ヤニス・アデトクンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ヤニス・アデトクンポ
  • ヤニス・アンテトクンボ
  • ヤニス・アンテトクンポ
ヤニス・アデトクンボ
Giannis Antetokounmpo
Giannis Antetokounmpo (24845003687) (cropped).jpg
ミルウォーキー・バックスでのアデトクンボ(2018年)
ミルウォーキー・バックス  No.34
ポジション PF/SF
背番号 34
身長 211cm (6 ft 11 in)
体重 110kg (243 lb)
ウィングスパン 221cm  (7 ft 3 in)[1]
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Giannis Sina Ougku Antetokounmpo
愛称 The Greek Freak
ラテン文字 Giannis Antetokounmpo
ギリシア語 Γιάννης Αντετοκούνμπο
誕生日 (1994-12-06) 1994年12月6日(26歳)
ギリシャの旗 ギリシャ
出身地 Bandera d'Àtica.svg アッティカ地方セポリア
出身 フィラスリチコスBC英語版
ドラフト 2013年 15位
選手経歴
2012-2013
2013-
フィラスリチコスBC
ミルウォーキー・バックス
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 NBA.com プロフィール NBA.jp
Stats Basketball-Reference.com
代表歴
キャップ ギリシャの旗 ギリシャ 2014-

ヤニス・アデトクンボGiannis Sina Ougku Antetokounmpo[2][ˈjɑːnəs ˌɑːntɛtəˈkmp] YAH-nəs AHN-tet-ə-KOOM-poh;[3] ギリシア語: Γιάννης Σίνα-Ούγκο Αντετοκούνμπο,[注釈 1] IPA: [ˈʝanis a(n)detoˈku(m)bo]; 1994年12月6日 - )は、ギリシャのプロバスケットボール選手。NBAミルウォーキー・バックスに所属している。ポジションはパワーフォワード。愛称は「ギリシャの怪物」を意味する「ザ・グリーク・フリーク[4]

2016-17シーズンに5つの主要スタッツでチームリーダーを記録。また、合計得点、リバウンド、アシスト、スティール、ブロックでリーグトップ20位にランクしたNBA史上初の選手となっている[5]。2年連続オールスター投票1位を含む5年連続NBAオールスターゲーム出場、2017年にNBA最成長選手賞を受賞しており、2020年には同一シーズンにMVPと最優秀守備選手賞を受賞したNBA史上3人目の選手となった (他、マイケル・ジョーダンアキーム・オラジュワン)[6]。また、NBA史上唯一のMIPシーズンMVPファイナルMVPオールスターゲームMVPDPOYの5つの賞を総なめしている[7]

来歴[編集]

17歳でギリシャ国内2部リーグでプロデビュー。2013-2014シーズンからリーガACBバスケット・サラゴサ2002への移籍が内定していたが、NBAのスカウト陣から注目されたことで急遽2013年のNBAドラフトにエントリーを表明。

ミルウォーキー・バックス[編集]

2014年11月のアデトクンボ

ドラフトで1巡目15位でミルウォーキー・バックスに指名され入団した。2013-2014シーズンにオールルーキーチームの2ndチームに選出された。

2015-16シーズン、2015年11月19日のクリーブランド・キャバリアーズ戦では、自己最高で両チームでも最多の33得点を記録し、マッチアップを組んだレブロン・ジェームズからも絶賛され[8]、2015年12月13日のゴールデンステート・ウォリアーズ戦では11得点12リバウンド10アシストのトリプル・ダブルを記録し、チームも108-95で勝利。ウォリアーズの記録的な連勝を24で止めた試合において活躍をみせた[9]。2016年3月よりヘッドコーチ・ジェイソン・キッドによりポイントガードとして起用され、それ以来トリプルダブルに近い成績を記録している。

2016年のアデトクンボ

2016-17シーズン開幕前の2016年9月、バックスと2021年までの4年1億ドルで契約延長した[10]。11月29日のクリーブランド・キャバリアーズ戦では、自己最多タイの34得点に12アシストを記録し、前シーズンチャンピオンのキャバリアーズに118-101での勝利に導いた[11][12]。12月23日のワシントン・ウィザーズ戦では、自己最高の39得点を記録した[13][14]。更に2017年1月4日のニューヨーク・ニックス戦では、103-104で迎えた第4クォーター残り数秒の場面から、逆転のブザービーターショットを決め、逆転勝利に導く[15][16]

