杉浦稔大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
杉浦 稔大
北海道日本ハムファイターズ #22
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道帯広市
生年月日 (1992-02-25) 1992年2月25日(31歳)
身長
体重
190 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト1位
初出場 2014年9月10日
年俸 5200万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

杉浦 稔大(すぎうら としひろ、1992年2月25日 - )は、北海道帯広市出身[2][3]プロ野球選手投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。

妻はフリーアナウンサーで、モーニング娘。元メンバーの紺野あさ美

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校3年生から野球を始め、中学時代は軟式野球部に所属していた。野球と並行し、中学時代までアイスホッケー選手[4]としても活躍した。帯広大谷高等学校野球部3年時には決勝まで進んだ。しかし、決勝で後に大学でチームメイトとなる柿田竜吾擁する旭川大学高等学校に敗れ、甲子園出場はならなかった。その後、プロ志望届を提出したが指名漏れとなる[3]

國學院大學時代
(2013年10月17日、明治神宮野球場にて)

高校卒業後は東都大学野球連盟に加盟する国学院大学文学部)に進学。硬式野球部では、竹田利秋(1年の春季までは監督、後に総監督)の指導を受ける。2年の春季リーグ戦から試合に出場[5]したが、チームはリーグ戦優勝の翌季に最下位・入れ替え戦にも敗北した[6]。2年秋季は出番がなかったが、3年春季からエース格となり、2部で3勝、2完封を記録し、2部優勝に貢献した。日本大学との入れ替え戦では國學院が1戦目敗戦の後、2戦目に先発登板し、完投勝利。1勝1敗のタイに持ち込んだ3戦目は4-4の同点で迎えた7回表の途中からリリーフ登板。7回裏にチームが勝ち越し、8回表に1点差まで迫られたが後続を断ち、接戦を逃げ切り勝利投手となり、3季ぶりの1部復帰を決めている[7]。1部復帰した3年秋季は1部の投手の中で最長となる48回2/3イニングを投げ、2完封を含む4勝を挙げた。この頃には日々のトレーニングにより球速が高校時代と比較し、10km/h以上もアップ[3]。長いリーチを活かしたゆったりとしたフォームで、140km/h台後半のキレのある直球と多彩な変化球で注目を浴び、ドラフト1位候補の逸材と評された[8]。4年春季は怪我もあり成績を落としたが、リーグ戦後には第39回日米大学野球選手権大会日本代表に選出されている[9]。4年秋季には柿田竜吾と左右のWエースを形成。リーグ戦後半まで亜細亜大学との熾烈な優勝争いを演じ、チームの躍進と2位浮上に貢献した。東都大学野球1部リーグでは通算22試合に登板し、12勝7敗、防御率1.84[10]

2013年10月20日行われたドラフト会議では、それぞれ松井裕樹大瀬良大地を抽選で外した福岡ソフトバンクホークス東京ヤクルトスワローズの2球団から1位指名を受け、抽選の末、ヤクルトが交渉権を獲得[11]。12月2日に契約金1億円プラス出来高払い、年俸1500万円(金額は推定)で契約した[12]背番号18

ヤクルト時代[編集]

2014年は春季キャンプを一軍で迎えたが登板予定だった2月25日の練習試合の前に右肘を痛め、以降は二軍で調整を続けるも、3月14日に受けた検査で右肘の靭帯断裂が判明[13]。手術は受けずにリハビリに励み、7月21日の二軍戦で実戦復帰し[14]、9月10日の横浜DeNAベイスターズ戦でプロ初登板初先発。6回2失点と好投したが、打線の援護に恵まれず敗戦投手となった[15]。9月24日の広島東洋カープ戦ではソロ本塁打3発で3失点を喫しながらも5回を投げ切り、プロ初勝利を挙げた[16]。ルーキーイヤーは一軍で4試合に先発登板し、2勝2敗・防御率3.52を記録。オフに100万円増となる推定年俸1600万円で契約を更改した[17]

