ダニー・グレンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニー・グレンジャー
Danny Granger
Danny Granger in 2005.jpg
FA
ポジション SF
身長 203cm  (6 ft 8 in)
体重 103kg (227 lb)
ウィングスパン 210cm  (6 ft 11 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Danny Granger,Jr.
愛称 Danny-G
ラテン文字 Danny Granger
誕生日 1983年4月20日(33歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州ニューオーリンズ
出身 ニューメキシコ大学
ドラフト 2005年17位インディアナ・ペイサーズ 
選手経歴
2005-2014
2014
2014-2015
2015
インディアナ・ペイサーズ
ロサンゼルス・クリッパーズ
マイアミ・ヒート
フェニックス・サンズ
受賞歴
キャリアスタッツ
NBA
Stats Basketball-Reference
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 2010
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
世界選手権
2010 トルコ バスケットボール

ダニー・グレンジャーDanny Granger,Jr. , 1983年4月20日 - )はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のバスケットボール選手。NBAインディアナ・ペイサーズなどに所属していた。ポジションはスモールフォワード。203cm、103kg。

経歴[編集]

学生時代[編集]

大学はブラッドリー大学2001年から2シーズンを過ごし、2003-04シーズンからはニューメキシコ大学でプレイした。04-05シーズンには18.8得点8.9リバウンド、スリーポイントシュート成功率43.4%を記録し、シーズン通算60アシスト60ブロック60スティールを達成した同校初の選手となった。優勝を果たしたマウンテン・ウェスト・カンファレンストーナメントでは同トーナメントMVPを獲得した。

カレッジ個人成績[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2001–02 ブラッドレー大学 21 17 24.6 .446 .176 .790 7.1 .7 1.3 2.4 11.1
2002–03 ブラッドレー大学 14 13 27.1 .518 .300 .684 7.9 1.1 1.4 1.4 19.2
2003–04 ニューメキシコ大学 22 22 32.0 .491 .333 .760 9.0 2.1 1.3 1.4 19.5
2004–05 ニューメキシコ大学 30 30 30.0 .524 .433 .755 8.9 2.4 2.1 2.0 18.8
Career 95 82 28.4 .496 .366 .752 8.2 1.6 1.6 1.9 16.7

NBA時代[編集]

2005年のNBAドラフトにてインディアナ・ペイサーズから1巡目17位指名を受けてNBA入りを果たす。ルーキーイヤーとなった05-06シーズンはベンチスタートとなったが、7.5得点4.9リバウンドのアベレージでオールルーキーセカンドチームに選ばれた。翌06-07シーズンにはスモールフォワードとして先発に定着。一時先発から外れるものの、1月にはゴールデンステイト・ウォーリアーズとの間で8選手が絡む大型トレードが行われ、フォワードのアル・ハリントンが移籍したことにより再び先発に返り咲いた。

07-08シーズン、世間を最初に驚かせたのは前評判の低かったペイサーズの開幕3連勝とグレンジャーの活躍だった。3連勝中チームを牽引する働きを見せたグレンジャーはシーズン最初の週間MVPを獲得した。その後ペイサーズは一気に負けが込み、結局プレーオフ進出はならなかったが、グレンジャーは好調を維持し続け、19.6得点6.1リバウンド、スリーポイントシュートは40.4%と大きく成績を伸ばし、故障者が続出し苦境に立たされていたチームを支え続けた。オフには5年9,930,500ドルの大型契約を結び、さらにペイサーズはジャーメイン・オニールを放出するなどし、グレンジャーは事実上ペイサーズのエースとなった。2008-09シーズンのグレンジャーの成長は目覚しく、1月11日のゴールデンステート・ウォリアーズ戦ではキャリアハイの42得点をあげ[1]オールスターにも初選出される。個人成績を25.8得点5.1リバウンドまで伸ばし、MIP賞に選出された[2]

しかし、2012-13シーズン辺りから、左膝の怪我や、ポール・ジョージランス・スティーブンソンなどの台頭により、出番が少なくなっていった[3][4]

2014年2月20日、2015年ドラフト2巡目指名権とともに、エバン・ターナーおよびラボイ・アレンとのトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズに放出され[5]、その後1試合もプレーせずに2月26日に解雇され[6][7]、2月28日にロサンゼルス・クリッパーズと契約した[8]

2014年7月、マイアミ・ヒートに移籍した[9][10]が、2015年2月19日の複数チームが絡んだ大型トレードで、フェニックス・サンズに放出され、更に「個人的な事情」でサンズには合流せず、サンズでは不出場に終わった[11]。6月17日、1年217万ドルのオプションを行使し契約した[12]

2015年7月9日、 レジー・バロックマーカス・モリスと共に2020年のドラフト2巡目指名権との交換でデトロイト・ピストンズに放出され[13]、シーズン開幕前に解雇された[14]

プレイスタイル[編集]

SFとしては長身ながら機動力に優れ、アウトサイドからのシュートも得意としている。優れたディフェンダーでもあり、リバウンドでも強さを発揮するなど、総合的な能力は高い。

脚註[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]