秋吉亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋吉 亮
福井ネクサスエレファンツ #22
Fighters Ryo Akiyoshi.jpg
北海道日本ハムファイターズ時代
(2019年9月12日、東京ドームにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都足立区
生年月日 (1989-03-21) 1989年3月21日(33歳)
身長
体重
183 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト3位
初出場 NPB / 2014年4月1日
最終出場 NPB / 2021年10月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2017年
獲得メダル
日本の旗 日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球

秋吉 亮(あきよし りょう、1989年3月21日 - )は、東京都足立区出身のプロ野球選手投手)。右投右打。日本海オセアンリーグ福井ネクサスエレファンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年生の時に足立ジュニアヤンガースに入団。6年生の時に関東大会優勝を果たしている。足立区立江北中学校へ進学後は、同校の軟式野球部と軟式クラブ足立ヤンガースに所属。内野手、外野手をこなしつつ、2年生の時には捕手に指名されたという。

中学卒業後は「試合に出ることを考えて選んだ」という理由として東京都立足立新田高等学校へ進学。1年時の頃から一塁手としてスタメンへ定着、後に投手へ転向しエースとして活躍。2年生の秋の大会では早稲田実業高校と対戦し1対3で破れはしたが、中盤まで早実打線をノーヒットに抑える好投。これが秋吉にとって「大きな自信を得た」としている。この時早実のエースであった斎藤佑樹と投げ合っている[1]。3年時の夏は東東京予選で同高校史上初のベスト4入りを果たす。

高校卒業後は中央学院大学に進学し、4年春には最多勝、最多奪三振、ベストナイン、最優秀選手[2]となり、大学選手権では初戦完封、2回戦も救援勝利してベスト8[2]。秋も最多勝[3]でリーグ通算14勝を果たす。

2013年7月20日

大学卒業後はパナソニックに入社し硬式野球部に所属。入社2年目からエース格へと成長。都市対抗ベスト8、日本選手権ベスト4。第26回アジア野球選手権大会の日本代表に選出され3勝を記録し、日本の優勝に貢献した。ドラフト候補にも名前が上がっていたが会社の事情もあり残留を決意。翌年も都市対抗、日本選手権出場。ともにベスト8という成績を残した。

2013年10月27日に行われたプロ野球ドラフト会議東京ヤクルトスワローズから3巡目で指名を受け[4]、11月25日に契約金6000万円、年俸1200万円で入団に合意(金額は推定)[5]都立高校出身者のドラフト指名は2005年高校生ドラフト会議中日ドラゴンズに4巡目で指名された高江洲拓哉以来である[6][注 1]

ヤクルト時代[編集]

2014年は、オープン戦で先発として結果を残し、開幕ローテーション入りを勝ち取る[7]。4月1日の広島東洋カープ戦でプロ初登板、しかし2連敗となったため八木亮祐と入れ替わりで中継ぎに転向する[8]。5月13日の読売ジャイアンツ戦でプロ初勝利を記録[9]。同月26日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では、故障で離脱したオーランド・ロマンの代役として初セーブも挙げた[10]。その後も相次ぐリリーフ陣の不振、故障の中でセットアッパー、抑えとして安定した投球を続け、1年目からチームトップの61試合に登板する大車輪の働きを見せた。

2015年は、序盤は打たれる場面が目立ったが、徐々に持ち直して勝ち継投の一角に台頭する。9月には疲れの見えたロマンに代わり、主に7回を投げるセットアッパーとして活躍。最終的に球団記録となる74試合に登板して22ホールドを記録し、優勝に貢献した。

2016年は、開幕前の2月15日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」の日本代表26名に選出された[11]。シーズン開幕後はセットアッパーだったが、ローガン・オンドルセクの謹慎・退団を受け、抑えへ転向。9月10日の阪神タイガース戦で通算200登板を達成した。入団3年目での達成は稲尾和久以来2人目となる。最終的に19セーブを挙げ、救援失敗は僅か2回とヤクルト救援陣のなかでは抜群の安定感を見せた。オフの10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出された[12]

2017年はシーズン開幕前の3月に開催された第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選出された。都立高校出身選手がWBCに選出されたのは初だった。中継ぎとして6試合に登板。3月14日のキューバ戦で勝利投手となった。シーズンでは当初は前年同様抑えとして登板をしていたものの、6月30日の阪神タイガース戦において負傷し離脱。(キャリア初の故障による登録抹消となった。)その後復帰しセットアッパーとして活躍した。しかし、前述の故障の影響から登板数はキャリア最低の43登板に留まり、また前年までに比べやや安定感を欠くピッチングが多くキャリアワーストの敗北数(6敗)を数え防御率も3.35とキャリアワーストの数字となった。

東京ヤクルトスワローズ時代
(2018年4月7日、明治神宮野球場にて)

