尾道市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おのみちし ウィキデータを編集
尾道市
Senkoji Onomichi16s3872.jpg
尾道市旗 尾道市章
尾道市旗 尾道市章
1898年10月14日制定
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
市町村コード 34205-0
法人番号 8000020342050 ウィキデータを編集
面積 285.11km2
総人口 129,042[編集]
推計人口、2021年6月1日)
人口密度 453人/km2
隣接自治体 福山市三原市府中市世羅郡世羅町
愛媛県今治市越智郡上島町
市の木 サクラ
市の花 サクラ
尾道市役所
市長 平谷祐宏
所在地 722-8501
広島県尾道市久保一丁目15番1号
北緯34度24分32秒 東経133度12分18.1秒 / 北緯34.40889度 東経133.205028度 / 34.40889; 133.205028座標: 北緯34度24分32秒 東経133度12分18.1秒 / 北緯34.40889度 東経133.205028度 / 34.40889; 133.205028
尾道市役所庁舎位置
尾道市役所(2009年撮影)
外部リンク 公式ウェブサイト

尾道市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町

 表示 ウィキプロジェクト

尾道市(おのみちし)は、広島県南東部、山陽地方のほぼ中南部に位置するである。

概要[編集]

市街地と尾道水道。奥に見える2本の斜張橋は、手前が西瀬戸自動車道新尾道大橋で奥が国道317号尾道大橋。(2008年撮影)
尾道水道より市街地を眺める。(2010年撮影)

岡山市広島市のほぼ中間に位置している。瀬戸内海(対岸の向島との間はその狭さから尾道水道と呼ばれる)に面し、古くから海運による物流の集散地として繁栄していた。明治時代山陽鉄道が開通して鉄道と海運の接点になったことで、広島県東部(備後地方)で最大の人口を抱える都市となるが、1960年代半ばには福山市(工業都市化で急速に発展し旧城下町で平地に恵まれた)に中心地の座を明け渡した。ただし、現在も備後都市圏の有力都市の一つとなっている。1999年5月の瀬戸内しまなみ海道開通によって四国今治市と陸路で結ばれ、物流面での利便性が高まり、2015年3月には中国横断自動車道(尾道松江線)が全線開通し、「瀬戸内の十字路」として更なる利便性の向上が見込まれている。

の街」「文学の街」「映画の街」として全国的に有名である。文学では林芙美子志賀直哉などが居を構え、尾道を舞台とした作品を発表した。映画では小津安二郎監督の『東京物語』が尾道で撮影され、大林宣彦監督の『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』は「尾道三部作」として、若い世代に尾道を有名にした。他の自治体がロケ地観光の目的地になることを見込んで戦略的にロケ地の誘致に力を入れたのに対し、尾道は20世紀半ばから制作者の主体的判断による映画ロケが相次ぎ、全国に先駆けてロケ地観光の目的地になった点が異なる[1]2000年代以降にはアニメの舞台にもよく使われ、アニメファンから「五大聖地」の一つと呼ばれるようになった[2]テレビ番組テレビドラマCMミュージック・ビデオグラビア写真集などの撮影に使われることも多い[3]。また、二大碁聖として知られる本因坊秀策の出身地である因島は「囲碁の島」として有名であり、公園にも石製の碁盤がある。

2009年から9年連続で観光客数過去最高を記録し、2017年には観光客数が680万人と、2006年の合併により現在の市域となって以降で最多を記録している。2008年から2017年までで約25%の上昇となった[3]。その要因について、尾道市観光課では2015年中国やまなみ街道の全線開通や、尾道水道日本遺産認定[4]2016年芸予諸島村上海賊2018年北前船自治体最多の日本遺産認定、しまなみ海道サイクリングロードの認知度向上、メディア露出によるプロモーション効果を主原因と分析している[3]。2015年度には海外向けのプロモーションなど情報発信効果もあって、外国人観光客数も最多の21万4045人を記録している[4]

山間地域から沿岸地域、多くの島により、地域性豊かな農産物が多く栽培されている。わけぎいちじくレモンネーブルオレンジは全国1位の生産量を誇り、ももぶどうデラウェア)、八朔デコポンみかん、串柿、スイカ葉たばこ、きぬさやえんどうなどの生産は県内1位である[5]

地理[編集]

山肌に住宅が密集する千光寺新道。(2008年撮影)

市内中心部は概ね東西の国道2号、南北の国道184号及び長江通りと栗原本通りに沿って形成されている。尾道駅東側は国道2号に平行して古くからの商店などが立ち並んでいる。この地域は北側の山と南側の海に挟まれているため、平地が少なく山肌に住宅や神社仏閣が密集している。このため、道路も狭隘で傾斜するものが多く、「坂の街」と言われる所以となっている[6]。このような独特の景観から映画のロケ地として多く使われている。尾道駅西側も平地が少なく山手まで住宅が密集しているが、高層マンションもあり、山頂を切り崩してバイパスに直結したニュータウン(平原台団地、竜王台団地など)が整備されるなど、いわゆる尾道的な景観からは外れている。新尾道駅北方の峠(仙入峠)を超えると徐々に山あいに田園風景の広がる農村地帯に入り、海に近い市内中心部とは大きく趣が異なる。