当シーズンの活躍もあり、1月19日には、NBAオールスターゲームにファン投票で先発選手に選出され、バックスの選手としては2004年大会のマイケル・レッド以来のオールスターゲーム出場、更にファン投票での選出は2002年大会のレイ・アレン以来の快挙を達成した[17]。さらに、主要5項目のスタッツすべてでチームリーダーを記録し(史上5人目)[18]、"リーグトップ20"に入るという史上初の快挙[19]も成し遂げ、攻守でチームの要となり大きく飛躍した一年となった。

ワシントン・ウィザーズ戦にてダンクをするアデトクンボ(2018年)

2017-18シーズントレーニングキャンプ中に父親が心臓発作で他界するという悲劇を遭遇するも、気持ちを取り直し、シーズン開幕戦のボストン・セルティックス戦で37得点13リバウンドの活躍を見せ、開幕戦勝利に導く[20]。同月21日のポートランド・トレイルブレイザーズ戦では、自身初の40点越えとなる44得点を記録した[21][22]。2018年2月18日にロサンゼルスステイプルズ・センターで行われるNBAオールスターゲームに先発出場することが発表された[23]。バックスの選手が2年連続でオールスターに先発するのは1979年と1980年のマーカス・ジョンソン以来の事となる[24]。2018年1月26日に行われたブルックリン・ネッツ戦で41得点、13リバウンドを記録、試合はバックスが116-91で勝利した[25]。2018年2月15日に行われたデンバー・ナゲッツ戦で今季初のトリプル・ダブルとなる36得点、11リバウンド、13アシストを記録、勝利は134-123でナゲッツに敗れた。また、このトリプル・ダブルによりヤニスはキャリア通算で9回目のトリプル・ダブルとなりカリーム・アブドゥル=ジャバーのチーム最多トリプル・ダブル記録を更新した[26]。2月24日に行われたトロント・ラプターズ戦で26得点、12リバウンドのダブル・ダブルを記録、試合はバックスがオーバータイムの末122-119で勝利した[27]。3月4日に行われたフィラデルフィア・76ers戦で35得点、9リバウンド、7アシストを記録、試合はバックスが118-110で勝利した[28]。3月14日に行われたオーランド・マジック戦で38得点、10リバウンド、7アシスト、3スティールを記録、試合はマジックに126-117で敗れた[29]。3月17日に行われたアトランタ・ホークス戦で33得点、12リバウンドを記録、試合はバックスが122-117で勝利した[30]。3月19日に行われたクリーブランド・キャバリアーズ戦で37得点、11リバウンドを記録、試合はキャバリアーズに124-117で敗れた[31]

プレーオフ1回戦、対ボストン・セルティックスの初戦で35得点、13リバウンド、7アシストを記録、試合はオーバータイムの末、113-107で敗れた[32]。第2戦目では30得点、9リバウンド、8アシストを記録したが、試合は120-106で敗れた[33]。第6戦で31得点、14リバウンドを記録、試合は97-86で勝利しシリーズの決着は最終第7戦に持ち込まれることになった[34]。第7戦で22得点、9リバウンドを記録、試合は112-96で敗れバックスは3勝4敗で1回戦敗退となった[35]

2018-19シーズン、2018年10月24日、ヤニスはフィラデルフィア・76ersとの試合に123-108で勝利し、32得点・18リバウンド・10アシストを記録した。そして、バックスにとって2001-02シーズン以来となる、シーズン最初の4試合で4連勝を成し遂げるのに貢献した。また、シーズン最初の4試合で平均25得点・15リバウンドを記録したのは、NBAではウィルト・チェンバレン (1964年 - 65年、フィラデルフィア76ers時代)以来である。11月4日、彼はサクラメント・キングス戦で 144-109で勝利し、26得点・15リバウンド・11アシストで今シーズン2度目のトリプル・ダブルを記録した。11月19日から25日までの全4試合で、11月23日にフェニックス・サンズに対してシーズンハイの35得点を含め、少なくとも29得点以上を記録した。彼は10月と11月のイースタンカンファレンス月間最優秀選手に選ばれた。12月14日、バックスはクリーブランド・キャバリアーズに114-102で勝利し、ヤニスはキャリアハイとなる44得点を挙げた。12月29日、彼はブルックリン・ネッツ戦で31得点・10リバウンド・10アシストで今シーズン3度目のトリプル・ダブルを記録し、129-115でバックスが勝利した。その後、彼は12月のカンファレンス月間最優秀選手に選ばれた。ヤニスは2018年のユーロスカー・ユーロピアン・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー(その年で最も優れた男子ヨーロッパのバスケットボール選手に授与される賞)に選ばれ、1987年のニック・ガリス以来となる、この賞を受賞したギリシャで2番目の選手となった。

