スコット・スカイルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スコット・スカイルズ
Scott Skiles
Scott Skiles bench cropped.jpg
2011年のスカイルズ
引退
ポジション(現役時) PG
背番号(現役時) 5,3,4
身長(現役時) 185cm (6 ft 1 in)
体重(現役時) 82kg (181 lb)
基本情報
本名 Scott Allen Skiles
ラテン文字 Scott Skiles
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州ラポルテ
出身 ミシガン州立大学
ドラフト 1986年 1巡目22位
ミルウォーキー・バックス 
選手経歴
1986-1987
1987–1989
1989–1994
1994-1995
1995-1996
1996-1997
ミルウォーキー・バックス
インディアナ・ペイサーズ
オーランド・マジック
ワシントン・ブレッツ
フィラデルフィア・76ers
ギリシャの旗 PAOKテッサロニキ
指導者経歴
1996-1997
1999-2002
2003-2007
2008-2013
2015-2016
ギリシャの旗 PAOKテッサロニキ
フェニックス・サンズ
シカゴ・ブルズ
ミルウォーキー・バックス
オーランド・マジック
受賞歴
キャリアスタッツ

NBA

  • 得点: 6,652 (11.1 ppg)
  • アシスト: 3,881 (6.5 apg)
  • フリースロー%: .889
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
U-19世界選手権
1983 パルマ・デ・マヨルカ {{{2}}}

スコット・スカイルズScott Allen Skiles, 1964年3月5日 - )はアメリカ合衆国インディアナ州ラポルテ出身の元バスケットボール選手で、指導者。

経歴[編集]

ミシガン州立大学でプレイした後、1986年のNBAドラフト 1巡目22位でミルウォーキー・バックスに指名され、NBA入り。

ルーキーシーズンは、わずか13試合の出場で、平均3.8得点、3.5アシストにとどまった。

翌シーズンからインディアナ・ペイサーズに移り、1987-88シーズンは先発2試合を含む50試合に出場し、平均4.4得点、3.5アシストをあげた。1988-89シーズンは、先発13試合を含む80試合に出場し、平均6.8得点、4.9アシストをあげたが、1試合あたりの出場時間は20分未満にとどまった。

オーランド・マジック[編集]

1989年、エクスパンションドラフトで、新加入のオーランド・マジックに指名されて移籍した。移籍1年目は控えのポイントガードとして70試合に出場し、平均20.9分で、平均7.7得点、4.8アシストをあげた。1990-1991シーズンに先発の座を確保し、79試合中66試合で先発し、平均34.4分の出場で、17.2得点、8.4アシストをあげた。この年、MIPに選ばれた。1990年12月30日にオーランド・アリーナで行われたデンバー・ナゲッツ戦でNBA記録となる30アシストを記録した。それまでのNBA記録はケビン・ポーターが記録した29アシストであった。この記録はその後破られておらず、彼以降、1試合で最も多いアシスト数は、レイジョン・ロンドが2010年に記録した24アシストとなっている[1]

1991-92シーズンは75試合に平均31.5分出場し、14.1得点、7.3アシストと個人成績を落とした。1992-93シーズンは78試合に平均39.6分出場し、平均15.4得点、自己ベストの9.4アシストをあげた。

1993-94シーズンは全82試合に出場したが、先発は46試合にとどまり、プレータイムも短くなり、平均9.9得点、6.1アシストに終わった。シーズン終了後、ワシントン・ブレッツに放出された。アンファニー・ハーダウェイの役割を増やすためのトレードであったと見られているが、元チームメートのアンソニー・ブーイによれば、このトレードは失敗であり、スカイルズが在籍していれば、1995年NBAファイナルヒューストン・ロケッツに敗れることはなかったという[1](マジックはロケッツに0-4のスイープで敗れた)。

マジック退団後[編集]

1994-95シーズン、62試合に平均33.5分出場し、平均13.0得点、7.3アシストをあげた。1995-96シーズンは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズでわずか10試合の出場にとどまった。

1996年に肩を負傷したスカイルズは、ギリシャA1バスケットボールリーグPAOKテッサロニキと契約を結んだ。NBAから来たスカイルズは期待されたが、シーズン中盤に怪我やフランス人のミシェル・ゴメスコーチとのトラブルに苦しんだ。ゴメスコーチが解任された後、スカイルズはコーチを兼任し、チームは3人の主力選手を怪我で欠きながら3位となり、翌年のユーロリーグ予選への出場権を確保した。

サンズコーチ[編集]

1997-1998シーズン、フェニックス・サンズのアシスタントコーチに就任、1999-2000シーズンの開幕から20試合が経過した後、ダニー・エインジに代わってヘッドコーチに就任した。この年チームは53勝29敗、ウェスタン・カンファレンス5位でプレーオフに進出、ディフェンディングチャンピオンのサンアントニオ・スパーズとプレーオフ1回戦で対戦し、3勝1敗で破った[2]

2001-2002シーズン、開幕から51試合で25勝26敗となったところで解任された[3]

サンズのヘッドコーチとして3シーズンでプレーオフに2度出場、勝率.595をマークした。

ブルズコーチ[編集]