市内東部、山波町の造船所を越えた東側からは干拓により造られた平地で、福山市三原市とほぼ等距離の位置にあり、両市を結ぶ国道2号バイパスを通じて山陽自動車道瀬戸内しまなみ海道とのアクセスがよいことから、沿岸には卸売、工業団地、倉庫が多く立地している(尾道卸売団地など)。東尾道駅周辺には分譲マンション、賃貸アパートや戸建住宅、郊外型量販店等や都市公園などが立地している。都市化が進み隣接する福山市松永地区とは連続的な街並みを形成しており、市内中心部とは街並みが大きく異なっている。東部は旧・備後福山藩領の沼隈郡であったため、東側の松永湾を挟んだ対岸の沼隈半島とも古くから結びつきが強く、沼隈半島には尾道市の飛び地(浦崎町)が存在している。

向島地区の中心部は北岸、すなわち本土の市内中心部と尾道水道を挟んだ対岸にあり、本土の市内中心部とともに尾道的な景観を演出している。平地の多くは塩田に由来するもので、造船所や工場団地、港湾施設、住宅などが密集しており、本土とフェリーが頻繁に連絡している。南岸は高見山など山の斜面が海にまで達しているため平地は少なく、都市化も進んでいない。尾道市で海水浴場があるのも島の南岸である。

因島地区は西南部の土生港を中心とし、そこから国道317号を幹線として西北部へ向けて市街地が広がっている。重井、三庄、中庄といった地区にもまとまった住宅地がある。東部は海岸沿いに崖が連続する地形で、合間にある平坦地にいくつかの集落が点在している。

生口島地区は西北部の瀬戸田地区が中心部であり、瀬戸田港から耕三寺へ抜ける道沿いに商店街が形成されている。そこから北側の沿岸沿いに商業施設や工場などが並び、生口橋へと繋がっていく。南部沿岸はのどかな農村地域となっている。

周辺海域[編集]

尾道水道航空写真。東側に架けられた橋は尾道大橋新尾道大橋はまだ建設されていない。(1981年撮影)

主要河川[編集]

  • 栗原川
  • 門田川 …… 栗原川支流
  • 藤井川
  • 御調川 …… 芦田川支流

水利[編集]

主要山林[編集]

島嶼[編集]

人口[編集]

人口は市内ほぼ全域で減少しているが、市内東部の東尾道地区は、福山市に近くベッドタウン化しており、マンションや商店が増加傾向にある。尾道市民のうち、島嶼部に住んでいる市民の割合は約43.2%である(2010年12月28日時点。住民基本台帳より)。

Population distribution of Onomichi, Hiroshima, Japan.svg
尾道市と全国の年齢別人口分布(2005年) 尾道市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 尾道市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

尾道市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


歴史[編集]

1929年尾道都市計画区域図

1169年嘉応元年)、尾道村が備後大田庄(現・世羅町)の倉敷地として指定され、発展の基礎となる[7]江戸時代には現在の市域の北西部(旧・御調郡)が広島藩領、東部(旧・沼隈郡)が備後福山藩領であった。領地の境に建てられた備後福山藩番所「防地番所跡」や、方角を示す石碑等が現存している(尾道ふくしむら付近、防地峠)。

明治時代廃藩置県時には当初広島県庁舎として使用していた広島城鎮台を設置することとなったため、伊達宗興権令が県庁舎を尾道に移転し広島県を「御調県」に改称する計画を提案した。しかし、前島密大蔵省官僚が県として手狭になることや無暗に移転することを嫌がり、結局新県庁舎の場所が広島市内で落ち着いたため実現しなかった[8]

沿革[編集]

市域の変遷[編集]

