中村晃 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村 晃
福岡ソフトバンクホークス #7
HAWKS60-NAKAMURA.jpg
2013年9月29日 福岡ヤフオク!ドーム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県朝霞市
生年月日 (1989-11-05) 1989年11月5日(28歳)
身長
体重
175 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 左翼手右翼手一塁手
プロ入り 2007年 高校生ドラフト3巡目
初出場 2011年5月3日
年俸 1億5,000万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表
プレミア12 2015年

中村 晃(なかむら あきら、1989年11月5日 - )は、埼玉県朝霞市 出身の[2]福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手外野手内野手)。

経歴[編集]

小学校2年生で野球を始めた。当時は内野手兼投手だったが、同級生に大田阿斗里横浜ベイスターズに入団)や垣ヶ原達也(青学大日立製作所)といった好投手がおり、投手としての自分に限界を感じて野手を志したという。子どもの頃は埼玉西武ライオンズのファンだった[3]

帝京高等学校入学後1年夏からベンチ入り。1年秋から「不動の4番打者」に君臨して[2][4]、2年夏から3季連続で甲子園に出場[5]。2年秋からは主将を務め、高校通算本塁打は60本を記録した[6][5]。3年夏の甲子園では15打数で7安打を記録[5]。監督の前田三夫曰く、「下級生が4番に座ることに対して不平不満を誰もいわないくらいに勝負強かった」という[4]

2007年度高校生ドラフト会議にて福岡ソフトバンクホークスから3巡目指名を受け、同年10月22日に契約金5,000万円、年俸600万円(いずれも推定)で仮契約した。担当スカウトは作山和英[7]背番号は「60」。

プロ入り後[編集]

2014年10月29日日本選手権シリーズ第4戦10回裏サヨナラ3点本塁打を打つ

帝京高監督の前田三夫の方針により一塁を守っていたが、自身の強肩・俊足を生かすためか、本人の意向でプロ入りに際し外野手へ転向。目標の選手として、当時のチームメイトで同じ左投左打の外野手である柴原洋大村直之の名前を挙げている。

2008年10月13日フェニックスリーグの対読売ジャイアンツ戦で監督の秋山幸二が視察した際に、推定飛距離120メートルの特大アーチを放った[8]

2010年は、台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表に選出された。

2011年は、長谷川勇也の不調やホセ・オーティズ松中信彦の故障でチャンスがめぐってくる。5月3日一軍に初招集されると即日に代走で初出場。10日には8番左翼手で初スタメン出場し、寺原隼人から初安打、初打点。さらに同じ回に3盗を決め初盗塁。川崎宗則の安打で初得点、さらにはその後も2安打を放ち初の猛打賞を記録した。

2012年は、初の開幕一軍スタート。一軍では思うような結果を残すことができなかったが、自己最多の39試合に出場した。二軍では首位打者と最高出塁率の二冠を達成した[6]

2013年は、オープン戦で.305の高打率を残し、開幕一軍を手にした。3月31日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦の5回、代打で迎えたシーズン初打席でショートゴロを打ち、一塁にヘッドスライディングした際に右手小指を骨折し[6]、戦線離脱を余儀なくされた。それでも5月半ばに復帰すると、優れた選球眼、バットコントロール、高い出塁率[9]を評価され1番打者に定着。チームの交流戦優勝に大きく貢献した。結果的には自身初めて規定打席に到達し、打率.307(リーグ7位)、出塁率.392(同4位)の好成績を残した[10]

オフの11月には、台湾で行われた「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」の日本代表に選出された[11]

2014年は、34月は月間打率.286だったが、5月.299、678月と夏場にさしかかって三カ月連続で月間打率3割をキープした[12]。開幕からレギュラーを務め自己最多の143試合に出場し、主に一番打者(99試合)として活躍した。176安打で初の最多安打タイトルを獲得するなど[13]、75得点(リーグ5位)、4三塁打(同8位)、59四球(同10位)、出塁率.375(同9位)などの好成績を残し、チームの優勝に大きく貢献した。

