エスエスケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 エスエスケイ
SSK Corp.
エスエスケイ 本社ビル
エスエスケイ 本社ビル
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
542-0062
大阪府大阪市中央区上本町西1-2-19
設立 1946年11月1日
業種 その他製品
法人番号 2120001075481 ウィキデータを編集
事業内容 スポーツ用品の製造販売
代表者 代表取締役社長 佐々木恭一
資本金 9,828万円
売上高 549億4,300万円
純利益 7億7,479万4,000円(2020年07月20日時点)[1]
総資産 303億3,287万9,000円(2020年07月20日時点)[1]
従業員数 613人
主要子会社 佐々木工業
廈門恭成体育用品有限公司
エスエスナイキ
SSKエンタープライズ
外部リンク https://www.ssksports.com/
テンプレートを表示

株式会社 エスエスケイSSK)は、大阪市中央区上本町西に本社をおく野球を主としたスポーツ用品メーカーである。

会社概要[編集]

1946年11月1日佐々木恭三京都市下京区に運動具店を創業。のちに1950年大阪市中央区松屋町に移し、社名を「株式会社 佐々木恭商店」と改める。1956年に「佐々木株式会社」(佐々木スポーツ/ササキスポーツ)に社名を変更、1972年に現在地の上本町に本社を移す。1983年に創業者・佐々木恭三死去。1987年に現社名に変更[2]。社名のエスエスケイは、創業者・佐々木恭三の苗字をローマ字に直した「SaSaKi」から来ている。

ミズノと同様、野球用品を主力として製造販売を手がけ、プロアドバイザリースタッフとしては、元阪神タイガース村山実、元読売ジャイアンツ柴田勲を皮切りに、現在は幅広いプロ野球選手とのプロアドバイザリースタッフ契約を結んでいる。村山は、現役引退翌年の1973年から1976年まで、野球解説者としての活動と並行しながら正社員(開発室長)として勤務していた。

また、2005年からはプロ野球セントラル・リーグ審判部とも、審判服審判用具の契約を結んでいる(パシフィック・リーグミズノと契約。2003年までは両リーグ審判部は、ミズノと契約をしていた。)

野球以外のスポーツ用品では、デンマークに本拠を置くサッカー用品の「ヒュンメル」やドイツに本拠を置くアウトドア用品の「ショッフェル」の国内総代理店として商品を取り扱っている。

なお、まぐろツナ缶やフルーツ等缶の食品メーカーである清水食品や、造船メーカーの佐世保重工業(いずれも略称はSSK)は当社とは全く関係がない。

契約選手[編集]

坂本勇人岡本和真桜井俊貴戸郷翔征西勇輝梅野隆太郎北條史也大島洋平平田良介岡田俊哉三上朋也石田健大川端慎吾中村晃秋吉亮安達了一後藤駿太中村剛也平良海馬田中和基秋山翔吾

主要役員[編集]

  • 社長:佐々木恭一
  • 常務取締役:伊藤義博
  • 常務取締役:石田真義
  • 取締役:寿円佳宏
  • 取締役:久本浩三
  • 取締役:中井和良
  • 取締役:菊池真次
  • 監査役:久保利夫
  • 監査役:藤巻光雄

(2013年10月時点)

スポンサー番組・CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 株式会社エスエスケイ 第71期決算公告
  2. ^ 当時はアルファベットによる商号登記が認められず、2002年の法改正で商号のアルファベット使用が解禁されたものの、現在も登記上の社名はカタカナのままである。

外部リンク[編集]