市町村制
施行以前
市町村制
施行以前
町村
1889年
4月1日
1898年
4月1日
1918年
1月1日
1921年
6月1日
1923年
3月1日
1937年
4月1日
1939年
7月1日
1944年
4月1日
1948年
5月3日
1949年
4月1日
1950年
4月1日
1950年
10月1日
1951年
4月1日
1953年
5月1日
1954年
3月31日
1955年
2月1日
1955年
4月1日
1957年
1月1日
1970年
4月1日
2005年
3月28日
2006年
1月10日
沼隈郡 浦崎村 浦崎村 尾道市 尾道市 尾道市 尾道市
百島村 百島村 尾道市
高須村 高須村 尾道市
西村 西村
山波村 山波村 尾道市 尾道市 尾道市
御調郡 尾道町 尾道町 尾道市 尾道市
栗原村 栗原村 栗原町
吉和村 吉和村
吉和塩浜
吉和漁師村
久山田村 深田村(久山田)
三成村 美ノ郷村
白江村
猪子迫村
本郷村
中野村
木門田村 木ノ庄村(木門田・畑・市原・木梨・木梨山方)
畑村
市原村
木梨村
木梨山方村
梶山田村 原田村
小原村
向島東村 向島東村 向東町[注 1]
菅村 菅野村 御調町
平木村
大塔村
仁野村
白太村 上川辺村
三郎丸村
大町村
大蔵村
中原村
本村
岩根村
市村 市村 市村
花尻村
平村
釜窪村
貝ヶ原村
高尾村
神村
江田村 木ノ庄村(江田・国守)
国守村
丸河南村 河内村
大田村
徳永村
丸門田村
今田村 今津野村
植野村
津蟹村
福井村
野間村
奥村
大原村
公文村
綾目村
大山田村 諸田村(大山田・下山田・千堂)
下山田村
千堂村
向島西村 向島西村 向島町 向島町 向島町
岩子島村 岩子島村
立花村 立花村
土生村 土生村 土生町 因島市
田熊村 田熊村 田熊町
三庄村 三庄村 三庄町 三庄町
椋ノ浦村 三浦村
鏡ノ浦村 中庄村
外ノ浦村
中庄村 中庄村
大浜村 大浜村
重井村 重井村
豊田郡 洲江村 東生口村
原村
瀬戸田町 瀬戸田町 瀬戸田町 瀬戸田町 瀬戸田町
沢村
垂水村 西生口村
生口福田村
林村 北生口村
生口中野村
鹿田原村
高根島村 高根島村
名荷村 名荷村
御寺村 南生口村
宮原村
荻村

行政[編集]

市長[編集]

現職市長

歴代市長(官選)

氏名 就任年月 退任年月 備考
1 - 2 杉山新十郎 1898年8月
3 - 4 西村益三 1905年10月
5 向田幸蔵 1916年7月
6 - 7 向井団次 1919年8月
8 松田協輔 1927年6月
9 - 10 奥山源三郎 1932年3月
11 斎藤勧治 1937年1月
12 土屋寛 1940年3月
13 中山幾太郎 1942年5月
14 橋本龍一 1942年9月
15 田坂寧邦 1945年6月
16 石原善三郎 1945年12月24日

歴代市長(公選)

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
17 石原善三郎 1947年4月
18 - 19 天野彦三 1951年4月
20 青山俊三 1959年5月
21 - 22 松谷勝 1963年4月27日 1971年4月26日
23 石原善三郎 1971年4月27日 1975年4月26日
24 佐藤勲 1975年4月27日 1979年4月26日 1979年2月に収賄容疑で逮捕されるも任期満了で退任。
25 - 28 博田東平 1979年4月27日 1995年4月26日
29 - 31 亀田良一 1995年4月27日 2007年4月26日
32 - 35 平谷祐宏 2007年4月27日 現職

行政機関[編集]

尾道市役所
総合支所 …… 因島
支所 …… 御調、向島、浦崎、百島、瀬戸田
出張所 …… 重井、中庄、三庄、東生口
連絡所 …… 向東
広島県警
尾道警察署 …… 浦崎町を除く旧・尾道市域、旧・御調町、旧・向島町地域を管轄。
因島警察署 …… 旧・因島市、旧・瀬戸田町地域を管轄。
福山西警察署 …… 尾道市市域では浦崎町を管轄。
尾道市消防局
尾道市・三原市消防指令センター
尾道消防署 …… 北分署、御調分署、向島分署
尾道西消防署 …… 2008年4月1日より西分署より昇格。
因島消防署 …… 因北出張所、瀬戸田分署

官公庁・公的機関[編集]

福山市とともに備後都市圏を所管するため、一部の県庁所在地よりも国の出先機関が多い。

国の機関
防衛省
自衛隊広島地方協力本部尾道出張所
法務省
広島刑務所尾道刑務支所
広島地方検察庁尾道支部
尾道区検察庁
広島法務局尾道支局
財務省
尾道税務署
神戸税関福山税関支署尾道糸崎出張所
神戸税関福山税関支署因島出張所
厚生労働省
尾道公共職業安定所
尾道労働基準監督署
農林水産省
神戸植物防疫所尾道出張所
国土交通省
第六管区海上保安本部尾道海上保安部
中国運輸局尾道海事事務所
中国運輸局因島海事事務所
裁判所
広島地方裁判所尾道支部
尾道簡易裁判所
県の機関
東部県税事務所尾道分室
東部厚生環境事務所東部保健所
東部農林水産事務所尾道農林事業所
民間の機関
本州四国連絡高速道路株式会社しまなみ尾道管理センター
中国電力尾道営業所
日本郵便尾道郵便局ほか

議会[編集]

尾道市議会[編集]

要目

  • 定数 …… 28名[15]
  • 議長 …… 吉田尚徳
  • 副議長 …… 加納康平

会派構成

会派名 議席数 議員名(◎は代表者)
創生会 6 ◎新田隆雄、 飯田照男、 田頭敬康、大崎延次、岡野斉也、宇根本茂
平成会 5 ◎高本訓司、巻幡伸一、吉和宏、柿本和彦、二宮仁
新和会 4 ◎山根信行、宮地寛行、吉田尚徳、 星野光男
尾道未来クラブ 3 ◎前田孝人、石森啓司、杉原孝一郎
公明党 3 ◎福原謙二、加納康平、荒川京子
市民連合 3 ◎檀上正光、城間和行、山戸重治
日本共産党 2 ◎魚谷悟、岡野長寿
誠友会 2 ◎藤本友行、佐藤志行