2018年は、開幕からセットアッパーを任されるものの不振が続き、その一方で中尾輝近藤一樹が好調だったため、セットアッパーから外れ主にロングリリーフなどを務めるようになった。それでも調子が上がることはなく、6月の交流戦中にキャリアで初めて成績不振による一軍登録抹消をされた。夏場に差し掛かり中尾が調子を落としたことを背景に1度昇格するが成績を残せず、後に昇格した2年目の梅野雄吾が中継ぎで結果を出し敗戦処理での登板が中心となる。しかし、やはり調子が上がらず9月末に再び登録抹消となった。故障のあった前年より更に登板数が減り、防御率も悪化し4点台となった。

日本ハム時代[編集]

2018年12月11日に高梨裕稔太田賢吾との交換トレードで谷内亮太とともに北海道日本ハムファイターズに移籍した[13]

2019年4月12日の千葉ロッテマリーンズ戦で移籍後初セーブを挙げた[14]。6月まで主に抑えで26試合に登板して12セーブ・5ホールド・防御率1.69を記録していたが、6月9日の阪神戦で右足に違和感を訴え、翌日10日に右足内側広筋および内転筋の肉離れ(ともに2度)と診断され[15]、6月11日に一軍登録から抹消された[16]。ただ、7月5日に一軍に復帰すると、7月17日には史上最少となる49セーブ目で全球団からセーブを達成した[17]。最終的には防御率2.96で、自己最多となる25セーブを挙げた。

2020年は、体重を過去最重量の88kgに増量してシーズンに臨む[18]。この年も開幕から抑えとして一軍で投げていたが7月10日のオリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)では3対1で迎えた9回にアデルリン・ロドリゲスに3ランの本塁打を許し敗戦投手となった[19]。その後は抑えとして再びセーブを積み重ねていたが8月20日の楽天戦(札幌ドーム)で9回に抑えとして0対3の場面で登板するも島内宏明に同点の3ランとなる本塁打を打たれ、試合は引き分けとなった[20]。9月2日の楽天戦(札幌ドーム)では3対0で迎えた9回に5失点を喫し敗戦投手となりこの翌日9月3日、一軍登録を抹消[21]。9月22日に再び一軍登録されたがその後も安定に欠ける投球が続いた。この年は不調もあり33試合に登板して1勝2敗12セーブ防御率6.37でシーズンを終えた。オフの12月10日に契約更改し[22]、半減の年俸5000万円でサインした。減額制限を超えていたが、翌年の成績次第では減額分を取り返すことが可能な出来高が付与された[23]

2021年は、増量して臨んだ前シーズンが不調だったことから、減量してから春季キャンプに臨んだ[18]。しかし、キャンプ中の練習試合では今一つな投球が続き[24]、開幕一軍入りを逃す。今期の一軍初登板は6月11日のDeNAとの交流戦までずれ込んだ[25]。8月17日、出場選手登録日数が7年に達し、国内FA権の資格を得た[26]。シーズンを通して一軍登板は僅か10試合にとどまり、11月16日に球団は保留手続きを行わないこととしたと発表し[27]、12月2日付で自由契約となった[28]

NOL・福井時代[編集]

2022年1月31日に独立リーグである日本海オセアンリーグ福井ネクサスエレファンツに入団することが発表された[29][30]

選手としての特徴・人物[編集]

右変則サイドスロー[31]から最速150km/h[32]ストレートに加え、スライダーチェンジアップシンカーを操る[33]。一番得意な変化球はスライダー[34]

サイドスローに転向したのは高校1年生の時、当時の監督からサイドスローの指導を受けたのがきっかけで「今よりも下から投げていて、球種はストレートとスライダーだけ」と振り返っている。大学1年生時にアンダースロー気味だったというフォームを今現在のサイドスローに修正している[1]

グラブをはめた左腕を胸元に引き寄せずに、左腕を開き、体の外側へと流す独特のフォーム[35]で、本人は「でんでん太鼓のイメージ」で投げているとのこと[36]

