NKK硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NKK硬式野球部
チーム名(通称) NKK
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1969年
廃部 2002年
チーム名の遍歴

  • 日本鋼管福山 (1969 - 1987)
  • NKK (1988 - 2002)
本拠地自治体

都市対抗野球大会
出場回数 22回
最近の出場 2002年
最高成績 準優勝
社会人野球日本選手権大会
出場回数 13回
最近の出場 2000年
最高成績 優勝(1回)
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

NKK硬式野球部(エヌケイケイこうしきやきゅうぶ)は、かつて広島県福山市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球の企業チームである。2002年に解散した。運営母体は、日本鋼管

概要[編集]

1969年2月日本鋼管の福山製鉄所で『日本鋼管福山野球部』として創部[1]。創部当初は同好会的な存在であったが、1973年に川崎市に本拠地を置く日本鋼管野球部と同格の部に昇格となり、同年の都市対抗野球に初出場を果たした[1]

1974年日本選手権に初出場すると準優勝となり、2回目の出場となった1980年日本選手権では初優勝を勝ち取った。

1982年都市対抗野球では準優勝となっている。

1987年鉄鋼不況に影響から日本鋼管の厳しい合理化の一環として、同年シーズン限りで川崎市の日本鋼管野球部を当チームに統合することが決定。さらに、1988年からは母体の呼称社名であるNKKをとりチーム名称を『NKK硬式野球部』に改称した[2]

1991年、新チームとして始動してからは初となる都市対抗野球に出場する。1995年には、都市対抗野球で13年ぶりに決勝にまで駒を進めるが、日本石油に延長10回サヨナラ負けを喫し準優勝に終わった。

2001年、母体である日本鋼管(NKK)と川崎製鉄が合併しJFEスチールが発足すると発表された。これに伴い、各野球部は2003年からJFEスチールの製鉄所の集約方法に習い、JFE東日本硬式野球部JFEスチール東日本製鉄所、千葉・京浜)とJFE西日本硬式野球部JFEスチール西日本製鉄所、倉敷・福山)の2チームに集約されることになった。当チームは、倉敷市を本拠地としていた川崎製鉄水島硬式野球部と統合されJFE西日本として活動することとなり、2002年シーズン限りでの廃部が決まった。

2002年は都市対抗野球でベスト8に入りし、同年シーズンをもって活動を終了した。

沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “黒獅子旗をめざす32チームの素顔”. 毎日新聞: p. 13. (1973年7月14日) 
  2. ^ “黒獅子旗に挑む32強”. 毎日新聞: p. 14. (1991年7月2日) 

関連項目[編集]