広島県議会(尾道市選挙区)[編集]

要目

会派構成

議員名 会派名 備考
吉井清介 自由民主党広島県議会議議員連盟
高山博州 自由民主党広島県議会議員連盟
金口巖 広島県議会民主県政会 党籍は国民民主党

衆議院[編集]

要目

会派構成

選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考
広島県第5区(旧・瀬戸田町域の尾道市など) 寺田稔 自由民主党 5 選挙区
広島県第6区(5区を除く尾道市など) 佐藤公治 無所属 3 選挙区
小島敏文 自由民主党 3 比例復活

姉妹都市・提携都市[編集]

日本国内[編集]

このほか、瀬戸内小京都尾道」として全国京都会議に加盟している。

海外[編集]

友好交流都市

観光[編集]

尾道地区は戦火を免れたため、西の小京都と呼ばれるほど多くの大小の寺が今もなお点在している。島嶼部は海や植物等の自然に関するレジャー施設が点在する。

名所・レジャースポット[編集]

神社仏閣

千光寺山から西国寺山山腹にかけて古寺が多くある。(2008年撮影)

「古寺めぐりコース」という市内中心部の寺院を散策するための石畳で舗装された道があり、沿道に以下の神社仏閣がある[17]。これらのうち、持光寺、天寧寺、千光寺、大山寺、西國寺、浄土寺、海龍寺は「尾道七佛めぐり」を構成している[18]

  • 日輪山金剛台院持光寺禅林寺派) …… アジサイ寺として知られる。
  • 淸淨山寶幢院光明寺(禅林寺派) …… 横綱陣幕久五郎ゆかりの寺。
  • 無量山海福寺時宗) …… 三ツ首様伝説で知られる。
  • 如意山宝土寺(禅林寺派) …… 境内西側にある吉備津彦神社一宮神社)の神宮寺
  • 得生山安楽院信行寺(浄土宗) …… 尾道の歴史書『尾道志稿』の著者でかつての豪商油屋亀山士綱の墓、幕末維新の頃に尾道から大阪間の船使を開いた回船問屋竹内要助一門の墓、落語家で旅芸人であった尾道文治(旅文治ともいう)こと桂文治の墓がある。
  • 大寶山權現院千光寺真言宗) …… 市街、尾道水道向島が一望できる。千光寺公園から徒歩約10分。
  • 海雲山天寧寺曹洞宗) …… 三重塔は国の重要文化財(創建時は五重塔。江戸時代に改築)。
  • 艮神社 …… 尾道最古の神社。真上を市営千光寺山ロープウェイが通っている。
  • 本覺山妙宣寺日蓮宗) …… 尾道唯一の日蓮宗寺院。加藤清正を祀るお堂があり、中にある清正の像は毎年清正公まつりで公開されている。
  • 欣求山安養院慈観寺(時宗) …… ぼたん寺として知られる。
  • 傳法山正授院善光寺(浄土宗) …… 尾道社寺めぐり十七番札所。東京都目黒区祐天寺と関係が深く、祐天上人の真筆名号やゆかりの品々がある。石造常念物五万日廻向塔は市の重要文化財。
  • 潮音山善勝寺(真言宗)
  • 福善寺(浄土真宗
  • 御袖天満宮 …… 菅原道真ゆかりの宮。
  • 米瑠山天神坊大山寺醍醐派
  • 尾陽山願王院常称寺(時宗)
  • 金剛院(真言宗)
  • 摩尼山總持院西國寺(醍醐派) …… 真言宗醍醐派大本山。鎌倉時代以来の堂塔が居並ぶ。金堂、三重塔は国の重要文化財。
    • 西國寺持善院
  • 龜遊山淨泉寺(本願寺派
  • 来迎山引接院正念寺(時宗)
  • 慈雪山尊光寺(本願寺派) …… 尾道では珍しい現代建築の寺。
  • 智月山(獅子山)等持院西鄕寺(時宗) …… 本堂、山門は国の重要文化財。
  • 龍頭山海徳寺(時宗)
  • 轉法輪山大乘院浄土寺(時宗) …… 足利尊氏ゆかりの寺。
  • 海龍寺(真言宗)

「古寺めぐりコース」沿道以外には以下の神社仏閣がある。

  • 潮聲山耕三寺(本願寺派) …… 瀬戸田町生口島)。西の日光と謳われる程の荘厳な寺。
  • 潮音山向上寺(曹洞宗) …… 瀬戸田町(生口島)。三重塔は国宝
  • 久保八幡神社 …… 西久保町。八坂神社、来迎山引接院正念寺、龜遊山淨泉寺、慈雪山尊光寺などに囲まれている。
  • 三成八幡神社 …… 美ノ郷町。宗重院の管理下(別当寺)であった。
  • 烏須井八幡神社 …… 西則末町。御祭神は応神天皇神功皇后仲哀天皇。尾道町、向島東村向島西村、三成村、本郷村と5つの町村の氏神であったことから「五箇村頭八幡宮」と呼ばれ、明治時代の「栗原八幡神社」を経て現在の名前となった。縁結びの神様として有名。