2015年は開幕ローテーション入りを果たし、開幕3試合目の広島戦でシーズン初登板初先発。6回1失点と好投するも敗戦投手となり[18]、以降の先発登板でも好投しながらも打線の援護がなく、開幕から3戦3敗を喫した[19][20]。4月19日のDeNA戦では4回3失点で勝敗は付かず[21]、翌20日に右肩痛で登録抹消[22]。その後は右肘も痛めるなど、コンディション不良で二軍調整が長く続いたが、9月21日の阪神タイガース戦で一軍へ昇格し[23]、同28日の中日ドラゴンズ戦ではシーズン初勝利を挙げた[22]。10月4日の読売ジャイアンツ戦ではプロ初のリリーフ登板となり[24]、この年は7試合(6先発)の登板で1勝3敗・防御率2.92を記録。ポストシーズンでは、巨人とのCSファイナルステージ第4戦に先発し、5回6安打2失点の内容で勝利投手[25]福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズ第3戦でも先発を務めた[26]。オフに100万円増となる推定年俸1700万円で契約を更改した[27]

2016年はリリーフとして開幕を一軍で迎えるも[28]、4月13日に登録抹消[29]。6月19日に先発として一軍へ昇格するも[30]、7月27日の阪神戦では4回途中7失点で敗戦投手となり、二軍へ降格[31]。8月11日に再び一軍へ昇格し、同日の中日戦では7回2失点の好投で勝利投手となるも、腰痛により8月18日に登録抹消[32]。同30日の一軍復帰[33]以降は先発ローテーションの一角を任されるも振るわず、この年は17試合(11先発)の登板で3勝2敗・防御率7.14という成績に終わった。オフに背番号が58へ変更され、契約更改では200万円減となる推定年俸1500万円でサインした[34]

2017年は開幕を二軍で迎え、4月2日にリリーフとして一軍へ昇格するも[35]、同29日に登録抹消[36]。その後は右肩痛もあり、一軍昇格がなく、前半戦を終え、5試合の登板で0勝1敗・防御率3.86という成績にとどまっていた[37]

日本ハム時代[編集]

2017年7月24日、屋宜照悟との交換トレードで北海道日本ハムファイターズヘ移籍することが発表された[38][39]。背番号は57。移籍後は右肩痛のリハビリに専念したため、実戦登板がなく、オフに160万円減となる推定年俸1460万円で契約を更改した[40]

2018年は7月21日のソフトバンク戦で移籍後初登板初先発を果たし、5回を無安打無失点に抑え、移籍後初勝利を挙げた[41]。この年のシーズンは一軍で3試合に先発し、2勝0敗・防御率2.84を記録。オフに160万円増となる推定年俸1600万円で契約を更改した[42]

2019年は右肩のコンディションを考慮され、前半戦は中10日以上の間隔を空けて先発していたが、後半戦からは中6日での先発ローテーション[43]をこなし、この年は14試合の先発で4勝4敗・防御率3.74を記録。オフに400万円増となる推定年俸2000万円で契約を更改した[44]

2020年新型コロナウイルスの影響で開幕が延期、120試合制の短縮シーズンとなった。先発ローテーションの一角として13試合に先発登板して6勝を記録すると、シーズン終盤には抑えとして起用され[45]、11月9日の千葉ロッテマリーンズ戦ではプロ初セーブを挙げた[46][47]。この年は17試合(13先発)の登板で7勝5敗1セーブ・防御率3.13という成績を残し、オフに1700万円増となる推定年俸3700万円で契約を更改した[45]

