JFEホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジェイ エフ イー ホールディングス株式会社
JFE Holdings, Inc.
JFE Holdings company logo.svg
本社のある日比谷国際ビル
本社のある日比谷国際ビル
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5411
名証1部 5411
略称 JFEホールディングス、JFE
本社所在地 日本の旗 日本
100-0011
東京都千代田区内幸町2丁目2番3号
(日比谷国際ビル28階)[1]
設立 2002年(平成14年)9月27日[1]
業種 鉄鋼
法人番号 6010001080308
事業内容 グループ会社の経営管理
代表者 林田英治代表取締役社長CEO[1]
岡田伸一(代表取締役副社長CFO
柿木厚司(代表取締役、JFEスチール(株)代表取締役社長CEO)
資本金 1,471億円
(2015年3月末現在)[1]
発行済株式総数 6億1,443万8,399株
(2016年3月末現在)[1]
売上高 連結:3兆4,317億40百万円
2016年3月期)[2]
営業利益 連結:906億38百万円
(2016年3月期)[2]
経常利益 連結:642億39百万円
(2016年3月期)[2]
純利益 連結:336億57百万円
(2016年3月期)[2]
純資産 連結:1兆8,579億21百万円
(2016年3月期)[2]
総資産 連結:4兆2,348億84百万円
(2016年3月期)[2]
従業員数 連結:59,460人
(2016年3月末現在)[1]
決算期 3月31日
会計監査人 新日本有限責任監査法人
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 5.4%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 4.7%
日本生命保険 3.6%
みずほ銀行 2.5%
第一生命保険 2.3%
東京海上日動火災保険 1.7%
みずほ信託銀行退職給付信託川崎重工業口 1.3%
いすゞ自動車 1.3%
(2016年3月31日現在)[3]
主要子会社 JFEスチール(株) 100%
JFEエンジニアリング(株) 100%
ジャパン マリンユナイテッド(株) 45.93%
外部リンク www.jfe-holdings.co.jp
テンプレートを表示

ジェイ エフ イー ホールディングス株式会社: JFE Holdings, Inc.)は、大手鉄鋼メーカーのJFEスチールJFEエンジニアリング、大手造船メーカーのジャパン マリンユナイテッドなどを傘下に持つ持株会社である。

JFEによれば、社名のJFEは日本Japan)、鉄鋼(元素記号Fe)、エンジニアリング(Engineering)を組み合わせたものであり、また日本を代表する未来志向の企業グループ(Japan Future Enterprise)を意味する[4]

沿革[編集]

  • 1912年明治45年)6月8日 - 日本鋼管株式會社 (NKK) 設立。
  • 1950年昭和25年)8月7日 - 川崎製鉄株式会社(川鉄)設立。
  • 2000年平成12年)4月 - NKKと川鉄の千葉・京浜水島・福山4製鉄所の運営効率化を推進するため、物流・補修・購買関連分野の協力について検討し、9月に合意。
  • 2001年(平成13年)
    • 4月13日 - 製鉄およびエンジニアリング事業をコア事業とした、グループ会社も含めた全面的な経営統合を行なうことについて両社が基本的に合意。
    • 12月21日 - 経営統合について基本合意書を締結。グループ名を「JFEグループ」とする。2002年5月に統合契約書調印。
  • 2002年(平成14年)9月26日 - NKK1,000株に対しジェイ エフ イー ホールディングス75株、川鉄1,000株に対し同100株の比率で株式を移転。この日付で東証1部・大証1部・名証1部に上場。翌27日ジェイ エフ イー ホールディングス設立登記。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - NKK・川鉄の両社を会社分割により再編。鉄鋼事業をJFEスチール(川鉄が社名変更)、エンジニアリング事業をJFEエンジニアリング(NKKが社名変更)、都市開発事業を新設のJFE都市開発、基盤技術等の研究部門を新設のJFE技研に再編。川鉄子会社の川崎マイクロエレクトロニクスをJFEホールディングスの子会社に変更。
  • 2007年(平成19年)4月16日 - 本社を新丸の内ビルディングに移転。
  • 2008年(平成20年)3月31日 - JFEエンジニアリングの子会社ユニバーサル造船の株式を取得、子会社とする[5]
  • 2009年(平成21年)4月1日 - JFE技研がJFEスチールに合併[6]
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 都市開発事業の再編に伴い、JFE都市開発がJFEスチールに合併[7]
  • 2012年(平成24年)7月1日 - 全株(うち同社分99.7%)保有の事業子会社・川崎マイクロエレクトロニクスを同業大手で独立系のメガチップスへ全株式を売却。
  • 2013年(平成25年)
    • 1月1日 - ユニバーサル造船がIHIマリンユナイテッドと合併し、ジャパンマリンユナイテッドが発足。IHIとそれぞれ45.93%の株を保有し、共に筆頭株主となる。
    • 4月1日 - 元子会社の川崎マイクロエレクトロニクスが親会社・メガチップスへ吸収合併。

