2019年FIBAバスケットボール・ワールドカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2019年FIBAバスケットボール・ワールドカップFIBA Basketball World Cup 2019)は2019年に中国で開催される予定の第18回FIBAバスケットボール・ワールドカップである。当初予定だった2018年より1年遅らせて2019年の開催となり、1967年大会以来FIFAワールドカップと別の年に開催されることになった。また、出場枠もそれまでの24から32に増加される[1]

2015年3月にFIBA評議員会でアジアでの開催が決定し、8月に東京で行われた同評議員会で中国もしくはフィリピンの中から開催国をFIBA理事が投票[2]。その結果、14対7で中国が開催権を獲得した[3]。アジアでの開催は2006年の日本大会以来3度目である。

開催地立候補[編集]

Country 国内協会
フィリピンの旗 フィリピン フィリピンバスケットボール連盟

フィリピンは1978年に1度開催経験がある。

中華人民共和国の旗 中国 中国バスケットボール協会

中国は2008年に北京オリンピックが開催されており、開催が実現すればFIBA主催大会としては2002年女子世界選手権以来となる。

会場[編集]

北京市 南京市
五か松体育館 青奥体育公園体育館
Capacity: 18,000 Capacity: 20,000
(new venue)
Multicoloured Wukesong Arena Facade (crop).jpg
蘇州市 武漢市
蘇州工業園区体育中心
(new venue)
武漢体育館
Capacity: 13,000 Capacity: 13,000
Venues within 広東省
東莞市 仏山市
東莞藍球中心
Foshan Metro Sports Arena
(new venue)
Capacity: 16,000 Capacity: 14,700
広州市 深セン市
広州国際体育演芸中心 深セン大運中心体育館
Capacity: 18,000 Capacity: 18,000


出場枠[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]