びざん型巡視船 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
びざん型巡視船 (2代)
Japan Coast Guard PS08 Kariba.JPG
PS08「かりば」
艦級概観
種別 180トン型巡視船
艦名 {{{艦名}}}
建造者 {{{建造者}}}
運用者 {{{運用者}}}
建造期間 {{{建造期間}}}
就役期間 1994年 - 現在
同型艦
前級 みはし型巡視船
次級
主要諸元
排水量 総トン数: 197トン
全長 46.0m
全幅 7.5m
吃水 {{{吃水}}}
深さ 4.1m
機関 ディーゼルエンジン×3基
スクリュープロペラ×2軸
ウォータージェット×1基
機関出力 9,400 hp/7,000 kW
電力 {{{電力}}}
速力 35ノット[1]
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 600海里
潜航深度 {{{潜航深度}}}
乗員 15名
搭載量 {{{搭載量}}}
装甲 {{{装甲}}}
兵装 JM61 20mm多銃身機関砲×1門
搭載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総艦載機数}}}
搭載艇 5.4m型複合艇
C4ISTAR RFS射撃指揮装置(機関砲用)
レーダー {{{レーダー}}}
ソナー {{{ソナー}}}
電子戦
対抗手段
{{{電子戦}}}
特殊装備 {{{特殊装備}}}
その他 {{{その他}}}

びざん型巡視船(びざんがたじゅんしせん、JCG PS BIZAN class)は、海上保安庁巡視船の一種である。分類上はPS型巡視船で、船種は180トン型[1]。配置替えに伴い、びざん型巡視船ばんな型巡視船らいざん型巡視船と名称を変遷してきた。

概要[編集]

みはし型巡視船(現しんざん型巡視船)の連続行動時間の延長を図る目的で建造が計画された。乗組員の居住性を向上させるために船型を拡大し、食料や水の搭載量も増やした。主機関はみはし型のものを踏襲して、SEMT ピルスティク製(富士ディーゼル、後に新潟鐵工所によりライセンス生産)の4サイクル高速ディーゼルエンジンを3基搭載しており、V型16気筒型の16PA4V-200VGA(単機出力3,500馬力)を両舷に配してスクリュープロペラ各1軸(計2軸)を、V型12気筒型の12PA4V-200VGA(単機出力2,400馬力)を中央機として低速用ウォータージェット推進機1基を駆動する[2]

また7番船「みずき」は、新日韓漁業協定によって増加した韓国・朝鮮系の密漁船に対応するために「捕捉機能強化型」に指定され、中央機を両舷機と同機種として出力を増強している。また8番船「こうや」以降は、九州南西海域工作船事件を受けて、推進システムをウォータージェットのみ[1]の2軸推進に変更し、軽量化、水中抵抗の軽減、操縦性の向上を図り、操舵室のシートにはホールド性のよいハイバック・シートを採用している。また、遠隔放水銃、赤外線捜索監視装置、停船命令表示装置、5.4m型複合艇も装備している。現場からの評判は高く、現在でも建造が継続されている。

当初は1番船は非武装、2~6番船は甲板に海上保安官が身を乗り出して射撃する13mm単装機銃(ブローニングM2重機関銃)を搭載していたが、現在は全船、目標追尾型遠隔操縦機能(RFS)付き20mm多銃身機関砲に換装され、防弾ガラスも装備している。

ネームシップのびざん(現らいざん)はかむいより船番号が遅いが、これは配属地によるもので、あくまでもびざんの方が計画・進水とも早い。

本来は巡視船艇の船名は転属に伴って改名されるが、九州南西海域工作船事件に従事した7番船のみずきはその功績から例外として転属後もその名を留めている。なお、みずきは2010年の尖閣諸島中国漁船衝突事件にも従事しており、2012年7月には魚釣島の領海を侵犯した台湾の海岸巡防署の巡視船と衝突している[3]

建造費は20億円である。

同型船[編集]

番号 船名 竣工 所属 退役
PS05 かむい 1994年(平成6年)1月31日 江差第一管区
PS06 びざん
→ ばんな
→ らいざん
1994年(平成6年)1月31日 徳島(旧小松島)(第五管区
石垣第十一管区
福岡第七管区
PS07 あしたか 1994年(平成6年)9月30日 横須賀第三管区
PS08 くらま
→ かりば
1995年(平成7年)8月29日 隠岐第八管区
根室第一管区
PS09 あらせ 1997年(平成9年)1月29日 宿毛(第五管区)
PS10 さんべ 1997年(平成9年)1月29日 隠岐(第八管区)
PS11 みずき 2000年(平成12年)6月9日 福岡(第七管区)
石垣第十一管区
PS12 こうや 2004年(平成16年)3月18日 田辺(第五管区)
PS13 つくば 2009年(平成21年)3月4日 銚子第三管区
PS14 あかぎ 2009年(平成21年)3月4日 茨城(第三管区)
PS15 びざん 2011年(平成23年)4月26日 徳島(第五管区)
PS16 のばる 2011年(平成23年)4月26日 宮古島(第十一管区)
PS17 たかちほ 2011年(平成23年)8月24日 宮崎(第十管区)
PS18 さんれい 2012年(平成24年)3月12日 高知(第五管区)
PS19 あさじ 2012年(平成24年)3月12日 対馬(第七管区)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『海上保安庁のすべて』 世界の艦船 編集部、海人社、2009年11月、21頁。ISBN 4910056041192。
  2. ^ 佐藤一也「4サイクルディーゼル機関の技術系統化調査」、『国立科学博物館 技術の系統化調査報告 第12集』2008年3月。
  3. ^ 海保「みずき」と接触=領海侵入の台湾巡視船-尖閣沖、時事通信、2012年7月4日