マルク・ガソル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・ガソル
Marc Gasol
メンフィス・グリズリーズ  No.33
Marc Gasol Grizzlies.jpg
名前
本名 マーク・ガソル・サエス
愛称 "La Tanketa","Big Marc","McGasol",
"Baby Jesus","Euro Thug"
ラテン文字 Marc Gasol
カタルーニャ語 Marc Gasol Sáez
基本情報
スペインの旗 スペイン
誕生日 1985年1月29日(30歳)
出身地 カタルーニャ州の旗 カタルーニャ州 バルセロナ県
サン・ボイ・ダ・リュブラガート
身長 216cm
体重 120.2kg
選手情報
ポジション センター
背番号 33
ドラフト 2007年 48位
代表歴
キャップ スペインの旗 2006年-現在
選手経歴
2004-2006
2006-2008
2008-
FCバルセロナ FCバルセロナ
CBジローナ CBジローナ
メンフィス・グリズリーズ メンフィス・グリズリーズ

マーク・ガソルMarc Gasol)ことマーク・ガソル・サエスMarc Gasol Sáez1985年1月29日 - )は、スペインのプロバスケットボール選手カタルーニャ州バルセロナ県サン・ボイ・ダ・リュブラガート出身。NBAメンフィス・グリズリーズ所属。ポジションはセンター。同じくNBAプレーヤーであるパウ・ガソルの実弟である[1]

家族・生い立ち[編集]

両親と兄と弟の5人家族。マークは次男にあたる。

看護師の父親(Agustí Gasol/アグスティー・ガソル)と、医師の母親(Marisa Sáez/マリーサ・サエス)の次男として生まれる。両親は共にスペイン国内プロリーグの下部組織でプレー経験のある元・バスケットボール選手。

4歳年上の長男(パウ・ガソル)も、同じくプロバスケットボール選手でスペイン代表。同じNBAの別チーム(シカゴ・ブルズ)に所属している。

そして、1994年には3男となるAdrià Gasol(アドリアー・ガソル)が誕生。3男はアメリカメンフィスの高校を経て現在はUCLAに通っており、2人の兄と同じくプロバスケ選手への道を目指している。

スペイン時代[編集]

下部組織時代・アメリカ留学[編集]

兄のパウも所属した、生まれ故郷のサン・ボイ・ダ・リュブラガートのバスケチーム(Cantera Basquet Llor Sant Boi)に自らも入団し、バスケットボールを始める。その後、兄と全く同じように地元近くの名門FCバルセロナのユースチームにスカウトされ、入団。

2001年、兄のパウ・ガソルNBAにドラフトされ、メンフィス・グリズリーズに入団すると、アメリカでの生活に不慣れなパウの為に家族皆で渡米。この際、マークはメンフィスにある高校(Lausanne High School)に編入。そこのバスケットボール部で活躍する。

2003年に卒業すると、母国スペインに帰国。FCバルセロナのジュニアチームに復帰。

その後間もなくトップチームに昇格し、プロデビューを果たす。

プロデビュー[編集]

CBジローナ在籍時のマーク

2003年に、兄と同じFCバルセロナでプロデビューすると、その後2年間同チームでプレー。

2006年スペインA代表に選出され代表デビュー。この年日本で開催された世界選手権にスペインA代表として参加。兄(パウ・ガソル)とともに優勝に貢献した。そして次第にNBAのスカウトの目に留まるようになった。

2006-2007シーズンは、同じACBに所属するCBジローナへレンタル移籍。シーズン終了後、2007年のNBAドラフトにエントリーすると、ロサンゼルス・レイカーズから、2巡目全体48位で指名されるが、所属チームとの契約が残っている為、このシーズン終了後のNBA入りは見送った。

2007年、北京オリンピックの大陸予選を兼ねた2年に一度のバスケの祭典ユーロバスケットが母国スペインで開催され、2006年に世界選手権を制覇した時と全く同じメンバー、監督でスペイン初の優勝を狙うが、決勝戦でキリレンコ率いるロシア代表に破れ涙の銀メダル。

CBジローナでの2年目となった2007-08シーズンは獅子奮迅の活躍でACBのシーズンMVPを獲得。

2008年、引き続きスペインA代表に兄(パウ・ガソル)と共に選出され、同年に行われた北京オリンピックに出場。決勝戦でアメリカ代表に敗れるものの見事銀メダル獲得。

その後、自らの保有権を持つメンフィス・グリズリーズ兄パウのトレードによりクワミ・ブラウンジャバリス・クリッテントンアーロン・マッキー、ドラフト1巡目指名権×2等と交換でメンフィス・グリズリーズに交渉権が移り、3年972万ドルで契約し、入団。

NBA[編集]

メンフィス・グリズリーズ[編集]

NBAルーキーシーズンとなった2008-09シーズンは、82試合にフル出場し、平均11点、7.4リバウンドを記録。オールルーキー2ndチームに選出された。 2009-10シーズンからは、ザック・ランドルフが加入。NBA屈指のフロントラインが形成された。自身は13試合に欠場したものの、平均14.6点、9.3リバウンドと成績を伸ばし、チームも前シーズンの24勝58敗から40勝42敗と盛り返した。 2010-11シーズンは、ガソル自身の成績は落ちたものの、チームは46勝36敗の成績を残し、ウェスタンカンファレンス8位で2006年以来のプレーオフ進出を果たし、ファーストラウンドで第1シードのサンアントニオ・スパーズを4勝2敗で下すという快挙を成し遂げた。

2011年オフに制限付きFAとなったが、NBAがロックアウトに入ったために、FA交渉は先伸ばしになる。 そして、ロックアウトが解除された12月、ヒューストン・ロケッツが4年5800万ドルの巨額契約を提示し、ガソルはロケッツのオファーシートにサインしたが、すかさずメンフィス・グリズリーズが同額の契約を提示し、グリズリーズ残留が決まった。 向かえた2011-12シーズンは、自身初のNBAオールスターゲームに出場した。

2012-13シーズンは、オールNBA2ndチーム、オールディフェンシブ2ndチームに選出され、NBA最優秀守備選手賞も受賞するなど、自己最高のシーズンを送った。

2014-15シーズンは、オフに減量してシーズンに挑み、攻守両面で獅子奮迅の活躍を見せ、チームを牽引。当シーズンの活躍もあり、2015年NBAオールスターゲームのファン投票では、ウエスタンカンファレンスのフォワード部門で2位に入り、2012年以来のオールスターゲーム出場でスターターを務めることが決定。なお、パウ・ガソルもイースタンカンファレンスのフォワード部門で2位に入ったために、兄弟でオールスターゲームでスターターで出場した。

プレイスタイル[編集]

セブンフッターの兄のパウよりも身長でさらに3センチ上回り、がっしりとした体躯が対照的。その分機動力で劣るが、迫力十分のポストプレーはNBA屈指の力強さを誇り、さらにパスセンスにも優れている。

受賞・タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Right Name, Wrong Genes: The Top 50 Less Talented Relatives of Superstars”. bleacherreport.com (2010年9月7日). 2012年3月25日閲覧。

関連項目[編集]

 外部リンク[編集]