JFEスチール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JFEホールディングス > JFEスチール
JFEスチール株式会社
JFE Steel Corporation
Hibiya International bldg.JPG
本社のある日比谷国際ビル
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5403
1950年10月2日 - 2002年9月19日
本社所在地 日本の旗 日本
100-0011
東京都千代田区内幸町二丁目2番3号
日比谷国際ビルヂング
設立 1950年昭和25年)8月7日
川崎製鉄株式会社
業種 鉄鋼
法人番号 1010001008668
事業内容 鉄鋼の製造・販売
代表者 柿木厚司代表取締役社長
資本金 2,396億44百万円
発行済株式総数 5億3,917万株
売上高 連結:2兆2814億41百万円
単独:1兆6495億20百万円
営業利益 連結:468億10百万円
単独:26億76百万円
純利益 連結:303億84百万円
単独:307億89百万円
純資産 連結:1兆1745億67百万円
単独:1兆17億51百万円
総資産 連結:3兆5438億7百万円
単独:2兆9947億30百万円
従業員数 連結:45,842人
決算期 3月31日
主要株主 JFEホールディングス(株) 100%
外部リンク http://www.jfe-steel.co.jp/
特記事項:経営指標は2010年3月期
テンプレートを表示

JFEスチール株式会社(ジェイエフイースチール、英名JFE Steel Corporation)は、日本の大手鉄鋼メーカー(高炉メーカー)である。持株会社JFEホールディングスを頂点とする「JFEグループ」の中核企業。

粗鋼生産量において、日本国内では新日鐵住金に次いで第2位、世界では第5位の規模を持つ。2003年に、川崎製鉄(川鉄)と日本鋼管 (NKK) が統合して発足した。

概要[編集]

高炉を所有し、鉄鉱石を原料に最終製品の鋼材の生産までを一貫して行う、「高炉メーカー」と呼ばれる鉄鋼メーカーである。JFEグループの中核企業で、グループ全体の売上高のうち約80%を占める鉄鋼事業を担当する。2002年に川鉄とNKKが経営統合してJFEグループが発足した後、翌2003年に行われた事業再編の際に両社の鉄鋼部門が統合し、JFEスチールは発足した。なお、手続上は川鉄が非鉄鋼部門を分離した上でNKKの鉄鋼部門を継承して社名変更した形を採っており、一方のNKKは川鉄のエンジニアリング部門を継承してJFEエンジニアリングに社名を変更している。

鉄鋼メーカーの規模の指標である粗鋼の年間生産量は約2600万トン(2009年度)[1]で、日本国内では新日鉄に次いで第2位。世界鉄鋼協会の統計によれば、粗鋼の生産量は世界第5位(2009年時点)である[2]

製造拠点は、神奈川県および千葉県にある東日本製鉄所岡山県および広島県にある西日本製鉄所愛知県にある知多製造所、宮城県にある仙台製造所か4がある。そのうち、東日本・西日本両製鉄所は高炉を構える「銑鋼一貫製鉄所」と呼ばれる大規模な工場である。これらの製造拠点において、鋼板類や条鋼類、鋼管などの鋼材を中心とする製品を製造している。鋼材は、国内では建築および土木自動車産業機械電気機械などの分野向けに販売されるが、およそ半数が韓国中国ASEAN諸国向けを中心とする輸出に回される[3]

傘下の企業は約200社ある。高炉メーカーよりも小規模な電気炉メーカーや半製品を加工し鋼材とするメーカーなどの鉄鋼メーカーが中心だが、2次製品のメーカー、化学メーカー、鉱業業者、建設業者、あるいは情報システム企業も含まれる。

日本国外への進出は前身企業時代の1980年代から本格化しており、2010年3月時点では韓国・中国・タイアメリカなどに出資する鉄鋼メーカーがある。出資企業には高炉メーカーは含まれず、電気炉メーカーも韓国の東国製鋼のみで、輸出した半製品を鋼材に加工するタイプのメーカーがほとんどであったが、2012年2月にインドの大手高炉メーカーJSWスチールの株式15%を取得、持分法適用会社とすることを発表した。[4]その他の国外大手高炉メーカーでは、ドイツティッセンクルップカナダドファスコとそれぞれ自動車用鋼板の分野で技術提携をしている。