阪神タイガースとの日本シリーズ第4戦では、10回裏呉昇桓からサヨナラ3ラン本塁打を放った[14]

シーズンオフには日米野球2014日本代表に選出されたが[15]、怪我のため出場辞退した[16]11月30日に背番号を「7」へ変更することが発表された[17]

2015年は打率.300(リーグ5位)、152安打(同5位)、66四球(同7位)、出塁率.386(同6位)、得点圏打率.375(120打数45安打、同2位)などの好成績を残し、チームのリーグ2連覇に大きく貢献した。 10月4日の対楽天戦において、9回表に決勝打となる適時打を放ち、この勝利がチームの1956年の南海ホークス以来、56年ぶりの90勝到達となる[18]

東京ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは、10月25日の第2戦で昨年の日本シリーズ第4戦のサヨナラ本塁打に続く2年連続の日本シリーズでの本塁打を記録[19]。チームの日本一連覇に寄与する。

また、7月16日第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出され[20]9月10日に第1回WBSCプレミア12の日本代表候補選手に選出され[21]たが、日本代表最終ロースター28名には選出されなかった。しかし、11月1日内川聖一の代わりに日本代表に選出された[22]11月14日台湾桃園国際野球場で行われたオープニングラウンドグループB、対アメリカ代表戦では、右翼手で先発出場し3安打。翌15日の対ベネズエラ代表戦では、1点ビハインドの9回裏1死満塁の場面で、相手の暴投で同点の後、レフト前適時打を放ち、オープニングラウンド全勝通過に貢献する[23]。翌16日の準々決勝、対プエルトリコ代表戦においても、2安打2四球1敵失で全5打席で出塁して勝利に貢献した[24]

12月22日、福岡ヤフオク!ドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4,300万円アップの年俸1億2,000万円(金額は推定)でサインした[25]

2016年開幕前の2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」の日本代表26名に選出されたことが発表された[26]

レギュラーシーズンは、楽天との開幕戦を7番・左翼手で迎え、3月26日の第2回戦では同点適時打を放ち、今季初打点を記録する[27]4月2日の対北海道日本ハムファイターズ戦では、プロで初めて5番打者で出場。決勝点を犠飛で挙げる[28]5月1日の対埼玉西武ライオンズ戦では、今季1号3ラン本塁打を放ち[29]9月22日の対日本ハム戦では、自身キャリアハイの7号ソロ本塁打を記録した[30]。今シーズンは、打率は(レギュラー定着後としては自己最低の).287にとどまったが、BB/Kがリーグ1位の「1.87」を記録したこともあり、出塁率はリーグ3位の.416であった。4月17日の対楽天戦においての死球での途中交代や[31]9月4日の対楽天戦で右太もも裏を痛めての途中交代があったが[32]、2年振りに全試合出場を達成する。

日本ハムとのクライマックスシリーズファイナルステージでは、10月14日の第3戦にソロ本塁打を放つ[33]

シーズンオフの10月31日に辞退した柳田悠岐の代替選手として「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に追加招集された[34]。高い出塁能力が評価されたこともあり、12月13日、3,000万円アップの1億5,000万円(金額は推定)で契約を更改[35]

2017年は、3月24日オープン戦、対広島東洋カープ戦で2安打を放ち、オープン戦首位打者に立つ[36]3月31日のロッテとの開幕戦では、6番左翼手で先発出場。2安打のスタートをきる [37]5月8日までに打率.241と低迷するが[38]5月10日の対オリックス・バファローズ戦で、今季初本塁打を放つなど[39]5月の月間打率は.337と復調をみせる。6月7日セ・パ交流戦、対ヤクルト戦では、今季4度目の猛打賞を記録し、打率も.285と上げる[40]7月2日の楽天との首位攻防戦では、これまで5試合で無失点と抑えられていた松井裕樹から松田宣浩とともに連続適時打で3点を奪い、チームは首位楽天にマイナス0.5ゲーム差で迫った[41]7月27日の楽天との首位攻防戦においても、決勝打となる適時打を放ち[42]、チームの2年振りのリーグ優勝に貢献した。今シーズンは、打率.270と下げたが2年連続の全試合出場を達成。外野守備では8月16日の対オリックス戦での9回同点のピンチを救う補殺など[43]、自己最多の補殺6を記録。2014年以来、100試合以上出場した中で最高の守備率.996をマークした。

