バスケットボールリトアニア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 Basketball pictogram.svgバスケットボールリトアニア代表
国または地域 リトアニアの旗 リトアニア
協会 リトアニアバスケットボール連盟
ヘッドコーチ ヨナス・カズラウスカス
FIBAランキング 5位(2016年8月21日版)[1]
オリンピック
出場回数 7回
初出場 1992 バルセロナ
最高成績 Bronze medal.svg 銅メダル(1992, 1996, 2000
ワールドカップ (男子) / (女子)
出場回数 4回
初出場 1998 アテネ
最高成績 Bronze medal world centered-2.svg 3位(2010
欧州選手権
最高成績 Gold medal europe.svg 優勝(1937, 1939, 2003
ユニフォーム
Kit body lithuania15light.png
ホームジャージ
Kit shorts lithuania15light.png
チームカラー
ホーム
Kit body lithuania15dark.png
アウェイジャージ
Kit shorts lithuania15dark.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示

バスケットボールリトアニア代表リトアニア語: Lietuvos nacionalinė krepšinio rinktinė)は、リトアニアバスケットボール連盟により国際大会に派遣されるバスケットボールのナショナルチームである。

歴史[編集]

1937年欧州選手権に初出場し、優勝。リトアニアカウナスで開催された1939年欧州選手権でも優勝し連覇を果たした。リトアニアは1940年ソヴィエト連邦に編入される。その後、ソ連代表にリトアニア出身の選手が主力として多く起用され、ソ連は世界屈指の強豪となる。

リトアニアは1990年にソ連からの独立回復を宣言。1992年に国際バスケットボール連盟に加盟し、その年のバルセロナオリンピックに出場。これがバスケットボール・リトアニア代表にとって初めてのオリンピック出場となった。この大会で銅メダルを獲得した後、アトランタ五輪シドニー五輪と3大会連続で銅メダルを獲得する。

1998年には世界選手権(現・FIBAワールドカップ)にも初出場。2010年大会で3位となった。

欧州選手権(ユーロバスケット)には1995年大会に出場し、準優勝。2003年大会では、1939年以来となる優勝を果たした。

主な国際大会成績[編集]

現在の選手[編集]

リオデジャネイロ五輪(2016年)に出場した選手は以下のとおりである。

歴代代表選手の一覧[編集]

選手は始めて代表に選ばれた年の順に並んでいる。太字の選手は、リオデジャネイロ五輪2016年)における代表選手。なお、世界世界選手権WCワールドカップEBユーロバスケットはプレイングコーチ(選手兼任監督)を指す。

歴代代表選手の一覧
37 39 92 93 94 95 96 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 12 13 14 15 16
大会 E
B
E
B

E
B

E
B


E
B

E
B

E
B

E
B

E
B

E
B

E
B



E
B
W
C
E
B

結果 Gold medal europe.svg Gold medal europe.svg Bronze medal.svg



Silver medal europe.svg Bronze medal.svg Bronze medal.svg

Gold medal europe.svg Bronze medal europe.svg Bronze medal world centered-2.svg Silver medal europe.svg Silver medal europe.svg




7
5
12

4
5
7
3
4
11
3
5


8


4


7
ケパラス
サチクス
ジュカス
ダウクシャ
タルズナス
アンドルリス
クリャウチューナス
ニコルスキス
バルトルーナス
プジナウスカス
ペトラウスカス
マジェイカ
シュリューパス
ノルクス
ブドリューナス
ユルゲラ
リュビナス
ルズギース
レスチンスカス
ディマヴィチュス
パズドラズディス
ブラズダウスキス
ヨヴァイシャ
ヴィソツカス
クラピカス
ホミチュス
クルティナイティス
Š・マルチュリョニス
A・サボニス
カルニショヴァス
エイニキス
ルクミナス
マルケヴィチュス
ティミンスカス
シュトンベルガス
ヴァイシュヴィラ
シェシュトカス
パチェサス
アドマイティス
マスコリューナス
ユルクーナス
プラシュケヴィチュス
E・ジュカウスカス
ヤシケヴィチュス
M・ジュカウスカス
マシュリス
K・マルチュリョニス
ギエドライティス
シシュカウスカス
ソンガイラ
スラニナ
カウケナス
ヤフトカス
シャレンガ
マツィヤウスカス
グスタス
K・ワヴリノヴィチ
ギネヴィチュス
シリンスキス
セラピナス
ルカウスキス
ヤサイティス
D・ワヴリノヴィチ
ヤンクーナス
クレイザ
デリニンカイティス
カルニエティス
マチュリス
プレケヴィチュス
ペトラヴィチュス
マジュティス
ヨマンタス
アンドリュシュケヴィチュス
クリマヴィチュス
ゲツェヴィチュス
ポツィウス
セイブティス
ヴァランチューナス
ドゥルキース
カヴァリャウスカス
モティエユーナス
クズミンスカス
ヴァシリャウスカス
ユシュケヴィチュス
レカヴィチュス
ガイリュス
ミラクニス
D・サボニス
グリゴニス
カリニャウスカス
37 39 92 93 94 95 96 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 12 13 14 15 16
大会 E
B
E
B

E
B

E
B


E
B

E
B

E
B

E
B

E
B

E
B

E
B



E
B
W
C
E
B

歴代代表ヘッドコーチの一覧[編集]

ヘッドコーチは初めて就任した年の順に並んでいる。太字のヘッドコーチは、リオデジャネイロ五輪2016年)におけるヘッドコーチ。なお、世界世界選手権WCワールドカップEBユーロバスケットはプレイングコーチ(選手兼任監督)を指す。

歴代代表ヘッドコーチの一覧
37 39 92 93 94 95 96 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 12 13 14 15 16
大会 E
B
E
B

E
B

E
B


E
B

E
B

E
B

E
B

E
B

E
B

E
B



E
B
W
C
E
B

結果 Gold medal europe.svg Gold medal europe.svg Bronze medal.svg



Silver medal europe.svg Bronze medal.svg Bronze medal.svg

Gold medal europe.svg Bronze medal europe.svg Bronze medal world centered-2.svg Silver medal europe.svg Silver medal europe.svg




7
5
12

4
5
7
3
4
11
3
5


8


4


7
クリャウチューナス
リュビナス
ガラスタス
カズラウスカス
シレイカ
ブタウタス
ケムズーラ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FIBA World Ranking, men”. FIBA (2016年8月21日). 2016年8月26日閲覧。

関連項目[編集]