タレントなすびに似ていることから愛称は「なすび[37][38]。2019年のファンフェスティバルでは、着用した体操服のゼッケンに「秋吉なすび」と記し、2020年から使用する練習用グラブは“なす色”で発注している[39]。なお、なすび本人は秋吉が似ていると言われることを快く思っていないと勘違いしていたが、後にその話題に触れた記事で誤解であることを知り、自身のTwitterで「願わくは直接誤解を解く為の道筋を探りたい」などとツイート[39]。これを受け、秋吉は「なすびさんのTwitterを見ました。来年球場に招待したいので、忙しいとは思うけど来てもらえるとうれしい」と話している[39]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 ヤクルト 61 2 0 0 0 3 4 5 19 .429 276 71.0 52 10 19 2 0 62 0 0 20 18 2.28 0.97
2015 74 0 0 0 0 6 1 0 22 .857 305 76.1 51 6 28 3 6 81 2 0 24 20 2.36 1.03
2016 70 0 0 0 0 3 4 19 10 .429 279 70.0 50 6 15 3 6 68 1 0 17 17 2.19 0.89
2017 43 0 0 0 0 5 6 10 10 .455 177 43.0 38 3 11 1 1 39 2 0 17 16 3.35 1.14
2018 35 0 0 0 0 2 2 0 6 .500 166 38.1 40 5 12 4 2 24 0 0 20 18 4.23 1.36
2019 日本ハム 53 0 0 0 0 0 5 25 7 .000 212 51.2 38 6 19 3 2 48 0 0 19 17 2.96 1.10
2020 33 0 0 0 0 1 2 12 4 .333 131 29.2 30 6 11 0 0 28 0 0 21 21 6.37 1.38
2021 10 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 42 10.0 7 0 4 1 0 8 0 0 3 3 2.70 1.10
通算:8年 379 2 0 0 0 20 24 71 78 .455 1588 390.0 306 42 119 17 17 358 5 0 141 130 3.00 1.09
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

WBCでの投手成績[編集]










































2017 日本 3 0 1 0 0 9 2.2 0 0 2 0 0 2 0 0 0 0 0.00

年度別守備成績[編集]



投手












2014 ヤクルト 61 3 14 1 1 .944
2015 74 5 8 1 0 .929
2016 70 3 17 0 0 1.000
2017 43 4 5 0 0 1.000
2018 35 1 7 0 0 1.000
2019 日本ハム 53 2 6 0 0 1.000
2020 33 0 3 0 0 1.000
2021 10 2 2 0 0 1.000
通算 379 20 62 2 1 .976
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 14(2014年 - 2018年)
  • 39(2019年 - 2021年)
  • 22(2022年 - )

登場曲[編集]

  • 「守るべきもの」若旦那(2014年)
  • 「Everything's All Right」CTS(2014年)
  • 「No.1」SEita(2015年 - )[40]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年の育成ドラフト会議では石川柊太福岡ソフトバンクホークスから指名されている[6]

出典[編集]

