やる気満々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やる気満々
ジャンル テレビドラマ
演出 脇田時三
出演者 古谷一行
細川俊之
川谷拓三
山岡久乃
製作
プロデューサー 武敬子
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1979年4月24日 - 9月25日
放送時間 火曜 21:00 - 21:55
放送枠 TBS火曜9時枠の連続ドラマ
放送分 55分
回数 23
テンプレートを表示

やる気満々』は、TBS系列で1979年4月24日から1979年9月25日まで火曜日夜9時から1時間枠で放送されたテレビドラマ

作品内容[編集]

広島県尾道の高校時代に陸上部の仲間だった瀬古良太(夕刊紙スポーツ記者)、花井悠一(建設会社の設計技師)、簀巻六治郎(水道局下請工事会社の現場監督)の独身男3人が、さまざまな女性たちと出会いながら、より互いの友情を深めていくホームドラマ

キャスト[編集]

  • 瀬古良太:古谷一行 - 夕刊タイヨウの運動部記者。ニックネームは「セコハン」。
  • 花井悠一:細川俊之 - 建設会社に勤務する戸建住宅の設計技師。瀬古からは「先輩」、簀巻からは「詩人」と呼ばれている。
  • 簀巻六治郎:川谷拓三 - 東京都水道局の下請工事会社の現場監督。
  • 剣持苑子:山岡久乃 - 瀬古・花井・簀巻の高校時代の先生。3人と同じ東京青山の高級マンション最上階、3人の部屋の隣室で息子と姪と共に暮らしており、剣持ヨガ教室を開室。
  • 剣持春之助:中村まなぶ - 苑子の息子。
  • 相原ミキ:山本道子 - 苑子の姪で、苑子と同居。婦人消防官であるが、その仕事の傍らにヨガ教室の仕事も手伝う。
  • 簀巻啓司:三橋達也 - 須磨真弓の父、六治郎の叔父であり、瀬古・花井・六治郎の3人が暮らしているマンションの部屋の家主。銀行に勤務し、もともとはこの部屋に娘の真弓と住んでいたが、ニューヨーク支店長として3年間の予定で海外転勤となり、その間の留守番として甥の六治郎が部屋を借りたところに、旧友の瀬古・花井が居候として転がり込み、家主の啓司には無断での3人の共同生活が始まった。
  • 須磨真弓:志穂美悦子 - 夕刊タイヨウの運動部記者。瀬古の後輩であり、瀬古に思いを寄せている。後に政治部に異動。六治郎とは従妹の関係にあり、本名は簀巻真弓であるが、言葉としての「簀巻」から想起されるイメージが良くないため、「すまき」から「き」を除いた「すま」(須磨)を名字として使っている。瀬古・花井・簀巻の3人が暮らすマンションの部屋には、もともと父の啓司と住んでいたが、啓司のニューヨーク転勤後にマンションからは離れ、友人の会田初子の住まいに生活の場を移している。
  • 鈴旗あかね:いしだあゆみ - 以前、六治郎と同棲をしていた元彼女。
  • 鰐口千草:松岡由利子 - 剣持ヨガ教室に通う生徒。
  • 細野小百合:山田京子 - 剣持ヨガ教室に通う生徒。
  • 坂出花枝: - 馬渕晴子 - 剣持ヨガ教室に通う生徒。
  • 角田松子:塩沢とき - 剣持ヨガ教室に通う生徒。
  • 大西熊次郎:小林昭二 - 夕刊タイヨウの運動部部長。瀬古の上司。
  • 矢代雄大:園田裕久 - 夕刊タイヨウの運動部デスク。
  • 渡辺哲彦:村上正次
  • 風見聞田:はかま満緒 - 花井が勤務する建設会社の上司、課長。
  • 竹田:橋爪功 - 簀巻が勤務する水道工事会社の上司。
  • 徳武礼子:長山藍子
  • 田辺清次郎:桜井センリ - 瀬古・花井・簀巻の3人が住むマンションの1階にある喫茶店「マチス」のマスター。
  • 佐々コトエ:田中世津子 - 瀬古・花井・簀巻の3人が行きつけている飲み屋「一絃」の女将。
  • 会田初子:中川七瀬 - 真弓の友人。
  • 井ノ口順造:柳生博 - 紙問屋社長。冬子の父。
  • 井ノ口冬子:平淑恵 - 花井の婚約者。
  • 井ノ口登美子:荒木道子
  • たま枝:高見知佳 - 花井の姪。
  • 宮崎ナオコ:研ナオコ
  • 宮崎キヨコ:東村佳代 - ナオコの娘。
ゲスト

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

(前期)

『クリスティーナ』- (作曲・編曲:樋口康雄

(後期)

『ブルー・ジーンズ・ライフ』(Forever In Blue Jeans)- 歌:ニール・ダイアモンド Neil Diamond(作詞・作曲:ニール・ダイアモンド Neil Diamond、リチャード・ベネット Richard Bennett)


サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
1 1979年4月24日 されどカネなし 高橋玄洋 脇田時三
2 5月1日 それはないよ
3 5月8日 我に意地あり
4 5月15日 姪メイ小ヤギ
5 5月22日 美男はつらいなア 本多勝也
6 5月29日 縁談ゾクゾク胸ワクワク
7 6月5日 古里にボロを飾る 脇田時三
8 6月12日 恨めしミイラ取り
9 6月19日 ボツもまた良し 本多勝也
10 6月26日 吾が道を行く
11 7月3日 今日は友引
12 7月10日 家主突然帰る 福本義人
13 7月17日 思うことあり
14 7月24日 良太の引っ越し 本多勝也
15 7月31日 一本の線 脇田時三
16 8月7日 混線模様 福本義人
17 8月14日 堪忍袋の緒が切れて 森薫
18 8月21日 残暑きびしき 本多勝也
19 8月28日 愛してる?
20 9月4日 明日をつかめ 福本義人
21 9月11日 結婚専科
22 9月18日 先立つものは愛 本多勝也
23 9月25日 友よ

補足[編集]

  • 脚本高橋玄洋広島県尾道市出身ということで、劇中に尾道が登場しロケも行われた。尾道のシーンで、高橋が作詞した「尾道周遊歌」という曲が主演の古谷一行細川俊之川谷拓三の三人により合唱されたが、これが好評でレコードにしようという話になり、三人の合唱で出すより、尾道出身の高橋が歌った方がいいんじゃないかと、高橋詞・樋口康雄曲、高橋歌唱で「尾道周遊歌」のレコードが発売されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ サンデー毎日 1979年8月19日号 p.166
TBS 火曜21時台ドラマ
前番組 番組名 次番組
やる気満々