表面処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

表面処理(ひょうめんしょり、surface treatment、surface finishing)は、機械工学等の分野においては、めっき塗装など、素材表面の性質を高めるために行われる機械工作法の一種である。硬さや耐摩耗性、潤滑性、耐性、耐酸化性、耐性、断熱性、絶縁性、密着性、および、装飾性や美観など、これらの性質のいくつかを向上させることを主要な目的として施される。

材料技術 (cf.) の一分野であり、合金設計を頂点としその傘下の加工熱処理溶接鋳造などの材料プロセス技術群に属するが、補助的技術群のひとつである。しかし熱処理や研磨技術と同様に、金属母材の性能を極限までに高める重要な技術であるにもかかわらず、性能理論が確定しておらず、その存在が極端な過小評価に陥る場合がある。

おもな表面処理[編集]

金属皮膜処理[編集]

非金属皮膜処理[編集]

化成処理 (chemical conversion coating)[編集]

化成処理とは、金属などを溶液に浸漬し皮膜を作ること。特に化成処理によるものは化成着色といい、電解による着色とは区別することもある。

  • 煮色仕上げ 化成処理のひとつで、日本の金属工芸において様々な色金の表面処理に使われる。
  • 陽極酸化 (anodization)
  • クロメート処理 代表的な防錆目的の化成処理。浸漬及び電解によるものもあり、亜鉛めっき上のものは銀白色と干渉縞のある黄色、黒色、緑色があり装飾としても使われる。
  • りん酸塩処理・パーカーライジング (phosphate treatment)
  • 黒染め(四三酸化鉄皮膜)
  • 古美処理 :「古仕上げ」「古美仕上げ (weathering)」の一手法でもある。

鋼の表面硬化処理 (surface-hardening treatment)[編集]

キリンス、化学研磨[編集]

粘度の高い酸で、凸部のみを選択的に溶解することで平滑化する。銅及び銅合金を対象にしたときのみキリンスと呼ばれる。

ラミネート加工[編集]

シボ加工[編集]

プラスチックや金属の表面に微細なシワ模様をつけることである。

脚注・出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]