2021年の春季キャンプで栗山英樹監督から新守護神に指名され[48]、開幕から抑えとして起用されていたが、不安定な投球が目立ち、4月29日に登録抹消[49]。5月11日に再び一軍へ昇格し[50]、前半戦終了時点でリーグ3位の16セーブを記録[51]。後半戦が開幕した8月は疲労で調子を落とし[52]、10日間の登録抹消を挟んだ[53][54]後は復調し、大きな故障もなく、シーズンを完走した。一時は8回を務めたこともあったが[55]、基本的には守護神として起用され、56試合の登板で3勝3敗1ホールド28セーブ・防御率2.96を記録したものの、要所で本塁打を打たれる場面が目立った[56][57][58]。オフに背番号が22へ変更されることが発表され[59]、契約更改では3300万円増となる推定年俸7000万円でサインをした[60]

2022年は左太ももの肉離れで出遅れ[61]、開幕一軍メンバーには入ったものの[62]、開幕戦で敗戦投手になるなど、不安定な投球が続いた[63][64]。4月24日のソフトバンク戦では2シーズンぶりの先発登板となったが[65]、3回2失点で降板し、敗戦投手となった[66]。続く5月1日のロッテ戦でも先発マウンドに上がり、5回3安打1四球6奪三振無失点の好投で577日ぶりの先発勝利を挙げた[67]。ただ、その後は2試合続けて試合中盤に突如崩れて敗戦投手となり[68][69]、6月11日の中日戦では6回無失点の好投で勝利投手となったものの[70]、登板機会が無いため翌12日に出場選手登録を抹消された[71]。その後はローテーションの谷間での2先発にとどまり[72][73]、この年は16試合(9先発[74])の登板で3勝6敗・防御率5.27という成績であった。オフに1000万円減となる推定年俸6000万円で契約を更改した[75]

2023年は春季キャンプからリリーフとして調整を進め[76]、開幕は二軍で迎えたものの、4月26日に出場選手登録[77]。セーブやホールドが付かない場面での登板が中心ながらも[78]、前半戦終了時点では20試合に登板し、0勝1敗・防御率1.93を記録していた[79]。ただ、7月30日のオリックス・バファローズ戦で1回2安打1失点[80]。続く8月3日のロッテ戦でも1回2被弾2失点と打ち込まれ[81]、翌4日に出場選手登録を抹消された[82]。9月28日に再登録されて[83]シーズン終了まで一軍に帯同したが、登板機会は無く、この年は24試合の登板で0勝1敗・防御率2.78という成績であった。

選手としての特徴[編集]

柔軟性のある投球フォームから球持ち良く放たれるストレート[84]はきれいな球筋で回転数も多く、球速だけでは計れないキレと力強さがある[85]。最速は156km/h[86]

変化球はスライダーフォークカーブなどを投じる[87]

プロ入り後は右肘や右肩の故障に悩まされ[13][22][37]、シーズン投球回数のキャリアハイは2020年シーズンの74回2/3[88]と規定投球回に到達したことがなく、先発としての自己最長イニングも7回1/3[89]。主に守護神として起用された2021年シーズンは疲労から登録抹消や8回への配置転換を経験しており[50][55]、シーズンを通してパフォーマンスを維持する耐久性に不安を抱えている[90]

人物[編集]

愛称は「スギ[91]