楽天とのクライマックスシリーズファイナルステージにおいて、10月19日の第2戦では、チャンスでのバント失敗で得点にならず敗戦となるが、10月20日の第3戦で、6回以降、両チーム同点のまま無得点が続いて迎えた8回裏2死一塁の場面で、福山博之から決勝となる2ラン本塁打を放つ[44]10月21日の第4戦においては、1点ビハインドの6回裏に、宋家豪から4番内川聖一5番中村の連続ソロ本塁打を放ち逆転するなど活躍し[45]日本シリーズに進出する。第3戦で本塁打を打ち守備につく際には思わず涙した[46]

横浜DeNAベイスターズとの日本シリーズでは、10月29日の第2戦、1点ビハインドの7回裏、2死満塁の場面で、ライト前に適時打。二塁走者今宮健太のリプレー検証となる際どいタイミングでの好走塁で2点逆転決勝打となる[47]11月2日の第5戦では、石田健大から2ラン本塁打を放ち、2014年、2015年に続く日本シリーズでの本塁打を記録する[48]11月4日の第6戦においては、同点で迎えた延長11回裏、2死一、二塁の場面で、川島慶三のライト前ヒットで二塁走者としてホームへ激走。ヘッドスライディングで日本一を決めるサヨナラ適時打のランナーとなり[49]、2年振りのチームの日本一奪還に貢献した。

選手としての特徴[編集]

中村晃の打撃フォーム
  • 極端なオープンスタンスの構えから、左脇を開閉しながら、右脚を数秒間上げてタイミングをとる「脇パカ打法」と呼ばれる独特の打撃フォームである。

打撃[編集]

帝京高校時代は1年秋から4番に君臨して、高校通算60本塁打を放つ強打者であったが、高校時代の恩師である前田三夫曰く、高校時代から「長打を打つだけではなく、場面に応じて逆方向に打ったりバントを厭わない、チームバッティングができる打者」であったという[4]。また、スポーツライターの安倍昌彦は、高校時代から既に「バットの真っ芯で捉える」「インパクトの一瞬に全身の力を集中させる」「“決めた1球”を決して逃さない」技術を併せ持つ稀有な打者であったと高く評価している[50]

プロ入りにあたって、「高校生のときはホームラン打者でしたが、プロでは首位打者を獲れるような打者になりたいです」と述べている[5]。監督として指導した秋山幸二は「技術屋」[51]王貞治は「打撃職人」[52]と、それぞれ高く評価している。

高い打撃技術の中でも、選球眼や粘り強さに特に優れており[53]、本人も選球眼の向上や出塁率に強いこだわりを持っているとのこと[54]。本人曰く、「ボールがしっかり見えているかどうか(を大切にしている)。そうすればボール球を見極められて、手を出すことは少なくなる」とのことである[54]。特に「BB/K」(四球と三振の割合から打者の選球眼を見る指標)は、2015年(1.40)、2016年(1.87)と、2年連続でリーグ1位の成績であり、2016年シーズン終了時点では、通算でも「1」を上回っている。また、バットコントロールは「類稀なる」と評価されるほどであり[53]、一例として2016年シーズンを挙げると、コンタクト率(スイングに対してバットが当たった割合)が「93.5%」(リーグ1位)、ボールゾーンスイング率が「19.5%」(リーグ2位)、「PA/K」(1三振までに掛かる打席数)が「11.55」(リーグ1位)と、選球能力の高さが指標で示されている[53][55]。打球方向の40%以上が左方向であるスプレーヒッターである[注 1]