公園・庭園

美術館・資料館

展望台

千光寺山展望台からの光景。(2018年撮影)
  • 千光寺山展望台 …… 千光寺公園内。
  • 浄土寺山(瑠璃山)展望台 …… 浄土寺の背後にそびえる山の頂上にある。
  • 尾道城 …… 城を模した展望台。1990年代に閉鎖され長年放置されていたが、2020年から解体し新たな展望スペースを建設予定[20]
  • 高見山 …… 電波塔が多数建てられている。瀬戸内海の島々の眺望が出来る。
  • 白滝山 …… 因島重井町。山頂周辺には五百羅漢が据えられている。
  • 因島公園 …… 因島土生町。四国連山や、瀬戸内海の島々の眺望が出来る。
  • 大浜埼灯台 …… 因島大浜町。

史跡・建築

  • 備後福山藩番所跡 …… 備後福山藩の番所建物と方角、広島藩との境界を示す石碑等が現存。街道を見下ろす往時のまま残っている番所跡は全国的に希少である(尾道ふくしむら付近、防地峠)。
  • 海物園跡 …… 塩田を経営して隆盛をきわめた富島家が島崎一円を庭園とした跡。広島藩内では「西の縮景園、東の海物園」と謳われた程であるが、現在は沼となっている。
  • 竹村家 …… 『東京物語』のロケ地の一つ。国の登録有形文化財。
  • 旧和泉家別邸 …… 近代尾道における別邸建築の代表的なもの。国の登録有形文化財。
  • みはらし亭 …… 近代尾道における別邸建築の代表的なもの。国の登録有形文化財。
  • 吉原家住宅 …… 日本最古の庄屋住宅。国の重要文化財。

温泉

  • 尾道ふれあいの里
  • 原田ゆうじん温泉
  • 養老温泉

海水浴場

  • 干汐海水浴場 …… 営業休止中。
  • 立花海水浴場
  • 岩子島海水浴場
  • 大浜海水浴場(しまなみビーチ)
  • 瀬戸田サンセットビーチ

その他

対岸からみた実物大戦艦大和オープンセット。(2005年撮影)
文学のこみちに配置された林芙美子の句碑。(2008年撮影)

このほか、『男たちの大和/YAMATO』撮影用に日立造船向島西工場跡地に造られた実物大戦艦大和オープンセットが、2006年5月まで一般公開されており人気を集めていた。このオープンセットは解体後、その一部や小道具類が呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)に寄贈されている。

  • 文学のこみち …… 千光寺公園内。千光寺山登山道に尾道にゆかりのある文学人の句碑が配置されている。
  • しまなみ交流館
  • 鼻の地蔵さん …… 因島三庄町。岬の突端の岩に彫られた地蔵尊の傍の小石を持ち帰ると、子授け、安産、厄除など女性の願いが叶うといわれている。地蔵鼻ともいう。
  • 岩屋巨石 … 向東町。岩屋山山頂付近にある巨石群[21]
  • 猫の細道 …… 艮神社の東側から海雲山天寧寺三重塔にかけて続く細い路地。地域猫が多く集まっているほか、複数のアートスポットがある。

祭事・行事[編集]

名産品・名物[編集]

グルメ

農産物・農産加工品

  • …… 御調町菅野地区の有名品。御調町のカントリーサインには串柿のイラストが描かれている。
  • 蓬莱柿(ほうらいし) …… イチジクの品種の一つ。全国一の生産量を誇り、2015年に尾道ブランド第1号として認証された[22]

水産物・水産加工品

伝統工芸品

その他

  • ドビン …… かつて「古寺めぐりコース」などに現れ「観光ガイド犬」として親しまれた犬。2010年永眠。

経済・産業[編集]

旧来より北前船が寄港するなど港町、商都として栄えた。戦前までは広島市に匹敵する程の経済力を持っていたといわれ、りそな銀行三井物産など、多数の銀行の本店や企業の支店なども存在していた。また、水運に恵まれている立地から、古くから尾道、向島因島に造船所が存在し、商都のみならず工業都市の一面も持っており、特に因島は造船景気で栄えていた。近年は造船業の斜陽化により衰退の一途を辿りつつも、「瀬戸内の十字路」として交通条件の良さを利用し、工業団地の造成により他産業の誘致を進めている。

経済[編集]

商店街(市内中心部商業地区)

  • 一番街商店街
  • 土堂中商店街
  • 本町センター商店街
  • 中央商店街
  • 尾道通り商店街(旧・金座街)
  • 久保本町商店街

主な商業施設

金融機関

産業[編集]

