ジュリアス・ランドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼ニューヨーク・ニックス在籍時の画像提供をお願いします。2022年2月
ジュリアス・ランドル
Julius Randle
Julius Randle with Lakers.jpg
ロサンゼルス・レイカーズでのランドル (2015年)
ニューヨーク・ニックス  No.30
ポジション PF/C
所属リーグ NBA
シュート
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1994-11-29) 1994年11月29日(27歳)
出身地 テキサス州の旗 テキサス州ダラス
身長 203cm (6 ft 8 in)
体重 113kg (249 lb)
ウィングスパン 213cm  (7 ft 0 in)[1]
キャリア情報
高校 プレストンウッド・クリスチャン・アカデミー
大学 ケンタッキー大学
NBAドラフト 2014年 / 1巡目 / 全体7位[1]
プロ選手期間 2014–現在
経歴
2014-2018ロサンゼルス・レイカーズ
2018-2019ニューオーリンズ・ペリカンズ
2019-ニューヨーク・ニックス
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

ジュリアス・ディオン・ランドルJulius Deion Randle, 1994年11月29日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のプロバスケットボール選手。NBAニューヨーク・ニックスに所属している。ポジションはパワーフォワード

経歴[編集]

ケンタッキー大学で1年間プレーし、平均19得点10.3リバウンドを記録し、2014年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明。7位という高評価でロサンゼルス・レイカーズに指名された[2]

ロサンゼルス・レイカーズ[編集]

しかし、2014-15シーズン開幕戦のヒューストン・ロケッツ戦で右足を重度の骨折[3]。ランドルのルーキーシーズンは、わずか1試合14分の出場で終了してしまった。 その後手術とリハビリを経て2015年夏のNBAサマーリーグて実戦復帰。2015-16シーズン開幕戦のミネソタ・ティンバーウルブズ戦で1年振りに復帰し、15得点11リバウンドのダブル・ダブルで復帰戦を飾った[4]。2018年3月11日に行われたクリーブランド・キャバリアーズ戦で当時キャリア・ハイとなる36得点、14リバウンド、7アシストを記録、試合はレイカーズが127-113で勝利した[5]

ニューオーリンズ・ペリカンズ[編集]

2018年レイカーズからクオリファイング・オファーを破棄されて完全FAとなり、ニューオーリンズ・ペリカンズと2年1800万ドルで契約した。2018-19シーズンは1試合平均21.4得点、8.7リバウンドという大活躍を見せた。オフにプレイヤーオプションを破棄し、FAとなった。

ニューヨーク・ニックス[編集]

2019年オフにニューヨーク・ニックスと3年6300万ドルの契約を結んだ[6]

2019-20シーズンは再建中のニックスにおいてキャリアで初となるエースの役割を任せられたが、ボールを保持する時間が長く、R・J・バレットら若手選手のシュート機会が減少。これにより多くのニックスファンから批判を浴び、トレード候補にも挙げられた[7]。しかし在籍2年目の2020-21シーズンはプレーメーク力に大幅な改善が見られ、オールラウンダーに成長。長年低迷していたニックスをプレーオフ争いに導く大活躍を見せる。そしてこの活躍が評価され、オールスターゲームに初選出された。オールスターゲームのメンバーに選出された直後、本拠地マディソン・スクエア・ガーデンで行われたゴールデンステート・ウォリアーズ戦の試合前には、会場のニックスファンからMVPチャントを浴びた[8]。このシーズンは最終的に平均24.1得点、10.2リバウンド、6.0アシストと自己最高の成績を記録し、チームを8年ぶりとなるプレーオフに導いた。これらの活躍が評価され、オフにMIPを受賞した。その後ニックスがチームオプションを行使したため残留が決定し、さらに2022-23シーズンからの4年1億1700万ドルの延長契約を結んだ[9]

プレースタイル[編集]

幅のある体を生かしてリバウンドをとることができ、NBAのゴール下でも得点することができる。

ビッグマンとしてはハンドリングと視野に優れており安易なパスをだすことも少ない。

走力にも優れているため速攻にも積極的に参加する。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ

NBA[編集]

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2014–15 LAL 1 0 14.0 .333 --- .000 .0 .0 .0 .0 2.0
2015–16 81 60 28.2 .429 .278 .715 10.2 1.8 .7 .4 11.3
2016–17 74 73 28.8 .488 .270 .723 8.6 3.6 .7 .5 13.2
2017–18 82 49 26.7 .558 .222 .718 8.0 2.6 .5 .5 16.1
2018–19 NOP 73 49 30.6 .524 .344 .731 8.7 3.1 .7 .6 21.4
2019–20 NYK 64 64 32.5 .460 .277 .733 9.7 3.1 .8 .3 19.5
2020–21 71 71 37.6 .456 .411 .811 10.2 6.0 .9 .3 24.1
2021–22 72 72 35.3 .411 .308 .756 9.9 5.1 .7 .5 20.1
通算 518 438 31.2 .472 .332 .743 9.3 3.6 .7 .5 17.7
オールスター 1 0 13.0 1.000 --- --- 2.0 2.0 .0 .0 4.0

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2021 NYK 5 5 36.0 .298 .333 .852 11.6 4.0 .6 .0 18.0
通算 5 5 36.0 .298 .333 .852 11.6 4.0 .6 .0 18.0

カレッジ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2013–14 ケンタッキー 40 40 30.8 .501 .167 .706 10.4 1.4 .5 .8 15.0

その他[編集]

ランドルはダラス出身ながら、地元のダラス・マーベリックスではなく根っからのロサンゼルス・レイカーズコービー・ブライアントの大ファンだったという。
そのコービーとはレイカーズ在籍時にチームメイトとなり、バスケットボールに真摯に取り組むコービーの姿勢を間近で見た貴重な時間が、自身に大きな影響を与えたことを語っている[10]。ニックスではチームリーダーとして大きな期待をかけられている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]