半明正之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

半明 正之(はんみょう まさゆき、1940年昭和15年)11月8日 - 2016年平成28年)8月29日[1])は、JFEスチール元会長。香川県善通寺市出身で、東京大学工学部冶金学科を卒業後、日本鋼管 (NKK) に入社。川崎製鉄との経営統合を決めた下垣内洋一の後を受け、NKKの最後の社長として統合実現にあたる。

略歴[編集]

  • 1963年:日本鋼管入社
  • 1992年:NKK取締役
  • 1996年:NKK常務・福山製鉄所長
  • 1999年:NKK副社長(技術担当)
  • 2002年:NKK社長
  • 2003年:JFEスチール会長
  • 2007年:JFEスチール相談役

技術畑出身でNKK社長となった珍しいケース。経営統合相手の川崎製鉄には技術出身者が社長となる慣例があり、下垣内洋一前社長がそれを意識したようだ。

語録[編集]

  • 「後処理のうまい人間より、先手を打てる人間になれ」(『プレジデント』より)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]


先代:
下垣内洋一
日本鋼管(のちのJFEエンジニアリング)社長
2002年 - 2003年
次代:
土手重治