伊藤剛 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤 剛
北海道日本ハムファイターズ 二軍総合兼投手コーチ #89
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県相模原市
生年月日 (1976-12-17) 1976年12月17日(40歳)
身長
体重
185 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト6位
初出場 1999年8月3日
最終出場 2009年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 北海道日本ハムファイターズ (2013 - )

伊藤 剛(いとう たけし、1976年12月17日 - )は、神奈川県相模原市[1]出身の元プロ野球選手投手)。2013年より北海道日本ハムファイターズの二軍総合コーチ。

経歴[編集]

中学時代はボーイズリーグの相模原ホワイトイーグルスに所属しその後、山梨県日大明誠高校から社会人野球NTT関東に進み、1998年のドラフト会議にて、阿久根鋼吉立石尚行らとともに日本ハムファイターズ(当時)に6位で指名され入団[1]。ドラフト下位入団だが球威の良さは早くから注目されていた。

1年目の1999年、速球を武器に中継ぎ中心の17試合に登板[1]。3勝1敗1セーブ防御率2.38とまずまずの成績を残し期待されたが、2000年から2003年までは一軍での登板はあるが結果を残せなかった。2002年に自身の背番号を二軍で師匠と慕っていた新谷博が前年まで着けていた背番号60に変更した。

2004年は開幕当初は抑えの予定だった建山義紀伊達昌司がシーズン前に故障離脱、中継ぎで好投したこともありストッパーに起用される。打たれながらも抑える投球で存在感を示したが、その後右ひじの故障によりシーズン序盤でリタイア。一度つかみかけたチャンスを失ってしまい、2005年は登板が無かった。

2006年9月9日にはダルビッシュ有の後を受けて1イニングをパーフェクトに抑え復帰。試合数は少ないものの僅差の試合を任された。2007年は11試合に登板するも、防御率6.60と結果を残せなかった。

2009年10月9日、現役引退を表明。翌10月10日には「引退登板」としてシーズン初登板し、小坂誠から三振を奪って現役生活にピリオドを打った。

2010年からは、球団職員として球団に残る。2013年より、二軍総合コーチに就任する事が発表された。

選手としての特徴[編集]

スリークォーターから投げ込む140km/h台後半のストレートが武器である。変化球は、スライダーを軸に時折フォークも投げる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 日本ハム 17 2 0 0 0 3 1 1 -- .750 192 45.1 47 4 17 0 0 13 1 0 16 12 2.38 1.41
2000 13 3 1 0 0 1 4 1 -- .200 146 32.1 36 5 16 1 0 19 2 0 24 24 6.68 1.61
2001 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 56 11.2 16 2 9 0 0 6 2 0 4 4 3.09 2.14
2002 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 36 7.2 10 2 4 0 0 3 1 0 3 3 3.52 1.83
2003 4 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 28 4.1 14 4 1 0 0 4 0 0 10 10 20.77 3.46
2004 9 0 0 0 0 0 0 5 -- ---- 49 11.1 11 0 3 1 1 9 0 0 4 4 3.18 1.24
2006 5 0 0 0 0 0 1 0 2 .000 21 6.0 2 0 2 0 0 4 0 0 3 2 3.00 0.67
2007 11 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 68 15.0 20 3 3 0 2 8 2 0 11 11 6.60 1.53
2008 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 16 3.1 7 0 0 0 1 2 0 0 3 2 5.40 2.10
2009 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 1 0.1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.00
通算:10年 73 5 1 0 0 4 7 7 2 .364 613 137.1 163 20 55 2 4 69 8 0 78 72 4.72 1.59

記録[編集]

背番号[編集]

  • 46 (1999年)
  • 23 (2000年 - 2001年)
  • 60 (2002年 - 2009年)
  • 89 (2013年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、54ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]