ジャパン マリンユナイテッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャパンマリンユナイテッド株式会社
Japan Marine United Corporation
MM - Bulue Ave..02.jpg
本社 横浜ブルーアベニュー
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 JMU
本社所在地 日本の旗 日本
108-0014
神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目4番2号 横浜ブルーアベニュー
北緯35度27分36.8秒 東経139度37分37.5秒 / 北緯35.460222度 東経139.627083度 / 35.460222; 139.627083座標: 北緯35度27分36.8秒 東経139度37分37.5秒 / 北緯35.460222度 東経139.627083度 / 35.460222; 139.627083
設立 2013年1月1日
業種 輸送用機器
法人番号 8020001076641 ウィキデータを編集
事業内容 船舶・艦艇・海洋浮体構造物等の設計、製造、販売等
代表者 代表取締役社長 千葉光太郎
代表取締役副社長 石川 寛樹
資本金 5億7500万円
売上高 2207億円
(2021年03月31日時点)[1]
営業利益 ▲73億円
(2021年03月31日時点)[1]
経常利益 ▲98億円
(2021年03月31日時点)[1]
純利益 ▲107億円
(2021年03月31日時点)[1]
純資産 824億円
(2021年03月31日時点)[1]
総資産 2676億円
(2021年03月31日時点)[1]
決算期 3月31日
主要株主 JFEホールディングス(株) 35%
(株)IHI 35%
今治造船(株) 30%
主要子会社 株式会社JMUアムテック
株式会社IMC
関係する人物 蔵原成実(初代会長)
外部リンク https://www.jmuc.co.jp/
テンプレートを表示
練習艦「しまゆき」とジャパン マリンユナイテッド呉工場

ジャパンマリンユナイテッド株式会社: Japan Marine United Corporation)は、2013年1月1日[2]ユニバーサル造船株式会社と株式会社アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッドが合併して誕生した日本の造船会社である。

沿革[編集]

ユニバーサル造船[編集]

アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド[編集]

ジャパン マリンユナイテッド[編集]

主要事業[編集]

4事業を展開している[9]

  • 商船
  • 艦船
  • 海洋・エンジニアリング
  • ライフサイクル

主要製品[編集]

製造する主な製品を以下に列挙する[10]

  • コンテナ船
    • 14,000TEU型コンテナ船
    • 9,600TEU型コンテナ船
    • 8,200TEU型コンテナ船
    • 6,500TEU型コンテナ船
    • 3,055TEU型コンテナ船
  • タンカー
    • マラッカマックス型VLCC
      • マラッカマックス型VLCC(335m)
      • マラッカマックス型VLCC(339m)
      • 次世代省エネ型VLCC(H-CSR対応)
    • 200万バレル型VLCC
      • 次世代省エネ型VLCC(G302T)
    • スエズマックス型タンカー
      • 次世代省エネ型スエズマックスタンカー(H-CSR対応)
    • アフラマックス型タンカー
    • パナマックス型タンカー
  • 撒積船
    • ユニマックス・オア
    • ニューキャッスルマックス・バルクキャリア(G209BC)
    • ダンケルクマックス・バルクキャリア(G182BC)
    • 次世代省エネ石炭船
    • パナマックス・バルクキャリア(G81BC)
    • ウルトラマックス・バルクキャリア(Future-60)
    • 砕氷型バルクキャリア
  • 液化ガス船
    • SPB®(自立角型IMOタイプB)タンク方式LNG船
    • GTT MarkIII方式(メンブレン型)LNG船
    • LPG運搬船
  • 自動車運搬船
    • 7,550台積み自動車運搬船
  • 海洋構造物
    • 浮体式LPG生産・貯蔵・積出設備(LPG-FPSO)
    • 浮体式原油生産・貯蔵・積出設備(FPSO(Hull))
    • 浮体式貯蔵・積出設備(FSO)
    • 石油掘削リグ・生産・貯蔵船(Production & Testing System)
    • セミサブ型石油掘削リグ(Semi-submersible Drilling Rig)
    • ジャッキアップ型石油掘削リグ(Jack Up Drilling Rig)
    • 浮体式洋上サブステーション(変電所)
    • 石油備蓄基地(Offshore Stockpiling Base)
  • オフショア支援船
    • アンカーハンドリング・タグ・サプライ船
    • プラットフォーム サプライ船
    • オーシャン・トーイング・タグ
  • 客船・旅客カーフェリー
  • 艦艇
  • 官公庁船
  • 特殊船・小型船
    • 観光遊覧船
    • 流氷観光船
    • フローティングクレーン
    • 深層混合処理船
    • 旅客船
    • 海洋地球研究船
  • 修理・改造船
    • バラスト水処理装置搭載工事(レトロフィット)
    • 改造工事(延命工事)
  • 防衛装備品・メカトロ製品
    • 洋上補給装置
    • 自動操艦装置
    • 水陸両用車
    • 除染装置
    • 造船用溶接ロボット
    • 水中用メンテナンスロボット
  • 内航船ソリューション
  • 船舶機器
    • アンチローリングタンク
    • SURF-BULB
  • SPB® タンクシステム

事業所[編集]

大部分が前身企業から引き継いだものである。有明事業所・舞鶴事業所・因島工場は日立造船、呉事業所・磯子工場は石川島播磨、津事業所・鶴見工場は日本鋼管の工場を継承している。また呉事業所はかつての呉海軍工廠、舞鶴事業所は舞鶴海軍工廠である。

関連会社[編集]

  • アイ・イー・エム(船舶設計、エンジニアリングなど)
  • アイイーシー(船舶改造・修理工事の派遣など)
  • IMU(舶用部品販売、機械等のアフターサービスなど)
  • 有明エンジニアリング(船舶艤装品の製作、産業廃棄物処理施設の運転・管理など)
  • 京浜マリン製作所(人材派遣業、建物管理サービス請負など)
  • JMUアムテック(新造船の建造、船舶修理など)
  • JMUシステムズ(情報システム開発・販売・保守など)
  • JMUディフェンスシステムズ(艦艇装備品・陸自装備品等の製作・保守)
  • JMUビジネス・サポート(船舶設計、各種IDカード作成など)
  • 日本シップヤード(LNG船を除く一般商船の設計・販売。今治造船との合弁会社)

脚注[編集]

外部リンク[編集]