NTT関東硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTT関東硬式野球部
チーム名(通称) NTT関東
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1960年
廃部 1998年
チーム名の遍歴
  • 電電関東 (1960 - 1984)
  • NTT関東 (1985 - 1998)
本拠地自治体
練習グラウンド NTT関東グラウンド
都市対抗野球大会
出場回数 17回
最近の出場 1998年
最高成績 優勝(2回)
社会人野球日本選手権大会
出場回数 6回
最近の出場 1998年
最高成績 優勝(1回)
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

NTT関東硬式野球部(エヌティティかんとうこうしきやきゅうぶ)は、千葉県船橋市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球の企業チームである。

概要[編集]

1960年日本電信電話公社の関東硬式野球部『電電関東硬式野球部』として創部。練習グラウンドや合宿所は千葉県船橋市飯山満町にあったが、選手の多くが同県千葉市千葉支店勤務だったため本拠地登録は千葉市となった[1]

1962年都市対抗野球で初出場を果たし、1969年都市対抗野球で初優勝、6年後の1975年都市対抗野球で2度目の優勝を達成している。

1985年、電電公社の民営化に伴いチーム名を『NTT関東硬式野球部』に改称した。

1997年、本拠地を船橋市に移転した[1]

その後、NTTグループの再編に伴い1999年1月にNTT東京硬式野球部を『NTT東日本硬式野球部』に、NTT関西硬式野球部を『NTT西日本硬式野球部』にそれぞれ改称し、社内の各野球部はそのどちらかに統合されることが決まった。多くの他支社チームはクラブチーム化し存続したのに対し、当チームは1998年シーズンをもって解散することとなった[2]

1998年、廃部直前の最後の大会となった同年の日本選手権では、決勝で日本生命と逆転に次ぐ逆転の激戦を繰り広げ、最後は沖原佳典のサヨナラ打で初優勝を遂げた。そして、シーズン終了をもって、NTT東京硬式野球部に吸収される形で解散しNTT東日本硬式野球部の中核となった[2]

設立・沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

かつて在籍した選手・コーチ・監督[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 毎日新聞、1996年11月29日付朝刊、千葉地方面
  2. ^ a b 毎日新聞、1998年10月30日付朝刊、P.22

関連項目[編集]