バスケットボールギリシャ代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 Basketball pictogram.svgバスケットボールギリシャ代表
国または地域 ギリシャの旗 ギリシャ
協会 ギリシャバスケットボール連盟
ヘッドコーチ Panagiotis Giannakis
FIBAランキング 10位(2014年9月14日版)
オリンピック
出場回数 4回
初出場 1952 ヘルシンキ
最高成績 4位(1996, 2004)
ワールドカップ (男子) / (女子)
出場回数 5回
初出場 1986 世界選手権
最高成績 Med 2.png銀メダル(2006)
欧州選手権
最高成績 Med 1.png金メダル
ユニフォーム
Kit body thinsidesonwhite.png
ホームジャージ
チームカラー
ホーム
Kit body thinwhitesides.png
アウェイジャージ
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示

バスケットボールギリシャ代表(Greece national basketball team)は、ギリシャバスケットボール連盟によって編成されるバスケットボールナショナルチームである。

1995年のヤングメン世界選手権で初優勝し、2度のユーロバスケットの優勝を誇っている。世界選手権では1986年から1998年と、2006年の5度出場している。

歴史[編集]

ギリシャでのバスケットボールは、非常に長い歴史と伝統(ギリシャは、1932年FIBA設立当初から加盟)を誇っているが、その勢いがあるのは1980年代から。1986年からは国際バスケットボールトーナメントが開催され、U21、U-19でも数多くの国際大会のメダルを獲得している。

1987年は強豪国と呼ばれていたソ連を破り、欧州選手権初優勝を成し遂げ、2005年大会も優勝している。

2006年の世界選手権では、NBAに所属している選手がいない中、ドウェイン・ウェイドレブロン・ジェームスカーメロ・アンソニーなどを擁したアメリカ代表を準決勝で破り、準優勝した。

国際大会の成績[編集]

夏季オリンピック[編集]

世界選手権[編集]

ユーロバスケット[編集]

現在の選手[編集]

2008年北京五輪に出場した選手

過去の選手[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]