拠点と事業[編集]

製造拠点[編集]

JFEスチールの事業は、国内の4拠点(実質7工場)において展開されている。製品は、鋼材では、船舶や大形構造物に使用される厚板自動車電気製品などに使用される薄板表面処理鋼板、モーターなどに使用される電磁鋼板建築土木分野で使用されるH形鋼鋼矢板などの形鋼軌条、自動車部品や建築物に使用される棒鋼線材流体の輸送や機械部品などに使用される鋼管が主なもの。鋼材以外では、粉末冶金などに使用される鉄粉、広い分野で使用されるチタン圧延品の製造も行う。

工場とその所在地、主な生産品目を以下に示す。

工場名 所在地 主な生産品目
東日本製鉄所 (千葉地区) 千葉県千葉市中央区川崎町 薄板・表面処理鋼板・ステンレス鋼板・鋼管・鉄粉
(千葉地区)西宮工場 兵庫県西宮市朝凪町 ステンレス鋼板
(京浜地区) 神奈川県川崎市川崎区扇島 厚板・薄板・表面処理鋼板・鋼管
西日本製鉄所 (倉敷地区) 岡山県倉敷市水島川崎通り1丁目 厚板・薄板・表面処理鋼板・電磁鋼板・鋼管・形鋼・線材・棒鋼
(福山地区) 広島県福山市鋼管町 厚板・薄板・表面処理鋼板・電磁鋼板・鋼管・形鋼・軌条・チタン
知多製造所 愛知県半田市川崎町1丁目 鋼管
仙台製造所 仙台市宮城野区港1丁目6番1号

本社・支社等[編集]

本社は、東京都千代田区内幸町二丁目2番3号の、「日比谷国際ビル」に入居する。これに対し支社は、国内9都市(札幌市仙台市新潟市名古屋市富山市大阪市広島市高松市福岡市)にある。

日本国外の海外事務所は、アメリカ・メキシコオーストラリアブラジルイギリスインドシンガポール・タイ・インドネシアフィリピン・韓国・中国の12か国である。一部を除き、JFEスチールとは別の現地法人が運営している。

沿革[編集]

川崎製鉄(川鉄)時代の沿革については、「川崎製鉄#沿革」を参照

歴代社長・会長[編集]

JFEスチール発足後(2003年以降)の「代表取締役社長」は、以下の通り。

  • 數土文夫 - 2003年4月就任(元・川鉄社長)、2005年4月退任(JFEホールディングス社長に異動)
  • 馬田一 - 2005年4月就任、2010年4月退任(JFEホールディングス社長に異動)
  • 林田英治 - 2010年4月就任

「代表取締役会長」は以下の通り。

  • 半明正之 - 2003年4月就任(元・NKK社長)、2007年4月退任

グループ企業(JFEスチールグループ)[編集]

2010年3月末時点でJFEスチールの傘下には、JFEホールディングスの連結子会社162社および持分法適用会社33社が属する。

主なグループ企業は以下の通り。

人材育成[編集]

  • 優秀な社員を兵庫県尼崎市の産業技術短期大学1962年一般社団法人日本鉄鋼連盟が設立)に派遣して、人材育成を行っている。具体的には、「製造現場における知識創造と人材の多機能育成政策・綿密な能力開発策のひとつとして、企業内選抜を経て中堅技術者への昇進に結びつく産業技術短期大学への派遣を行う政策の実行」であり、このような人材育成形態(教育訓練形態)を「オフ・ザ・ジョブ・トレーニング・OFF-JT」という。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成22年3月期決算短信による。
  2. ^ worldsteel top producers 2009
  3. ^ 2010年3月期有価証券報告書による。
  4. ^ [1]
  5. ^ 「都市開発事業の再編について」、2010年11月30日付JFEホールディングスニュースリリース、2011年4月1日閲覧

参考文献[編集]

ほか

関連項目[編集]

外部リンク[編集]