メテノロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メテノロン
Metenolone.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Nibal, Primbolan
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
識別
CAS番号
153-00-4 チェック
ATCコード A14AA04 (WHO)
PubChem CID: 3037705
ChemSpider 2301378 チェック
UNII 9062ZT8Q5C チェック
別名 17-Hydroxy-1,10,13-trimethyl-4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17-tetradecahydro-cyclopenta[a]phenanthren-3-one
化学的データ
化学式 C20H30O2
分子量 302.451 g/mol

メテノロン(Metenolone)は、長期間作用するアナボリックステロイドで、弱いアンドロゲンテストステロンまたはアンドロステロン様)作用を持つ。天然に生成し、例えば妊娠したイエネコの副腎にも含まれる。また、水酸基カルボン酸エステルの形にしたものは医薬品として用いられ、酢酸とのエステル(メテノロン酢酸エステル)は経口摂取用として、エナント酸ヘプタン酸)とのエステル(エナント酸メテノロン)は筋肉内注射用として市販されている。成人の再生不良性貧血の治療のためには、1日当たり1 - 3 (mg/kg)が服用される。

副作用[編集]

副作用としては、電解液の滞留、高カルシウム血症、骨成長や骨重量の増加、男性ではこれに加え、持続勃起症無精子症多毛症男性型脱毛症ニキビ浮腫等がある。また女性では男性化無月経月経不順授乳の抑制、リビドーの増加等がある。子供の副作用には恐らく男性化がある。さらに、メテノロンは経口血糖降下薬シクロスポリンレボチロキシンワルファリン等の効果を高める。神経筋遮断薬の作用に対する耐性もあり、またグルコース耐性や甲状腺機能試験に干渉する。

スポーツにおける利用[編集]

アナボリックステロイドとして、スポーツにおけるメテノロンの使用は世界アンチ・ドーピング機関で禁止されている[1]ベラルーシの女子砲丸投選手ナドゼヤ・オスタプチュクは、メテノロンの検査で陽性反応を示し、2012年ロンドンオリンピックの金メダルを剥奪され、将来のIOC主催大会から排除された[2]

NBANBPAも、反ドーピングプログラムの下でメテノロンの使用を禁止している。2013年2月、オーランド・マジックヒド・ターコルーは、メテノロンの検査で陽性反応を示し、リーグから20試合の出場停止処分を受けた[3]

2013年12月、ナタリア・ボルジナは、メテノロンの使用について最終的な有罪の評決が下った後、ツーオーシャンズマラソンのタイトルを剥奪され、競技会への参加が2年間禁止された[4]

合成[編集]

メステロノンとメテノロン

出典[編集]

  1. ^ The World Anti-Doping Code: The 2012 Prohibited List”.   World Anti-Doping Agency. 2012年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月10日閲覧。
  2. ^ IOC withdraws gold medal from shot put athlete Nadzeya Ostapchuk”. International Olympic Committee. 2012年8月13日閲覧。
  3. ^ Magic's Hedo Turkoglu suspended 20 games”. 2015年3月21日閲覧。
  4. ^ Two Oceans winner loses title