現在の主な産業としては下記のものが挙げられる。

尾道市内に本社を置く会社

主な工場・事業所

マスメディア[編集]

尾道市内に事業所があるものを記載する。

テレビ局

ラジオ局

新聞社

その他

運輸・交通[編集]

鉄道・索道[編集]

新尾道駅は市街地から離れているため、関西方面から山陽新幹線尾道駅周辺の市中心部にアクセスする場合、「のぞみ」や「ひかりレールスター」などが停車する福山駅で在来線に乗り換えて尾道駅に向かうルートが本数も多く、所要時間も短い。

1964年までは尾道駅から石畦駅1957年まではさらに御調郡御調町2005年に尾道市に編入)の市駅までを結ぶ尾道鉄道(現・中国バス)と呼ばれる私鉄も運行されていた。

バス[編集]

市内バス

高速バス

停留所は主なものを示す。

自治体バス

道路[編集]

高速道路

山陽自動車道尾道自動車道尾道JCTで接続しているが、両自動車道と西瀬戸自動車道は尾道市内で直接は接続していない(接続構想あり)ため、尾道IC - 西瀬戸尾道IC間で一般道を走るか、尾道ICより一つ岡山寄りの福山西IC(福山市)と西瀬戸尾道ICで相互に接続する国道2号のバイパス(尾道福山自動車道)を使って接続する形となる。

一般国道

主な県道

主な橋梁

尾道大橋(奥)と並走する新尾道大橋(手前)。(2005年撮影)

道の駅

パーキングエリア

  • 瀬戸田(瀬戸内しまなみ海道)
  • 大浜(瀬戸内しまなみ海道)

海運[編集]

旅客・貨物港湾

  • 尾道糸崎港
  • 歌港(向島)
  • 土生港(因島)
  • 重井港(因島)
  • 長崎港(因島)
  • 金山港(因島)
  • 椋浦港(因島)
  • 家老渡港(因島)
  • 瀬戸田港(生口島)
  • 沢港(生口島)
  • 洲江港(生口島)
  • 垂水港(生口島)
  • 鷺港(佐木島)
  • 向田港(佐木島)
  • 小佐木港(小佐木島)
  • 福田港(百島)

漁港

  • 第2種漁港
    • 吉和漁港(よしわぎょこう)
  • 第1種漁港
    • 串浜漁港(くしはまぎょこう)
    • 海老漁港(えびぎょこう)
    • 泊漁港(とまりぎょこう)
    • 西浦漁港(にしうらぎょこう )
    • 鏡浦漁港(かがみうらぎょこう )
    • 大町漁港(おおまちぎょこう)
    • 干汐漁港(ひしおぎょこう)
    • 立花漁港(たちばなぎょこう)

海の駅

  • おのみち海の駅

航路

市民の足として親しまれる尾道水道の渡船。(2008年撮影)
向島行き渡船のりば(2016年撮影)

因島愛媛県上島町地域の交通の中心であり、この地域からの定期船は主に因島に航行している。

  • 駅前渡船(向島運航)・福本渡船・尾道渡船・桑田渡し(宮本汽船)
    • 尾道 - 向島
  • 備後商船
    • 尾道 - 戸崎 - 歌 - 満越 - 福田 - 常石(フェリー・快速船)
  • 歌戸運航
    • 歌桟橋(向東町) - 戸崎(浦崎町)
  • 瀬戸内クルージング
    • 尾道 - 因島 - 生口島(瀬戸田)(快速船)
  • 瀬戸田運航
    • 尾道 - 生口島(瀬戸田) - 因島
  • 芸予汽船
    • 因島 - 今治(快速船)
  • 土生商船
    • 因島 - 三原(フェリー・快速船)
  • 三光汽船
    • 因島 - 生口島(フェリー)
    • 因島 - 生口島 - 岩城島(フェリー)
  • 長江フェリー、岩城汽船、因島海運
    • 因島 - 岩城島(フェリー)
  • 弓削汽船
    • 因島 - 弓削(フェリー)
  • 家老渡フェリー汽船
    • 因島 - 弓削(フェリー)
  • 上島町魚島総合支所
    • 因島 - 弓削島 - 魚島(快速船)
  • 尾道市因島総合支所
    • 因島 - 細島(フェリー)

航空[編集]

施設[編集]

医療・福祉[編集]

文化・スポーツ施設[編集]

ホール

図書館

みつぎ子ども図書館「すくすく」(2009年撮影)

スポーツ・公園

映画館

1960年代から1970年代にかけて10館ほどの映画館があったが、2001年10月に尾道松竹が廃業してから2008年10月にシネマ尾道が開館するまで、「映画の街」として知られながら市内に映画館がないという状況であった。

美術館、博物館、資料館

教育[編集]

小学校[編集]

市立

中学校[編集]

市立

2010年4月、因島南部にある田熊、土生、三庄中学校を統廃合し、因島高等学校旧校舎跡地に因島南中学校が開校した。因島市との合併後は、土生幼稚園と統合地区の小学校を含めた、公立では非常に珍しい幼小中一貫校である「因南学園」(仮称)を設置する方針もあったが実現しなかった。なお、因島北部にある因北中学校は、これが正式名称であり、「因島北中学校」の略称ではない。