斉藤和巳は、「相手投手にとって本当に嫌な存在だったと思います。弱点がないですから、ピッチャーはどこに投げていいのかわからないですね」と高く評価している[56]。状況判断能力や出塁能力に優れることから、チーム状況に応じて複数の打順で起用されることが多く、例えば2016年シーズンは、「1番(25試合)、2番(2試合)、3番(19試合)、5番(9試合)、6番(39試合)、7番(49試合)」と、6つの打順で起用された[53]

走塁・守備[編集]

先述のように、粘り強さや選球眼を持ち味とする打撃が特徴として述べられることが多いが、守備の評価も高い。帝京高校時代は、左利きであることやチーム事情もあり、一塁手が定位置であったが、前田曰く、入学当時から「天性のハンドリング」を誇っていたという[4]。プロ入り後は左翼手右翼手としての出場が多いが、2016年のRF(レンジファクター)は「2.08」(外野手としてリーグ3位)であり、広い守備範囲の持ち主である[57]。外野手部門で3度のゴールデングラブ賞受賞歴がある柴原洋は「打撃がクローズアップされるけど、もともと守備のうまさはある。スローイングもブレがなくなってきた。ゴールデングラブ賞も取れる」と評価している[58]

打撃、守備の両面において全力疾走を怠らない[52]

人物[編集]

前田が「野球に対する姿勢が素晴らしくストイック」と称賛するように、人一倍の努力家であり、シーズン中の休日返上練習や年末の(ヤフオクドームでの)「一人自主トレ」が話題になることが少なくない[4][59]ほか、2016年の契約更改では、ヤフオクドームでのライブ(コンサート)開催時に練習ができないことへの改善要望に交渉時間の多くを費やしたことが話題になった[60]。なお、年明けは母校(帝京高校)での自主トレが恒例であるという[4]

目標とする選手は岩村明憲(当時タンパベイ・レイズ所属)[5]。憧れの人物は大村直之松井稼頭央[61]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 ソフトバンク 33 52 48 6 8 1 0 0 9 2 4 0 4 0 0 0 0 11 0 .167 .167 .188 .354
2012 39 63 57 6 13 2 0 0 15 3 2 2 2 1 3 0 0 5 0 .228 .262 .263 .525
2013 109 492 427 77 131 22 2 5 172 44 7 9 2 2 54 1 7 59 12 .307 .392 .403 .795
2014 143 638 571 75 176 22 4 4 218 61 10 2 3 2 59 2 3 61 4 .308 .375 .382 .757
2015 135 590 506 58 152 22 0 1 177 39 7 4 9 3 66 0 6 47 7 .300 .386 .350 .735
2016 143 612 488 69 140 21 1 7 184 50 6 5 9 4 99 4 12 53 8 .287 .416 .377 .793
2017 143 600 511 66 138 19 2 6 179 42 3 5 14 5 67 0 3 57 5 .270 .355 .350 .705
通算:7年 745 3047 2608 357 758 109 9 23 954 241 39 27 43 17 348 7 31 293 36 .291 .379 .366 .751
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



一塁 外野
























2011 ソフトバンク 9 15 1 0 2 1.000 15 32 1 0 1 1.000
2012 14 96 10 0 6 1.000 15 4 1 0 0 1.000
2013 69 445 24 7 35 .985 65 79 5 0 2 1.000
2014 81 468 21 1 29 .998 100 146 5 1 1 .993
2015 55 306 25 3 20 .991 105 145 4 1 0 .993
2016 14 66 4 0 7 1.000 137 282 3 3 0 .990
2017 12 89 3 0 7 1.000 137 242 6 1 0 .996
通算:7年 254 1485 88 11 106 .993 574 930 25 6 4 .994
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 60 (2008年 - 2014年)
  • 7 (2015年 - )

登場曲[編集]

