フェロアロイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェロアロイの一種、フェロバナジウム。

フェロアロイ英語:ferroalloy)は、主に鉄鋼材料の製造の際に以外の元素を添加するために用いられる、添加したい元素と鉄の合金合金鉄(ごうきんてつ)とも呼ばれる[1]。鉄鋼材料に所望の元素を加えて強度靱性耐熱性耐食性などを与えるために、あるいは脱硫脱酸のために添加される[2]。非鉄合金への添加用にも用いられることがある[3]。フェロアロイ中の添加用元素の割合は20%から90%に及ぶ [4]。主に中国ブラジルで生産される。

種類[編集]

フェロアロイの主な種類は以下の通り。

出典[編集]

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説 合金鉄”. コトバンク. 朝日新聞社/VOYAGE GROUP. 2017年9月17日閲覧。
  2. ^ 金属用語辞典編集委員会 『金属用語辞典』 アグネ技術センター、2004年、初版、343頁。ISBN 4-901496-14-X
  3. ^ 『機械工学辞典』 日本機械学会、丸善、2007年、第2版、1127頁。ISBN 978-4-88898-083-8
  4. ^ 百科事典マイペディアの解説 フェロアロイ”. コトバンク. 朝日新聞社/VOYAGE GROUP. 2017年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]