2019年1月5日、ヤニスはトロント・ラプターズとの試合で123-116で敗れたが、43得点・18リバウンドを挙げた。1月9日、彼はヒューストン・ロケッツ戦で27得点を記録し、 シーズンハイとなる21リバウンドを挙げ、チームも116-109で勝利した。1月15日、彼はマイアミ・ヒートに124-86で勝利し、12得点・10リバウンド・10アシストで今シーズン4回目のトリプルダブルを獲得した。 2月4日、彼は6回目の週間最優秀選手に選ばれた。2月6日、彼はワシントンウィザーズに対する148〜129の勝利で43得点を記録した。2月13日、彼はインディアナ・ペイサーズ戦で106-97で勝利し、33得点・19リバウンド・11アシストを記録し、今シーズン5度目のトリプルダブルを記録した。この試合で、彼は今シーズン中13回目となる25得点・15リバウンド・5アシストを挙げ、1976-77シーズンにシャキール・オニールが成し遂げた記録を更新した。オールスターゲームではカイリー・アービングカワイ・レナードらを抑えて最多得票を獲得し、カンファレンスのキャプテンとなった。彼は2月のカンファレンス月間最優秀選手に選ばれた。3月2日、彼はユタ・ジャズに115-111で敗北したが、43得点・14リバウンドを記録した。3月17日、彼はフィラデルフィア・76ersに130-125で敗れたが、キャリアハイとなる52得点・16リバウンドを挙げた。4月4日、彼は76ers戦に128-122で勝利し、45得点・13リバウンドを記録し、バックスがカンファレンスで第1シードを獲得するのに貢献した。プレーオフ第1回戦、デトロイト・ピストンズとの第4戦目に127-104で勝利し、彼は41得点を記録し、2001年以来初めてのプレーオフ第2回戦進出に貢献し、彼はカリーム・アブドゥル ・ジャバー 、 テリー・カミングス 、 レイ・アレン 、 マイケル・レッドバックスに続き、ミルウォーキー・バックスの選手としてプレーオフで40得点を記録した史上5人目であった。ボストン・セルティックスとの第2回戦、第4戦で、彼は39得点・16リバウンドを記録し、バックスが113-101で勝利するのに貢献し、3-1でリードを奪った。その後、バックスはカンファレンス決勝に進出した。カンファレンス決勝では、カワイ・レナード率いるトロント・ラプターズと対戦し、最初の2試合で勝利したが、続く4試合でラプターズに4連敗し、4-2で敗退した。

6月24日 、2019年のNBAアウォーズ英語版MVPに選出された。彼は、カリーム・アブドゥル・ジャバー以来MVPを獲得した2番目のバックス選手となり、デリック・ローズ、レブロン・ジェームズに続き、過去40シーズンでMVPを獲得した3番目に若い選手で、アメリカ以外の出身でMVPを受賞した史上5人目の選手であった。さらに、MIPも過去に受賞したため、MIPとシーズンMVPの両方を受賞した史上初の選手となった。

2019-20シーズン、レギュラーシーズンはカンファレンス1位で終え、プレーオフのカンファレンス準決勝では第4戦で右足首を負傷して途中退場し、2日後の第5戦ではコートに立てず、マイアミ・ヒートに敗れてシーズン終了となった[36]

オフに2年連続となるMVPと、自身初となるNBA最優秀守備選手賞を受賞した。MVPと最優秀守備選手賞の同時受賞は1988年のマイケル・ジョーダンと1994年のアキーム・オラジュワンに次ぐ史上3人目の快挙である。

2020-21シーズン、開幕直前の12月15日にバックスと5年2億2800万ドルのスーパーマックス契約を結び契約延長した[37]

5年連続でオールスターゲームにスターターで選出され、チーム・レブロンの一員として、フィールドゴールを16本中16本すべて沈めて35得点を記録し、自身初のオールスターゲームMVPを受賞した[38]。またマイケル・ジョーダンケビン・ガーネットに次ぐ、通算キャリアでシーズンMVP、オールスターゲームMVP、最優秀守備選手賞を受賞したNBA史上3人目の選手となった。また、外国人選手がオールスターゲームMVPを受賞するのはNBA史上初である[39]。レギュラーシーズンでは平均28.1得点11リバウンド5.9アシスト1.2スティール1.2ブロックの活躍でチームを牽引し、46勝26敗のイースタンカンファレンス3位に導きプレーオフへと進んだ。