2017年の元日に元モーニング娘。5期メンバーで当時テレビ東京アナウンサーであった紺野あさ美と結婚し[92]、同年7月の日本ハム移籍後の同年9月に第1子となる女児が誕生[93]。2019年2月に第2子となる男児[94]、2021年8月には第3子となる男児が誕生している[95]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 ヤクルト 4 4 0 0 0 2 2 0 0 .500 92 23.0 23 5 2 0 1 28 0 0 9 9 3.52 1.09
2015 7 6 0 0 0 1 3 0 0 .250 164 37.0 35 2 21 1 0 25 1 0 12 12 2.92 1.51
2016 17 11 0 0 0 3 2 0 0 .600 252 51.2 75 6 25 2 1 45 2 0 43 41 7.14 1.90
2017 5 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 18 4.2 3 2 1 0 0 9 0 0 2 2 3.86 0.87
2018 日本ハム 3 3 0 0 0 2 0 0 0 1.000 47 12.2 6 1 3 0 1 11 0 0 4 4 2.84 0.71
2019 14 14 0 0 0 4 4 0 0 .500 252 65.0 52 7 13 0 2 50 1 0 30 27 3.74 1.00
2020 17 13 0 0 0 7 5 1 0 .583 319 74.2 59 6 37 1 1 68 2 0 29 26 3.13 1.29
2021 56 0 0 0 0 3 3 28 1 .500 221 54.2 34 9 24 3 1 69 4 0 18 18 2.96 1.06
2022 16 9 0 0 0 3 6 0 0 .333 184 42.2 45 5 10 0 2 48 3 0 25 25 5.27 1.29
2023 24 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 99 22.2 22 4 10 1 2 22 1 0 9 7 2.78 1.41
通算:10年 163 60 0 0 0 25 27 29 1 .481 1648 388.2 354 47 146 8 11 375 14 0 181 171 3.96 1.29
  • 2023年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2014 ヤクルト 4 0 1 0 0 1.000
2015 7 3 5 0 0 1.000
2016 17 2 7 1 0 .900
2017 5 0 0 0 0 ----
2018 日本ハム 3 0 0 0 0 ----
2019 14 1 2 0 0 1.000
2020 17 4 7 0 1 1.000
2021 56 1 2 0 0 1.000
2022 16 1 4 1 0 .833
2023 24 0 6 1 1 .857
通算 163 12 34 3 2 .939
  • 2023年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
  • 初安打・初打点:2014年9月24日、対広島東洋カープ20回戦(明治神宮野球場)、4回裏に野村祐輔から左越適時二塁打
その他の記録
  • 初登板で対戦した第一打者に被本塁打:1回裏4球目を梶谷隆幸に右越ソロ ※史上65人目、初登板の初打者に初回先頭打者本塁打は史上17人目

背番号[編集]