設立の経緯[編集]

JFEの誕生には、日産自動車カルロス・ゴーン社長のゴーン・ショックが遠因となったという見方をされている。日産自動車は調達コスト見直しのために、自動車生産にとって不可欠の材料である鉄鋼材料についても仕入先の見直しを行うことになった際に日本鋼管(NKK)が外れてしまったことが、川崎製鉄との合併に踏み切ったというものである。NKKは日産自動車とおなじ芙蓉グループであった点からみても、日産の当時の日本の商習慣から見てドラスティックな判断が、産業界を代表する業界のひとつである大企業の合併につながったといえる。 経緯を振り返ると、経営難に陥った多角化企業NKKの分割解体と、川崎製鉄によるNKK鉄鋼部門の吸収という見方ができる。本当の意味でのリストラクチャリングを成功させた。

JFEスチール誕生後の同社の戦略は、リストラによる財務環境の良化と人事融合が挙げられる。人事の融合に関しては、日本鋼管出身者(社内では旧Nと呼ぶ)と川崎製鉄(同じく旧川と呼ぶ)の人事はよくある「たすきがけ人事」ではなく、完全な「相手の理解」を狙ったところはこれまでの経営統合の事例では異色である。互いの製鉄所においては同じ部門の責任者は、他方の工場の責任者へと異動したり昇進人事の凍結を行うなどした。2004年期の業績好調を受け、首脳陣の交代が決まった。

歴代社長・会長[編集]

歴代の「代表取締役社長」は以下の通り。

  1. 下垣内洋一 - 2002年9月就任(NKK会長から異動)、2005年4月退任。会長とともに共同経営責任者 (Co-CEO)。
  2. 數土文夫 - 2005年4月就任(JFEスチール社長から異動)、2010年4月退任。最高経営責任者 (CEO)。
  3. 馬田一 - 2010年4月就任、2015年4月退任。CEO。
  4. 林田英治 - 2015年4月就任。CEO。

歴代の「代表取締役会長」は以下の通り。

  1. 江本寛治 - 2002年9月就任(川鉄会長から異動)、2005年4月退任。社長とともにCo-CEO。

グループ企業一覧[編集]

JFEホールディングスが直接出資する企業4社は以下の通り。

中国語名[編集]

社名の「JFE」は、中国語では「傑富意」(簡体字: 杰富意拼音: jiéfùyì)と表記する。中国のグループ企業に、この表記が見られる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 概要”. JFEホールディングス株式会社. 2016年7月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 平成28年3月期 決算短信 (PDF)”. JFEホールディングス株式会社. 2016年7月8日閲覧。
  3. ^ 株主の状況”. JFEホールディングス株式会社 (2016年3月31日). 2016年7月8日閲覧。
  4. ^ グループの名称およびシンボルマークについて(JFEホールディングスウェブサイト)、2010年12月27日閲覧
  5. ^ ユニバーサル造船株式会社の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ (PDF) (2008年3月6日付JFEホールディングスニュースリリース)
  6. ^ JFEグループの研究開発体制の再編について(2008年12月25日 付JEFホールディングスニュースリリース)
  7. ^ 「都市開発事業の再編について」、2010年11月30日付JFEホールディングスニュースリリース、2011年4月1日閲覧

外部リンク[編集]