  • 「ワンダフルデイズ」ONE☆DRAFT(2011年)
  • 「今走り出せば」いきものがかり(2012年)
  • 「with you」ゆず(2012年)
  • ツヨクツヨクももいろクローバーZ (2013年)
  • ココ☆ナツ」ももいろクローバーZ (2013年)
  • ワイルド アット ハート (2013年)
  • Only One。ハジ→ (2013年)
  • 夏を抱きしめてTUBE (2013年)
  • 夏だね」TUBE (2013年)
  • PUSH」ももいろクローバーZ(2014年)
  • 「BAD BOY」BIGBANG (2014年 - 2015年)
  • 「RINGA LINGA」SOL (from BIGBANG) (2014年)
  • 「BODY -KR Ver.-」SOL (from BIGBANG) (2014年)
  • 「ドアの向こうへ」fumika (2015年 - 2016年)
  • たいせつな光」fumika (2015年)
  • LINK LINK」ももいろクローバーZ(2015年)
  • 「GOOD BOY」BIGBANG (2015年)
  • 「BAE BAE」BIGBANG (2015年)
  • 「SOBER(韓国語.ver)」BIGBANG (2016年)
  • 「WINGS(JPN Ver.)」D-LITE(from BIGBANG) (2016年)
  • 「ONLY LOOK AT ME」SOL (2016年)
  • 「WITHOUT YOU」G-DRAGON Feat. ? OF YG NEW GIRL GROUP (2016年)
  • 「SINOSIJAK(韓国語.ver)」iKON (2016年)
  • 「RHYTHM TA (KR ver.)」iKON (2016年)
  • 「LOVE ME RIGHT(韓国語.ver)」EXO (2016年)
  • 「걸어 All In」 MONSTA X(2016年)
  • 「Save me」 防弾少年団(2016年)
  • 「ラッキーセブン」 AKB48(2016年 - )
  • 「Hero」 安室奈美恵(2016年)
  • 「Treasure」 Bruno Mars(2017年)
  • 「FXXK IT」 BIGBANG(2017年)
  • 「Fighter」 fumika(2017年)
  • 「Lose Yourself」 エミネム(2017年)
  • 「Happy」 ファレル・ウィリアムス(2017年)
  • 「Candyman」 ZEDD & Aloe Blacc(2017年)
  • 「助演男優賞」 Creepy Nuts(2017年)
  • 「アグレッシ部」 KREVA(2017年)
  • 「Moonshine」Bruno Mars(2017年)
  • 「All Time Low」Jon Bellion(2017年)
  • 「Top Of The World」Zeebra(2017年)
  • 「Hangover」AK-69(2017年)
  • 「Despacito (Remix)」Luis Fonsi, Daddy Yankee feat. Justin Bieber(2017年)
  • 「KINGPIN」AK-69(2017年)

[62]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一例として、2016年シーズンは、左方向への打球が43.5%、右方向への打球が37.9%である。

出典[編集]