  • 18(2014年 - 2016年)
  • 58(2017年 - 同年7月24日)
  • 57(2017年7月25日 - 2021年)
  • 22(2022年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2023年12月2日閲覧。
  2. ^ 国学院大・杉浦5年越し大願成就だ”. 日刊スポーツ (2013年10月23日). 2024年2月18日閲覧。
  3. ^ a b c 北海道新聞、2013年10月25日 「道産子 夢つかむ ヤクルト1位・杉浦投手 オリックス5位・吉田外野手」
  4. ^ 【ドラフト候補の大型右腕】杉浦稔大(投手 國學院大学) 高木遊の『熱闘通信』 スポーツナビ+ 2013年2月27日
  5. ^ 2013年プロ野球ドラフト 杉浦稔大”. スポーツニッポン. 2013年10月28日閲覧。
  6. ^ 国学院大 前季優勝校から一転…2部降格”. スポーツニッポン (2011年6月6日). 2011年6月10日閲覧。
  7. ^ 国学院大が3季ぶり1部復帰/東都大学 日刊スポーツ 2012年6月12日
  8. ^ 週刊ベースボール増刊 大学野球2013春季リーグ展望号 P.90、P.107、108
  9. ^ 第39回日米大学野球選手権大会大学日本代表に本学から2人選出 國學院大學 2013年6月24日
  10. ^ 週刊ベースボール、2013年11月11日号 P.19
  11. ^ ヤクルト1位杉浦に「ライアンと25勝」”. 日刊スポーツ (2013年10月25日). 2022年4月24日閲覧。
  12. ^ ヤクルトのドラ1・杉浦が大トリ仮契約、背番号「18」”. スポニチアネックス (2013年12月3日). 2014年9月13日閲覧。
  13. ^ a b ヤクルトD1・杉浦、右肘靭帯断裂しリハビリも…今季開幕は絶望”. SANSPO.COM (2014年3月16日). 2014年9月13日閲覧。
  14. ^ ヤクルト・ドラ1杉浦、2軍戦で実戦復帰”. 日刊スポーツ (2014年7月21日). 2022年4月24日閲覧。
  15. ^ ヤクルト新人杉浦6回2失点に高評価”. 日刊スポーツ (2014年9月10日). 2022年4月24日閲覧。
  16. ^ ヤクルトドラ1杉浦 チーム135戦目で「やっと」プロ初勝利”. スポーツニッポン (2014年9月25日). 2014年12月27日閲覧。
  17. ^ ソフト森は4800万/主な新人の契約更改”. 日刊スポーツ (2014年12月20日). 2022年4月24日閲覧。
  18. ^ 広島の黒田、日本球界で8年ぶり勝利 7回無失点”. 日本経済新聞 (2015年3月29日). 2022年4月24日閲覧。
  19. ^ ヤクルト 好投の杉浦、1球に泣く…逆転弾浴び「力不足」”. Sponichi Annex (2015年4月5日). 2022年4月24日閲覧。
  20. ^ ヤク3連続押し出し 開幕から3失点以下14戦で止まった”. Sponichi Annex (2015年4月13日). 2022年4月24日閲覧。
  21. ^ 2015年4月19日 【公式戦】 試合結果 (東京ヤクルトvs横浜DeNA)”. 日本野球機構. 2022年4月24日閲覧。
  22. ^ a b c ヤクルト・杉浦 万感の今季初勝利「投げさせてもらえて感謝」”. Sponichi Annex (2015年9月29日). 2022年4月24日閲覧。
  23. ^ 山中&杉浦 阪神2連戦でW復帰!20、21日の先発に内定”. Sponichi Annex (2015年9月16日). 2022年4月24日閲覧。
  24. ^ 2015年10月4日 【公式戦】 試合結果 (読売vs東京ヤクルト)”. 日本野球機構. 2022年4月24日閲覧。
  25. ^ ヤク杉浦「飛ばした」 CS初登板で初勝利、5回2失点”. Sponichi Annex (2015年10月18日). 2022年4月24日閲覧。
  26. ^ 真中監督シリーズ初勝利!山田の3連発に「とり肌が立った」”. Sponichi Annex (2015年10月27日). 2022年4月24日閲覧。
  27. ^ ヤクルト杉浦 まさかのアップに笑顔 わずか1勝も…PS活躍評価”. Sponichi Annex (2015年12月4日). 2022年4月24日閲覧。
