シーズンは、難なく3年連続でディビジョン優勝。デマー・デローザンカイル・ロウリーのガードコンビは揃ってエア・カナダ・センターで開催されたNBAオールスターゲームに出場するなど良いとこずくめで、チーム史上最高の56勝26敗で終了。プレーオフは1stラウンドでインディアナ・ペイサーズを4勝3敗で退け、2001年以来のカンファレンスセミファイナルに進出。更にマイアミ・ヒートも4勝3敗で下し、初のカンファレンスファイナルに進出した。初のカンファレンスファイナルでクリーブランド・キャバリアーズに2勝4敗で敗れ、初のファイナル進出はならなかった。

2016-17[編集]

2016-17シーズンは、チーム初の3年連続50勝を記録するも、地区優勝をボストン・セルティックスに奪われ、51勝31敗で終了。シーズン途中にサージ・イバーカP・J・タッカーを獲得するなど、ディフェンスの強化を計るも成果は出ず、プレーオフカンファレンスセミファイナルでクリーブランド・キャバリアーズに4戦全敗を喫した。

シーズンごとの成績[編集]

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン  % プレーオフ 結果
トロント・ラプターズ
1995-96 21 61 .256
1996-97 30 52 .366
1997-98 16 66 .195
1998-99 23 27 .460
1999-2000 45 37 .549 1回戦敗退 ニックス 3, ラプターズ 0
2000-01 47 35 .573 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ラプターズ 3, ニックス 2
シクサーズ 4, ラプターズ 3
2001-02 42 40 .512 1回戦敗退 ピストンズ 3, ラプターズ 2
2002-03 24 58 .293
2003-04 33 49 .402
2004-05 33 49 .402
2005-06 27 55 .313
2006-07 47 35 .573 1回戦敗退 ネッツ 4, ラプターズ 2
2007-08 41 41 .500 1回戦敗退 マジック 4, ラプターズ 1
2008-09 33 49 .402
2009-10 40 42 .488
2010-11 22 60 .268
2011-12 23 43 .348
2012-13 34 48 .415
2013-14 48 34 .585 1回戦敗退 ネッツ 4, ラプターズ 3
2014-15 49 33 .598 1回戦敗退 ウィザーズ 4, ラプターズ 0
2015–16 56 26 .683 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ラプターズ 4, ペイサーズ 3
ラプターズ 4, ヒート 3
キャバリアーズ 4, ラプターズ 2
2016–17 51 31 .622 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ラプターズ 4, バックス 2
キャバリアーズ 4, ラプターズ 0
通算勝敗 785 971 .447
プレイオフ 28 44 .389

主な選手[編集]

現役選手[編集]

トロント・ラプターズ ロースター
プレーヤー スタッフ
Pos. # 名前 国籍 年齢 身長 体重 出身
F 3 OG・アヌノビー (OG Anunoby) イギリス 20 (1997/07/17) 6ft8in(2.03m) 235lb(107kg) インディアナ大学 
G 4 ロレンソ・ブラウン (Lorenzo Brown) TW.png アメリカ合衆国 27 (1990/8/26) 6ft5in(1.96m) 195lb(88kg) ノースカロライナ州立大学 
F 20 ブルーノ・カボクロ (Bruno Caboclo) ブラジル 22 (1995/9/21) 6ft9in(2.06m) 205lb(93kg) ブラジル 
G/F 10 デマー・デローザン (DeMar DeRozan) キャプテン アメリカ合衆国 28 (1989/8/7) 6ft7in(2.01m) 220lb(100kg) 南カリフォルニア大学 
F/C 9 サージ・イバーカ (Serge Ibaka) スペイン 28 (1989/09/18) 6ft10in(2.08m) 220lb(100kg) スペイン 
G 7 カイル・ロウリー (Kyle Lowry) キャプテン アメリカ合衆国 31 (1986/3/25) 6ft0in(1.83m) 205lb(93kg) ビラノバ大学 
F 34 アルフォンゾ・マッキニー (Alfonzo McKinnie) アメリカ合衆国 25 (1992/9/17) 6ft8in(2.03m) 215lb(98kg) ウィスコンシン大学グリーンベイ校 
G/F 0 C・J・マイルズ (C. J. Miles) 6th アメリカ合衆国 30 (1987/3/18) 6ft6in(1.98m) 231lb(105kg) スカイライン高校 
F 13 マルコム・ミラー (Malcolm Miller) TW.png アメリカ合衆国 24 (1993/3/6) 6ft7in(2.01m) 210lb(95kg) ホーリークロス大学 
C 92 ルーカス・ノゲイラ (Lucas Nogueira) ブラジル 25 (1992/7/26) 7ft0in(2.13m) 220lb(100kg) サンゴンサロ 
C 42 ヤコブ・ポエートル (Jacob Poeltl) オーストリア 22 (1995/10/15) 7ft1in(2.16m) 238lb(108kg) ユタ大学 
G 24 ノーマン・パウエル (Norman Powell) アメリカ合衆国 24 (1993/3/25) 6ft4in(1.93m) 215lb(98kg) UCLA 
F 43 パスカル・シアカム (Pascal Siakam) カメルーン 23 (1994/04/04) 6ft10in(2.08m) 227lb(103kg) ニューメキシコ州立大学 
G 23 フレッド・ヴァンブリート (Fred VanVleet) アメリカ合衆国 23 (1994/02/25) 6ft0in(1.83m) 195lb(88kg) ウィチタ州立大学 
C 17 ヨナス・ヴァランチューナス (Jonas Valančiūnas) Cruz Roja.svg リトアニア 25 (1992/5/6) 6ft11in(2.11m) 231lb(105kg) リトアニア 
G 55 デロン・ライト (Delon Wright) アメリカ合衆国 25 (1992/4/26) 6ft5in(1.96m) 190lb(86kg) ユタ大学 
ヘッドコーチ
アメリカ合衆国の旗 ドウェイン・ケイシー (Dwane Casey)
アシスタントコーチ
  アメリカ合衆国の旗 レックス・カラミアン (Rex Kalamian)
  コンゴ民主共和国の旗 パトリック・ムトンボ (Patrick Mutombo)
  カナダの旗 ジャマ・マハラレラJama Mahlalela)

記号説明

外部リンク

更新日:2017年10月5日


年代別主要選手[編集]

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人

コーチ、その他[編集]

歴代ヘッドコーチ[編集]

栄誉[編集]

雑学[編集]

チーム記録[編集]

トロント・ラプターズのチーム記録

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]