  1. ^ 中村晃、本拠地使わせて イベントで今月半分使えず”. 西日本新聞. 2016年12月22日閲覧。
  2. ^ a b “ソフトB中村が7回決勝の貯金1打”. ニッカンスポーツ. (2013年7月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130710-1154924.html 2013年7月10日閲覧。 
  3. ^ 2014/12/23付 日刊スポーツ
  4. ^ a b c d e f 第11回 中村晃選手 「勝負強く、ストイックで、器用さもあり理想的な野球選手だった」”. 高校野球ドットコム. 2016年12月22日閲覧。
  5. ^ a b c d e 『月刊ホークス』2008年2月号、P12
  6. ^ a b c 週刊ベースボール2013年9月9日号、P103-P105
  7. ^ 2007/10/12付 西日本スポーツ
  8. ^ プロ野球選手カラー名鑑2009 日刊スポーツ出版社、2009年、P95
  9. ^ 月刊ホークス2013年12月号、P10
  10. ^ “侍J・小久保監督がソフトB視察!中村&今宮代表入りへ”. サンケイスポーツ. (2013年10月23日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131023/npb13102305020002-n1.html 2013年10月23日閲覧。 
  11. ^ 2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ トップチーム 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年3月30日閲覧
  12. ^ 福岡ソフトバンクホークス優勝記念号週刊ベースボール10月31日号増刊,P72
  13. ^ 中村が最多安打 初タイトル獲得読売新聞2014年10月8日[リンク切れ]
  14. ^ 中村サヨナラ弾!ソフトバンク福岡で胴上げだ 日刊スポーツ 2014年10月30日
  15. ^ 2014年10月9日 侍ジャパン「2014 SUZUKI 日米野球」出場選手発表! 侍ジャパン公式サイト (2014年10月9日) 2015年3月26日閲覧
  16. ^ “侍ジャパントップチーム 追加招集選手のお知らせ”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. (2014年11月9日). http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20141109_1.html 2014年11月9日閲覧。 
  17. ^ 背番号の変更について 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2014年11月30日閲覧。
  18. ^ ソフトバンクが年間90勝、南海時代1956年以来”. 日刊スポーツ (2015年10月4日). 2017年12月13日閲覧。
  19. ^ ソフトバンク中村晃、2年連続日本S弾「まさか」”. 日刊スポーツ (2015年10月25日). 2017年12月13日閲覧。
  20. ^ トップチーム第一次候補選手発表!11月に行われる「WBSC世界野球プレミア12」へ向けて65名が名を連ねる 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年7月16日) 2015年8月4日閲覧
  21. ^ 「WBSC世界野球プレミア12」侍ジャパントップチーム候補選手45名を発表 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年9月10日) 2015年9月20日閲覧
  22. ^ 侍ジャパントップチーム、出場選手変更のお知らせ野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年11月1日配信
  23. ^ 侍中村晃がサヨナラ打「まさか自分に回るとは」”. 日刊スポーツ (2015年11月15日). 2017年12月13日閲覧。
  24. ^ 侍中村晃2安打2四球「甘い球を打てている」”. 日刊スポーツ (2015年11月16日). 2017年12月13日閲覧。
  25. ^ ソフトバンク中村晃1億円突破「目標は首位打者」”. 日刊スポーツ (2015年12月22日). 2017年12月13日閲覧。
  26. ^ 3月開催の侍ジャパン強化試合、出場26選手発表! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年2月15日) 2016年2月17日閲覧
  27. ^ ソフトバンク今宮「体がうまく反応」中村晃と連打”. 日刊スポーツ (2016年3月26日). 2017年12月13日閲覧。
  28. ^ ソフトバンク中村晃、プロ初の5番で勝利に貢献”. 日刊スポーツ (2016年4月3日). 2017年12月13日閲覧。
  29. ^ ソフトバンク中村晃1号3ラン「打った瞬間入った」”. 日刊スポーツ (2016年5月1日). 2017年12月13日閲覧。
  30. ^ ソフトバンク中村晃先制弾「よく入ってくれました」”. 日刊スポーツ (2016年9月22日). 2017年12月13日閲覧。
