江本寛治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江本 寛治(えもと かんじ、1936年1月28日 - 2015年9月1日[1])は、JFEホールディングス相談役、元会長。川崎製鉄社長としてNKK下垣内洋一社長と経営統合の方針を決め、JFE誕生に導く[2]。1958年、九州大学工学部冶金学科を卒業後、川崎製鉄に入社。

略歴[編集]

  • 1988年 川崎製鉄取締役
  • 1991年 川崎製鉄常務
  • 1994年 川崎製鉄専務(代表取締役)
  • 1995年 川崎製鉄社長
  • 2001年 川崎製鉄会長
  • 2002年 JFEホールディングス会長、共同CEO
  • 2005年 JFEホールディングス相談役
  • 2015年 死去。享年79歳。

脚注[編集]


先代:
(新設)
JFEホールディングス会長
2002年 - 2005年
次代:
(空席)
先代:
濤崎忍
川崎製鉄社長
1995年 - 2001年
次代:
數土文夫