  28. ^ ヤクルト 開幕1軍登録選手一覧”. 日刊スポーツ (2016年3月23日). 2022年4月24日閲覧。
  29. ^ ヤクルトが館山を登録、杉浦を抹消”. 日刊スポーツ (2016年4月13日). 2022年4月24日閲覧。
  30. ^ DeNA今永ら登録抹消/19日プロ野球公示”. 日刊スポーツ (2016年6月19日). 2022年4月24日閲覧。
  31. ^ ヤクルト 杉浦、突然の7失点炎上 2軍降格へ「本当に申し訳ない」”. Sponichi Annex (2016年7月27日). 2022年4月24日閲覧。
  32. ^ 「極端な話、3イニングでもいい」/真中監督”. 日刊スポーツ (2016年8月30日). 2022年4月24日閲覧。
  33. ^ ヤクルト 6連勝ならず 杉浦3回4失点KO「申し訳ない」”. Sponichi Annex (2016年8月31日). 2022年4月24日閲覧。
  34. ^ ヤクルト杉浦は200万減「ケガなく2桁勝ちたい」”. 日刊スポーツ (2016年12月1日). 2024年2月18日閲覧。
  35. ^ ヤクルト杉浦ら登録、ロッテ西野ら抹消/2日公示”. 日刊スポーツ (2017年4月2日). 2022年4月24日閲覧。
  36. ^ 楽天嶋、ヤクルト杉浦ら抹消/29日公示”. 日刊スポーツ (2017年4月29日). 2022年4月24日閲覧。
  37. ^ a b 日本ハム杉浦が自主トレ 右肩痛は良化「強度を上げていく」”. デイリースポーツ (2018年1月16日). 2022年4月24日閲覧。
  38. ^ 東京ヤクルトスワローズとトレードが成立”. 北海道日本ハムファイターズ (2017年7月24日). 2024年2月18日閲覧。
  39. ^ ヤクルト杉浦稔大と日本ハム屋宜照悟がトレード”. 日刊スポーツ (2017年7月24日). 2024年2月18日閲覧。
  40. ^ 日本ハム杉浦160万↓更改「家族のために頑張る」”. 日刊スポーツ (2017年11月30日). 2021年12月8日閲覧。
  41. ^ 日本ハム・杉浦 愛妻の前で快投!2年ぶり勝利に「初勝利の時と同じくらいの重み」”. スポーツニッポン (2018年7月21日). 2024年2月18日閲覧。
  42. ^ 日本ハム杉浦140万増「先発で20試合以上」目標”. 日刊スポーツ (2018年12月4日). 2021年12月8日閲覧。
  43. ^ 【日本ハム】杉浦が移籍後初の中6日先発 22日西武戦で約3か月ぶりの3勝目狙う”. スポーツ報知 (2019年8月21日). 2021年12月8日閲覧。
  44. ^ 日ハム杉浦、400万円増の2000万円でサイン あさ美夫人へ「我慢しないで言っていいよ」”. Full-Count (2019年12月4日). 2021年12月8日閲覧。
  45. ^ a b 【日本ハム】杉浦稔大が1700万増でサイン 来季もフル回転誓う「好きなように使って」”. スポーツ報知 (2020年12月16日). 2021年12月8日閲覧。
  46. ^ 日本ハム中田「10本損」ドームのフェンスに恨み節”. 日刊スポーツ (2020年11月9日). 2024年2月18日閲覧。
  47. ^ 日本ハム・杉浦 来季「優勝」&「日本一」へ 「どこでも好きなように」フル回転誓う”. スポーツニッポン (2020年12月17日). 2024年2月18日閲覧。
  48. ^ 日本ハム杉浦が新守護神で初登板「信頼を勝ち取る」”. 日刊スポーツ (2021年2月24日). 2021年12月8日閲覧。
  49. ^ 日本ハム守護神・杉浦が登録抹消「スギらしくないボールだった」と栗山監督”. 日刊スポーツ (2021年4月29日). 2024年2月18日閲覧。
  50. ^ a b 【日本ハム】再昇格の杉浦稔大「とにかく1球1球丁寧に」2週間ぶり8セーブ目”. スポーツ報知 (2021年5月12日). 2021年12月8日閲覧。
  51. ^ 【日本ハム】杉浦稔大、凱旋登板9回締め「ただいま!」”. スポーツ報知 (2021年7月15日). 2021年12月8日閲覧。
  52. ^ 日本ハム・杉浦稔大 9回のマウンドで得た自信「今シーズンの経験は、僕の野球人生で間違いなくプラスになると信じています」”. 週刊ベースボールONLINE (2021年10月30日). 2021年12月8日閲覧。
