モリス・ピーターソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モリス・ピーターソン
Morris Peterson
Morris peterson z.jpg
現役時代 (トロント・ラプターズ) のピーターソン
名前
本名 Morris Peterson,Jr.
愛称 Mo-Pete
ラテン文字 Morris Peterson
基本情報
誕生日 1977年8月26日(37歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州フリント
出身 ミシガン州立大学
身長 201cm  (6 ft 7 in)
体重 100kg (220 lb)
選手情報
ポジション SG/SF
背番号 24
ドラフト 2000年 21位
選手経歴
2000-2007
2007-2010
2010-2011
トロント・ラプターズ
ニューオーリンズ・ホーネッツ
オクラホマシティ・サンダー
受賞歴

モリス・ピーターソンMorris Peterson,Jr., 1977年8月26日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州フリント出身の元バスケットボール選手。NBAトロント・ラプターズなどで11シーズンプレーした。インディアナ・ペイサーズなどに所属していたジョナサン・ベンダーとは従兄弟同士である。

経歴[編集]

ミシガン州立大学NCAAチャンピオンに導き、2000年のNBAドラフトでラプターズから全体の21位指名を受けNBA入りした。ルーキーシーズンには80試合に出場し、9.3得点、3.2リバウンドの成績を残しオールルーキーファーストチームに選ばれた。

その後5シーズンラプターズでプレー。05-06シーズンにはキャリア最高の16.8得点、4.6リバウンド、2.3アシスト、1.27スティールの成績を残している。

2005年12月28日、418試合出場を果たし、それまでのラプターズの記録を持っていたアルヴィン・ウィリアムスを抜いた。

2006年11月22日、左ひじ痛によりクリーブランド・キャバリアーズ戦を欠場。当時現役選手の中で最長だった連続試合出場は371試合でストップした[1]

2006-07シーズンは出場時間が減少、成績も下降した。

2007年、ニューオーリンズ・ホーネッツと4年間2300万ドルで契約したが、十分な出場機会を得ることはできなかった。2010年7月8日、その年のドラフト1巡全体11位で指名されたコール・オルドリッチと共に同じドラフトの1巡全体21位で指名されたクレイグ・ブラッキンス、1巡全体26位で指名されたクインシー・ポンデクスターとトレードされてオクラホマシティ・サンダーへ移籍した[2]

2011年2月24日、D・J・ホワイトと共にナジー・モハメドとのトレードでシャーロット・ボブキャッツに放出され[3]、わずか4日後にバイアウトで解雇された。

個人記録[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ピーターソンの連続出場記録がストップ”. basketball-zine.com (2006年11月25日). 2011年7月5日閲覧。
  2. ^ Hornets trade Cole Aldrich, Morris Peterson to Thunder for Craig Brackins, Quincy Pondexter”. insidehoops.com (2010年7月8日). 2011年7月5日閲覧。
  3. ^ Gerald Wallace traded to Blazers”. ESPN (2011年2月24日). 2011年7月5日閲覧。

外部リンク[編集]