  1. ^ a b 14年ぶりの優勝に貢献! 74試合登板のセットアッパー・秋吉の球歴とは?”. BASEBALL KING (2015年10月26日). 2021年10月5日閲覧。
  2. ^ a b 週刊ベースボール増刊 大学野球2010春季リーグ戦決算号 ベースボールマガジン社
  3. ^ 週刊ベースボール増刊 大学野球2010秋季リーグ戦決算号 ベースボールマガジン社
  4. ^ 【ヤクルト】3位パナ・秋吉は即戦力投手”. 日刊スポーツ (2013年10月24日). 2022年2月5日閲覧。
  5. ^ ヤクルト ドラフト指名選手紹介 2013年”. Baseball LAB. 2022年2月5日閲覧。
  6. ^ a b オリ・鈴木優が台頭!今こそ振り返りたい「都立の星」”. BASEBALL KING (2020年7月8日). 2022年2月5日閲覧。
  7. ^ ヤクドラ3右腕 開幕ローテ当確 小川監督「今の球なら安心」”. スポーツニッポン (2014年3月19日). 2021年10月5日閲覧。
  8. ^ ヤクルト ローテ再編 八木が先発、ルーキー秋吉は中継ぎ”. スポーツニッポン (2014年4月15日). 2021年10月5日閲覧。
  9. ^ ヤクルトのドラ3秋吉 巨人戦でプロ初勝利「絶対抑えてやろうと思った」”. スポーツニッポン (2014年5月13日). 2021年10月5日閲覧。
  10. ^ 秋吉 プロ初セーブ、ロマン離脱で大役「ほっとした」”. スポーツニッポン (2014年5月26日). 2014年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月5日閲覧。
  11. ^ 3月開催の侍ジャパン強化試合、出場26選手発表!”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年2月15日). 2016年2月17日閲覧。
  12. ^ 11月に東京ドームで開催する侍ジャパン強化試合に出場する選手28名が決定”. 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年10月18日). 2016年10月18日閲覧。
  13. ^ 東京ヤクルトスワローズとトレードが成立”. 北海道日本ハムファイターズ オフィシャルサイト (2018年12月11日). 2022年2月10日閲覧。
  14. ^ 秋吉、日本ハム移籍初S!九回3人ピシャリ”. サンケイスポーツ (2019年4月13日). 2021年10月5日閲覧。
  15. ^ 日本ハム秋吉が右足肉離れ離脱 前半戦の復帰絶望的”. 日刊スポーツ (2019年6月11日). 2021年10月5日閲覧。
  16. ^ 阪神福留ら登録、日本ハム秋吉が抹消/11日公示”. 日刊スポーツ (2019年6月11日). 2021年10月5日閲覧。
  17. ^ 日本ハム秋吉が12球団セーブ、49S目は史上最少”. 日刊スポーツ (2019年7月17日). 2021年10月5日閲覧。
  18. ^ a b “日本ハム秋吉が5キロ減量、キレキレで守護神奪回だ”. 日刊スポーツ. (2021年1月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202101200000658.html 2021年11月16日閲覧。 
  19. ^ 【動画】オリックス4x-3日本ハム/10のプロ野球”. サンケイスポーツ (2020年7月10日). 2021年1月30日閲覧。
  20. ^ 楽天・島内、九回2死同点3ラン 土壇場で追い付き引き分け”. サンケイスポーツ (2020年8月20日). 2021年1月30日閲覧。
  21. ^ 日本ハム・栗山監督、秋吉の抹消理由は「一回リフレッシュ」”. サンケイスポーツ (2020年9月3日). 2021年1月30日閲覧。
  22. ^ 12/10(木)契約更改のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ オフィシャルサイト (2020年12月10日). 2021年2月10日閲覧。
  23. ^ “【日本ハム】秋吉亮が減額制限超えの5000万円減「責任を感じた」”. スポーツ報知. (2020年12月10日). https://hochi.news/articles/20201210-OHT1T50156.html?page=1 2021年11月16日閲覧。 
  24. ^ “日本ハム秋吉が雪辱の0封「何やってきたんだって」”. 日刊スポーツ. (2021年2月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202102280000893.html 2021年11月16日閲覧。 
  25. ^ “【日本ハム】秋吉亮が今季1軍初登板で1回完全リリーフ「負けている試合も0で抑える」”. スポーツ報知. (2021年6月11日). https://hochi.news/articles/20210611-OHT1T51248.html?page=1 2021年11月16日閲覧。 
  26. ^ “日本ハム秋吉亮が国内FA権を取得「終わってから考えるのが一番かな」”. 日刊スポーツ. (2021年8月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202108170000897.html 2021年11月16日閲覧。 
  27. ^ FA資格取得選手との交渉について”. 北海道日本ハムファイターズ オフィシャルサイト (2021年11月16日). 2022年2月10日閲覧。
  28. ^ 自由契約選手 | 2021年度公示”. 日本野球機構. 2022年2月5日閲覧。
  29. ^ 新入団選手のお知らせ”. 福井ネクサスエレファンツ|公式サイト (2022年1月31日). 2022年2月10日閲覧。
  30. ^ “日本ハムから“ノンテンダーFA”秋吉、独立L福井入り「感動をお届けできるように」”. Full-Count. (2022年1月31日). https://full-count.jp/2022/01/31/post1178864/ 2022年1月31日閲覧。 
  31. ^ “ヤクルト 秋吉亮 燕先発投手陣の救世主”. 週刊ベースボールONLINE. https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=071-20140414-01 2014年4月7日閲覧。 
  32. ^ ““でんでん太鼓投法”のヤクルト・秋吉に“横曲がりスライダー”の極意聞く”. スポーツ報知. (2017年2月25日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170225-OHT1T50072.html 2021年10月5日閲覧。 
  33. ^ 本職の中継ぎ・秋吉が侍で果たす役割 WBCへ注目集まる権藤コーチの判断”. スポーツナビ (2016年3月6日). 2016年12月19日閲覧。
  34. ^ “ヤクルト秋吉、地味にスゴイ!都立高出身初の1億円”. 日刊スポーツ. (2016年12月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1751119.html 2017年1月19日閲覧。 
  35. ^ 燕の救世主は変則右腕!D3・秋吉、OP戦初先発で4回0封”. SANSPO.COM (2014年3月12日). 2014年9月14日閲覧。
  36. ^ 燕D3位・秋吉、高津コーチ+建山先輩=でんでん太鼓投法!”. SANSPO.COM (2014年1月19日). 2014年9月14日閲覧。
  37. ^ 日本ハム・秋吉の思い…“なすびの誤解を解きたい”「快く思っていないなんてことはありません」” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2019年12月12日). 2021年11月6日閲覧。
  38. ^ 【文春野球学校】偏愛選手名鑑2021 北海道日本ハムファイターズ” (日本語). 文春野球学校 (2021年3月20日). 2021年11月6日閲覧。
  39. ^ a b c 顔そっくり!日本ハム・秋吉、来季活躍して“なすび招待”実現だ!” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2019年12月30日). 2021年11月6日閲覧。
  40. ^ 個性あふれる「登場曲」 感謝、ノリ、かぶらない…こだわり様々”. Sponichi Annex (2016年5月5日). 2017年5月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]