私立

高等学校[編集]

県立

市立

私立

大学[編集]

専門学校[編集]

その他[編集]

統廃合及び廃止された教育機関[編集]

尾道を舞台(モデル)とした作品[編集]

林芙美子志賀直哉をはじめとする文学人や、「尾道三部作」、「新・尾道三部作」で知られる大林宣彦監督に代表されるように、尾道を舞台とした文芸作品は数多く存在し、尾道は「文学の街」「映画の街」とも称される。林芙美子や志賀直哉のほか、歌人の中村憲吉も尾道に住んだことがあり、千光寺山登山道はこれら尾道にゆかりのある文学人の句碑が配置され、「文学のこみち」を称している。近年では、アニメも尾道を舞台としたり、テレビ番組テレビドラマCMなどでもよく登場する[3]

文学[編集]

映画[編集]

大林宣彦監督作品

テレビドラマ[編集]

漫画[編集]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

ミュージックビデオ[編集]

広告[編集]

このほか、ヤマト運輸コカ・コーラなどのCMも撮影されている。

名誉市民[編集]

旧・因島市名誉市民と旧・瀬戸田町名誉町民はそのまま尾道市名誉市民として引き継がれている[7]

(五十音順)

旧・因島市名誉市民

旧・瀬戸田町名誉町民

著名な出身者[編集]

(五十音順)

学術・文化・芸術[編集]

芸能・マスコミ[編集]

音楽[編集]

棋士[編集]

スポーツ[編集]

政財界[編集]

その他[編集]

ゆかりのある人物[編集]

(五十音順)

その他[編集]

電話[編集]

市外局番は因島・瀬戸田地域が0845(20 - 39)、その他が0848(20 - 89)となっている。なお、0848(20 - 89)、084(900 - 909、930、933 - 939)は同一区域扱いとなる。旧市外局番が08487だった御調地域は2005年1月、旧市外局番が08452だった因島・瀬戸田地域は2005年2月に変更。

  • 0848(20 - 89)・084(900 - 909、930、933 - 939)エリア
    • 三原市(三原・本郷地域)・尾道市(因島・瀬戸田地域を除く)・福山市(松永地域)
  • 0845(20 - 39)エリア
    • 尾道市(因島・瀬戸田地域)

郵便[編集]

尾道市内の郵便物の集配は、以下の郵便局が行っている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1954年4月1日町制施行。
  2. ^ 「722-02xx」地域は元・美ノ郷郵便局管轄。2006年に美ノ郷郵便局の無集配局化に伴って尾道郵便局へ移管。
  3. ^ 「722-21xx」地域は元・重井郵便局管轄、「722-22xx」地域は元・中庄郵便局管轄。2006年に重井郵便局・中庄郵便局の無集配局化に伴って因島郵便局へ移管。
  4. ^ 「722-03xx」地域は元・御調郵便局管轄、「722-15xx」地域は元・垣内郵便局管轄、「723-01xx」地域は元・長谷郵便局管轄、「729-03xx」地域は元・糸崎郵便局管轄、「729-04xx」地域は元・本郷郵便局管轄、「729-22xx」地域は元・幸崎郵便局管轄。それぞれ、1998年に糸崎郵便局、2003年に幸崎郵便局、2004年に長谷郵便局、2006年に垣内郵便局・本郷郵便局、2018年に御調郵便局の無集配局化に伴って三原郵便局へ移管。
  5. ^ 「720-05xx」地域は元・藤江郵便局管轄、「729-02xx」地域は元・備後本郷郵便局管轄。2006年に藤江郵便局・備後本郷郵便局の無集配局化に伴って松永郵便局へ移管。

出典[編集]