  53. ^ 日本ハム杉浦稔大が抹消、阪神マルテら登録/31日公示”. 日刊スポーツ (2021年8月31日). 2021年12月8日閲覧。
  54. ^ 10日の公示 阪神が不振の佐藤輝明と藤浪晋太郎を抹消、ロッテは佐々木朗希が昇格”. Full-Count (2021年9月10日). 2021年12月8日閲覧。
  55. ^ a b 日本ハム 最大7点リードを守り切れず痛恨ドロー 栗山監督「申し訳ない」”. Sponichi Annex (2021年8月28日). 2021年12月8日閲覧。
  56. ^ 日本ハム ドラ1伊藤、7回3失点10Kの好投もまた勝てず 9回杉浦が逆転サヨナラ弾を浴び、敗戦”. Sponichi Annex (2021年4月21日). 2021年12月8日閲覧。
  57. ^ 日本ハム“守護神”杉浦が痛恨の被弾…9回2死から追いつかれ、ソフトバンクと引き分け”. Sponichi Annex (2021年6月19日). 2021年12月8日閲覧。
  58. ^ 【日本ハム】スイープ目前で引き分け 9回2死から杉浦稔大が同点2ラン被弾”. スポーツ報知 (2021年10月10日). 2021年12月8日閲覧。
  59. ^ 【日本ハム】守護神・杉浦の背番号変更をファンフェスで発表「57」→「22」 高浜は「91」→「31」”. 中日スポーツ (2021年11月30日). 2021年12月8日閲覧。
  60. ^ 日本ハム杉浦7000万更改、パ3位の28S評価も「まだできるよねって」”. 日刊スポーツ (2021年12月8日). 2021年12月9日閲覧。
  61. ^ 【日本ハム】杉浦OP戦初登板で好投 新庄剛志ビッグボスは起用法明言せず「何が起こるかわからない」”. 中日スポーツ (2022年3月12日). 2022年4月24日閲覧。
  62. ^ 【一覧】パ・リーグ開幕1軍登録選手”. 日刊スポーツ (2022年3月24日). 2022年4月24日閲覧。
  63. ^ 【日本ハム】ビッグボス初陣は逆転負け 異例采配連発も8回逆転弾に沈む”. スポーツ報知 (2022年3月25日). 2022年4月24日閲覧。
  64. ^ 【日本ハム】ビッグボス 苦手払拭にショック療法「今シーズン岡君、全部杉浦君いったろうかな」”. スポーツ報知 (2022年4月8日). 2022年4月24日閲覧。
  65. ^ 【日本ハム】杉浦稔大が24日ソフトバンク戦で1年半ぶり先発”. スポーツ報知 (2022年4月23日). 2022年4月24日閲覧。
  66. ^ 【日本ハム】杉浦稔大、1年半ぶり先発マウンドも「あの一球で結果的に負けてしまった」”. スポーツ報知 (2022年4月25日). 2022年5月1日閲覧。
  67. ^ 日本ハム・杉浦 577日ぶり勝利に感謝の笑顔「梅林がうまくリードしてくれて、野手にも助けられた」”. Sponichi Annex (2022年5月1日). 2022年5月1日閲覧。
  68. ^ 日本ハム・杉浦 暴投から巨人に逆転許す…4回2/3を4失点「5回が全てです…悔しい」”. Sponichi Annex (2022年5月28日). 2023年2月19日閲覧。
  69. ^ 日本ハム杉浦 今季最長タイ5回降板も5敗目「しぶとくつながれ…悔しいです」4、5回に集中打浴び3失点”. Sponichi Annex (2022年6月4日). 2023年2月19日閲覧。
  70. ^ 【日本ハム】杉浦稔大 今季最長6回を4安打無失点で3勝目”. スポーツ報知 (2022年6月11日). 2023年2月19日閲覧。
  71. ^ 【12日の公示】ロッテ・佐々木朗希を抹消 阪神・桐敷拓馬を登録”. Sponichi Annex (2022年6月12日). 2023年2月19日閲覧。
  72. ^ 【日本ハム】杉浦稔大、4回3失点で4勝目ならず「初回に尽きます」”. スポーツ報知 (2022年7月3日). 2023年2月19日閲覧。
  73. ^ 【日本ハム】杉浦稔大が移籍後最短KO 2回0/3で3失点「良いところがありませんでした」”. 日刊スポーツ (2022年8月4日). 2023年2月19日閲覧。
  74. ^ 【日本ハム】杉浦稔大投手1000万円減で契約更改…来季は「しっかり自分のポジションつかみ取りたい」”. スポーツ報知 (2022年12月9日). 2023年2月19日閲覧。