プレーオフでは去年敗北を喫したマイアミ・ヒートを相手に初戦から26得点18リバウンドを記録し、チームの一試合におけるプレーオフ最多リバウンド記録を更新すると、勢いそのままに4連勝しスウィープ。雪辱を果たした。続くカンファレンスセミファイナルではケビン・デュラントジェームズ・ハーデンカイリー・アービングのビッグ3を擁するブルックリン・ネッツ相手に苦しめられるも、ハーデンとアービングの怪我やクリス・ミドルトンブルック・ロペスらの活躍もあり第7戦で勝利しカンファレンスファイナルへと駒を進めた。カンファレンスファイナルではアトランタ・ホークスと対戦したが、第4戦で着地の際に膝を負傷[40]。第5、第6戦は欠場したがチームメイトたちの奮闘により勝利し自身初となるカンファレンスファイナル優勝を成し遂げた。迎えたNBAファイナルでは悲願の初優勝に燃えるクリス・ポールデビン・ブッカー率いるフェニックス・サンズと対戦。当初膝の怪我はシーズン終了となるレベルとされていたが、奇跡的な回復を見せ第1戦から復帰した[41]。敵地で連敗スタートとなるも、そこから3連勝。ホームで迎えた第6戦では50得点・14リバウンド・5ブロックの大活躍でチームを4勝2敗で勝利に導き自身初、またチームとして50年ぶりとなるNBA制覇を成し遂げ、このシリーズで35.2得点・13.2リバウンド・5.0アシスト・FG成功率61.8%を記録しファイナルMVPを受賞した[42]。またこの試合でファイナル史上6人目となる50点以上を記録した選手となり、マイケル・ジョーダンに続き史上2人目となるシーズンMVP、ファイナルMVP、オールスターMVP、最優秀守備選手の4部門全てを受賞した選手となった[43]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2013–14 MIL 77 23 24.6 .414 .347 .683 4.4 1.9 .8 .8 6.8
2014–15 81 71 31.4 .491 .159 .741 6.7 2.6 .9 1.0 12.7
2015–16 80 79 35.3 .506 .257 .724 7.7 4.3 1.2 1.4 16.9
2016–17 80 80 35.6 .521 .272 .770 8.8 5.4 1.6 1.9 22.9
2017–18 75 75 36.7 .529 .307 .760 10.0 4.8 1.5 1.4 26.9
2018–19 72 72 32.8 .578 .256 .729 12.5 5.9 1.3 1.5 27.7
2019–20 63 63 30.4 .553 .304 .633 13.6 5.6 1.0 1.0 29.5
2020–21 61 61 33.0 .569 .303 .685 11.0 5.9 1.2 1.2 28.1
通算:8年 589 524 32.5 .532 .287 .717 9.1 4.5 1.2 1.3 20.9
オールスター 4 4 26.8 .653 .231 .667 8.8 3.0 1.3 1.0 27.3

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2015 MIL 6 6 33.5 .366 .000 .739 7.0 2.7 .5 1.5 11.5
2017 6 6 40.5 .536 .400 .543 9.5 4.0 2.2 1.7 24.8
2018 7 7 40.0 .570 .286 .691 9.6 6.3 1.4 .9 25.7
2019 15 15 34.3 .492 .327 .637 12.3 4.9 1.1 2.0 25.5
2020 9 9 30.8 .559 .325 .580 13.8 5.7 .7 .9 26.7
2021 21 21 38.1 .569 .186 .587 12.8 5.1 1.0 1.2 30.2
出場:6回 64 64 36.2 .535 .274 .613 11.6 4.9 1.1 1.4 25.9

ギリシャ代表[編集]

2014年FIBAワールドカップにギリシャ代表として出場した[44]

プレースタイル[編集]

オフェンス[編集]

ヤニスはリーグで屈指のスラッシャータイプの選手であり、豪快なダンクを繰り出す他、長い手足を活用したユーロステップを得意としている[45][46]。また、長身選手ながらクイックネスに優れ、ハンドリングスキルも兼ね備えていることから、ポイントフォワードもできるオールラウンダーである[47][48][49]

インサイドではそのパワーもあり攻守共に無類の強さを誇るが、3ポイントシュートやフリースローの精度は平均以下であり、試合終盤の競った場面でボールを任せづらい傾向にある[50]

ディフェンス[編集]

