高江洲拓哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高江洲 拓哉
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都三鷹市
生年月日 (1987-08-24) 1987年8月24日(29歳)
身長
体重
185 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 高校生ドラフト4巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高江洲 拓哉(たかえす たくや、1987年8月24日 - )は、東京都三鷹市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

兄の影響で小学2年から軟式野球を始める。中学時代は硬式の三鷹リトルシニアで捕手三塁手を務めた。同じ野球チームには矢野謙次も所属していた。

府中工業高校に進学してからはショートを守っていたが、1年秋からチームの投手の故障と地肩の強さから投手に転向。3年時にはエースとなる。春の都大会で最速143km/hを計測した。夏の西東京大会3回戦で日大三高に0-7で敗れたが、185センチから繰り出す手元で伸びるストレートがスカウトの目に留まった。

その後、2005年の高校生ドラフト中日ドラゴンズから4巡目指名を受け、入団。中日スカウトは「肘と肩の柔らかさは天性のもの、下半身を鍛えれば充分プロでやっていける。」と評価した。

プロ入り後~現在[編集]

ルーキーイヤーの2006年7月16日に初めて一軍登録されたが、登板機会はなかった。その後、一軍登板はなく、2008年11月5日戦力外通告を受ける。12球団合同トライアウトに参加したが、声は掛からず一般企業へ就職する。その後上場企業の子会社、モリス・ジャパン株式会社で代表を務める。

人物[編集]

  • 機械技能士3級の資格を持つ。
  • 都立高から直接ドラフト指名された2人目の選手(1人目は横川雄介[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 60 (2006年 - 2008年)

脚注[編集]

  1. ^ ドラ9雪谷・鈴木、都立高から3人目の指名 スポーツ報知 2014年10月24日閲覧

関連項目[編集]