  1. ^ 「映画のまち・尾道」の認知度と観光行動―ロケ地観光の持続可能性―-県立広島大学”. 県立広島大学 (2017年12月14日). 2021年3月6日閲覧。
  2. ^ ASCII.jp:アニメファンならぜひ行きたい ! 聖地巡礼ツアー”. アスキー (2014年1月25日). 2021年3月6日閲覧。
  3. ^ a b c d 岩田勉『尾道市の観光の現状と課題』中国情報通信懇談会 (PDF) 尾道市観光課 2018年6月26日
  4. ^ a b “尾道の観光客、昨年は674万人 やまなみ街道全通や日本遺産認定効果か”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2016年6月15日). https://www.sankei.com/region/news/160615/rgn1606150016-n1.html 2021年3月6日閲覧。 
  5. ^ おのみち自慢 | スローフード|尾道市産業部 農林水産課”. 尾道市産業部農林水産課. 2010年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月6日閲覧。
  6. ^ 広島県民に「広島風お好み焼き大好き!」と言ってはいけない | 知ったら住みたくなるケンミン性 | ダイヤモンド・オンライン”. ダイヤモンド社 (2016年7月28日). 2021年3月6日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 尾道市市勢要覧 - 尾道市ホームページ”. 尾道市 (2020年2月27日). 2021年3月6日閲覧。
  8. ^ 藩から県へ―広島県の誕生― (PDF)”. 広島県立文書館 (2009年). 2015年12月11日閲覧。
  9. ^ 「尾道でも生埋め 13人は救出、2人死ぬ」、朝日新聞、1969年7月2日朝刊12版、15面
  10. ^ 「交通事故死 地域差の解消に重点」、朝日新聞、1976年1月14日朝刊13版、22面
  11. ^ 「山からは鉄砲水 不明二十四人に 住民、巡視船で脱出」、朝日新聞、1976年9月13日朝刊13版、22面
  12. ^ 因島大橋(いんのしまおおはし)|広島県”. 広島県 (2015年3月11日). 2021年3月6日閲覧。
  13. ^ 生口橋(いくちばし)|広島県”. 広島県 (2015年3月11日). 2021年3月6日閲覧。
  14. ^ プロフィール - 尾道市ホームページ”. 尾道市秘書広報課 (2019年5月7日). 2021年3月6日閲覧。
  15. ^ 市町長・議員の任期満了日 - 選挙管理委員会|広島県”. 広島県 (2021年3月1日). 2021年3月6日閲覧。
  16. ^ 嘉義市政府民政處/行政處 (2016年12月22日). “共創雙贏 嘉義、尾道兩市簽署友好交流協定” (繁体中文). 2017年2月19日閲覧。
  17. ^ 古寺めぐりコース|お寺・神社|観る|尾道市の観光情報”. 尾道観光協会 (2020年5月12日). 2021年3月6日閲覧。
  18. ^ 【公式】尾道 七佛めぐり”. 2021年3月6日閲覧。
  19. ^ 「みづきグリーンランド 豪雨で休園 再開見通せず」、中国新聞、2020年8月20日備後版
  20. ^ “「尾道城」内部 30年ぶり公開 | 中国新聞デジタル”. 中国新聞 (中国新聞社). (2019年12月18日). オリジナルの2020年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200906223126/https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=597770&comment_sub_id=0&category_id=112 2021年3月6日閲覧。 
  21. ^ 岩屋山 | しまひと | しまなみ海道ポータルサイト”. 西日本観光 (2015年2月25日). 2016年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月6日閲覧。
  22. ^ 尾道ブランド第1号に「蓬莱柿」”. 中国新聞 (2015年10月6日). 2015年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月4日閲覧。
  23. ^ 瀬戸内遊覧、水陸両用機が最終フライト…1機は宮崎駿さんが塗装デザイン監修 : 経済 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年1月31日). 2021年2月24日閲覧。
  24. ^ 湊かなえ原作の感動ミステリー『望郷』が映画化!舞台は広島県尾道市”. LOCATION JAPAN.net (2017年9月13日). 2017年11月27日閲覧。
  25. ^ ゲゲゲの次は「てっぱん」 9月27日(月)スタート!”. NHK (2010年9月22日). 2021年3月6日閲覧。
  26. ^ 好きな人がいること公式ホームページ - フジテレビ”. フジテレビ (2016年8月26日). 2016年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月6日閲覧。
  27. ^ タイムリープ公式サイト”. フロントウイング. 2021年3月6日閲覧。
  28. ^ キスよりさきに恋よりはやく”. SkyFish. 2021年3月6日閲覧。
  29. ^ 作者の綾部和氏によるツイート(2018 5/2)”. 2021年3月6日閲覧。
  30. ^ 『龍が如く6』は桐生一馬伝説の最終章に。名越監督は「ドラマ性が高い作品だから終わりが来るべき」と発言 - 電撃オンライン”. KADOKAWA (2016年7月26日). 2021年3月6日閲覧。
  31. ^ 【レポート】『ソラとウミのアイダ』配信時期とゲーム内容が明らかに!アニメ化、コミカライズなど幅広い展開も”. iNSIDE (2017年7月26日). 2021年3月6日閲覧。
  32. ^ 広島県尾道市をメンバーが駆ける!STU48、2ndシングル『風を待つ』MV公開!”. RBB TODAY (2018年12月27日). 2021年3月6日閲覧。
  33. ^ 「カードの切り方が人生だ~マドンナ」篇 (PDF) ライフカード 2006年6月1日
  34. ^ Focus Your Love 北川景子 尾道を訪ねる。 | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ) [Eマウント] | ソニー”. ソニー. 2021年3月6日閲覧。
  35. ^ 林芙美子ゆかりの地を、仲間由紀恵さんが歩く。CMのロケ地を訪ねて。 |DISCOVER WEST ディスカバー・ウェスト:JRおでかけネット”. 西日本旅客鉄道. 2019年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月6日閲覧。
  36. ^ スポット3 瀬戸内の除虫菊発祥の地に祭られる「除虫菊神社」”. 大日本除虫菊. 2010年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月25日閲覧。

外部リンク[編集]

公式

観光

その他