長身に加えてウィングスパンが広く、そのリーチの長さはディフェンスやリバウンドなどで、効力が発揮される。また、5つのポジションすべてをガードできるエリートディフェンダーであり、主にペイントへの攻撃を阻止する、アメリカンフットボールのいわゆる「フリーセーフティ」を得意としている[51][52]

人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ giannis-antetokounmpos-hands-how-big-wingspan-size-inches”. heavy.com (2017年4月). 2019年10月31日閲覧。
  2. ^ Giannis Antetokounmpo | Player Bio
  3. ^ Giannis Antetokounmpo explains how to pronounce his last name | ESPN”. ESPN via YouTube. 2021年8月2日閲覧。
  4. ^ 「本当に好きなんだ。気に入ってるよ」バックスのヤニス・アデトクンボが自身のニックネーム“The Greek Freak”を語る” (日本語). THE DIGEST. 2021年6月7日閲覧。
  5. ^ Milwaukee Bucks superstar Giannis Antetokounmpo finishes breakout season in league of his own”. NBA.com (2017年4月12日). 2017年4月13日閲覧。
  6. ^ Milwaukee's Giannis Antetokounmpo wins 2019-20 Kia NBA Most Valuable Player Award” (英語). NBA.com (2020年9月18日). 2020年9月20日閲覧。
  7. ^ NBA Finals 2021: By The Numbers - Giannis Antetokounmpo's historic Game 6 performance puts him in the record books” (英語). Sporting News.com (2021年7月21日). 2021年8月2日閲覧。
  8. ^ LeBron James, Giannis Antetokounmpo Duel in Cleveland
  9. ^ Giannis Antetokounmpo Records First Career Triple-Double: 11+12+10 The Greek forward leads Bucks to a win over the Warriors
  10. ^ Milwaukee Bucks agree to 4-year, $100 million deal with Giannis Antetokounmpo”. ESPN (2016年9月20日). 2019年8月26日閲覧。
  11. ^ Antetokounmpo ties career scoring high, Bucks rout Cavs
  12. ^ ヤニス・アデトクンボが自己最多に並ぶ34得点、バックスがディフェンディング王者キャブズの連勝を止める NBA JAPAN
  13. ^ Giannis Antetokounmpo Scores career high 39 points against Wizards
  14. ^ ヤニス・アデトクンボが自己最多39得点、バックスがウィザーズに快勝し勝率5割復帰 NBA JAPAN
  15. ^ Giannis Antetokounmpo takes ridiculously long step back for buzzer-beater to beat Knicks
  16. ^ Giannis Antetokounmpo Wins It For Bucks At The Buzzer
  17. ^ Eastern Conference Starters for All-Star Game leaked: Irving, DeRozan, LeBron, Butler, Antetokounmpo
  18. ^ NBAGiannis Antetokounmpo becomes 5th player in NBA history to lead team in all 5 major stat categories
  19. ^ アデトクンボ、NBA史上初の快挙 個人記録5部門すべて20位以内
  20. ^ セルティックス戦で37得点、13リバウンドのヤニス・アデトクンボ「今季のチームには大きなことをやってのけるだけの力がある」 NBA.com JAPAN
  21. ^ Giannis Antetokounmpo scores career-high 44 points in win
  22. ^ ブレイザーズ戦で自己最多44得点を記録のヤニス・アデトクンボ「天国の父に見てもらいたい」 NBA.com JAPAN
  23. ^ NBAオールスター2018投票結果:レブロン・ジェームズが全体1位の票数を獲得”. NBA.com (2018年1月19日). 2018年1月25日閲覧。
  24. ^ GIANNIS ANTETOKOUNMPO NAMED A STARTER FOR THE 2018 ALL-STAR GAME” (英語). NBA.com (2018年1月18日). 2018年2月15日閲覧。
  25. ^ Antetokounmpo scores 41 points, Bucks beat Nets 116-91” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年1月26日). 2018年2月17日閲覧。
  26. ^ Nuggets make 24 3-pointers, beat Bucks 134-123” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年2月15日). 2018年2月17日閲覧。
  27. ^ Antetokoumpo scores 26, Bucks beat Raptors 122-119 in OT” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年2月24日). 2018年3月1日閲覧。
  28. ^ Bucks halt NBA slide against 76ers” (英語). thewest.com. The West Australian (2018年3月5日). 2018年3月6日閲覧。
  29. ^ Bucks' Giannis Antetokounmpo: Explodes for 38 points versus Magic” (英語). cbssports.com. CBS Sports (2018年3月15日). 2018年3月16日閲覧。