2年間の充電期間を経て、2003年にシカゴ・ブルズのヘッドコーチに就任、低迷していたチームのディフェンスを改善させた。ディフェンスは相手フィールドゴール成功率を42.2%(NBAトップ)に抑えた。また26試合連続で失点を100点未満に抑えるチーム記録も作った。2005年1月には、NBAトップの13勝3敗をあげて、イースタン・カンファレンスの月間最優秀コーチに選ばれた。

2006年は41勝41敗でプレーオフにイースタン7位で出場、イースタン2位のマイアミ・ヒートに2勝4敗で敗れた。2006-07シーズンは49勝33敗でプレーオフに進出すると、1回戦でマイアミ・ヒートを破り、2回戦でイースタン1位のデトロイト・ピストンズと対戦、2勝4敗で敗れた。

2007-08シーズン、ブルズは高い期待を持たれたが、開幕から25試合で9勝16敗、セントラル・ディビジョン最下位となり、2007年12月24日、ジョン・パクソンゼネラルマネージャーより解任された[4]

バックスコーチ[編集]

2008年4月21日、ラリー・クリスコービアックの後任として、ミルウォーキー・バックスのヘッドコーチに就任[5]2008-09シーズンは中心選手のマイケル・レッドアンドリュー・ボーガットの負傷もあり、34勝48敗でシーズンを終えた。

2009-2010シーズンは、センターのボーガット、ポイントガードのブランドン・ジェニングス、シーズン半ばにトレードで獲得したジョン・サーモンズジェリー・スタックハウスの活躍もあり、多くの識者からイースタン・カンファレンス最下位と予想されていたバックスは、7年ぶりに46勝36敗と勝ち越し、プレーオフに進出した。NBA最優秀コーチ賞オクラホマシティ・サンダースコット・ブルックスに取られて受賞できなかった。

2013年1月8日、開幕から32試合で16勝16敗となった時点で解任された[5]

マジックコーチ[編集]

2015年5月29日、オーランド・マジックの12代目のヘッドコーチに就任[6]。2015-16シーズン、3年連続で20勝台に止まっていたマジックを35勝までに引き上げたが、2016年5月12日、突然辞任を表明した[7]

ヘッドコーチ実績[編集]

NBAヘッドコーチ実績表略号説明
レギュラーシーズン G 試合数 W 勝利数 L 敗戦数 W–L % レギュラーシーズン勝率
ポストシーズン PG 試合数 PW 勝利数 PL 敗戦数 PW–L % プレイオフ勝率
チーム シーズン G W L W–L% シーズン結果 PG PW PL PW–L% 最終結果
サンズ 1999–00 62 40 22 .645 3rd in Pacific 9 4 5 .444 カンファレンス準決勝敗退
サンズ 2000–01 82 51 31 .622 3rd in Pacific 4 1 3 .250 ファーストラウンド敗退
サンズ 2001–02 51 25 26 .490 (fired)
ブルズ 2003–04 66 19 47 .288 8th in Central
ブルズ 2004–05 82 47 35 .573 2nd in Central 6 2 4 .333 ファーストラウンド敗退
ブルズ 2005–06 82 41 41 .500 4th in Central 6 2 4 .333 ファーストラウンド敗退
CHI 2006–07 82 49 33 .598 3rd in Central 10 6 4 .600 カンファレンス準決勝敗退
ブルズ 2007–08 25 9 16 .360 (fired)
バックス 2008–09 82 34 48 .415 5th in Central
バックス 2009–10 82 46 36 .555 2nd in Central 7 3 4 .429 ファーストラウンド敗退
バックス 2010–11 82 35 47 .427 3rd in Central
バックス 2011–12 66 31 35 .470 3rd in Central
バックス 2012–13 32 16 16 .500 (resigned)
マジック 2015–16 82 35 47 .427 5th in Southeast Missed Playoffs
Career 958 478 480 .499 42 18 24 .429

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Jonathan Adams (2015年5月29日). “Scott Skiles: 5 Fast Facts You Need to Know”. heavy.com. 2015年6月21日閲覧。
  2. ^ Scott Howard. “Grab your Kleenex: A Suns-Spurs Playoff Retrospective”. SB NATION. 2015年6月21日閲覧。
  3. ^ Frank Johnson Coach Info”. nba.com. 2015年6月21日閲覧。
  4. ^ Bulls fire coach Scott Skiles” (2007年12月24日). 2015年6月21日閲覧。
  5. ^ a b Bucks and Skiles Mutually Agree to Part Ways”. nba.com (2013年1月8日). 2015年6月21日閲覧。
  6. ^ Hightower, Kyle (2015年5月29日). “Magic tab Skiles as 12th coach in franchise history”. National Basketball Association. 2015年5月30日閲覧。
  7. ^ Scott Skiles steps down as head coach of Magic
  8. ^ K.C. JOHNSON (2004年3月14日). “Skiles recalls O'Neal headlock”. シカゴ・トリビューン. 2015年6月21日閲覧。
  9. ^ Roger Simmons (2015年6月2日). “Shaq says 'crazy' Scott Skiles tried to punch him while with Magic”. オーランド・センティネル. 2015年6月21日閲覧。
  10. ^ Kelly Dwyer (2013年2月26日). “Add Beno Udrih to the list of players that have had issues with Scott Skiles’ coaching”. Yahoo! Sports. 2015年6月21日閲覧。
  11. ^ Evan Fournier responds to Skiles' resignation as HC of the Magic with a 'WTF' on Twitter

外部リンク[編集]