  75. ^ 日本ハム・杉浦 1000万円減の年俸6000万円で更改 来季に向け原点回帰で直球磨く”. Sponichi Annex (2022年12月9日). 2023年2月19日閲覧。
  76. ^ 杉浦 今年はリリーフで勝負! 狙うは抑え返り咲き”. 道新スポーツ (2023年2月24日). 2023年10月23日閲覧。
  77. ^ 【日本ハム】杉浦稔大、今季1軍初昇格「経験って言ってもらえる年齢ではない。覚悟持って臨む」”. 日刊スポーツ (2023年4月26日). 2023年5月8日閲覧。
  78. ^ 杉浦 満塁で村上斬り 抑え希望封印でリスタート「余計なプライドはいらない」”. 道新スポーツ (2023年6月1日). 2023年10月23日閲覧。
  79. ^ 2023年7月16日(日)-西武vs日本ハム”. BASEBALL KING. 2023年10月23日閲覧。
  80. ^ 2023年7月30日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvsオリックス)”. 日本野球機構. 2023年10月23日閲覧。
  81. ^ 2023年8月3日 【公式戦】 試合結果 (千葉ロッテvs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2023年10月23日閲覧。
  82. ^ 巨人横川凱、西武中村剛也ら登録 ヤクルトJ・オスナ、日本ハム杉浦稔大ら抹消/4日公示”. 日刊スポーツ (2023年8月4日). 2023年10月23日閲覧。
  83. ^ ロッテ荻野貴司、ペルドモ、松川虎生ら登録 平沢大河ら抹消/28日公示”. 日刊スポーツ (2023年9月28日). 2023年10月23日閲覧。
  84. ^ 高木遊「全国無縁からドラ1候補になった男、国学院大・杉浦の豊かな将来性」『Sports navi』、2013年10月23日。2024年2月18日閲覧。
  85. ^ 「最高のストレート」を持つ日本ハム・杉浦稔大への期待”. 週刊ベースボールONLINE (2019年5月27日). 2024年2月18日閲覧。
  86. ^ 【公式】北海道日本ハムファイターズ VS 千葉ロッテマリーンズ(2021年4月3日) 一球速報”. パ・リーグ.com. 2024年2月18日閲覧。
  87. ^ 日本ハム・杉浦稔大 未完の大器の本格覚醒なるか?/来季こそ主力に”. 週刊ベースボールONLINE (2019年11月7日). 2024年2月18日閲覧。
  88. ^ 杉浦 稔大(北海道日本ハムファイターズ) 個人年度別成績”. 日本野球機構. 2024年2月18日閲覧。
  89. ^ 【日本ハム】杉浦稔大、3勝で今季初3連勝…プロ7年目で最長の7回1/3を1失点”. スポーツ報知 (2020年7月31日). 2024年2月18日閲覧。
  90. ^ 【2021展望:日本ハム】耐久性に不安を抱える杉浦は新クローザーとして機能するか。守備の立て直しも急務〈SLUGGER〉”. THE DIGEST (2021年3月24日). 2024年2月18日閲覧。
  91. ^ 栗山監督「ヒロミは岡ちゃん」ドラ1伊藤をヒロ呼び”. 日刊スポーツ (2021年1月19日). 2021年9月28日閲覧。
  92. ^ 紺野あさ美アナ ヤクルト・杉浦投手と元日婚 同郷、北海道で婚姻届”. Sponichi Annex (2017年1月10日). 2022年4月24日閲覧。
  93. ^ 日本ハム杉浦に第1子、妻は元モー娘紺野あさ美さん”. 日刊スポーツ (2017年9月15日). 2024年2月18日閲覧。
  94. ^ 日ハム杉浦、第2子となる長男が誕生…妻は元フリーアナの紺野あさ美さん”. Full-Count (2019年2月26日). 2024年2月18日閲覧。
  95. ^ 日本ハム杉浦稔大に第3子次男が誕生 妻は元アナウンサーのあさ美さん”. 日刊スポーツ (2021年8月23日). 2024年2月18日閲覧。
  96. ^ 日本ハム杉浦投手、プロ入り初ホールド」『十勝毎日新聞』、2021年8月29日。2021年12月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]