  30. ^ Giannis' double-double helps Bucks hold on to beat Hawks” (英語). foxsports.com. FOX Sports (2018年3月17日). 2018年3月18日閲覧。
  31. ^ Bucks' Giannis Antetokounmpo: Delivers team-high 37 points Monday” (英語). cbssports.com. CBS Sports (2018年3月19日). 2018年3月20日閲覧。
  32. ^ Celtics survive wild finish, hold off Bucks 113-107 in OT” (英語). ESPN.com (2018年4月14日). 2018年4月18日閲覧。
  33. ^ Brown scores 30, Celtics roll to 120-106 win over Bucks” (英語). ESPN.com (2018年4月17日). 2018年4月18日閲覧。
  34. ^ Giannis, Bucks beat Celtics 97-86 to force Game 7” (英語). ESPN.com (2018年4月26日). 2018年4月27日閲覧。
  35. ^ Celtics beat Bucks 112-96 in Game 7, advance to play 76ers” (英語). ESPN.com (2018年4月28日). 2018年4月30日閲覧。
  36. ^ アデトクンボ欠場のバックスを絶好調のヒートが撃破、ジミー・バトラー「このチームでチャンピオンになる」”. バスケット・カウント (2020年9月9日). 2020年9月13日閲覧。
  37. ^ ヤニス・アデトクンボがバックスと5年2億2800万ドルのスーパーマックス契約を締結 | NBA Rakuten”. nba.rakuten.co.jp. 2020年12月16日閲覧。
  38. ^ Golliver, Ben; Wallace, Ava; Bieler, Des (2021年3月8日). “Team LeBron dominates an NBA All-Star Game that feels incomplete”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/sports/2021/03/07/nba-all-star-game-dunk-contest/ 2021年3月8日閲覧。 
  39. ^ Bouranis, Yiannis (2021年3月8日). “Giannis Antetokounmpo joins Michael Jordan, Kevin Garnett with historic record” (英語). TalkBasket.net. 2021年3月8日閲覧。
  40. ^ Giannis Antetokounmpo limps off injured as Atlanta Hawks stun Milwaukee Bucks” (英語). CNN. 2021年7月21日閲覧。
  41. ^ Giannis Antetokoumpo on Game 1 return: 'I did not feel pain'” (英語). www.nba.com. 2021年7月21日閲覧。
  42. ^ Giannis Antetokounmpo wins 2021 Bill Russell NBA Finals MVP award” (英語). nba.com. 2021年7月21日閲覧。
  43. ^ Giannis Antetokounmpo Joins Michael Jordan as Only Other Player With These Accolades” (英語). Sportscasting.com (2021年7月21日). 2021年8月2日閲覧。
  44. ^ Giannis Antetokounmpo Profile---NBA.com
  45. ^ We've Never Seen A Player Quite Like Giannis Antetokounmpo”. FiveThirtyEight (2016年12月2日). 2020年8月1日閲覧。
  46. ^ A Couple of Ways Giannis Can Become Even Better”. NBA.com (2017年3月3日). 2020年8月1日閲覧。
  47. ^ Giannis Antetokounmpo Stats”. Basketball Reference. Sports Reference. 2020年8月1日閲覧。
  48. ^ Giannis Antetokounmpo stats, details, videos, and news.”. NBA.com. 2020年8月1日閲覧。
  49. ^ Giannis Antetokounmpo Looks Like A Freaking MVP”. FiveThirtyEight (2017年10月26日). 2020年8月1日閲覧。
  50. ^ "Giannis Antetokounmpo is a terrible 3-point shooter": Disrespectful defense by Nets on Bucks star seems to work perfectly” (英語). The SportsRush (2021年1月19日). 2021年5月25日閲覧。
  51. ^ Bucks' Giannis Antetokounmpo Has NBA's Best Case For Defensive Player Of The Year”. Forbes (2020年5月20日). 2020年8月1日閲覧。
  52. ^ If the NBA Season Is Over, Who Deserves Defensive Player of the Year?”. The Ringer (2020年3月25日). 2020年8月1日閲覧。
  1. ^ His official surname (Αντετοκούνμπο) is a Greek transcription of his parents' Yoruba language name Adetokunbo; in Greek, ‹ντ› is used for /d/, ‹ου› for /u/, and ‹μπ› for /b/. This is usually transliterated letter-for-letter back into the Latin alphabet as Antetokounmpo.

外部リンク[編集]