チャンピオン (スポーツ衣料)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャンピオンのロゴマーク

チャンピオン(Champion)は、アメリカ合衆国のスポーツ衣料メーカー。ノースカロライナ州ウィンストン・セーラムに本社を置くヘインズブランズの子会社。

ヘインズブランズの会社としてはヘインズに次ぐ2番目の規模である。Tシャツポロシャツパーカーショーツスウェットジャケットスポーツブラスカートなどを発売している。

歴史[編集]

1919年に東欧系ユダヤ人移民のサイモン・フェインブルームによって「Champion Athleticwear」としてニューヨーク州ロチェスターで設立された[1]。当初はセーターを発売していたがサイモンが亡くなった後、1920年に彼の息子たちがTシャツ、靴下、防寒用の下着などを販売、1924年にはミシガン大学により同社のスウェットシャツが採用され、その後全米各地に同社製品が広まるきっかけとなった。1938年には同社のリバースウィーブが特許を獲得した。

メッシュのシャツを最初に開発、パーカー、スポーツブラ(1977年)なども他社に先駆けて開発している。スポーツブラのサイズは32Aから44DDDまでを備えている[2]。1967年に社名が「チャンピオン・ニットウェア・カンパニー」から「チャンピオン・プロダクツ社」に改められた。1969年に現在も利用されているロゴマークができあがる[3]

1989年にサラリーコーポレーションの傘下に入り、ノースカロライナ州ウィンストン・セーラムに本社を移した。1992年にはバルセロナオリンピックに出場する「ドリームチーム」の公式ユニフォームサプライヤーとなり、1994年リレハンメルオリンピックアメリカ合衆国選手団の公式ユニフォームサプライヤー、同年のバスケットボール世界選手権でのドリームチームII、1996年のアトランタオリンピックでのドリームチームIIIのユニフォームも提供した[4]NBAの全チームとの間で2000年まで、NFLの全チームとの間で1999年から2000年までレプリカジャージのライセンス契約を結んでいた。

2011年5月、ウサーマ・ビン・ラーディンの死に狂気するアメリカ国民の行動に疑問を感ずるコメントをTwitter上で行ったピッツバーグ・スティーラーズラシャード・メンデンホールに対して同社を代表する人物としてふさわしくないとこれまで結んでいたスポンサー契約を解除した[5]。なお、メンデンホールの発言に対してはスティーラーズの球団社長、アート・ルーニーや、 同僚のジェームズ・ファリアーから理解しがたい、軽率な振る舞いであったと苦言を呈されている[6]

日本市場[編集]

日本では1975年にゴールドウインが契約を結び一時は200億円以上の売り上げを記録したが2011年現在は数十億円の売り上げとなっている[7]

日本で行われた2006年バスケットボール世界選手権でもオフィシャルスポンサーを務め、およそ4500人に及ぶ大会ボランティアへのスタッフウェアが代理店の日本サラ・リー(現・ヘインズブランズ ジャパン[8])より配布された[9]

2010年3月6日、大阪市西区に直営店としては宇都宮市札幌市に次いで3店目[10]、初の路面店が開店[11]、その後同年3月20日に福岡店、9月17日には新潟市中央区新潟店(路面店)[12]、2011年2月26日には東京都渋谷区神宮前に原宿店(路面店)がオープンした[13]

2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震に伴う東日本大震災の被災者に対して米ヘインズブランズ社、ヘインズブランズ ジャパン社などの一員としておよそ2.2億円の衣料品の寄付を行った[14]

主なスポンサー契約先[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ チャンピオンの歴史 1919-1930's”. チャンピオン. 2011年5月7日閲覧。
  2. ^ Champion Athleticwear history”. チャンピオン (2010年12月). 2011年5月7日閲覧。
  3. ^ チャンピオンの歴史 1940's-1960's”. チャンピオン. 2011年5月7日閲覧。
  4. ^ チャンピオンの歴史 1970's-1990's”. チャンピオン. 2011年5月7日閲覧。
  5. ^ メンデンホール、ビンラディン失言でスポンサー契約失う”. NFL JAPAN (2011年5月6日). 2011年5月7日閲覧。
  6. ^ メンデンホールのビンラディン発言、同僚ファリアーも苦言”. NFL JAPAN (2011年5月15日). 2011年8月2日閲覧。
  7. ^ ゴールドウインの「チャンピオン」、復活へ米ヘインズと協業、カジュアルも強化”. 日々流通新聞 (2011年4月8日). 2011年5月7日閲覧。
  8. ^ ヘインズ ブランズジャパンとは”. ヘインズブランズ ジャパン. 2011年5月7日閲覧。
  9. ^ 「チャンピオン」06年FIBAバスケットボール世界選手権をサポート”. エスエスケイ (2006年7月24日). 2011年5月7日閲覧。
  10. ^ ヘインズブランズ/チャンピオンブランドの直営店・コーナーを強化”. 流通ニュース (2010年3月6日). 2011年5月7日閲覧。
  11. ^ 「CHAMPION堀江店」「FILSON堀江店」をオープン!! ~高感度な大阪堀江エリアに出店~”. ゴールドウイン (2010年3月6日). 2011年5月7日閲覧。
  12. ^ 2010年9月17日(金) ~甲信越・北陸地区では初出店~「CHAMPION新潟店」をオープン!!”. ゴールドウイン (2010年3月6日). 2011年5月7日閲覧。
  13. ^ 2011年2月26日(土)原宿、キャットストリートに「CHAMPION原宿店」をオープン!!”. ゴールドウイン (2010年3月6日). 2011年5月7日閲覧。
  14. ^ 【米国ヘインズブランズ社も、被災地支援へ】 (PDF)”. ヘインズブランズ ジャパン (2011年4月5日). 2011年5月7日閲覧。
  15. ^ Champion presents the new Greek National Basketball team jersey Archived 2011年7月8日, at the Wayback Machine.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]