  31. ^ ソフトバンク中村晃が死球で途中交代”. 日刊スポーツ (2016年4月18日). 2017年12月13日閲覧。
  32. ^ ソフトバンク中村晃 6日オリックス戦出場志願”. 日刊スポーツ (2016年9月5日). 2017年12月13日閲覧。
  33. ^ ソフトバンク中村晃「いくしかない」反撃の1号ソロ”. 日刊スポーツ (2016年10月14日). 2017年12月13日閲覧。
  34. ^ 侍ジャパン強化試合 出場選手変更のお知らせ 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年10月31日) 11月4日閲覧
  35. ^ 中村晃、本拠地使わせて イベントで今月半分使えず”. 西日本スポーツ. 2016年12月22日閲覧。
  36. ^ ソフトバンク中村晃「内容悪くない」OP戦首位打者”. 日刊スポーツ (2017年3月25日). 2017年12月13日閲覧。
  37. ^ 2017/03/31(金)第1回戦 福岡ソフトバンク vs 千葉ロッテ”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年3月31日). 2017年12月13日閲覧。
  38. ^ ソフトバンク福田と高谷が男気!乱闘騒ぎで東浜守る”. 日刊スポーツ (2017年5月8日). 2017年12月13日閲覧。
  39. ^ ソフトバンク中村1号ソロ「打った瞬間はファウル」”. 日刊スポーツ (2017年5月10日). 2017年12月13日閲覧。
  40. ^ ソフトバンク中村晃4度目猛打賞「乗っていける」”. 日刊スポーツ (2017年6月8日). 2017年12月13日閲覧。
  41. ^ 工藤監督「いい戦い」松井裕攻略-0・5差首位王手”. 日刊スポーツ (2017年7月3日). 2017年12月13日閲覧。
  42. ^ ソフトバンク中村晃V打 監督「晃君が大きかった」”. 日刊スポーツ (2017年7月28日). 2017年12月13日閲覧。
  43. ^ ソフトバンク中村晃「無心」魅せた同点阻止レーザー”. 日刊スポーツ (2017年8月17日). 2017年12月13日閲覧。
  44. ^ 【パCS】ソフトB中村晃、千金V弾に「ホッとしました」前夜バント失敗”. 西日本スポーツ (2015年10月20日). 2017年12月13日閲覧。
  45. ^ 【パCS】ソフトB、日本シリーズに王手 連勝で3勝2敗に 中村晃が2試合連続で決勝アーチ”. 西日本スポーツ (2017年10月21日). 2017年12月13日閲覧。
  46. ^ ソフトバンク・中村晃の涙がこぼれたポストシーズン 選手とファンつながる瞬間は最大の魅力”. SANSPO.COM (2017年11月4日). 2017年12月13日閲覧。
  47. ^ ソフトバンク中村晃「健太に感謝」リプレー決勝打”. 日刊スポーツ (2017年10月29日). 2017年12月13日閲覧。
  48. ^ ソフトバンク中村晃やっと笑顔 2ランの裏に苦悩”. 日刊スポーツ (2017年11月3日). 2017年12月13日閲覧。
  49. ^ ソフトバンク・中村晃、延長十一回に歓喜の生還「球が跳ねたのでいけると」”. SANSPO.COM (2017年11月5日). 2017年12月13日閲覧。
  50. ^ “高校球児・中村晃”は邪険だった。それでも周囲に愛される、素の男。”. Number Web. 2017年1月15日閲覧。
  51. ^ 「技術屋、迷い消えた一打 ソフトバンク・中村晃」『朝日新聞』2013年8月25日
  52. ^ a b ソフトバンクの打撃職人・中村晃 王会長も絶賛する“粘り””. 週間ベースボールonline. 2016年12月22日閲覧。
  53. ^ a b c d ホークスV逸も高評価で1億5000万円到達 中村晃“リーグ屈指”の貢献度とは”. Full-Count. 2016年12月27日閲覧。
  54. ^ a b 中村晃、出塁率4割が自分の役割。強力ソフトバンク打線を支える男の哲学”. ベースボールチャンネル. 2017年2月8日閲覧。
  55. ^ 『ベースボール・タイムズ』vol.29(2016年冬号)、83頁。
  56. ^ ホークスOB・斉藤和巳が語る「3年ぶりVの立役者」web Sportiva 2014年10月3日
  57. ^ ずば抜けた守備力を誇る西武・秋山。データから今季のゴールデングラブ賞を予想【パリーグ】”. ベースボールチャンネル. 2016年12月22日閲覧。
  58. ^ 中村晃ゴールデングラブ目標 西日本スポーツ、2016.12.1
  59. ^ ソフトバンク中村晃ヤフオク1人練習「寂しかった」”. 日刊スポーツ. 2016年12月22日閲覧。
  60. ^ 中村晃、本拠地使わせて イベントで今月半分使えず”. 西日本新聞. 2016年12月22日閲覧。
  61. ^ ソフトB中村、憧れ松井稼から大絶賛”. 日刊スポーツ. 2017年8月20日閲覧。
  62. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年6月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]